ヴェゼルVSC-HR

C-HR ヴェゼル

コンパクトSUVライバル5番対決!トヨタC-HR vs ホンダヴェゼル

更新日:


初代モデルながら国内SUVのトップの座に君臨した感があるトヨタのC-HR。

コンパクトクラスSUVにはC-HRだけでなく、マイナーチェンジしたかつての王者ホンダ・ヴェゼルという強敵がいます。C-HR対ヴェゼル、5番勝負でハッキリさせてみましょう。

  • ハイブリッド&ガソリンエンジンという構成の2台が走行性能で対決
  • コンパクトSUVでも高数値の燃費で2台が対決
  • どちらが優れているのか値段・価格(コストパフォーマンス)対決
  • 市場の評価はいかに 販売台数(人気)対決
  • 実際どちらがイケてるのか デザイン(カッコよさ)対決

【2018年6月】トヨタ新型C-HRの限界値引き情報

【2018年6月】ホンダ:ヴェゼル限界値引き徹底調査&納期情報

 

対決勝負その1 走行性能で対決

まずはパワートレーンを比較してみます。

ハイブリッド ガソリン
C-HR ヴェゼル C-HR ヴェゼル
出力(ps)

 

122

(システム出力)

152

(システム出力)

116 131
トルク(kgf・m)
(エンジン+モーター)
14.5+16.6 15.9+16.3 18.9 15.8

ヴェゼルのハイブリッドは1.5Lエンジン+モーターながらも、1.8L+モーターのC-HRの出力を上回ります。

ただしヴェゼルは組み合わせる7速i-DCDに少しギクシャク感があり、加速のスムーズさではC-HRが優位です。ヴェゼルの1.5Lガソリンエンジンは直噴でパワーもありますが、少し高回転型の特性になります。CHRの1.2Lターボは低回転でもヴェゼルを上回るトルクが出るため、走りやすいエンジンです。

ハンドリングについては、ヴェゼルが軽快でスポーティ、C-HRはしっとりとして落ち着きのある印象です。操縦安定性については、どちらも安定していますが、路面の凸凹や段差などを超えたときの収まり具合や、スムーズに路面を追従していくフィーリングはCHRが優れています。

C-HRはサスペンションの動きがよく、発売当初から固い乗り心地が不評だったヴェゼルよりも快適性でも上回ります。

ホンダらしいパワー感のあるヴェゼルも魅力的ですが、ザックスのショックアブソーバーを装着しニュルブルクリンクで開発した足回りを持つCHRの勝ちとします。

C-HR(CHR)の後姿

 

対決その2 燃費対決

CHRに合わせてヴェゼルもハイブリッドはFF、1.5Lガソリンは4WDで比較してみます。

ハイブリッド(FF) ガソリン(4WD)
C-HR ヴェゼル C-HR ヴェゼル
燃費(km/L) 30.2 26.0 15.4 19.6

 

ハイブリッドの燃費対決

ハイブリッドの燃費はC-HRは車重が1,440kgとヴェゼルの1,300kgより100kg以上重いハンデがありますが、カタログ燃費では優秀です。

プリウスベースのパワーユニットで燃費重視のC-HRと、ハイブリッドとは言えども走りの楽しさを追及するヴェゼルと言えます。

 

ガソリンエンジンの燃費対決

ガソリンエンジン燃費対決ではヴェゼルが有利です。

C-HRの小排気量ターボ車の燃費は走り方にも左右されますし、重い車重もあるので実燃費がかなり落ちる可能性があります。

エコカー減税は全てのモデルが対象ですので、CHRのハイブリッドとヴェゼルのガソリンで引き分けとしたいところですが、車重でハンデがありながらも2割近くカタログ燃費の良いC-HRハイブリッドの勝利とします。

 

対決その3 値段・価格(コストパフォーマンス)対決

ヴェゼルガソリン価格表

ヴェゼルガソリン価格表

 

ヴェゼルハイブリッド価格表

ヴェゼルハイブリッド価格表

 

ヴェゼルはハイブリッドとガソリンエンジンでFFと4WDが用意されていますが、CHRはハイブリッドがFF、ガソリンエンジンは4WDのみです。

ガソリン車で比較すると、C-HRの標準グレードS-Tが2,516,400円で、ヴェゼルのX・Honda SENSINGが2,381,000円になります。

ハイブリッドではC-HRのSが2,646,000円、ヴェゼルのハイブリッドX・Honda SENSINGは2,539,000円です。

車両価格は全体的にヴェゼルのほうが安くなります。

 

C-HRのグレードと価格

C-HRのグレードと価格

 

安全性能の対決

予防安全性能ではC-HRは単眼カメラとミリ波レーダによる、トヨタセーフティーセンスPが全車標準で装備されます。

前車および歩行者との衝突回避、車線逸脱警報、オートマチックハイビーム、前車追従型レーダークルーズコントロールがセットされます。ヴェゼルにも同機能のHonda SENSINGが装備されるので互角です。

