人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

マツダ3の評価口コミ辛口チェック

マツダ3(Mazda3)

【マツダ3の真の実力】新型 Mazda3 の評価・口コミをチェック

販売好調の新型マツダ3について次の点が分かりました。

新型マツダ3のポイント

  • 長年親しまれたアクセラが新型から名称をマツダ3に変更して新発売
  • 先代同様にファストバック(ハッチバック)とセダンの車種構成
  • Mazda3は1.5L、2.0Lの2種類のガソリンエンジン、および1.8Lディーゼルエンジンを搭載と選択肢豊富
  • 新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」にマイルドハイブリッド「M Hybrid」を組み合わせ2019年10月発売
  • 新世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用しボディ剛性を向上

こちらも人気記事

⇒【2019年10月】マツダ3 の目標値引き最大額は?

 

新型マツダ3の評価・口コミを辛口チェック!Mazda3の実力は?

辛口チェック

  • 価格が大幅アップにビックリ!高級路線へ大胆にシフトした
  • グレードでシートカラーが固定されており、自由に選べない
  • 友人・知人に「マツダ3」といってもイマイチ知名度がない
マツダ3旧型アクセラとの比較

マツダ3 旧型アクセラとの比較 前部

あまり変わっていないとも言われる新型マツダ3の外観です。旧型アクセラと比べてみましょう。

  • ヘッドライトが薄型になり、精悍さがアップ
  • グリルはシルバーメッキ横バーから黒の網状に
  • バンパー下部が一体型からシルバー加飾されて高級感アップ
  • ボディサイドのプレスラインが消えてスッキリした(上写真白枠)
  • 後部もプレスやラインがなくなりスッキリした(写真下)
マツダ3旧型アクセラとの比較 後部

マツダ3 旧型アクセラとの比較 後部

 

新型マツダ3の価格は?【Mazda3 Price】

新型マツダ3の車両価格は、以下のようになっています。

<マツダ3の車両価格>
エンジングレード車両価格
1.5Lガソリン15S2,181,000円
15Sツーリング2,273,880円
2.0Lガソリン20Sプロアクティブ2,470,000円
20Sプロアクティブツーリングセレクション2,588,800円
20S Lパッケージ2,649,000円
20Sバーガンディセレクション2,719,200円
1.8ディーゼルXDプロアクティブ2,740,000円
XDプロアクティブツーリングセレクション2,858,800円
XD Lパッケージ2,919,000円
XDバーガンディセレクション2,989,200円
2.0スカイアクティブXXプロアクティブ3,140,000円
Xプロアクティブツーリングセレクション3,258,800円
X Lパッケージ3,319,000円
Xバーガンディセレクション3,389,200円

※セダンには1.5Lガソリン車と2.0スカイアクティブXの設定はなし。

※バーガンディセレクションはセダンには設定なし

 

新型マツダ3は、搭載されるエンジンによってグレードが設定されています。

新型マツダ3はセダンとファストバック(ハッチバック)の2つがありますが、どちらを選んでも車両価格は変わりません。

バッドポイント

フルモデルチェンジ前のアクセラ15Sで195万円なので、今回の新型15Sは約23万円の大幅価格アップとなりました。

新車値引きマスター
マツダがいよいよ本格的に、高価格で高品質な路線をとってきたと考えられます。

 

新型マツダ3のライバル 対抗車種は??

新型マツダ3の対抗車種は、ファストバックとセダンに分けて考えておくべきです。

マツダ3 ファストバックのライバル

カローラスポーツのエクステリア

カローラスポーツのエクステリア

出典:トヨタ公式HP

新型マツダ3はファストバックスタイルで走行性能に優れ、快適なドライビング性能をもっていることを考えると、ハッチバックのトヨタカローラスポーツ、スバルインプレッサスポーツが真っ先にライバルにあげられるでしょう。

カローラスポーツは、全グレードにDCM(専用通信機)を搭載しており、快適なドライブを行なうためのサービスを提供してくれます。

トヨタ新型カローラスポーツの口コミ・評価を辛口チェック

 

スバルのインプレッサスポーツ

スバルのインプレッサスポーツ

インプレッサスポーツは、先進安全技術である「アイサイト」が装備されているため、安心して運転を堪能できる1台です。

スバル新型インプレッサスポーツの評価・評判をチェック!

