人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

BMW

【BMWの真の評価】新型BMW3シリーズの口コミ・評判を辛口チェック

更新日:

世界のDセグメント車の世界標準といわれる、BMW3シリーズとは一体どうのような車なのか、2015年9月に新エンジンとなった、その魅力や特徴について解説していきます。

BMW3シリーズを購入するにあたり、注意すべき点は次の通りです。

BMW3シリーズのポイント

  • ドイツ国内はもちろん、日本を始め世界の自動車メーカーが目標に掲げる、元祖小さな高級車
  • 現行モデルは1.5L~3Lまで共通のエンジンブロックを使用する、新モジュラーユニットを採用
  • 直噴ツインパワーターボと可変バルブシステム搭載で、低速から高速までスムーズな走りは健在
  • メルセデスCクラスやアウディA4といったライバルが実力を高め、近年はかなり強敵となっている
  • 2019年後半にも新型3シリーズが日本デビュー予定なので現行モデルは値引き拡大中
新車値引きマスター
新型BMW3シリーズはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

⇒【2019年7月】BMW3シリーズの限界値引き最大額は?

 

 

速報!BMW新型3シリーズ情報

速報!BMW新型3シリーズ情報

2018年の10月にパリモーターショーで、BMWがフルモデルチェンジした3シリーズを発表しました。

BMWの中でメイン車種の位置づけである3シリーズは、5シリーズや7シリーズより小さいため運転がしやすいと支持を得ています。

新型3シリーズについて調べると、次のことが分かりました。

新型3シリーズのポイント

  • 最新のCLARプラットフォームが採用されたことで、車両重量が最大55kg軽量化された
  • ボディサイズを大きくしたことで、室内とラゲッジスペースを拡大した
  • ドアノブにスマホをかざすことでロック解除が可能になった

 

新車値引きマスター
世界が待ち望んだ新型3シリーズはどんな車に仕上がったのか、まずはこの記事で隅々までチェックしていきましょう。

新型BMW3の評価・評判を辛口チェック

新型BMW3の評価・評判を辛口チェック

3シリーズは人気のセダンで、フルモデルチェンジしたことで、新開発のパワートレインが搭載されることになりました。

大幅な性能アップが行なわれており、これまでの3シリーズ以上にドイツのアウトバーンを全力で駆け抜けることを可能にしています。

走行性については、車両重量が最大で55kg軽量化されたことで快適な走りを実現したのです。

では具体的に新型3シリーズがどのような車なのかをみていきましょう。

 

新型BMW3の価格

新型3シリーズの価格は先代モデルよりもUPしては以下の通りとなっています。

グレード車両価格
320i SE4,520,000円
320i5,230,000円
320i M Sport5,830,000円
330i M Sport6,320,000円

先代の3シリーズでオプション装備だったものが、新型3シリーズでは標準装備されていることから車両価格は高りました。

本国の生産次第で、今後グレード数が増えてくると思われます。

 

新型BMW3シリーズのパワーユニット

新型3シリーズで発表されているパワーユニットをまとめました。

種類エンジン

最高出力

モーター

最大トルク

システム

最高出力

2.0Lガソリンターボ

【330i】

直4ターボ257ps/40.8kgm

 

 

2.0Lディーゼルターボ

【320d】

直4ターボ163ps/40.8kgm
2.0Lターボ+電気モーター[eDrive]

プラグインハイブリッド

直4ターボ252ps
3.0Lガソリンターボ

【M340i】

直6ターボ365ps
3.0Lディーゼルターボ

【M340d】

直6ターボ325ps
3.0Lガソリンターボ

【M3】

直6ターボ480ps

新型3シリーズは、1気筒あたり500ccの排気量を有した新開発のエンジンが搭載されます。

トランスミッションは6MTまたは8ATを設定。

プラグインハイブリッド車はEV航続距離が56kmを実現しています。

 

気になる新型BMW3シリーズの走り

新型3シリーズの直4の2.0Lガソリンターボエンジンは、新開発されたものでこれまでの3シリーズよりもパワーを感じる走行をみせてくれるでしょう。

3.0Lガソリンターボ【M3】は、フルモデルチェンジ前はエンジン最高出力が431psでしたが、M5が40psプラスされて600psとなりましたので、新型3シリーズも480ps程まで出力が高められました。

もともとBMWは快適な走りを約束してくれる車を生産していましたが、今回の新型3シリーズもその期待を裏切りませんね。

 

新型3シリーズのエクステリア

新型3シリーズのエクステリア

新型3シリーズのエクステリアは4シリーズをうかがわせるスポーティなデザイン

新型3シリーズは、クーペモデルである4シリーズをうかがわせるスポーティなデザインが採用。

フロントは、LEDヘッドライトが装着され、立体感のあるバンパーが採用されていることから、これまで以上の力強さを感じます。

リアは、テールは水平になったことでワイド感を表現。

そして目立つのは最新のホイールが装着されているほか、MスポーツモデルにはMのロゴが入ったキャリパーがスポーティ感をさらにアップ。

新型3シリーズはエクステリアも一新しています。

ちなみに以下の表は新型3シリーズのボディサイズですので参考にしてください。

新型3シリーズのボディサイズ
全長4,709mm全幅1,827mm
全高1,440mmホイールベース2,851mm
車両重量1,435kg~乗車定員5名

フルモデルチェンジ前と比較すると全体的にボディサイズが拡大されています。

ホイールベースの拡大で室内空間が広くなり居住空間を広げることに成功。

最新のプラットフォームが採用され、車両重量が最大55kgも軽くなったのも驚きですね。

 

新型3シリーズのインテリア

新型3シリーズのインテリアは質感や使いやすさが向上している

新型3シリーズのインテリアは質感や使いやすさが向上している

新型3シリーズは質感や使いやすさが向上していることが分かります。

コックピットに座ると12.3インチデジタルメーターパネルに目がいき、中央には10.25インチタッチスクリーンからも多くの情報が入ってきます。

エアコン操作パネルもシンプルにまとめられていて良い感じです。

シートも新設計のものが採用され、ドライバーの負担を軽くしてくれます。

 

新型BMW3シリーズのグレード構成は?

