人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

BMW

【BMWの真の評価】新型BMW3シリーズの口コミ・評判を辛口チェック

世界のDセグメント車の世界標準といわれる、BMW3シリーズとは一体どうのような車なのか、その魅力や特徴について解説していきます。

BMW3シリーズを購入するにあたり、注意すべき点は次の通りです。

BMW3シリーズのポイント

  • 新型モデルは2.0Lと3.0Lの共通エンジンブロックを使用する、新モジュラーユニットを採用
  • 直噴ツインパワーターボと可変バルブシステム搭載で、低速から高速までスムーズな走りは健在
  • 予防安全装備日本専用チューニングの2.0L直4ターボエンジンを搭載
  • 「OK、BMW!」で起動するインテリジェント・パーソナル・アシスタントシステム」
  • 他の追随を許さない3眼カメラ内蔵
  • メルセデスCクラスやアウディA4といったライバルが実力を高め、近年はかなり強敵となっている
新車値引きマスター
世界が待ち望んだ新型3シリーズはどんな車に仕上がったのか、まずはこの記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

⇒【2019年10月】BMW3シリーズの目標値引き最大額は?

 

新型BMW3シリーズの本当の実力を辛口評価!

BMW3シリーズは国内のBMW車の中でも古くから強い支持を受けている車種です。

日本国内で販売されている3シリーズはスポーツセダンとして認識されていて、車好き、走り好きの人たちから人気となっています。

そのためにファンの間からは開発コードで呼ばれているほどの人気となっており、この7世代目の3シリーズは「G20」と呼ばれています。

速報!BMW新型3シリーズ情報

新型3シリーズのエクステリアは4シリーズをうかがわせるスポーティなデザイン

BMWの中でメイン車種の位置づけである3シリーズは、5シリーズや7シリーズより小さいため運転がしやすいと支持を得ています。

新型3シリーズについて調べると、次のことが分かりました。

新型3シリーズのポイント

  • 最新のCLARプラットフォームが採用されたことで、車両重量が最大55kg軽量化された
  • ボディサイズを大きくしたことで、室内とラゲッジスペースを拡大した
  • ドアノブにスマホをかざすことでロック解除が可能になった

新型BMW3の評価・評判を辛口チェック

3シリーズは人気のセダンで、フルモデルチェンジしたことで、新開発のパワートレインが搭載されることになりました。

走行性については、車両重量が最大で55kg軽量化されたことで快適な走りを実現したのです。

 

新型BMW3シリーズはここが一押し

 3眼カメラシステムによる素早い危険予測

日本車メーカーが採用しているカメラはほとんどの場合で1眼カメラとなっています。

もちろん1眼カメラでもその機能としては申し分のないもので、大きな問題はないのですが、今回のBMW3シリーズでは「3眼カメラ」が搭載されているのです。

1眼カメラとしても十分に使用できるレベルの高性能カメラを「車両周辺監視用」「中距離検知用」「長距離検知用」とそれぞれに役割を与えて配置しています。

3眼カメラで得た膨大な量の情報を処置するために毎秒2兆5000億回の演算能力をもつ画像処理プロセッサー「EyeQ4」が搭載されており、360°すべての方向に向けて検知能力を発揮しています。

そして正確なレーン・キーピング能力を発揮することで近距離、中距離、長距離の周辺危険予測を可能としているのです。

 

リバース・アシスト機能も搭載

新型8シリーズに採用されて評判のリバース・アシスト機能が3シリーズにも搭載されました。

これは車両が、
・直前に前進した最大50m
・時速35キロ以下で走行した場合
その走行軌跡を記憶して、通ってきた同じルートをバックして走行できるという機能。

一般的な道路で使用する機会はあまりないかもしれませんが、駐車場内を走行して空きスペースを探しているときなどにちょっと戻りたいときや、車両ですれ違いをするときに少しバックしたいときなどに使用できる機能です。

ギアを「リバース」に入れるとタッチスクリーンにメニューが表示されます。

その時に「後退アシスト」の項目にチェックを入れればアシストが開始。

走行軌跡を記憶している最大50mを時速9km以下の速度でたどっていきます。

3眼カメラシステムをはじめ、さまざまなセンサーが安全確認を行いながらバックをしてくれるため、バックが苦手な人でも安心して行うことができます。

 

