コンパクトSUVライバル5番対決!トヨタC-HR vs マツダCX-3

C-HR CX-3

コンパクトSUVライバル5番対決!トヨタC-HR vs マツダCX-3

更新日:

スタイリッシュなコンパクトSUVのマツダ・CX-3が、2018年5月17日にマイナーチェンジを受けました。

2015年に発売され4回目のマイナーチェンジになりますが、単なるテコ入れではなく、新型エンジンの搭載など大幅な改良になっています。

一方競争の激しいコンパクトSUVにトヨタが送り込んだC-HRは、独創的なデザインが特徴。

SUVでありながらクーペの雰囲気も持つこの2台は、ガチンコのライバルといってよいでしょう。

ただし月販10,000台程度を販売するC-HRに対し、CX-3は月販計画3,000台に届かない残念な状況です。

マイナーチェンジでCX-3はCH-Rに追いつけるのか?5番勝負で比べてみましょう。

 

【2018年9月】トヨタ新型C-HRの限界値引き情報

【2018年9月】マツダCX-3限界値引き徹底調査&納期情報【CX3】

 

対決その1 走行性能で対決

C-HRはプリウス譲りの1.8Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドと、ダウンサイジングエンジンの1.2Lガソリンターボをラインナップします。

マイチェン前のCX-3はSKYACTIV-D 1.5Lディーゼルターボのみでしたが、ディーゼルは排気量が1.8Lの「SKYACTIV-D 1.8」となり、2.0Lガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」が追加されています。

C-HR CX-3
ハイブリッド
(1.8L+モーター)
1.2L
ガソリンターボ
1.8L
ディーゼルターボ
2.0L
ガソリン
出力(ps) 122

(システム出力)

116 116 150
トルク
(kgf・m)
14.5+16.6
(エンジン+モーター)
18.9 27.5 19.9

CX-3の新1.8Lディーゼルは、1.5Lの従来エンジンとトルクは同等ながらも馬力が11psアップ。

動力性能よりも燃費やドライバビリティの向上を重視し、インジェクターなど燃料噴射や制御を見直し、従来型よりも高効率なパワーユニットです。

2.0Lガソリンエンジンは基本的にCX-5と同じですが、最大トルクの発生回転数をCX-5の4000rpmから2800rpmへ下げ、運転のしやすさを狙ったチューニングが施されています。

このガソリンエンジンはワンサイズ上のCX-5に搭載されているエンジンで、サイズの小さいCX-3のボディを軽々と運んでくれるほど軽快なものです。

ダンパーの大径化やコイルスプリング、スタビライザーの見直し、Gベクタリングコントロールや電動パワステの制御の最適化など足回りもキッチリ改良されています。

マツダらしい真面目な改良内容ですが、意のままに操縦できる運動性能と快適な乗り心地は従来型よりも確実に上がっています。

ディーゼルエンジン特有のカラカラ音も小さく、静粛性もガソリン車並みかそれ以上です。エンジン性能だけでなく、しなやかな足回りと剛性の高いボディで欧州車並みの走りの質感が高い評判を得ています。

C-HRはF1でも使用されるSACHS(ザックス)のショックアブソーバーを装着し、高性能車のテストで有名なドイツのニュルブルクリンクで開発した足回りを持っています。

CX-3と同様に欧州車を思わせる足回りで、路面の凸凹や段差でも進路を乱さず、高速でも安定感のある走りです。

両モデルとも走りに不満はありませんが、C-HRハイブリッドの車重は1,440kgと、CX-3よりも100kg以上も重いため軽快感は薄く機敏な運転感覚はありません。

またC-HRハイブリットはモーターの加速は良いものの、アクセルを踏み込んだ時のエンジン音は雑音としか思えません。

CX-3の自然でのびやかでスムーズなフィールの方が、人間の感性には合っています。

走行性能対決はCX-3の勝ちです。

 

対決その2 燃費対決

車重があり車高が高く空気抵抗も大きいSUVは燃費に不利ですが、どんなモデルでも燃費が重視されるのは世の流れです。

C-HR CX-3
ハイブリッド ガソリン ディーセル ガソリン
FF 4WD FF FF 4WD FF 4WD
燃費(km/L) 30.2 15.4 16.4 23.0~
20.0
21.2~
19.0
16.2~
16.0
15.2