 

マツダ3 セダンのライバル

セダンでは、スバルインプレッサG4、ホンダグレイスなどあげられるでしょう。

インプレッサG4

インプレッサG4は、新世代プラットフォームである「スバル・グローバル・プラットフォーム」が採用され、安全を確保するための衝撃耐性が備わっています。

グレイスは、安全運転支援システムである「ホンダセンシング」が搭載されており、コンパクトセダンの中でも高い安全基準を満たしているのです。

このほかには、トヨタのアリオン/プレミオ、日産シルフィなどもセダンタイプの対抗車種といえるでしょう。

 

マツダ3のパワーユニットは多彩

新型マツダ3のパワーユニットは以下のようになっています。

<新型マツダ3のパワーユニット>
グレードスカイアクティブG1.5スカイアクティブG2.0スカイアクティブD1.8スカイアクティブX
エンジン型式直列4気筒

1.5Lガソリン+マイルドハイブリッド

直列4気筒

2.0Lガソリン+マイルドハイブリッド

直列4気筒

1.8Lディーゼルターボ

直列4気筒

2.0L+マイルドハイブリッド

エンジン最高出力111ps/14.9kgm156ps/20.3kgm116ps/27.5kgm181ps/22.6kgm

トランスミッションは6速のATまたはMTの設定があり、駆動方式はFFまたは4WDの設定があります。新型マツダ3のエンジンは、ガソリン車では1.5L・2.0L、ディーゼル車では1.8Lを用意。

新型マツダ3の先代であるアクセラより、ガソリンエンジンが改良され性能が向上し、マイルドハイブリッドシステムが組み合わさっていることから、燃費性能の向上にも成功しているのです。

ディーゼルエンジンは、CX-3と同様に「スカイアクティブD」を搭載。

新型マツダ3のボディの大きさに合わせて1.8Lエンジンが採用されています。

追加設定される「スカイアクティブX」には、次世代2.0Lガソリンエンジンを搭載。

マツダ3のSKYACTIV-Xエンジン

マツダ3のSKYACTIV-Xエンジン

出典:マツダ公式HP

スカイアクティブXエンジンは、世界で初めてガソリンと空気の混合気の圧縮着火技術の実用化を果たしましたエンジンで、安定した燃焼を可能としただけでなく、燃費を30%あげながら、エンジンのトルクは全域で10%以上、最大30%向上することが可能にしたのです。

ディーゼルエンジンでは、高温・圧縮された空気に燃料を噴射する技術が使われていますが、その技術をガソリンエンジンに採用することで、燃費やエンジントルクを最大30%まで引き上げることに成功しました。

 

新型マツダ3の走り【Mazda3】

G-ベクタリング コントロール プラス マツダ公式HP動画より ペンダントの位置に注目

新型マツダ3の操作性を楽しみたい方は、6速MTの選択肢もありますので、自由に新型マツダ3を操ることができるでしょう。

質感の高い加速・走行の実現を約束してくれる1台となっています。

新型マツダ3には、新世代車両運動制御技術である「スカイアクティブ・ビークル・ダイナミクス」の第二弾である「G-ベクタリング・コントロール・プラス」を搭載。

この制御技術は、ドライバーのハンドル操作に合わせてエンジントルクが変化し、車の前後左右の加速度(G)をコントロール。

タイヤの接地荷重を最適化することで、スムーズな走行を可能にしているのです。

さらにブレーキを作動させたときに「車両姿勢安定化制御」がはたらくようになったため、より高い安定性を実現しました。

走行中の緊急時に備えて回避能力を向上させるとともに、ドライバーにとって安心感のある走行をサポートしてくれます。

 

マツダ3のエクステリア【Mazda3】

 