新型BMW3シリーズの残念ポイント

広くなった全幅には疑問も多い

新型BMW3シリーズのボディサイズは全幅が1825mmと一定の基準である1800mmを超えてきました。

これまでの3シリーズでは日本に多い全幅1800mm以下という立体駐車場に合わせる形で、ドアハンドルを変更するなどの工夫をして全幅を1800mm以下にしてきました。

トヨタのクラウンなどの他ライバル車も同じ理由で1800mm以下というラインを守っています。

しかしこの新型BMW3シリーズでは1800mmを超えてきたために賛否両論が巻き起こっています。

ボディサイズによる威圧感や車内空間を広げるということには成功していますが、狭い路地が多い日本で不都合が出てくるという意見も多いのです。

この分かれている意見が販売にどう影響してくるかが注目されています。

 

BMW3シリーズのメーターデザインが特徴的

新型BMW3シリーズは内装の質感アップがハンパない

新型BMW3シリーズの特徴的なインパネ

メーターパネルのメーターのメモリは普通は時計回りに伸びていくものが多くなっています。

日本人はそのパターンに目が慣れているということもあって、ほとんどのメーカーではこういったメモリを採用しています。

しかし新型BMW3シリーズではメーターの目盛り反時計回りに下側から上に向かって上がっていきます。

慣れてくると下から上に向かって上がっていくメモリは見やすい、視覚的にイメージしやすいというものになってくるのですが、慣れない内は違和感を強く感じるという意見もあります。

こちらも賛否両論あると言えるかもしれません。

 

新型BMW3のグレード構成と価格は?

新型BMW3シリーズの日本での初期導入モデルは大きなくくりで次の5種類となります。

  • 320i(SE、スタンダード、Mスポーツ)
  • 320d xDrive(スタンダード、Mスポーツ)
  • 330i M sport
  • 330e M Sport
  • M340i xDrive

日本専用チューニングされた2タイプの2.0L直4ターボエンジンが搭載されており、そのパワーを感じることができます。

高出力の330i系のエンジンでは、ほぼすべての常用回転域で50Nmものトルク増、最高出力6psがアップするという力強さが目立っています。

国内で中心と考えられている320i系では特に日本専用チューニングがなされたエンジンとなっており、ヨーロッパで販売される初期モデルには搭載されていません。

これはパワフルにはなるもののそれだけ高額になってしまう330i系だけではなく、幅広い市場を考えての措置です。

先代の3シリーズでオプション装備だったものが、新型3シリーズでは標準装備されていることから車両価格は高くなりました。

グレード車両価格
320i SE4,520,000円
320i5,230,000円
320i M Sport5,830,000円
320d xDrive5,780,000円
320d xDrive M Sport6,290,000円
330e M Sport6,540,000円
330i M Sport6,320,000円
M340i xDrive9,620,000円

内装を中心に質感アップが図られているので仕方ないとも言えますが、サラリーマンには手が届きにくい価格ですね。

新型3シリーズには、新しいモデルとしてM340iとM340dが設定されます。

2シリーズのベースラインのハイスペックバージョンであるM240iの3シリーズ版を思っていただくと、M3と通常モデルの中間に位置するグレードであると分かりますね。

そのほかには2.0Lガソリンターボ、ディーゼルターボ、3.0Lガソリンターボ、ディーゼルターボのグレードも出される予定です。

 

新型BMW3シリーズのライバル車は?

Cクラスの未使用車・中古車情報

ベンツCクラスには販売台数で近年差がつけられている

BMWが人気セダンであることは間違いありませんが、日本国内の販売台数はライバル車と比べるとあまり好調とは言えませんでした。

BMWと言えばメルセデスベンツがライバルとされていますが、同レベルとされているメルセデスベンツCクラスには2014年以降、ずっと販売台数で負け続けているという現状があります。

今回のBMW3シリーズでは8年ぶりにフルモデルチェンジするということもあって大いに期待がかけられています。

その一つとしてメルセデスベンツで取り入れられていた「AIを活用した新開発のインテリジェント・パーソナル・アシスタント」を導入したということがあります。

メルセデスベンツでは「ハイ、メルセデス」という音声で起動する自然対話式音声認識機能がAクラスに投入されていましたが、同じ機能を取り入れたのです。

自然な会話のような言葉でドライバーの指示、質問に対応した上で適切な機能やサービスを提供してくれるもので、「OK、BMW(オーケー、ビー・エム・ダブリュー)」の音声で起動します。