C-HRはトヨタ得意のハイブリッドシステムで、リッター30kmとコンパクトSUVトップの燃費です。

一方CX-3はマイチェンモデルから、WLTCモード(世界統一試験サイクルモード)での燃費数値となっています。

WLTCモードは、市街地モード(WLTC-L)郊外モード(WLTC-M)高速モード(WLTC-H)の各燃費を、平均的な使用時間配分で構成した世界標準の燃費計測方式です。

同じモデルでもJC08モード燃費よりも数値が下がる傾向にありますが、実走行に近い燃費数値といわれています。

CX-3(FF・ディーゼル)のWLTC-Lは16.3~21.3km/L、WLTC-Mは20.0~23.5km/L、WLTC-Hは22.2~24.4km/Lとなっています。

C-HRハイブリッドの燃費比較サイトでの実燃費は、カタログ燃費より30%以上落ちる20.7km/Lです。

計測方式の違いによりCX-3のカタログ燃費は実燃費に近くなるでしょうから、CH-Rハイブリッドとの差も大きくはならないでしょう。

さらにCX-3はガソリンよりも2割安い軽油が使用でき、4WDモデルはCH-Rよりも3割近く良い燃費になっています。

クラストップの燃費を誇るCH-Rハイブリッドが圧勝するかと思いきや、燃費勝負もCX-3の勝ちです。

 

対決その3 値段・価格(コストパフォーマンス)対決

CX-3のマイナーチェンジ

C-HRはパワーユニット共通で、ベースグレードの"S"と充実装備の"G"の2グレード構成です。

CX-3はマイナーチェンジでグレードが細分化され、標準グレードの"XD"、"XD PROACTIVE"、"XD PROACTIVE S Package"、"XD L Package"と装備が充実し、最上位にはナッパレザーシートなど特別な内外装を施した"XD Exclusive Mods"が設定されています。

C-HRのハイブリッドS LED Package (FF/CVT) 2,670,000円と、CX-3 XD PROACTIVE(FF/6AT)¥2,630,880の売れ筋モデルで比較してみましょう。

C-HRの安全装備は単眼カメラとミリ波レーダーによる、トヨタセーフティーセンスが全車標準装備です。

先行車両や障害物、歩行者との衝突回避、車線逸脱警報、オートマチックハイビーム、車両停止まで対応する前車追従型レーダークルーズコントロールがセットされます。

ただトヨタセーフティーセンスは大幅に機能強化された第二世代がアルファード/ヴェルファイアに採用されていますので、CH-Rの第一世代は見劣りする性能です。

CX-3も単眼カメラとミリ波レーダーを使用するタイプで性能も同等ですが、夜間歩行者検知機能をマツダ車で初めて採用し安全性が向上。

また従来はレバー式のパーキングブレーキブレーキでしたが電動式に変更され、オートクルーズ機能もCH-Rと同じく渋滞時でも使える0km/hまで対応可能になっています。

CX-3には左右後方の死角からの接近を警告するブラインド・スポット・モニタリング(BSM)や後退時の安全確認を支援するリア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)が装備され、360°の安全性能をもっています。

CH-RではGグレードしか装備されない自動防眩ミラー、18インチホイールなどもCX-3には標準ですので装備面でもCX-3がお得です。

実燃費が同等ならランニングコスト面でも軽油を使えるCX-3が有利、コストパフォーマンスでもCX-3の勝利になります。

 

対決その4 販売台数(人気)対決

C-HR(CHR)横から

C-HRは2016年12月に発売開始から大ヒット、2017年1~12月の暦年の販売台数で117,299台を販売し、登録車販売ランキング4位、SUVではトップになりました。

C-HRは欧州で年間10万台の販売を予定、中国でも現地生産を2018年から始めるなどグローバルでも人気モデルになりそうです。

CX-3は2015年には30,000台以上を販売したものの、2016年には19,872台、2017年は13,108台と苦戦しています。

CH-Rと同じくグローバルで販売され、タイではタイランド・カーオブザイヤーを受賞するなど国内よりも海外で売れているモデルといえるでしょう。

CX-3の国内での不振の理由は、価格が高いこと。

コストパフォーマンス対決でCH-Rに勝つなど、決してお得感が無いのではありませんが、一回り大きいCX-5はCX-3に20万円程度プラスすれば買えてしまいます。

CX-3は外観デザインを優先したため後席の居住性が悪く、ラゲッジルームもCX-5ほど広くありません。

CX-3を見に行って、CX-5を契約してしまうケースもあり国内では苦戦が続いています。

一方CH-Rは価格を抑えたFFのターボモデルやツートーンのボディカラー、Sグレードに“LED Package”が追加されるなど、発売当初よりラインナップも充実してきました。

