CX-3

【CX3】マツダ新型CX-3の評価・評判をチェック!

更新日:

Pocket

マツダ鼓動デザインが熟成された中で、2015年に投入された自信作のCX-3は激戦の小型SUV市場で、ホンダヴェゼルやトヨタC-HR(CHR)、日産ジュークなど数多いライバルたちと激しいバトルを繰り広げています。

日産ジュークの世界的なヒットで、一気に人気が高まったのが、1.5L~2.0LクラスのコンパクトSUVのジャンルです。

cx-3はマツダのラインナップの中では、新世代商品群のトップを切った同じSUVジャンルのCX-5の弟分になります。

最近のマツダに共通するスタイリッシュなデザインと運動性に磨きをかけ、SUVの魅力を融合したキャラクターが持ち味です。

発売当初から話題になったCX3ですが、現在でも好調に売れているようです。人気のCX-3ですが、その人気の秘密と弱点を探ってみましょう。

【2017年12月】マツダCX-3限界値引き徹底調査&納期情報【CX3】

 

CX-3最新2017年12月の一部改良

マツダの小型SUVのCX-3は2017年12月に一部車種追加などの改良を行いました。

デザインやディーゼルエンジンの評価が高い一方で、ガソリンエンジンが選べないため車両価格が高く、ホンダヴェゼルやトヨタC-HRに比べて販売台数が低迷していました。

CX-3にどんな改良が行われたのか見ていきます。

2.0Lガソリンエンジン追加!

2.0Lガソリンエンジン

2.0Lガソリンエンジン

 

CX-3のエンジンは2種類

CX-3
1.5ℓディーゼル 2.0ℓDOHCガソリン
最高出力(KW(PS)/rpm) 77(105)/4,000 109(148)/6,000
最大トルク  (N・M(kgf・M/rpm) 270(27.5)/1,600-2,500 192(19.6)/2800

ガソリンエンジンはアクセラに搭載されている1.5Lエンジンではなく、なんと2.0Lじゃないですか。

この2.0Lガソリンエンジンは、マツダのトップSUVのCX-5に搭載されている2.0Lエンジンと同じですが、パワーバンドが少し異なります。

CX-5(155PS、196N・m)より最高出力が抑えられたディチューン版となるようです。

変な手を加えずにCX-5のパワフルなエンジンを、そのまま載せればいいのにと思います。

それでもCX-3の新ガソリンエンジンは、ライバルのトヨタC-HRやホンダヴェゼルのガソリンエンジンと比べて超パワフルです!

 

新しいCX-3のグレード構成と価格

新しく追加されたガソリンエンジンは2,106,000円~と、フィット192万円~には及びません。しかしフィットのエンジンが1.5Lであるため、CX-3のお買い得感が際立ちます。

CX-3のグレード・価格構成

CX-3のグレード・価格構成

 

実燃費に近いWLTCモード燃費を採用

私たちは見かけだけのカタログ燃費にはもう飽きてます!

実際燃費が知りたいところですが、CX-3には今回から実燃費により近いWLTCモード燃費が採用されています。

通常のJC08モードに比べて、少し低い数値が記載されています。

CX-3の燃費
グレード 駆動方式 JC08モード WLTCモード
20S 2WD 17.0 16.0
4WD 16.6 15.2
20SProactive 2WD 17.0 16.0
4WD 16.6 15.2
20S L package 2WD 17.0 16.0
4WD 16.6 15.2
20S Noble Brown 2WD 17.0 16.0
4WD 16.6 15.2

 

新色ソウルレッドクリスタルメタリックがCX-3に登場

新型CX-5に採用された、渋みのあるソウルレッドクリスタルメタリックがCX-3にも採用されました。

写真で比べるとわかりますが、新色は少し渋みと大人の雰囲気が出ているのが分かります。

ただし、ソウルレッドクリスタルメタリックは特別塗装色で、オプション料金64,800円となります。

左がソウルレッドプレミアムメタリック右が新型に採用のソウルレッドクリスタルメタリック

CX-5で比較:左がソウルレッドプレミアムメタリック右が新色のソウルレッドクリスタルメタリック

 