ベンツの機能と違っているのは、この起動言語を変更できるということです。

自分の好きな言葉に変更することで、より利便性は高くなっていきます。

最新AIであるBMWパーソナル・アシスタントも常に進化していくとされています。

これは使えば使うほどAIが学習して進化していくもので、使い続けていればドライバーの思考に合わせた対応をしてくれるようになるほか、関西弁などの方言にも対応することができるようになるのです。

 

新型BMW3シリーズのパワーユニット

新型3シリーズで発表されているパワーユニットをまとめました。

種類エンジン

最高出力

モーター

最大トルク

システム

最高出力

2.0Lガソリンターボ

【330i】

直4ターボ257ps/40.8kgm

 

 

2.0Lディーゼルターボ

【320d】

直4ターボ163ps/40.8kgm
2.0Lターボ+電気モーター[eDrive]

プラグインハイブリッド

直4ターボ252ps
3.0Lガソリンターボ

【M340i】

直6ターボ365ps
3.0Lディーゼルターボ

【M340d】

直6ターボ325ps
3.0Lガソリンターボ

【M3】

直6ターボ480ps

新型3シリーズは、1気筒あたり500ccの排気量を有した新開発のエンジンが搭載されます。

トランスミッションは6MTまたは8ATを設定。

プラグインハイブリッド車はEV航続距離が56kmを実現しています。

 

新型3シリーズのエクステリア

 

新型3シリーズは、クーペモデルである4シリーズをうかがわせるスポーティなデザインが採用。

フロントは、LEDヘッドライトが装着され、立体感のあるバンパーが採用されていることから、これまで以上の力強さを感じます。

リアは、テールは水平になったことでワイド感を表現。

そして目立つのは最新のホイールが装着されているほか、MスポーツモデルにはMのロゴが入ったキャリパーがスポーティ感をさらにアップ。

新型3シリーズはエクステリアも一新しています。

ちなみに以下の表は新型3シリーズのボディサイズですので参考にしてください。

新型3シリーズのボディサイズ
全長4,709mm全幅1,827mm
全高1,440mmホイールベース2,851mm
車両重量1,435kg~乗車定員5名

フルモデルチェンジ前と比較すると全体的にボディサイズが拡大されています。

ホイールベースの拡大で室内空間が広くなり居住空間を広げることに成功。

最新のプラットフォームが採用され、車両重量が最大55kgも軽くなったのも驚きですね。

 

より凛々しさを向上したフロントフェイス

BMWの象徴でもあるキドニー・グリルがさらに大型化されて1つのクロームのフレームによって一体化されたことで、より立体感が増して個性的なフォルムとなりました。

その両端は左右のヘッドライトの上辺につながっており、横から見た際に途中にボディカラーが入り込むことがなく、シャークノーズの一体的で立体感のあるデザインとなっています。

ヘッドライトはBMW伝統の「ダブル・ラウンド」という同じデザインを繰り返すという手法を受け継ぎながらも、下辺部分に切り込みを入れたことでインパクトのあるデザインとなっています。

このデザインは1998年に生産されて人気となったBMW3シリーズの第4世代のデザインをイメージしたものです。

 

流線型のサイドライン

3シリーズ 流線型のサイドライン

BMWが「ホフマイスター・キング」と呼んでいるサイドウィンドウのピラー形状はCピラーと一体化したデザインとなったことでサイドウィンドウの流線型がさらに明確になっています。

さらにボディパネルを横切っている2本のキャラクターラインは先代モデルではドアハンドルと同じ高さにありましたが、新型ではハンドルよりも上に移されて、その下部分にはボーンラインと呼ばれるグラフィックが配置されました。

2本の幅を狭くしてシャドーを強調したことで、爽快感を感じさせるデザインとなっています。

 

存在感のあるリア・エンド

リアのホイールハウスの上部に光を当てるフレア効果を使用しながら、サイドにエンドが回り込むというスタイルとなっているために存在感を感じさせるものとなっています。

この力強さがFR(後輪駆動方式)であることを印象付け、パワフルさを感じさせるデザインとなっているのです。

 

