人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

日産キューブの評価・口コミを辛口チェック!

キューブ

日産キューブの評価・口コミを辛口チェック!

更新日:

日本の道路事情にマッチし、売れ行きを伸ばし続けているのが軽自動車やコンパクトカー。特に車高の高いトールワゴンタイプが人気です。

日産のキューブもそんなコンパクトカーに分類される自動車であり、9年間に渡って販売され続けてきました。

それだけ日産キューブというのは他にはない魅力を持ち合わせたコンパクトカーに仕上がっていると言えます。

そんなキューブの注目すべき点は次の通りです。

キューブのポイント

  • キューブのデザイン性
  • 左右非対称デザインの使い易さ
  • 「9年目」となる基本設計と他車との比較
新車値引きマスター
新型キューブはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

⇒【2019年6月】日産キューブの限界値引き最大額は?

 

キューブの魅力は個性的な外観

日産キューブのボディーカラー
出典:日産公式HP

コンパクトカーが数多くある中でもキューブのデザインは個性的。キューブ=立方体という車名のように非常に四角い外観をしています。

デコレーションを加えることで更に個性的な自動車へと変えることも可能で、デコキューブと言う限定モデルも存在します。

もちろん本当の意味での立方体に仕上げてしまうと角張っていて危険なので、そこは上手く丸みを持たせた面取りがなされ、キューブのイメージを損なことなく曲線を取り入れています。

 

日産キューブは内装インテリアにも曲線が多数


出典:日産公式HP

この曲線は内装にも取り入れられています。ダッシュボードも大きく波打つような湾曲したデザインが取り入れられており、この部分を見るだけでも他のクルマにはない個性が見られます。

また天井を見上げればルームランプを中心に広がる波紋を模したアクセント。サイドウィンドウに関しても丸く縁取りがなされるなど、随所に曲線を取り入れたデザインとなっています。

 

死角を取り払うための左右非対称デザイン

キューブのボディカラーの特徴
出典:日産公式HP

コンパクトカーの優れている点は小回りが良くて乗りこなすのが容易であること。つまり乗り易さです。

キューブも小回りの良さは他のコンパクトカーと同様。それに加えてキューブになされた左右非対称デザインの配慮による部分もあります。

自動車と言うのにはミラーなどを使っても出来てしまう死角という部分が出来てしまいます。

右ハンドルの場合ですと、左後方の座席にかけて大きな死角があります。

キューブの場合はピラーを二つに分け、ドアとは別でウィンドウを追加することで視界を確保しています。

左ハンドルの場合ではこれらのデザインが反対。意図的に左右非対称デザインを取り入れることで安全性に寄与しています。

 

日産キューブは横開きのバックドア

通常5ドアのコンパクトカーと言うのはバックドアが上に持ち上がるタイプが多いですが、その中でキューブは他のドアと同じ横開きのバックドアを採用しています。

通常のバックドアではロックが解除されれば、ガスシリンダーにより自動的に跳ね上げられます。

これによって重たいドアを支える必要が無いわけですが、後方のスペースをある程度確保しなければ開閉できないと言うデメリットがあります。

キューブの場合は横開きなので開閉角度はユーザーが決めることが出来ます。買い物袋1つぐらいの小さな荷物であれば、ほんの少しだけ開いて収納するということも可能。これもキューブの使い易さと言えます。

 

日産キューブは運転席右前に死角

しかしながら3代目キューブの生産開始は2008年。基本設計が古いと言えます。

例えば運転席右前にあるAピラーの存在です。元々このAピラーというのは左右にかけて死角を作ってしまう物。

セダンであればこれに角度が付いて水平に近い角度になっていくわけですが、キューブの様なトールワゴンタイプのコンパクトカーでは室内空間を確保するためにフロントガラスが立てられ、それに合わせてAピラーも垂直に近くなっていきます。

