人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

アウディ

新型アウディA1の評価口コミを辛口チェック!アウディA1がフルモデルチェンジで国内新発売

投稿日:

日本でも人気モデルであるアウディ、そのエントリーモデルである新型A1を購入するにあたり注意すべき点は次の通りです。

アウディA1のポイント

  • 新型アウディA1は2019年9月に国内販売開始する予定
  • 2019年後半にはハイスペックモデルであるS1スポーツバックが公開されるかも
  • ホイールベースが延長されたことでリアシートスペース、ラゲッジスペースが拡大
  • 新型では1.0Lから2.0Lの幅広い最新パワートレインを搭載
  • Audi Virtual Cockpitや手書き入力対応のインフォテインメントシステムを採用
新車値引きマスター
新型アウディA1はどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

⇒【2018年9月】アウディA1の限界値引き最大額は?

 

2019年の9月発売か?アウディ新型A1の評価口コミ

2019年の9月発売か?アウディ新型A1が早くほしい

日本導入が待ち遠しい新型アウディA1ですが、ようやく2019年9月に国内発売される見込みです。

新型A1のエンジンは、直列3気筒1.0Lガソリンターボエンジン、直列4気筒1.5L、2.0Lガソリンターボエンジンが搭載される予定。

新型A1はスポーティモデルして設計されており、ハイスピードで走行したとしても足回りがしっかりしていますので、安定した走りを実感することができるでしょう。

カラーラインナップの詳細は今後発表される予定です。

燃費性能は1.0Lガソリンターボエンジンで22.0km/Lですので、前モデルより若干劣りますが、その分ボディサイズが大きくなり、広くなった車内で過ごしながらドライブすることが可能です。

 

新型アウディA1の価格は?

現行モデルのA1は、3ドアが2,490,000円、5ドアが2,690,000円に設定されていますが、新型A1は装備内容の向上や上級化により、2,800,000~3,000,000円程度で販売されることになるでしょう。

新車値引きマスター
同じシャシーを共有するフォルクスワーゲンポロのアッパーモデルが270万円程度なので、残念ながらアウディA1はそれよりも確実に高くなります。

また、スポーツモデルのS1が日本国内で販売された場合は350万円~450万円程度の販売価格になると予想されます。

 

新型A1の対抗車種は??

フォルクスワーゲン ポロの未使用車・中古車情報

同じフォルクスワーゲングループのポロが一番のライバル

新型A1の対抗車種として挙げられるのは、同じ輸入車ではフォルクスワーゲンポロ、国産車ではスズキスイフトマツダデミオ(トヨタアクアやホンダフィットもライバル)などライバルが多く存在します。

輸入車としてのライバルであるポロは、ボディサイズが全長4,060mm×全幅1,750mm×全高1,450mmとなっており、新型A1とボディサイズに大差はありません。

またスイフトは、全長3,840mm×全幅1,695mm×全高1,500mmで、新型A1よりコンパクトであるため操作性に優れているといえるでしょう。

デミオは、全長4,060mm×全幅1,695mm×全高1,500mmですので、新型A1とボディサイズとほぼ同じです。

排気量は、新型A1は1.0L・1.5L・2.0Lガソリンエンジンで、ポロは1.5Lガソリンエンジン、スイフトは1,0L・1.3Lガソリンエンジン、デミオは1.3L・1.5Lガソリンエンジンと1.5Lディーゼルターボエンジンを採用。

いずれの車種も1.5L前後のエンジン搭載している中、新型A1は2.0Lエンジンを設定しており、ストレスなく走りたい方にとっては、ぜひ選びたい1台といえるでしょう。