新型BMW3シリーズのインテリア辛口チェック

新型3シリーズのインテリアは質感や使いやすさが向上している

新型3シリーズのインテリアは質感や使いやすさが向上している

新型3シリーズは質感や使いやすさが向上していることが分かります。

コックピットに座ると12.3インチデジタルメーターパネルに目がいき、中央には10.25インチタッチスクリーンからも多くの情報が入ってきます。

エアコン操作パネルもシンプルにまとめられていて良い感じです。

シートも新設計のものが採用され、ドライバーの負担を軽くしてくれます。

 

広くなった車内空間

新型BMW3シリーズは後席の居住性がアップ

新型のBMW3シリーズでは先代モデルよりもサイズが大きくなっています。

全幅が1800mmを超えたという特徴があるほど力を入れているところでもあり、その分車内空間が広くなっているのは間違いありません。

後部座席の足元のスペースはかなりゆったりとしていて、膝周り、肩周りも他のモデルと比べてもかなり余裕を感じさせるものとなっています。

 

新たに導入されたパネル、ディスプレイ、コンソール

インテリアでもっとも注目されているのが新型8シリーズから導入された「BMW Operating System 7.0」を採用して装備されたBMWライブ・コクピットです。

タッチパネルを採用した大型コントロール・ディスプレイを中央部分に備え、コクピット前方にはフルデジタル・メーターパネルを配置。

AIを搭載した機能と合わせて、性能的にもデザイン的にも最新のモデルであることを感じさせるものとなっています。

 

 

新型BMW3シリーズのカラーラインナップ

新型BMW3シリーズのカラーラインナップ

新型でも一番人気のアルビン・ホワイト

新型3シリーズはフルモデルチェンジ前のボディカラーの9色と、ほぼ同じ数のカラーが設定されるでしょう。

ただフルモデルチェンジすると新カラーを採用する車種もありますので、どのようなカラーが発表されるか楽しみですね。

以下はフルモデルチェンジ前のボディカラーですので参考になさってください。

 

新型3シリーズのボディカラー
アルビン・ホワイト

ミネラル・ホワイト

ミネラル・グレー

ブラック・サファイア

メルボルン・レッド

 

BMW INDIVIDUAL ボディ・カラーであるメタリック系ペイントはすべて90,000円(税込)のオプションです。

新型3シリーズのBMW INDIVIDUAL ボディ・カラー
タンザナイト・ブルー
オキサイド・グレー
ドラバイト・グレー
シトリン・ブラック
ブリリアント・ホワイト
フローズン・ダーク・グレー
ポルティマオ・ブルー(Mスポーツ、M340i xDriveのみ設定)

イメージカラーのMスポーツ専用色ポルティマオ・ブルーは人気が出ること必定ですが、それ以外カラーは選択する人は少ないでしょう。

新型3シリーズのエクステリア

大人気!イメージカラーのMスポーツ専用色ポルティマオ・ブルー

 

 

気になる新型BMW3シリーズの走り

新型3シリーズの直4の2.0Lガソリンターボエンジンは、新開発されたものでこれまでの3シリーズよりもパワーを感じる走行をみせてくれるでしょう。

3.0Lガソリンターボ【M3】は、フルモデルチェンジ前はエンジン最高出力が431psでしたが、M5が40psプラスされて600psとなりましたので、新型3シリーズも480ps程まで出力が高められました。

もともとBMWは快適な走りを約束してくれる車を生産していましたが、今回の新型3シリーズもその期待を裏切りませんね。

 

新型BMW3シリーズでは新開発の2ステージ・ツインターボシステムが採用されています。

ツインターボ・クリーンディーゼルとXDriveというBMWが誇っている2つの最新技術を融合した夢のエンジンです。

トルクをしっかりと地面に伝えることで圧倒的なパワーと優れた燃費を生み出し、爽快感溢れる走りを実現しました。

この圧倒的なパワーは「高精度ダイレクト・インジェクションシステム」の改良に加えて燃料噴射圧力の先代の200barから350barまで向上したことが大きく影響しています。

霧状にした燃料を燃焼室に直接噴射することで燃焼効率が大幅に上昇したのです。

こうして高出力でありながらクリーンな排ガス性能を持つというエンジンとなったのです。

320i SE/Standard/M Sport330i M Sport
メーカー希望小売価格(消費税込) 452万円/523万円/583万円632万円
全長4715mm
全幅1825mm
全高1440/1440/1430mm1430mm
ホイールベース 2850mm
乗車定員5名
車両重量(車重)1560kg1630kg
エンジン種類 直列4気筒DOHC ガソリン
駆動方式FR
排気量 1998cc
エンジン最高出力135kW(184PS)/5000rpm190kW(258PS)/5000rpm
エンジン最大トルク300N・m(30.6kg・m)/1350~4000rpm400N・m(40.8kg・m)/1550~4400rpm
トランスミッション8速AT
燃料無鉛プレミアムガソリン

