人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

新型カローラスポーツのグレード選びはこれで決まり!

カローラスポーツ

新型カローラスポーツのグレード選びはこれで決まり!

更新日:

新型カローラスポーツの商談で最後まで悩むのが、グレード選びです。新型カローラスポーツのグレード選びで注意すべき点は何でしょうか?

カローラスポーツグレード選びのポイント

  • 新型カローラスポーツのパワーユニットはハイブリッド1.2Lターボの2種類
  • ハイブリッドはプリウスと同じ1.8Lエンジン+モーターのトヨタ定番の高燃費がウリ
  • 1.2LターボはC-HRで人気のダウンサイジングターボ搭載
  • 2つのパワーユニットごと3グレードがあり合計6種類のタイプから選べる
新車値引きマスター
カローラスポーツのグレード選びについて、この記事を読めばどれを選べばよいのか解決します!

こちらも人気記事

新型カローラスポーツの限界値引き情報

 

新型カローラスポーツのグレード構成

カローラスポーツはこれ

グレード設定は1.2Lターボエンジンがベースの「G”X”」と「G」「G”Z”」の3グレード、ハイブリッドも同じく「G”X”」「G」「G”Z”」の3グレードになっています。

4WDの設定があるのは1.2Lターボで、ハイブリッド車には4WDはありません。

カローラスポーツのグレード構成とその車両本体価格は以下のようになっています。

1.2Lターボ車
グレード 車両本体価格
G“X”(6速マニュアル) 2,106,000円
G“X” 2,138,400円※
G(6速マニュアル) 2,224,800円
G 2,257,200円※
G”Z”(6速マニュアル) 2,386,800円
G”Z” 2,419,200円※

※4WDは194,400円アップ

 

1.8Lハイブリッド車
グレード 車両本体価格
HYBRID G“X” 2,419,200円
HYBRID G 2,527,200円
HYBRID G“Z” 2,689,200円

プリウスでおなじみのハイブリッドシステムが搭載されています。ハイブリッド車のJC08モード燃費は34.2㎞/L(HYBRID G“Z”は30.0㎞/L)でスポーティでありながらプリウス並みの燃費性能を確保しています。

 

ベースグレードの G“X”

新車値引きマスター
カローラスポーツのグレード選びについて、この記事を読めばどれを選べばよいのか解決します!

まずはベースグレードのG”X”です。ベースグレードになりますが最近のトヨタ車らしく、必要な装備は十分に揃っています。

外装
195/65R15タイヤ&15×6 1/2Jスチールホイール(樹脂フルキャップ付)

タイヤパンク応急修理キッド

マクファーソンストラット式フロントサスペンション
フロント&リヤサスペンション

ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンション

アクティブトルクコントロール(4WDのみ)

アイドリングストップ機能(1.2Lターボのみ)

電動パーキングブレーキ

ブレーキホールド

グリルシャッター(ハイブリッドG“X”、Gのみ)

フロントロアグリルフレーム部(ブラック)

フロントロアグリルメッシュ部(ブラック)

フロントフォグランプベゼル(ブラック)
フロントロアグリル

ドアウィンドゥフレームモールディング(ブラック)

センターピラーガーニッシュ(ブラック)

リヤバンパー

 

安全装備
3灯式LEDヘッドランプ+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ
3灯式LEDヘッドランプ+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプLEDリヤコンビネーションランプ
LEDリヤコンビネーションランプサイドターンランプ付カラードドアミラー(ヒーター付)電動格納式リモコンウィンドシールドグリーンガラス(合わせ・高遮音性ガラス)UVカットフロントドアガラス(撥水機能付)プライバシーガラス(リヤドア・バックドア)ウォッシャー連動間欠ワイパー フロントウォッシャー連動間欠ワイパー リヤ防眩インナーミラーToyota Safety Sense プリグラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

Toyota Safety Sense レーントレーシングアシスタント[LTA]