トヨタディーラー全系列での取り扱いもあるため、SUVトップの座は当面は揺るがないでしょう。

人気勝負については、2017年だけでCX-3の国内累計販売台数を上回るCH-Rの圧勝になります。

 

対決その5 デザイン(カッコよさ)対決

C-HR

実用本位だけでなく、コンパクトSUVはスタイリッシュでパーソナル感の高い外観がセールスポイントのひとつです。

C-HRは、コンセプトカーをそのまま量産したような前衛的なデザインが特徴になります。

切れ長のヘッドランプがボディサイドまで大きく回り込んだキーンルック、Gグレード、S LED Packageには欧州車などでお馴染みの流れるウィンカー「LEDシーケンシャルターンランプ」が装備されます。

ワイド感のあるフロント、車高も立体駐車場が使用できる1,550mmに抑え、全体的なイメージはスポーツカーのようです。

CX-3もCH-Rと同じ1,550mmの車高で、SUVとしてはロー&ワイドなデザインです。

ボリュームの少ないキャビンとロングノーズを組み合わせて、クーペのようなエクステリアになっています。

C-HRよりもプレスラインや細かなディテールは少ないですが、流れるようなラインで構成され、ボディの陰影が映えるデザインです。

今回のマイナーチェンジでもエクステリアはフロントグリルやランプの意匠変更など最小限にとどめられ、基本デザインに対するマツダの自信がうかがえます。

インテリアはシート構造も乗り心地を高めるよう変更され、電動パーキングブレーキ採用に伴いセンターコンソールのデザインを変更し、アームレストも拡大するなど大きく改良され商品力も向上しています。

C-HRのインテリアもドライバーオリエンティッドなダッシュボードで、スポーティな雰囲気です。

エクステリアにも負けない個性的なインテリアで、質感も欧州車レベルのCX-3と同等かそれ以上でしょう。

個性的なCH-Rと流麗なCX-3で悩みますが、デビューか4年目が経過するCX-3に新鮮味が薄れてきたのも事実。

デザイン対決は、僅差でCH-Rの勝ちとします。

 

まとめ 最終勝者はこの車

コンパクトSUVライバル5番対決!トヨタC-HR vs マツダCX-3

 

大人気のCH-Rが2勝、CX-3が3勝になりました。

荷物の積載力や、後席の居住性などSUVの特徴でもあるユーティリティー性能を犠牲にしても、エクステリアデザインで個性を出すコンセプトは、CH-RとCX-3に共通しています。

他の車には無いスペシャル感も共通、デザインの好みに合わせて購入しても後悔はないでしょう。

ただしビックマイナーチェンジで機能や装備で大きく進化したCX-3は、コスパではCH-Rを上回ります。

この勝負、5番対決通りCX-3の勝ちとします。

 

人気のトヨタ新型C-HR、マツダCX-3を安く購入するには?

これからCHR、CX3購入を考えている人が気になるのは、やはり値引き情報だと思います。

一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

実際にどのように限界値引きを引き出すのか、次の記事でチェックしてからディーラーに行ってほしいと思います。

【2018年9月】トヨタ新型C-HRの限界値引き情報

【2018年9月】マツダCX-3限界値引き徹底調査&納期情報【CX3】

 

ここが重要!C-HR、CX-3の最安値購入のために

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は30万円です
今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
30万円・・・。
なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼
査定30万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ!
田中さん夫
やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべき

 

 

面倒でもネットで査定価格を把握しておく

一般の人が愛車の査定額を知るには?どのような方法があるのでしょうか。

現在ではネットで簡単に車の査定額が把握できます。

私も車の無料一括サイトかんたん車査定ガイドで自分の車をチェックしてみました。

そうすると簡単な入力で・・・このような価格が出てきました↓↓

下取りで得した

申し込み当日買取業者3社から電話がありました。

電話で日時を調整したうえで、買取業者に実車を見ていただき、査定してもらったところ、なんと買取業者の方がディーラーよりも15万円も高かったのです!!

やはり、ディーラーよりも買取業者の査定額が高いということは事実でした。

ディーラーの下取査定で0円だった低年式の車でも、実際に買取査定で10万円で売れたケースもあるので、決して諦めないでください。

 

かんたん車査定ガイドで実際の査定額を見てみる

 

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-C-HR, CX-3

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.