今回の一部改良で間違いなくトヨタC-HRとホンダヴェゼルの、2大ライバルに本気で勝てる車となったCX-3。

そんなCX-3のさらに詳しい情報をさらに掘り下げてみます。

 

CX-3:ほぼ満点評価のエクステリア

エターナルブルーマイカ

エターナルブルーマイカ

CX-3の一番の魅力は、斬新なスタイリングにあるようです。

最近のマツダデザインは高評価ですが、その中でもCX3は「攻めたデザイン」になっています。

多くの口コミでも「デザインに一目惚れ」「フロントマスクがクール」と絶賛されています。

CX5のダウンサイズではなく、デミオをベースとしていますが、SUVらしい大径のタイヤやシャープなフロントデザインが、まるでショーモデルのような特別感を醸し出しています。

 

インテリアはデミオと同じ?

NOBLE BROWN

特別仕様カラーノーブルブラウン

内装のデザインはデミオとほぼ同じでが、細部のデザイン変更や素材の変更によって、上級感が出るように工夫されています。

マツダの「Be a driver」のキャッチフレーズ通り、ステアリングやペダルはドライバーのために適切なレイアウトになっています。

上質なインテリアは好評ですが、口コミでは「収納が少なすぎる」「ドリンクホルダーの位置が悪い」等ユーティリティーに関する不満が多いようです。

 

SUVとしての実用性は?

SUVには、普通車にはない居住性や積載性を期待したいところですが、残念ながらCX3の室内空間はデミオとほぼ同じです。

数値で見ると、室内長はデミオが1,805mm、CX-3は1,810mm、室内高は同じ1,210mmとなっています。

そのため「ファミリーカーとしては割り切りが必要」「後席に大人は窮屈」と口コミでも居住空間に不満が集中します。

ラゲッジスペースはデミオに対し350Lと70L増えていますが、クーペのような後ろ下がりのルーフラインのため、開口部の高さが狭くなっています。

 

【CX3】新型CX-3の口コミ・評価【エクステリア・インテリア編】

外観に関しては概ね好意的な評価が多くみられました。内装についての口コミは少ないのですが、デミオと同様にマイナーチェンジで質感は大幅UPしています。

「ライバルとの比較でも外観のデザインは秀逸。特に横からの眺めに毎日ほれぼれしています。」

「HUD(ヘッドアップディスプレイ)と連動する10wayパワーシートはとても便利。ステアリングヒーターは、冬に使うのが楽しみだ。」

「シートは上質なんだけど、後席の狭さは割り切りが必要だね。後席リクライニングも無いときたよ。」

「革シートはいいね、しかし使用量が少ない。それとエアコンのつまみとシートベルトのバックルが安っぽすぎるよ。」

「エアコンルーバー(吹き出し口)の赤に装飾に惚れたので、Lパッケージ以外は選択から除外。」

 

マツダ新型CX-3の性能(燃費、エンジン、装備など)

1.5Lターボディーゼルの実力

SKYACTIV-D1.5エンジンは270Nm(27.5kgf・m)と2.5Lガソリンエンジン並みのトルクで、車重のあるSUVにはマッチしたエンジンです。

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンと比較して、燃料噴射装置や排気ガスの浄化装置といった補器類が多く高価になります。SKYACTIV-Dエンジンはマツダの独自技術により、高価な装置を必要とせず、高い環境性能を出す事ができました。

そのためコストの厳しいコンパクトクラスにもディーゼルエンジンを搭載することが可能になりました。

パワーがありながら高価なハイオクガソリンではなく、安価な軽油で維持費が安いのも大きな魅力です。

 

気になる燃費性能は?

CX-3は車重が1,240~1,340Kgとデミオと比較して約150Kg重くなっています。

カタログ燃費は23.0~25.0km/L(JC08)となっており、デミオディーゼルの26.4~30.0km/L(JC08)より若干悪化しています。

e燃費での実燃費は16~21km/Lと、カタログ燃費の達成率も高く、車両車重の増加分を考慮しても合格点です。

高速道路中心の長距離では、カタログ燃費を超える場合もあるようです。ロングドライブ中心の用途であれば、経済性のメリットも大きくなります。

 

装備については?