Toyota Safety Sense レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

Toyota Safety Sense オートマチックハイビーム[AHB]
オートマチックハイビームスイッチ

Toyota Safety Sense ロードサインアシスト[RSA]

先行車発信告知機能[TMN]

車両接近通報装置(ハイブリッド車のみ)

ドライブスタートコントロール

SRSエアバッグ(運転席・助手席)+SRSニーエアバッグ(運転手)+SRSサイドエアバッグ(運転手・助手席)+SRSエアバッグカーテンシールドエアバッグ(全後席)

 

操作性
3本スポークステアリングホイール ウレタン

ステアリングスイッチ(マルチインフォメーションディスプレイ・オーディオ・レーダークルーズコントロール・レーントレーシングアシスト・ハンズフリー・音声認知)
ステアリングスイッチ

10速スポーツシーケンシャルシフトマチック(1.2Lターボのみ)

スマートエントリー(運転手・助手席・バックドア/アンサーバック機能付)&スタートシステム(スマートキー2個)

ドライブモードセレクト 3段階[ECO/NORMAL/SPORT]

EVドライブモードスイッチ(ハイブリッド車のみ)
EVドライブモードスイッチ

マルチインフォーメーションディスプレイ 4.2インチTFTカラー

アナログメーター

ハイブリッドシステムインジケーター(ハイブリッド車のみ)

シフトポジションインジケーター

オーディオレス(カバーレス)

DCM(専用通信機)

アクセサリーソケット(DC12V・120W)

充電用USB端子(1個/センターコンソールボックス内側)

盗難防止システム(イモビライザーシステム)[国土交通省認可品]

 

内装
シート表皮 ファブリック(ブラック・エンボス)
内装 シート表皮 ファブリック(ブラック・エンボス)フロントシート 運転席6ウェイマニュアル(前後スライド+リクライニング+シート上下アジャスター)フロントシート 助手席4ウェイマニュアル(前後スライド+リクライニング)シートバックポケット 助手席
シートバックポケット 助手席6:4分割可倒式リヤシート合成皮革巻きインストルメントパネルシルバー塗装 ステアリングサテンメッキ加飾 シフトベゼル・センタークラスター・サイドレジスター・空調スイッチピアノブラック加飾 シフトベゼル・ヒーターコントロールパネル

ドアアームレスト表皮(ファブリック)

フロントコンソールトレイ(ファブリック)

センターコンソールボックス(スライドアームレスト機能/リヤボックス付)
センターコンソールボックス(スライドアームレスト機能リヤボックス付)

リアセンターアームレスト(カップホルダー2個付)
リアセンターアームレスト(カップホルダー2個付)

オートエアコン(シングルモード)
※ハイブリッド車はS-FLOW電動インバータコンプレッサー付

イルミネーテッドエントリーシステム ルームランプ・フロントパーソナルランプ

デッキボード

 

その他
オーディオレス(カバーレス)4スピーカー

DCM(専用通信機)

アクセサリーソケット(DC12V・120W)

充電用USB端子(1個/センターコンソールボックス内側)

盗難防止システム(イモビライザーシステム)[国土交通省認可品]
※ハイブリッド車はオートアラーム付き

 

 中間グレードの G、HYBRI G

続いて中間グレードの G、HYBRI Gです。主にエクステリアインテリアの質感がアップされていて、 G“X”から108,000円のアップとなります。

108,000円で下記の数多くの装備が充実する、かなりのお得グレードであることが分かります。

ベースグレードの G“X”に加えて装備されるもの

外装
205/55R16タイヤ&16×7Jアルミホイール(センターオーナメント付)

フロントロアグリルフレーム部(ガンメタリック艶あり塗装)

フロントロアグリルメッシュ部(ガンメタリック半艶塗装)

フロントフォグランプベゼル(ブラック艶あり塗装)

ドアウィンドゥフレームモールディング(メッキ)

 

安全装備
ウォッシャー連動間欠ワイパー フロント(時間調整式)