新型BMW3シリーズは内装の質感アップがハンパない

新型BMW3シリーズは内装の質感アップがハンパない

新型3シリーズには、新しいモデルとしてM340iとM340dが設定されます。

2シリーズのベースラインのハイスペックバージョンであるM240iの3シリーズ版を思っていただくと、M3と通常モデルの中間に位置するグレードであると分かりますね。

そのほかには2.0Lガソリンターボ、ディーゼルターボ、3.0Lガソリンターボ、ディーゼルターボのグレードも出される予定です。

 

新型BMW3シリーズのカラーラインナップ

新型BMW3シリーズのカラーラインナップ

人気のアルビン・ホワイトⅢ

新型3シリーズはフルモデルチェンジ前のボディカラーの9色と、ほぼ同じ数のカラーが設定されるでしょう。

ただフルモデルチェンジすると新カラーを採用する車種もありますので、どのようなカラーが発表されるか楽しみですね。

以下はフルモデルチェンジ前のボディカラーですので参考になさってください。

現行3シリーズのボディカラー
●アルビン・ホワイトⅢ●ブラックⅡ
●ミネラル・ホワイト●グレイシャー・シルバー
●ブラック・サファイア●メルボルン・レッド
●メディテラニアン・ブルー●インペリアル・ブルー・ブリリアント・エフェクト
●エストリル・ブルー

 

燃費性能

新型3シリーズは、2.0Lガソリンターボで16.4km/L、2.0Lディーゼルターボで22.7km/Lの燃費を実現してくれます。

走る車はもっと燃費が悪いイメージをもちがちですが、改良を重ねた新開発のエンジンは燃費性能についても考慮されていますね。

 

安全装備

BMWは走りを楽しむためにも安全装備は充実しておいてほしいもの。

新型3シリーズには以下のような安全装備が搭載されています。

新型3シリーズの安全装備
●衝突回避・被害軽減ブレーキ走行中に他のクルマとの衝突が避けられないタイミングまで、ドライバーによる回避操作がない場合、システムが自動的にブレーキをかけて衝突を回避・被害の軽減を図る
●3Dビュー・カメラ車両周辺を3Dで表示しながら、確認したいアングルのクルマ周辺の状況を表示することができる
●トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラ見通しの悪い路地や駐車場の出口などでの視認性を高め、快適かつ安全なドライブに貢献
●BMW ジェスチャー・コントロールコントロール・ディスプレイに表示されたポップアップ表示を閉じるなど、利用頻度の高い機能を簡単に操作
●ステアリング&レーン・コントロール・アシストフロント・ウインドーに設置されたステレオ・カメラが車線と前方車両を検知し、車線の中央付近を走行するようにステアリングを自動でアシストする革新的な運転を支援

このほかにも最新の装備が採用される予定です。

 

新型3シリーズの対抗車種は??

BMWのような輸入車の対抗車種は、アウディA4、メルセデスベンツ Cクラスなどがあげられます。

いずれの車も走行性能が優れており、スポーティなエクステリアが目に留まる1台です。

330iでは0-100km/h加速が5.8秒で、これに対抗できる車種は先ほどの2車種のスポーツモデルです。

 

BMW3シリーズの評価・評判を辛口チェックのまとめ

3シリーズ評価口コミ辛口チェック

 

BMW3シリーズは、素晴らしい走行性能と乗り心地、美しい内外装デザインなど、Dセグメントクラスの世界標準として実力十分な優れた車です。

ツーリングワゴンはまだ発表されていませんが、セダンの完成度の高さからするとワゴンやM3モデルなどの追加発売も楽しみです。

唯一の問題は、452万円からという価格の高さですが、その金額に見合う満足を得られるところが、3シリーズが世界に名だたる高級車だと評価されるゆえんでしょう。

 

BMW3シリーズの商談に行く前に…

人気の新型BMW3シリーズを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年7月】BMW3シリーズの限界値引き最大額は?

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
交渉で自分の車の査定額が頭に入っていないと、ディーラーの値引き交渉もうまく進められません! ちょっと面倒ですが、商談に行く前にネットで必ず現在の車の査定価格を調査しておきましょう。

商談での一コマ

営業マン
高橋さん、お車の査定が完了しました
営業マン
高橋さんの愛車の下取り査定額は48万円です 今キャンペーン中で通常よりも3万円査定アップで下取りますよ。
高橋さん夫
48万円・・・。 なるほど・・・
高橋さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定48万円って、高いの?安いの?どっちよ
高橋さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
過去に修理をしている車、かなり古い車でも必ず下取り額がつきます。 自己判断で下取り金額はきっとゼロ円だからと決めつけるのは危険です。

 

 

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

 

 

次のページへ >

-BMW

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.