新型マツダ3には、ファストバック(ハッチバック)とセダンが用意されており、どちらにも魂動デザインを採用。

大型のフロントグリルは、新型マツダ3の存在感を強調しています。

大型フロントグリルは新型マツダ3の存在感を強調

さらにシャープなワイドヘッドライトと重心の低いバンパーが装着されていますので、より存在を感じることができるでしょう。

リアは、先代のアクセラの雰囲気を漂わせながら、ボディに合わせた流麗なフォルムに仕上げられました。

流麗なマツダ3サイドビュー

新型マツダ3のボディサイズは以下のようになっています。

<新型マツダ3のボディサイズ>
駆動式ファストバックセダン
全長×全幅×全高4,460mm×1,795mm×1,440mm4,660mm×1,795mm×1,445mm
ホイールベース2,725mm
最低地上高150mm
車両重量1,320kg

ボディには、新世代車両構造技術であるスカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャーを採用されており、剛性レベルも高くなりました。ホイールベースは前モデルから25mm延長し、ゆったりとした車内空間を確保。前モデルのボディサイズは全長4,470mm×全幅1,795mm×全高1,470mmですので、新型マツダ3は全高が30mm程度低くなっているため、走行中に受ける風の抵抗が緩和され、安定した走りを可能にしています。

 

マツダ3後ろ姿はプレスラインが少なくなっている

セダンの形状の特質上、ハッチバックより全長が20㎝長くなっているため、ハッチバックのほうが若干取り回しがいいでしょう。

 

新型マツダ3のインテリア【Mazda3】

上質感が高い 新型マツダ3のインテリア

新型マツダ3のインテリアは、高い質感を漂わせる素材・デザインを採用。

ダッシュボードは運転席から助手席まで流線型になっており、そのデザインの中に違和感なくメーターパネルが施されています。

メーター部分のデザインは質素で新しい刺激に欠ける

ただし、メーター部分のデザインは質素で、現代的な新しい刺激に欠けます。

また運転席前方にはヘッドアップディスプレイが装備されており、視線移動を最小限にしながら必要な情報を確認することが可能です。

上級モデルに先駆けて、ナビ画面が7.0→8.8インチへ大幅アップ!

タッチ操作に対応している8.8インチのインフォテイメントシステムがセンターに搭載されており操作性にも優れています。

 

グッドポイント

旧型アクセラはナビ画面7.0インチだったので、8.8インチのぱっと見の画面ワイド感は相当あります

全体的に操作ボタンが少ないデザインとなっているため、シンプルさを感じることができるでしょう。

マツダ3のシートバリュエーション

新型マツダ3のシートカラーは「パーフォレーションレザー・ピュアホワイト」「パーフォレーションレザー・レッド」「パーフォレーションレザー・ブラック/チャコール」「クロス・ブラック 」の4タイプが用意されています。

新車値引きマスター
グレードで選べるシートカラーが限定されるのでご注意ください!

インテリア選択ポイント

  • パーフォレーションレザー・レッド
    ・バーガンディセレクション
  • パーフォレーションレザー・ ブラック/チャコール
    ・Lパッケージ
  • パーフォレーションレザー ・ピュアホワイト
    ・Lパッケージ(セダン専用)
  • クロス・ブラック
    ・15S ・15Sツーリング ・プロアクティブ ・プロアクティブツーリングセレクション

 

マツダ3のカラーラインナップ

新型マツダ3のボディカラーは、以下の8種類が用意されています。

<新型マツダ3のカラーラインナップ>
●ソウルレッドクリスタルメタリック(64,800円)

ソウルレッドクリスタルメタリック

●ポリメタルグレーメタリック(ファストバック専用カラー)

ポリメタルグレーメタリック

●ディープクリスタルブルーマイカ

ディープクリスタルブルーマイカ

●チタニウムフラッシュマイカ

チタニウムフラッシュマイカ

●ジェットブラックマイカ

ジェットブラックマイカ

●ソニックシルバーメタリック

ソニックシルバーメタリック

●マシーングレープレミアムメタリック(54,000円)

マシーングレープレミアムメタリック

●スノーフレイクホワイトパールマイカ(32,400円)