そうすると歩行者をすっぽりと隠すような死角が生まれてしまうのです。安全性を高める上でもこの部分は太くする必要があるので死角は増える一方。

これに対して現代のトールワゴンではAピラーを「太い1本」から「細い2本」という形に分割し、間にもう1枚ウィンドウをなんとかして入れようとする設計が多く見られます。

キューブは従来から見られる太い1本物の設計でこの点からも設計の古さは感じられます。

 

日産キューブはシートアレンジでの自由度は低目か


出典:日産公式HP

2列目までしか座席を持たないトールワゴンの場合、2列目は座席であると同時にラゲッジスペース。

つまりシートアレンジによって座席を格納して、そこにできた空間に荷物を積めるようにする訳で、軽自動車では特に重要視される要素。この使い分けが出来る点も近年の軽自動車やコンパクトカー人気の秘訣と言えるのではないでしょうか。

キューブにおいてもシートアレンジは可能。その気になれば左側の座席にサーフボードも乗せられるでしょう。

しかし全体的にシートアレンジの際に段差が目立ちます。近年盛んに行われるようになってきた車中泊などにおいては、このシートアレンジでの段差というのは好ましくない物となり、キューブの使い道を狭めることになります。

荷物を収納するためのラゲッジスペースとして活用することを考慮するのであれば、シートアレンジの際に段差は無い方が良いです。

ただしそれを可能とするのは薄くコンパクトになる座席が必要であり、クッション性などを犠牲にする必要があります。

その気になればルーフキャリアで拡張する方法もあるので、その点も踏まえた上で「キューブの室内は座席スペース優先」と割り切るのであれば問題ないかと思います。

 

日産キューブは自動ブレーキなどは無し

キューブではマイナーチェンジが何度か行われてきましたが、先進安全装備機能である自動ブレーキや車線逸脱防止機能などは追加されず。

軽自動車においても先進安全装備機能が普及しつつある中で、キューブは出遅れているという感じは否めません。

日産内でも同じコンパクトカーとして分類されるジュークやノートには先進安全装備機能が搭載されおり、同じメーカー内でも格差が生じ、相対的にキューブの魅力が失われつつあると言えます。

 

キューブはフルモデルチェンジを考える時期

マイナーチェンジを行いながらも先進安全装備機能を付与しなかったとなれば、これはマイナーではなくフルモデルチェンジを見据えていると考えられます。

キューブの基本設計は2008年より変わっていませんので見直す時期に来ているといえます。

もちろん途中で行われたマイナーチェンジで先進安全装備などを追加すると言うことは可能だったかもしれません。

しかしAピラーによる死角に関してはボディそのものを作り直す必要があります。

安全性を考慮した自動車にするのであれば、Aピラーのような危険要素を排除するのが先決。

先進安全装備機能はあくまで補助的なもので、根本的な解決方法ではありません。

関連記事

⇒ 日産キューブの人気色ボディカラーはこれで決まり!

 

日産キューブの評価・口コミを辛口チェックのまとめ

日産キューブのボディーカラー
出典:日産公式HP

キューブ自体の魅力はその独特のデザインという部分に集約されています。

ただ個性だけを追求したわけではなく、使い易さ・運転のし易さも考慮された上での非対称デザインの採用など実用性もあっての物です。

キューブそのものの評価は変わりありませんが、他の自動車も含めた相対的な評価は変わります。

2008年の基本設計というのは古いと言うしかなく、比較対象となりうる自動車に比べると見劣りする部分が出てくるのは致し方ないこと。フルモデルチェンジを望む声が出てくるのも当然と言えます。

ただキューブ自体のコンセプトは間違っているわけではなく、フルモデルチェンジでの再登場を望む声があるのは、その声出せるだけの支持層をしっかりと築いた事を意味しており、人気車であったことの裏づけであると考えます。

3代目になるキューブは間違いなくコンセプト通りの役割を果たしていると言えますが、周囲が求めている物や環境が急速に変わりつつあります。これに追従できる姿での新しいキューブの姿に期待したいものです。

 

日産キューブの商談に行く前に…

人気の新型キューブを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年6月】日産キューブの限界値引きテクニック

-キューブ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.