 

装備面の対決

装備面では本革ステアリング、UVカットガラス、スマートキーなど共通して装備されていますが、ヴェゼルにはLEDヘッドライト、自動防眩ミラー、前席シートヒーターなどCHRでは上位グレードかオプションになる装備も含まれています。

 

コストパフォーマンス総合ではではヴェゼルが圧勝します

 

対決その4 販売台数(人気)対決

イエロー

ヴェゼルは2013年12月の発売以来、月6,500台以上を販売し累計でも20万台以上売れている大ヒットモデルです。販売直後にハイブリッドシステムのリコールなどがありましたが、2014~2015年は年間販売台数のランキングでベスト10に入っています。

スタイリッシュなデザインやユーティリティの高さで若年層やファミリーに人気がありますが、高品質な内外装でフィットの上級モデルとして年配のユーザーが購入するケースも多く幅広い購買層から支持されています。

C-HRは2016年12月デビューですが、小型SUVとしては近年にない大ヒットモデルとなりました。

一時の納車数か月待ちという状況はさすがになくなりましたが、2017年暦年で普通車第4位の販売台数(117,299台)が売れています。

トヨタには国内販売が終了したRAV-4以来コンパクトSUVが無かったので、セダンやコンパクトカー、他社からの乗り換えが中心になると予想できます。ワイド&ローでスタイリッシュなデザインは、スポーツカーやクーペを希望するユーザーにも人気がでそうです。

トヨタの強力な販売力もあり、C-HRは販売面でも大ヒットモデルになりましたので、この勝負はC-HRの勝ちとします。

 

対決その5 デザイン(カッコよさ)対決

C-HR(CHR)の後姿

クロスオーバーSUVは、大径タイヤやリフトアップしたボディ、2ドアクーペに見えるサイドデザインなど魅力的なデザインを採用するモデルが多く、C-HRもヴェゼルもデザインにはこだわりがあります。

ヴェゼルはきりっとしたヘッドランプ周りや押し出し感のあるフロントマスク、クーペのようなウィンドウグラフィックスなどスポーティで洗練された都会的なイメージがあります。

全体的にまとまりはよく、老若男女誰が乗っても様になるクラスレスな雰囲気があります。後席やラゲッジルームも広くユーティリティ性能もありますが、そのせいかリアドアからバックドアにかけては少しボリュームがあり、リア部分はボテッとした印象です。

C-HRはオーリスなど欧州向けトヨタ車に共通するキーンルックを採用し、逆台形のグリルと合わせてワイド感のあるフロントマスクです。ヴェゼルよりもさらにサイドウィンドウの高さを抑え、ボディ上部はスポーツカーのようになっています。

ブリスターフェンダーの膨らみや張り出したブーメラン型のリアコンビネーションランプ、絞り込んだ前後ボディなど抑揚が大きく立体感のあるデザインです。複雑に見えますが非常に目を引くデザインで、誰でも「カッコイイ」と思うデザインです。

ヴェゼルもC-HRも街で見かける頻度も高く「見慣れた感」もありますが、この勝負は新鮮で独創的なデザインのC-HRの勝利です。

 

まとめ 最終勝者はこの車

ニューカマーのC-HRが4勝、ディフェンディグチャンピオンのヴェゼルが1勝になりました。

デザインが気に入って仕方がなければC-HRになりますし、SUVらしく後席やラゲッジも重視するのであればヴェゼルを選択した方が良いでしょう。

ただC-HRは低価格のガソリンFFが無く、トヨタ車にしては価格の割に特に内容面などで装備が貧弱です。

個別勝負とは反対の結果となりますが、当サイトではデザイン、室内ユーティリティ、価格、パワーのバランスに総合的に優れたヴェゼルを推奨します。

最終勝者はヴェゼル

 

C-HR、ヴェゼルの商談に行く前に…

これからC-HR、ヴェゼル購入を考えている人が気になるのは、やはり最新値引き情報です。

ディーラーに商談に行く前に、人気のC-HR、ヴェゼルを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょう?

この記事を見てくれた方にとっておきの値引き情報をお届けします!

一般の方は慣れない価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうことが多いのが実際です。

実際にどのように限界値引きを引き出すのか、次の記事でチェックしてからディーラーに行って下さい!

【2018年6月】トヨタ新型C-HRの限界値引き情報

【2018年6月】ホンダ:ヴェゼル限界値引き徹底調査&納期情報

 

面倒でも商談前には、車の査定額を出しておく

自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です
今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。
なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼
査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ!
田中さん夫
やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべき

 

どんなに古い車でも必ず査定額はつきます!
古い車だから」「大きな修理をしているから」査定額がつかないと自分で決めつけないで、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

実際のネット査定例で、ディーラーの下取り査定価格が安かったことが確認できました!

下取りで得した

低年式車でも必ず下取り価格は出ます!

 

かんたん車査定ガイド(無料)で実際の査定額を見てみる

 

 

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-C-HR, ヴェゼル

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.