燃費性能と安全装備

新型3シリーズは、2.0Lガソリンターボで16.4km/L、2.0Lディーゼルターボで22.7km/Lの燃費を実現してくれます。

走る車はもっと燃費が悪いイメージをもちがちですが、改良を重ねた新開発のエンジンは燃費性能についても考慮されていますね。

 

次に安全性能です。

まず日本で初めて導入されたという「高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシスト」があります。

これは高速道路を走行中に渋滞に入ってしまった場合、条件によってはアシストシステムを起動させることで車が「ハンドル」「アクセル」「ブレーキ」の操作を自動的に行ってくれるというものです。

先行車と一定の車間距離を保ったまま、ドライバーはハンドルから手を放していてもスムーズに追従走行をすることができ、渋滞時のドライバーの心身の負担を大きく軽減してくれるシステムです。

また、「レーン・チェンジ・アシスト」機能もあります。

レーン・チェンジ・アシストはリアバンパーに搭載されているセンサーが運転席のドライバーから死角になる左右や後方の車両などを自動的に認識し、衝突の危険性がないかどうかを検知します。

車線変更の際にウィンカーを操作すると、それを受けてステアリング操作をアシストすることでスムーズに車線変更を行うことができるというものです。

さらに「BMW Connected Drive Store」からドライブレコーダーを購入すると、車体に搭載されているカメラをドライブレコーダーのカメラとして使用することができるようになるため非常に便利です。

BMWは走りを楽しむためにも安全装備は充実しておいてほしいもの。

新型3シリーズには以下のような安全装備が搭載されています。

新型3シリーズの安全装備
●衝突回避・被害軽減ブレーキ走行中に他のクルマとの衝突が避けられないタイミングまで、ドライバーによる回避操作がない場合、システムが自動的にブレーキをかけて衝突を回避・被害の軽減を図る
●3Dビュー・カメラ車両周辺を3Dで表示しながら、確認したいアングルのクルマ周辺の状況を表示することができる
●トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラ見通しの悪い路地や駐車場の出口などでの視認性を高め、快適かつ安全なドライブに貢献
●BMW ジェスチャー・コントロールコントロール・ディスプレイに表示されたポップアップ表示を閉じるなど、利用頻度の高い機能を簡単に操作
●ステアリング&レーン・コントロール・アシストフロント・ウインドーに設置されたステレオ・カメラが車線と前方車両を検知し、車線の中央付近を走行するようにステアリングを自動でアシストする革新的な運転を支援

 

BMW3シリーズの評価・評判を辛口チェックのまとめ

3シリーズ評価口コミ辛口チェック

 

BMW3シリーズは、素晴らしい走行性能と乗り心地、美しい内外装デザインなど、Dセグメントクラスの世界標準として実力十分な優れた車です。

ツーリングワゴンはまだ発表されていませんが、セダンの完成度の高さからするとワゴンやM3モデルなどの追加発売も楽しみです。

唯一の問題は、452万円からという価格の高さですが、その金額に見合う満足を得られるところが、3シリーズが世界に名だたる高級車だと評価されるゆえんでしょう。

 

BMW3シリーズの商談に行く前に…

人気の新型BMW3シリーズを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年10月】BMW3シリーズの目標値引き最大額は?

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
交渉で自分の車の査定額が頭に入っていないと、ディーラーの値引き交渉もうまく進められません! ちょっと面倒ですが、商談に行く前にネットで必ず現在の車の査定価格を調査しておきましょう。

商談での一コマ

営業マン
高橋さん、お車の査定が完了しました
営業マン
高橋さんの愛車の下取り査定額は48万円です 今キャンペーン中で通常よりも3万円査定アップで下取りますよ。
高橋さん夫
48万円・・・。 なるほど・・・
高橋さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定48万円って、高いの?安いの?どっちよ
高橋さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
過去に修理をしている車、かなり古い車でも必ず下取り額がつきます。 自己判断で下取り金額はきっとゼロ円だからと決めつけるのは危険です。

 

 

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

 

-BMW

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.