 

操作性
3本スポークステアリングホイール  本革巻き

本革巻きシフトノブ

パドルシフト(1.2Lターボのみ)

 

内装
合成本革巻きインストルメントパネル ステッチ付 パッド部

シルバー塗装 インサイドドアハンドル・シフトノブベゼル

サテンメッキ加飾 オーディオ・メータークラスター・ドアミラースイッチ・パワーウィンドウスイッチ

ドアアームレスト表皮(ステッチ付き合成皮革巻き)

フロントドアトリムショルダー(ソフトタイプ/ステッチ付)

左右独立温度コントロールフルオートエアコン
※ハイブリッド車はS-FLOW電動インバータコンプレッサー付

 

上級グレードの G“Z”

中間グレード G、HYBRI Gから162,000円アップで得られる最上級の装備がこちらです。この値段になるとワンサイズ上のプリウスも検討の対象になります。

自分のライフスタイルに必要な装備を見極めて検討しましょう。

中間グレード G、HYBRI G に加えて装備されるもの

外装・メカニズム
225/4OR18タイヤ&18×8Jアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装/センターオーナメント付)
アルミホイールフロントロアグリルフレーム部(サテンクロムメッキ)センターピラーガーニッシュ(ブラック艶あり塗装)リヤバンパー(クロムメッキ加飾)

 

安全装備
Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ&LEDデイライト
Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ&LEDデイライトLEDフロントフォグランプ
LEDフロントフォグランプ

 

操作性
マルチインフォメーションディスプレイ 7.0インチTFTカラー(スピードメーター表示)

オプティトロンメーター

ピアノブラック加飾 ドアトリムガーニッシュ

 

内装
シート表皮 マットブラック加飾+レッドステッチ付き

シルバー塗装ドアトリムガーニッシュ

ピアノブラック加飾ドアトリムガーニッシュ

 

当サイトの一押しは HYBRID G“X” に決まり!

カローラスポーツはこれに決まり

ターボとハイブリッドの価格を見ると、1.2LターボG“X”とHYBRID G“X”の価格差は280,800円とそれなりの価格差があります。

1.2Lターボには4WDの設定がありますが、ハイブリッドにはありません。また、1.2Lターボには6速ミッションの設定がありますが、ハイブリッドにはありません。

トヨタは若者向けに1.2Lターボの走り部分を充実させていますが、一般人がカローラスポーツに求めているのはプリウス的な安心感でしょう。

そんな理由から当サイトの一押しはHYBRID G“X”(2,419,200円)に決定です。

ハイブリッド車のベースグレードですが、必要十分な機能は揃っています。

HYBRID G“X”では内装や外回りの質感が物足りないという人には、一つグレードを上げて HYBRID G(2,527,200円)をおススメします。

108,000円で足回りはアルミホイールになり、インパネ周りが本革巻、エアコングレードアップ(左右独立温度コントロールフルオートエアコン)するなどの一クラス上の質感が味わえます。

 

新型カローラスポーツのグレード選びはこれで決まり!まとめ

新型カローラスポーツのグレード選びはこれで決まり!

若々しく生まれ変わったカローラスポーツは、若者をターゲットにしながら、プリウスの外観に嫌悪感がある人をも取り込んで予想外の?ヒット車となりました。

よりスポーティな追加モデル発売の噂もあり、今後も気になる一台となりそうです。

 

新型カローラスポーツの商談に行く前に…

これからカローラスポーツの購入を考えている人が気になるのは、やはりカローラスポーツの最新値引き情報です。

人気の新型カローラスポーツを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

新型カローラスポーツの限界値引き情報

 

面倒でも値引き商談前には、車の査定額を出しておく

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です
今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。
なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼
査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ!
田中さん夫
やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべき

 

自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

実際のネット査定例で、ディーラーの下取り査定価格が安かったことが確認できました!

ディーラーよりも30万円も高かった

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

 

-カローラスポーツ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.