マツダCX-3の人気ボディカラーはこの色

CX-3

マツダCX-3の人気ボディカラーは意外にもこの色!

更新日:


街で見かけるマツダCX-3は、その精悍でクールなスタイルで、いまだに「あっ」と見入ってしまいます。そんなCX-3の人気カラーは何でしょうか?

CX-3ボディーカラーのポイント

  • ボディーカラーは全部で8色、特別仕様車Exclusive Modsは6色
  • 人気の色は意外にもホワイト系
  • 8色のうち5色が無料で、有料カラーが3色

【2018年6月】マツダCX-3限界値引き徹底調査&納期情報【CX3】

 

CX-3の人気カラーランキング

新車値引きマスター
CX-3と言えば情熱的な赤の「ソウルレッドクリスタルメタリック」が一番人気と思いますが、以外にも白系の色が販売比率が高くなっています

8色のカラーの名称は下記の通り

スノーフレイクルホワイトパールマイカ セラミックホワイト
ジェットブラックマイカ マシーングレープレミアムメタリック
ソウルレッドクリスタルメタリック チタニウムフラッシュマイカ
ディープクリスタルブルーマイカ エターナルブルーマイカ

それでは、CX-3の人気カラーランキングを発表します。

 

第1位「セラミックメタリック」

セラミックメタリック

セラミックメタリック

CMやカタログのイメージからすると少し意外ですが、2015年3月のマツダの発表ではこの色が44%を占めているそうです。やはりホワイト系は強いということでしょうか。

ホワイト系はもう一色光沢のある「スノーフレイクホワイトパールマイカ」(オプション:32,400円)がありますが、光り輝く白ではなく硬質感のある陶器をイメージしたホワイトです。ホワイトは膨張色で陰影が出にくいカラーですが、セラミックホワイトは綺麗にラインが出るカラーになっています。

クリスタルホワイトパールマイカ

スノーフレイクルホワイトパールマイカ

 

第2位「ソウルレッドクリスタルメタリック」

「魂動」イメージカラーは64,800円のちょっとお高めなオプション価格が響いてか、19%の販売比率のようです。

レッドのみ「匠塗(TAKUMINURI)」という非常に手間のかかる特殊な方法と、特別な塗料で塗装されます。

ボディの美しい陰影が一番はっきりと出るため、情熱的なデザインのCX-3にはピッタリのカラーです。

 

第3位「ジェットブラックマイカ」

ジェットブラックマイカ

ジェットブラックマイカ

3位以下の順位は公式発表がないのですが、ブラック系はどの車でも人気カラーになってきます。

ホイールアーチ廻りの黒いプラスチック部分がボディに溶け込むので、一番スポーツカーらしく、ボディが締まって見えます。

 

第4位「マシーングレープレミアムメタリック」

アクセラ、アテンザのマイナーチェンジで追加された「匠塗(TAKUMINURI)」第二弾のカラーです。ソウルレッドに続くマツダのイメージカラーです。

しかしカタログやWEBで見ると一見普通のグレーなので、気になって近所のディーラーでアクセラを確認してところ、まったく印象が違いました。

塗料のきめの細かさが段違いなので、普通のグレーのボヤッとした印象ではなく、削り出しの金属表面のようなソリッド感の強いシルバーです。

明るいハイライトの部分と暗いシャドウの部分とがはっきり出るカラーですが、陰影も単調ではなく光のあたり方や強弱で、様々な表情を見せてくれます。

CX-3にもオプション設定(54,000円アップ)されていますが、シャープなデザインのCX3にはよく似合うので人気色になると思います。

カタログでは良さが伝わらないカラーなので、是非実車で確認してみてください。

 

第5位は「ディープクリスタルブルーマイカ」

ディープクリスタルブルーマイカ

ディープクリスタルブルーマイカ

ブルー系は売れていそうで売れないカラーですが、深みのある濃いブルーは一味違った印象になるのでランキングに入れました。

ブルーには若々しい「ダイナミックブルーマイカ」もありますが、こちらの方がCX-3らしいプレミアム感のあるカラーです。

 

チタニウムフラッシュマイカ

ランク外の個性的カラー、チタニウムフラッシュマイカは唯一のブラウンを基調とした、落ち着いた色合いとなっています。

チタニウムフラッシュマイカ

チタニウムフラッシュマイカ

 

エターナルブルーマイカ

エターナルブルーマイカ

エターナルブルーマイカ

エターナルブルーマイカはソウルレッドプレミアムメタリックの反対色として、人気が出てもおかしくないカラー。街中で見かけない分希少価値も出そう。

 

下取りを考えて買うならこの色

白黒系の人気色は中古車店でも売りやすいため、下取り査定額のアップ要因になります。

CX-3の場合は定番のホワイトの2色、ブラックに加え、イメージカラーのレッドが下取りを考えるとおススメになります。

ただし、一般的にレッドのボディカラーは直射日光に長時間さらされると、退色(赤みが薄れてくる)しやすい傾向があります。

退色すると下取りにも影響してくるので、強い日差しのあたる露天駐車場に保管する予定の方は、屋根付き駐輪場を利用するなどの工夫が必要です。

 

人気の新型CX-3を安く購入するには?

これからCX3の購入を考えている人が気になるのは、やはり値引き情報だと思います。

この記事を見てくれた方にとっておきの値引き情報をお届けします!

一般の方は慣れない価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうことが多いのが実際です。

実際にどのように限界値引きを引き出すのか、次の記事でチェックしてからディーラーに行ってほしいと思います。

【2018年6月】マツダCX-3限界値引き徹底調査&納期情報【CX3】

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、ある傾向に気づきました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイトかんたん車査定ガイドで自分の車をチェックしてみました。

そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

下取りで得した

でもこれではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、

なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!これで下取りが損だということが実証されました。

下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

かんたん車査定ガイドで実際の査定額を見てみる

 

元営業マンが明かす!下取りをしてはいけない理由

値引きよりも下取り査定が重要です

一に値引き、二に値引き。世間では何かと「他人の値引きがいくらだったのか」、「自分は平均に比べて値引き額が多いのか少ないのか?」気にしますね。

実は本当は値引き額は、そんれほど重要でありません。

なぜなら同じ時期に同じ新車を買う場合、そんなに決定的な差は出ていないのです。

そうなんです、値引きよりも下取り査定が重要なのです。

新車値引きマスター の車購入テクニック
車を売るときに下取りがダメな理由&新車値引テクニック

車を売るときに下取りがダメな理由&新車の値引きテクニック このサイトの管理人は、国産車メーカーに8年間勤務していました。うち5年間は新車ディーラーで営業マンとして勤務していました。 商談の際の愛車の下 ...

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-CX-3

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.