新型A1を含めた4車種のうち、ディーゼルエンジンを設定しているのはデミオのみですが、ディーゼルエンジンは低回転でのトルクの薄さが気になるところ。

しかしデミオは動力性能と燃費のバランスが優良であるのは魅力的ですが、一方で乗り心地やハンドリングの動的質感は、他の3車種に及ばないように感じます。

それぞれの車種でエクステリアやインテリアは大きく異なりますので、車内装備などを比較することも大切といえるでしょう。

ここでは4車種の比較を行ないましたが、同クラスの対抗車種としてトヨタアクアホンダフィットも挙げられるでしょう。

この2車種はハイブリッド車があるので、新型A1とはまた違った乗り心地になりますので、ぜひ新型A1と比較してみてください。

 

新型アウディA1のエクステリア

上が新型 下が旧型 新型はグリルの6角形の形状とグリル上のスリットが特徴的

新型A1のエクステリアは、新しいデザインコンセプトで仕上げられました。

インパクトが強いフロントグリルが装着されており、エンジンフードのとの間にある3つのスリットが特徴的。

ホイールは15~18インチが用意されており、オプション装備でLEDヘッドライト、大型エアインテーク、大型リアスポイラー、専用サイドスカートが選択可能です。

前モデルまでにあった3ドアタイプが廃止され、新型A1は5ドアのみの設定になりますが、アウディは引き締まったボディラインを実現しています。

前モデルでは上質さが漂っていたA1ですが、新型A1はスポーティさを感じることができるでしょう。

新旧アウディA1の後ろ姿比較 上が新型 下が旧型

後ろ姿もよりワイドにシャープな印象に変わりました。

テープランプはクリアになり視野性も向上しています。

パンパ―下のアンダー部分がスポーティなデザインに変わり、若々しさがさらに際立っています。

 

新型A1にはクロスオーバーモデルの「A1オールロード」の販売も予定されています。

これまではアウディA4やA6に設定されていましたがA1での設定はありませんでした。

新型A1オールロードは、ベースグレードから車高が高くなり、新しいグリルのデザインなどが採用されています。

新型A1オールロードの発表は2019年秋が予定です。

新型A1のボディサイズは以下のようになっています。

<新型A1のボディサイズ>
全長×全幅×全高4,030mm×1,740mm×1,410mm

前モデルのアウディA1の3ドアは、全長3,985mm×全幅1,740mm×全高1,425mmですので、新型A1は全長が45mm延長されるなど、ボディが大きくなっていることが分かります。

全高が低くなりましたが室内空間の圧迫さを感じることはなく、重心が低くなったことからスポーティな走りを実現しているのです。

 

新型アウディA1のインテリア

新型アウディA1のインテリア さすがに高級感は感じられない?

新型A1のインテリアには、「バーチャルコクピット」の最新バージョンなど、新しい装備が搭載されました。

10.25インチのデジタルメーターは高精細で見やすく、多機能ステアリング、助手席側エアベントなどとの組み合わせでデザインされています。

8.8インチのインフォテインメントシステムは、音声対応はもちろんのこと、手書きで目的地などが入力できるなど、操作性が抜群。

室内空間が拡大されたため後部座席でもゆったりと座れるようになり、ラゲッジスペースは通常時で335L、後部座席を収納すると最大1,090Lまで使えるようになりました。

オプション装備であるスポーツシート、ヒートフロントシートだけでなく、Android Auto、Apple CarPlayのサポートと、2つのUSBポートをもつコネクトパッケージを用意。

サウンドシステムでは8つのスピーカーが施されたハイクオリティシステム、11のスピーカーをもつBang&Olufsenプレミアムサウンドシステムがラインナップされていますので、車内で高性能な音質に包まれながらドライブすることが可能です。

バッドポイント

ただしA1クラスではインテリアについて、さすがに高級感は感じられません。国産車のアクアやフィットの方がインテリアの仕上げは上質感があります。

 

パワーユニットはすべてターボエンジンで3種類

新型A1のパワーユニットは以下のようになっています。

<新型A1のパワーユニット>
エンジン

種類

直列3気筒

1.0Lガソリンターボ

直列4気筒

1.5Lガソリンターボ

直列4気筒

2.0Lガソリンターボ

最高出力95ps130ps200ps

上記以外に2019年後半に、直列4気筒2.0LガソリンターボのS1が追加される予定で、その最高出力は253psとなっています。

前モデルは1.4Lエンジンが搭載されていましたが、新型A1には1.5Lエンジンが搭載され、排気量を縮小する「ダウンサイジング」から、排気量を100ccプラスした「ライトサイジング」を採用。