スノーフレイクホワイトパールマイカ

マツダのイメージカラーにもなっているソウルレッドクリスタルメタリックは、上品で情熱さがあるボディカラーです。

人気が高くリセールバリューも期待できるチタニウムブラックマイカ、ジェットブラックマイカのようなブラック系、スノーフレイクホワイトパールマイカのようなホワイト系、ソニックシルバーメタリックのようなシルバー系も用意されています。

個性を発揮したい方、他と同じボディカラーを避けたい方は、エターナルブルーマイカ、ディープクリスタルブルーマイカのようなめずらしいボディカラーを選ぶといいでしょう。

 

新型マツダ3の燃費性能

新型マツダ3の燃費性能は、以下の通りです。

<新型マツダ3の燃費性能>
グレードスカイアクティブG1.5スカイアクティブG2.0スカイアクティブD1.8スカイアクティブX
燃費性能16.6km/L15.8km/L20.0km/L21.0km/L

新型マツダ3の燃費は、おおむね15~20km/L近い燃費が発表されています。

スカイアクティブX車にはマイルドハイブリッドシステムが採用されていますので、高出力を実現しながら前モデルより燃費が改善されました。

ディーゼル車と同等程度の燃費性能になります。

 

新型マツダ3の安全装備

新型マツダ3の安全装備には、以下のような「アイ・アクティブセンス」が採用されています。

<新型マツダ3の安全装備の一例>
●AFSカーブなどで進行方向にヘッドランプの向きを変え視界を確保
●HBCヘッドランプのハイビーム・ロービームを自動で切り替え
●ALHハイビーム走行中も対向車が眩しくないように部分的に減光する
●DAA運転者の疲労を検知し運転者に報せる
●LAS車線逸脱回避など、運転者のステアリング操作をアシスト
●BSM車線変更時に斜め後方死角の車の存在を検知し警告する
●i-ACTIV AWD電子制御で駆動力を積極的にコントロールすることで走破性能と燃費効率を両立
●HLA坂道発進時に、不用意に後退してしまうのを防ぐ
●MRCC先行車との速度差、距離を認識し自動で速度を制御
●RVM斜め後方から接近してくる車両を検知
●LDWS車線を逸脱しそうなときに運転者に警告
●ESS急制動時にハザードランプを急速に点滅させ後続車に報せる
●FOW先行車や障害物との距離を計算し、ドライバーに衝突の危険性を報せる
●ブレーキアシスト&EBDブレーキを踏む力が不十分と判断した場合、ブレーキを踏む力を補助するなど停止距離を短くする
●4W-ABS制動時にタイヤがロックしないよう4輪それぞれのブレーキを最適にコントロールする
●DSC/TCS走行中の車両の横滑りを検知し走行姿勢を制御する

新型マツダ3の安全装備が充実していることがお分かりいただけます。

とくにDAAは、疲れの蓄積や注意力の低下などによる事故の抑制を図るシステムで、疲れていない状態でのドライバーの運転と車の動きを学習。

学習したデータと実際の運転状況に大きな違いがあった場合に、マルチインフォメーションディスプレイに休憩をよびかけるマークが出てくるのです。

このように新型マツダ3には、高機能な安全装備まで搭載されていますので、安心してドライブすることができるでしょう。

 

新型マツダ3新型の商談に行く前に…

人気の新型マツダ3を少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年10月】新型マツダ3の目標値引きテクニック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
交渉で自分の車の査定額が頭に入っていないと、ディーラーの値引き交渉もうまく進められません! ちょっと面倒ですが、商談に行く前にネットで必ず現在の車の査定価格を調査しておきましょう。

商談での一コマ

営業マン
高橋さん、お車の査定が完了しました
営業マン
高橋さんの愛車の下取り査定額は48万円です 今キャンペーン中で通常よりも3万円査定アップで下取りますよ。
高橋さん夫
48万円・・・。 なるほど・・・
高橋さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定48万円って、高いの?安いの?どっちよ
高橋さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
過去に修理をしている車、かなり古い車でも必ず下取り額がつきます。 自己判断で下取り金額はきっとゼロ円だからと決めつけるのは危険です。

 

 

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

 

-マツダ3(Mazda3)

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.