ディーゼルは「XD、XD Proactive、XD  L package」ガソリンは「20S、20S Proactive、20S L package」のそれぞれ3グレード構成ですが、走行性能に関わる部分は同一です。

2015年12月のマイナーチェンジで、フロントガラスの厚みの増加や、ディーゼルの「ガラガラ音」を軽減する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」が標準装備され、静粛性に磨きをかけました。

安全装備の「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」は全車標準で装備されます。

標準グレードのXDでも不足はありませんが、Proactive以上のグレードなら、より一層のプレミアム感を得られます。

 

新型CX-3の口コミ・評価【走行性能編】

CX-3はディーゼルエンジンのみになります。デミオディーゼルと同一のエンジンですが、重くなった車体でもパワーは十分なようです。

「パワーを使っても燃費が落ちにくい」「軽油代が安く助かる」とディーゼルのメリットが高評価を得ています。

また、走行性能も車高の高さを感じないスポーティさを持っているようです。

ただ、「街乗りでは乗り心地が固い」「突き上げ感がある」と固めの足回りへの不満もありました。

「ディーゼルエンジンの、通常走行でのトルクの太さは、凄いよ。」

「高速道路でマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)を使えば、80km/h程度の巡航速度で、燃費は25km/ℓぐらいは出る。」

「市街地でのチョイ乗りでも、ムチャな乗り方でなければ18km/ℓはいくね。」

「デミオと比べると、130kgを超える車体のため、加速感は悪いね。もちろんギア比も関係するけどね。デミオもCX-3もマイルドになったな。」

「サスペンションは固いね。嫌いじゃない。ロールも少なく気にいったよ。」

「低速時と巡行時のハンドリングでは明確な設定差が与えられているね。低速時は軽いの一言、巡行時はいつの間にかしっかり感のある自然なフィーリングに変わる。良いね ♪。」

「18インチのごろごろ感はあるが、かなりフロントヘビーなので、前輪の接地感をもって走る感覚は強いよ。」

「コーナリングの姿勢、ロール感などはマツダらしいしっかりした乗り味に仕上がっている、他社のコンパクトSUVとの比較では間違いなくワンランク上だよ。」

「XD PROACTIVEに乗ってるけど、現在の平均燃費は17.0km/ℓこんなもんか?。」

「1速のギヤがもたつくけど、2-3-4~と1.5ℓエンジンとは思えないくらい頼もしい加速をしてくれるよ。」<40代 男性>

「AWDなので加速感はちと重い、しかし、ストレスは感じないよ。オーバースピード気味でコーナーに進入しても特に挙動が乱れることもなく、AWDが制御している感があるよ。」

「足まわりは固めが好きなんだけどさ、段差乗り越え時の後部からの「ガッタン!」って音はいかがなもんか。」<40代 男性>

「ブーストを掛けるようなアクセリングができれば、1.5ℓディーゼルターボという事をすっかり忘れさせてくれる。いや吹き飛ばす程の走りだね。」<50代 男性>

「リアの突き上げを感じる。きっと18インチの大径ホイールで簡素なトーションビームサスの影響と考えられる。」

ディーゼル特有のトルクを生かしたクルージングが、気持ちいいっす。」<20代 男性>

「ブレーキの初期タッチがもう少しマイルドでも良いと思うのだが・・・。まっ昔からマツダはこのフィーリングなのでしょう。こだわりなんでしょうね。」

「車重から来るしっとりとした乗り心地は最高。同クラスのコンパクトカーにライバルはいないね。

「平日通勤、週末長距離移動で、満タン法で平均19~29km/ℓ。良い ♪。」

「坂道もグイグイ登っていくね。さすがディーゼルの本領発揮といったところ。トルコンATとの相性も良い ♪。オルガン式アクセルを踏んだ分だけ加速する。運転するのが楽しいね。しかし、中速域から高速域に入ってからの加速は力不足を感じるよ。高速を長時間運転するなら、CX-5(CX5)の2.2ℓの検討を薦める。」