快適な走りだけでなく、優れた環境性能を実現しました。

2.0Lエンジンは200psで、6速マニュアルトランスミッション、またはデュアルクラッチトランスミッションを選択することができ、あなた好みの走りを選ぶことができます。

 

新型アウディA1の走行性能

前述のように新型A1の最高出力は、直列3気筒1.0Lガソリンターボの95psから、直列4気筒2.0Lガソリンターボの200psまで用意されています。

また前モデルにも設定されていたハイスペックモデルの「S1」の設定も予定されており、253psの最高出力と、「クワトロ」とよばれる4WDシステムがコラボすることで、より高い走行性能を実現しました。

スピーディな走行を快適なものにするためには、足回りがしっかりとしていなければいけません。

新型A1の足回りにはスポーツサスペンションが採用されていますが、アダプティブショックアブソーバーの設定もあり、前312mmと後272mmの大容量ブレーキを搭載したパフォーマンスパッケージも用意されます。

このように新型A1でハイスピードな走行をしたとしても、それに対応した足回りが設計されていますので、安定した走りを約束してくれているのです。

 

新型アウディA1のカラーラインナップ

新型A1のボディカラーは10種類が用意される予定です。

具体的に10種類のカラーは挙げられていませんが、前モデルに設定されているボディカラーが一部変更されたり、新しいボディカラーの設定がなされるでしょう。

以下のボディカラーは前モデルのA1のボディカラーをまとめたものです。

<前モデルA1のカラーラインナップ>
●コルティナホワイト※
●グレイシアホワイトメタリック
●シャムベージュメタリック
●ナノグレーメタリック
●フロレットシルバーメタリック
●ミトスブラックメタリック
●ユートピアブルーメタリック
●ミサノレッドパールエフェクト

※のコルティナホワイトは無償カラーですが、それ以外のボディカラーは60,000円の有償カラーとなります。

この他にスペシャルボディカラーである「アウディエクスクルーシブ」は320,000円の有償カラーです。

新型A1はこれら以外のボディカラーに、イエロー系のボディカラーが採用されています。

高級感あふれるブラック系、ホワイト系のボディカラーだけでなく、新型A1はスポーティさを重視したモデルですので、イエロー系のボディカラーでも十分にマッチングは可能です。

 

燃費性能と安全装備

新型A1の燃費性能の予想値は、1.0Lガソリンターボエンジンで22.0km/Lとなっています。

前モデルの1.0Lガソリンターボエンジンの燃費は22.9km/Lでした。

新型A1はボディサイズが拡大されることで車両重量が増加すると考えられることから、前モデルのA1より燃費が若干低下するとみられているのです。

1.5Lガソリンターボエンジン、2.0Lガソリンターボエンジンでは排気量が大きくなることから、さらに燃費は低下し、20.0km/L前後と見込まれています。

 

新型A1の安全装備は、車・バイク・歩行者などが霧の中にいても認識できる最新安全システムが搭載されています。

また0~200km/hの間で作動するアダプティブクルーズコントロール機能が採用されますので、車速をあらかじめ設定しておけば、車が自動的に加減速の支援を行なってくれるのです。

標準装備では、バックカメラやパーキングセンサーはもちろんのこと、自動駐車機能などが搭載されますので、ドライバーの安全を多方面からバックアップしてくれます。

 

アウディA1の商談に行く前に…

人気の新型アウディA1を少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。 そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2018年9月】アウディA1の限界値引き最大額は?

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。 なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
 
新車値引きマスター
どんなに古い車でも必ず査定額はつきます! 「古い車だから」「大きな修理をしているから」と査定額がつかないと自分で決めつけないで、 必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

 

-アウディ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.