「XD Touring 4WD (MT)に乗ってるけど、冬場はやはり始動時のカラカラ音は増すね。まっ慣れるけどさ。」<40代 男性>

「Skyactive-Dは凄い。2.2ℓのcx5のパワーも魅力的だが、性能的にはこのコンパクトディーゼルターボは最強だよ。」

「加速ととともに盛り上がるエンジンサウンドが痺れるね。「アメリカンV8サウンドの様だ」と言ってる人がいたが、ほんと同感 !!。」

 

【CX3】新型CX-3の口コミ・評価【安全装備編】

CX-3(CX3)フロントからのショット

安全装備の充実をたたえる声がある一方で、後方視界の悪さを指摘されています。

「SCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)が進化してるよね、最先端の安全装備が全グレードで標準装備ってのが良い ♪。」

「ヘッドアップディスプレイや配光性能が強化されたALH(アダプティブ・LED・ヘッドライト)はお気に入り。車に真面目な会社が作った車自体の素性の良さをガツンと感じるよ。」

「自動ブレーキなど安全性最優先で検討。衝突安全性も高い。家族にも安心して運転させられる。」

「マツダの「新技術はどんどん出す」のはいいのだが、自分が買って2ヶ月で安全装備に改良版がでた。それも価格据え置き。こっちからしたら悲しいよ。」

「後方に向かって流れるようなデザインはgood。最近の流行でありCX3に限ったことではないんだろうが、後方視界は最悪。バック時はモニターが必須だよ。」

後方視界が悪い。マツダ車全部に言えるね。カッコはいいんだけど、後ろに問題の多いマツダ車。」

後方視界が悪い。しかし、ミラーが大きくブラインドスポットモニタリングがしっかり反応するので不自由はしてないけどさ。」

マツダの安全装備「i-ACTIVSENSE」とは?

 

【CX3】その他(全体評価・価格等)の口コミ・評価

 

道路を走るCX-3

車としての完成度は高いのですが、価格の高額さを指摘する声が多く聞かれました。デミオと比較して高額であることや、こみこみで300万円クラスの価格には不満が多いようです。

デミオXD LパッケージとCX-3Lパッケージで80万円位の差がある、同じプラットフォームとエンジンなのに・・。しかし、設計や開発思想が全く違うから、比べる事はナンセンスとも言われるかもね・・。」

「良い車だと思う。大人な車と言えるよ。確かな安定性と確かな存在感そして穏やかさを求める方に購入をお勧めするよ。」

300万円台の価格の車なので、電子パーキングブレーキとアームレストは標準装備品にしようよ。」

「DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター:ディーゼルエンジンの排気ガスに含まれる粒子状物質のほとんどを捕集し除去するもの)のPM除去時はかなり燃費低下するね。馴れると作動は分かるけど、明確な除去作動時の表示が欲しいとこだね。」<50代 男性>

「まるで豆腐屋さんの移動販売で聞くあの音を連想させるホーンのショボさ。昭和じゃあるまいし、なんとかしてよマツダさん!!。」

ドライビングポジションは完璧。さすが最近のマツダって感じ。このクラスでもオルガンペダルを採用しているところがにくいね。」

デミオからすれば超高額。」

「デミオとの比較をしてみる。車幅がある分、デミオよりも荷室開口が広く、荷室容量=デミオが280リットルに対して350リットルある。旅行の時に大きな差になりえるね。ホイールの5穴化、ディスク径の拡大と共にリアをドラムからディスク化、最大トルクアップ、差別化がきっちりとされているね。」

「CX-3の魅力は、完璧なドライビングポジション、内装の質感、気持ちのいい走行性能とどれをとってもクラス以上であり、競合車種の中でもトップクラス間違いなし。」

「XD 4WDに乗ってます。氷がたまってアンダーカバーが割れてぶら下がっていたのにはあきれたよ。いくらなんちゃってSUVなのは承知の上で買ったとはいえさ。酷いんじゃねえ ?。」

ボディ剛性感にもの申す。リアドアやハッチを閉めるとバコンという薄い音がして車体が軽く振動する。これはコンパクトカーそのものだね。」

「フロントドアはデミオ同様に重厚に作られているんだが、力を入れないと閉まらない。慣れないと半ドアになるよ。」

「やっぱりコンパトカーの質だね。走行時の高音ノイズはそれなりに入ってくる。残念だ。」

「ちょっと触ったり乗ったりすればコンパクトカーがベースであることが簡単にわかってしまう。残念だよな。流麗な外観だからこそ余計に感じるね。」

「ディーゼルはベースグレードで約240万・上級グレードで280万。値段相応の質感とは言えないな。」

デミオと勘違いされた。車を良く知らないんだろうと思っても、凹んだ。もっと差別化をはかって欲しかった! マツダさん。」

二人乗りの車と割り切ろう。荷物を多く積むとか後部座席も常時使用するならやめといた方がいいっす。」

「いくらディーゼルとはいえ、価格はちと高い。だったらデミオ買うわって人も何人かいた。」

「夏はなんだか熱がこもる。暑くて仕方がないよ。」

 

マツダ新型CX3の強みと弱み

CX-3はスポーツカーのようなロングノーズに加え、車体上部を小さくすることで、大胆なスタイリングを実現しています。

ディーゼルエンジンのみのラインナップといい、今までにない新しいジャンルの車とも言えます。

最近のコンパクトSUVと同様、ハードなオフロード性能や、過酷な環境に耐えうるタフなイメージはありません。

CX3は立体駐車場に入る1550mmの全高からもわかるように、オンロード中心の都市生活者のためのプレミアムなクロスオーバーSUVです。

CX-3に高評価を出している人の大半が「他の車とは違う個性的な車」「価格ではなく価値観で買う車」とそのコンセプトに共感しています。

「実用性一辺倒の生活臭のある車には興味が無い」「カッコよく個性のある車に乗りたい」人には、CX3の運動性能や、シャープで切れのあるスタイルが十分期待に応えてくれると思います。

CX-3(CX3)と欧州プレミアム

欧州ではアウディQ2やメルセデス・ベンツGLAといった、プレミアムブレンドと同列で比較されるCX-3。日本ではこの2車に比べてCX3が割安で買えるので、実はとってもお得なことが分かります!

しかもなんと上記の海外サイトでは、アウディ、メルセデス・ベンツにガチで勝っちゃいました!

 

【2017年12月】マツダCX-3限界値引き徹底調査&納期情報【CX3】

 

CX-3の強みをまとめると

  • インパクトのあるスタイリッシュな外観
  • コンパクトながらプレミアム感がある
  • クリーンディーゼルならではの余裕の走りと経済性

フォルクスワーゲンゴルフなど欧州車との比較評価も多く、日本車離れしたキャラクターは驚きと好意を持たれているようです。

日本の道路事情にあったコンパクトな車体で取り回しもよく、「ずっと走っていたい気持ちになる」という口コミも多くみられました。

 

CX3に弱みはあるか

どんな車も弱みがありますが、CX-3については次の点があげられるでしょう。

  • 狭く圧迫感のある後部座席
  • 車両価格が高く割高感がある
  • 固く突き上げ感のある乗り心地

 

狭く圧迫感のある後部座席

SUVのオールマイティーさを期待すると、後部座席やラゲッジスペースの狭さにはがっかりさせられるでしょう。

後席に大人が乗車してのロングドライブや、満載の荷物でキャンプに行くといった用途には向かないようです。

 

車両価格が高く割高感がある

価格については、ディーゼルで車体が240万円台~、総支払で300万円前後になり、上位クラスのCX-5との価格差が少なくなるため、より割高感を感じるようです。

また、2017年から210万円スタートのリーズナブルな2.0Lガソリンエンジンがラインナップされたので、割高感は急速に薄れています。

ガソリンエンジンについてはむライバルのトヨタC-HRやホンダヴェゼルと比べて、むしろ割安感が出てきました。

 

固く突き上げ感のある乗り心地

乗り心地については、車高が高いSUVで走行性能を高めると、安定性を確保するため足が固くなりがちです。

CX3は高速での安定性は評価されているものの、市街地や、荒れた道路での「しなやかさ」が少し不足しているようです。

このほかにも、「トルクがあるのも関わらず、アクセルを踏んだ際の出足が鈍い」というアクセルレスポンスに対する不満も多くありました。

マツダは毎年、年次改良を実施するので、今後の改良に期待したいところです。

 

マツダ新型CX-3のおすすめグレードはこれだ!

【CX3のグレード構成・価格表】

CX-3のグレード・価格構成

CX-3のグレード・価格構成

コンパクトSUVの中でも、パワフルなクリーンディーゼルエンジンとスタイリッシュなデザインで独自の魅力を放つCX-3ですが、グレード構成はディーゼルが「XD、XD Proactive、XD  L package」、ガソリンは「20S、20S Proactive、20S L package」のそれぞれ3グレード構成とシンプルです。

ディーゼル、ガソリンともにこれらの3種類に内装の質感をUPした「Noble Brown」が加わります。

パワートレーンやサスペンションといった走行性能に関しては、2WDと4WDの選択のみで他に違いはなく装備の差だけでグレードが分かれます。

シンプルでも迷ってしまうのが購入時のグレード選び。後で後悔しないために、各グレードを徹底的に比較してみました、ぜひ参考にしてください。

それぞれのグレードにFF、4WDが用意されています。
ミッションは6速オートマと6速ミッションが選べます。

 

ベース車(XD、20S)とPROACTIVEの比較

ベースグレードのXD、20Sに対してPROACTIVE は17万円~19万円のアップになります。

PROACTIVE 追加される装備は

  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
  • 交通標識認識システム(TSR)
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
  • ドライバー・アテンション・アラート(DAA)
  • シフトスイッチ類

が追加されます。

これらの装備は必ずしも必要とはいえないものなので、割り切り次第ではXD、20Sを選択するのも良いでしょう。

 

最上級グレードの L packageは?

PROACTIVE とL packageの価格差も20万円以上あります。

装備の違いは

  • 運転席パワーシート&メモリー
  • 運転席助手席シートヒーター
  • ピュアホワイトとブラックの合革シートの選択可能
  • ステアリングヒーター
  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)

20万円以上の価値があるかどうかは好みの問題となりますが、安全装備の充実などを考慮するとこの価格差は十分価値ありと判断します。

 

ベストチョイスグレードはXD、20S

XD、20SやPROACTIVE で、オプションでも装備できないのはレザーシートやホワイトカラーの内装のみとなります。

安全装備についてはオプションでも追加できるので、価格と装備のバランスが良いベースグレードのXD、20S がベストチョイスグレードになります。

 

特別仕様車 Noble Brown(ノーブルブラウン)がベスト

L packageをベースにブラウン空間にグレーをアクセントとして加えた、特別仕様車 Noble Brown(ノーブルブラウン)発売されています。

【 Noble Brown(ノーブルブラウン):通常モデルとの価格差】

ベース車両L packageとの価格差はわずか32,400円!ですから、装備差や下取りを考慮すると、予算に少し余裕がある方には、間違いなく「買い」の特別仕様車です。

Noble Brown(ノーブルブラウン)の特別仕様一覧

  インパネデコレーションパネル  メーターリング  ドアアームレスト  ドアトリム
インパネデコレーションパネル(助手席):合成皮革・ハバナブラウン(グレーステッチ)/エアコンルーバーベゼル(防眩サテン/ダークシルバー) メーターリング(ダークサテン) ドアトリム:合成皮革・ハバナブラウン(グレーステッチ) ドアアームレスト:合成皮革・グレー(グレーステッチ)
 シフトブーツAT  シフトブーツMT  ニーレストパッド  215/50R18 92Vタイヤ&18×7Jインチアルミホイール
シフトブーツ(パネル:マットヘアライン(ダーク)/アクセントストライプ:ハバナブラウン)/シフトリング(サテンクロームメッキ) シフトブーツ(パネル:ダークシルバー/アクセントストライプ:ハバナブラウン)/シフトリング(サテンクロームメッキ) ニーレストパッド:合成皮革・グレー 215/50R18 92Vタイヤ&18×7Jインチアルミホイール(高輝度ダーク塗装)

 

CX3とホンダヴェゼルの対応グレードと比較

ヴェゼルの赤

CX3ベストグレードの2WDのXD(2,408,400円)、20S(2,106,000円)に対抗するヴェゼルのグレードはHYBRID(2,270,000円・FFのAT)となります。

ヴェゼルHYBRIDにはHonda SENSINGが搭載されないため、スマート・シティ・ブレーキ・サポートなどの誤発進制御システムやブラインド・スポット・モニタリング、車線逸脱警報システムが標準装備されるCX-3が圧倒的に勝ります。

 

CX3とトヨタC-HRの対応グレードと比較

 

C-HR日本仕様

CX3ベストグレードの2WDのXD(2,408,400円)、20S(2,106,000円)に対抗するC-HRは、ターボエンジンのS-T(2,516,400円)です。

車両価格は高めの設定となっていますが、先進安全装備トヨタセーフティセンスPが標準装備されています。

クラウンなどのトヨタの上級車種と同じ安全装備はC-HRのセールスポイントです。

また、本革巻きステアリングホイールやシフトノブなど随所にトヨタらしい質の高さがあります。

ただし、40万円の車両価格差を考慮すると、それなりの装備で検討し、エンジン性能にも勝るCX-3の優位は動きません。

 

マツダCX-3で人気のカラーは意外にもこの色!

新車のカタログの表紙や1ページ目の車体カラーがだいだいその車のイメージカラーになります。

とはいえ、そのカラーが人気カラーになるケースは少なく、大抵人気色はホワイト系がブラック系になります。

マツダは「魂動(こどう)」デザインのテーマカラーが「ソウルレッドプレミアムメタリック」なので、CX-3もアテンザやCX-5と同じくレッドがイメージカラーになっています。

街で見かけるマツダ車もレッドが多くなってきた気がします。CX3の人気カラーもレッドなのでしょうか?

CX-3の人気カラーランキング【CX3】

第1位「セラミックメタリック」

セラミックメタリック

セラミックメタリック

CMやカタログのイメージからすると少し意外ですが、2015年3月のマツダの発表では44%を占めているそうです。やはりホワイト系は強いということでしょうか。

ホワイト系はもう一色光沢のある「クリスタルホワイトパールマイカ」(オプション:32,400円)がありますが、光り輝く白ではなく硬質感のある陶器をイメージしたホワイトです。ホワイトは膨張色で陰影が出にくいカラーですが、セラミックホワイトは綺麗にラインが出るカラーになっています。

クリスタルホワイトパールマイカ

クリスタルホワイトパールマイカ

 

第2位「ソウルレッドプレミアムメタリック」

ソウルレッドプレミアムメタリック

ソウルレッドプレミアムメタリック

「魂動」イメージカラーは54,000円のちょっとお高めなオプション価格が響いてか、19%の販売比率のようです。

レッドのみ「匠塗(TAKUMINURI)」という非常に手間のかかる特殊な方法と、特別な塗料で塗装されます。

ボディの美しい陰影が一番はっきりと出るため、情熱的なデザインのCX3にはピッタリのカラーです。

 

第3位は「ジェットブラックマイカ」

ジェットブラックマイカ

ジェットブラックマイカ

3位以下の順位は公式発表がないのですが、ブラック系はどの車でも人気カラーになってきます。

ホイールアーチ廻りの黒いプラスチック部分がボディに溶け込むので、一番スポーツカーらしく、ボディが締まって見えます。

 

第4位は「ディープクリスタルブルーマイカ」

ディープクリスタルブルーマイカ

ディープクリスタルブルーマイカ

ブルー系は売れていそうで売れないカラーですが、深みのある濃いブルーは一味違った印象になるのでランキングに入れました。

ブルーには若々しい「ダイナミックブルーマイカ」もありますが、こちらの方がCX3らしいプレミアム感のあるカラーです。

 

第5位は「メテオグレーマイカ」

メテオグレーマイカ

メテオグレーマイカ

CX-3には定番のシルバー系がラインナップされていませんが、ブラックに近いグレーのカラーになります。

落ち着いた印象になりますが、デザインに合うメタリック感が良く出ていて通好みのカラーです。

 

ランク外の個性的カラーの2色

前年ながらランク外の2色についても記載します。確かにあまり街中では見ない色かもしれませんが、個性が光り、希少性を求めるにはうってつけのカラーです。

チタニウムフラッシュマイカ

チタニウムフラッシュマイカは唯一のブラウンを基調とした、落ち着いた色合いとなっています。

チタニウムフラッシュマイカ

チタニウムフラッシュマイカ

 

エターナルブルーマイカ

エターナルブルーマイカはソウルレッドプレミアムメタリックの反対色として、人気が出てもおかしくないカラー。街中で見かけない分希少価値も出そう。

 

下取りを考えて買うならこの色

白黒系の人気色は中古車店でも売りやすいため、下取り査定額のアップ要因になります。

CX-3の場合は定番のホワイトの二色、ブラックに加え、イメージカラーのレッドが下取りを考えるとおススメになります。

ただし、一般的にレッドのボディカラーは直射日光に長時間さらされると、退色(赤みが薄れてくる)しやすい傾向があります。

退色すると下取りにも影響してくるので、強い日差しのあたる露天駐車場に保管する予定の方は、屋根付き駐輪場を利用するなどの工夫が必要です。

注目の新色マシーングレープレミアムメタリック

マシーングレープレミアムメタリック

マシーングレープレミアムメタリック

7月にアクセラ、8月にアテンザのマイナーチェンジで追加された「匠塗(TAKUMINURI)」第二弾のカラーです。ソウルレッドに続くマツダのイメージカラーになる予定です。

しかしカタログやWEBで見ると一見普通のグレーなので、気になって近所のディーラーでアクセラを確認してところ、まったく印象が違いました。

塗料のきめの細かさが段違いなので、普通のグレーのボヤッとした印象ではなく、削り出しの金属表面のようなソリッド感の強いシルバーです。

明るいハイライトの部分と暗いシャドウの部分とがはっきり出るカラーですが、陰影も単調ではなく光のあたり方や強弱で、様々な表情を見せてくれます。

これからCX3にもオプション設定されましたが、シャープなデザインのCX3にはよく似合うので人気色になると思います。

カタログでは良さが伝わらないカラーなので、是非実車で確認してみてください。

 

マツダ新型CX-3(CX3)の評価・評判をチェック!

CX-3の2015年5月以降の販売比率は、XD PROACTIVE(54%)、XD(11%)、 XD  L Package(35%)と半分以上がXD PROACTIVE(旧TOURING)となっています。

以前のマイナーチェンジでXD L Packageに追加された高級感のあるブラックレザーシートが好評で、XD L Packageの比率が当初より15%ほど上がったそうです。

今回のNoble Brown(ノーブルブラウン)がどれほどの販売比率になるのか楽しみなところです。

CX-3はコンパクトSUVの中でも性能や機能だけでなく、上質感やプレミアム性を求めるユーザーに選ばれています。

今後予定される年次改良でも、より一層質感の向上が図られるそうです。

 

人気の新型CX-3を安く購入するには?

これからCX3の購入を考えている人が気になるのは、やはり値引き情報だと思います。

この記事を見てくれた方にとっておきの値引き情報をお届けします!

一般の方は慣れない価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうことが多いのが実際です。

実際にどのように限界値引きを引き出すのか、次の記事でチェックしてからディーラーに行ってほしいと思います。

【2017年12月】マツダCX-3限界値引き徹底調査&納期情報【CX3】

 

 

面倒でも商談前には、車の査定額を出しておく

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です
今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。
なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼
査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ!
田中さん夫
やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべき

 

自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

実際のネット査定例で、ディーラーの下取り査定価格が安かったことが確認できました!

下取りで得した

低年式車でも必ず下取り価格は出ます!

 

かんたん車査定ガイド(無料)で実際の査定額を見てみる

 

 

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-CX-3

Copyright© くるま情報プレミアム , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.