人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

マツダのディーゼルエンジン

デミオ(Mazda2)

話題のクリーンディーゼル、マツダデミオディーゼルはズバリ買いか?

更新日:

圧倒的なトルクによる胸のすくような加速と優れた燃費性能を誇るディーゼルエンジン、マツダのスカイアクティブ-D技術が、最近車業界で注目されています。

これまで日本ではあまり注目されていなかったディーゼルエンジンですが、なぜここ数年でこれほど注目されるようになったのでしょうか?

国内でトップを走る、マツダのディーゼルエンジンについ徹底的に解説します。

マツダ新型デミオの評価・燃費・グレード、格付けもチェック!

ヨーロッパで高評価のディーゼルエンジン

回転数が低い時に起こるディーゼルエンジン独特のカラカラという騒音と、トラックのマフラーから噴き出す黒煙。

一昔前のこれらのマイナスイメージから日本国内ではディーゼルエンジンよりも、ガソリンエンジン車が圧倒的な比率で普及してきました。

車先進国ヨーロッパではディーゼルエンジン車の比率が50%以上

ロングドライブに適した性質と優れた環境性能から、車先進国ヨーロッパではおよそ2台に1台がディーゼルエンジン搭載車です。

ヨーロッパのディーゼルエンジン比率

ヨーロッパのディーゼルエンジン比率:マツダ公式HPより

ディーゼルエンジンの長所

  1. 軽油の燃料コストがガソリンより安く、燃費もいい(燃焼効率がガソリンよりも20%程度いい)
  2. トルクがあり、ガソリンだとノッキングするような低回転でも力強い粘りがある
  3. 高速道巡航では低回転で走る事が出来るディーゼルの静粛性はガソリンより上
  4. デミオは最大トルクの出現するレンジが1,400-3,200rpmと広く、驚異的な加速が魅力

ディーゼルエンジンの短所

  1. 黒い煙もくもくの古いトラックのイメージ
  2. 振動や騒音(カラカラ音)が気になる→ただしマツダデミオにはナチュラル・サウンド・スムーザーで音が低減されている
  3. エンジンの製造コストがガソリンよりも高いので車両価格が高くなる

マツダのクリーンディーゼル、スカイアクティブ‐Dを総チェック

マツダディーゼルエンジン

マツダはもともとヨーロッパでの販売台数が多い日本メーカーです。

ヨーロッパで販売を伸ばすには、人気があるディーゼルエンジンを搭載する車の開発が必須でした。

従来のディーゼルエンジンにあった騒音と振動のマイナスイメージを解決し、低圧縮比とそれに伴うエンジン自体の軽量化を実現させたのがSKYACTIV-Dなのです。

ナチュラル・サウンド・スムーザー

大型バスなどにディーゼルエンジンが採用されていることからわかるように、力があり燃料費燃も安いのがディーゼルエンジンの長所です。

ただし、発進時やゆっくり加速するときに生じる「カラカラ」というノック音は、環境などにマイナスなイメージがあります。

日本でディーゼルエンジンを普及させるには、このカラカラ音を低減させるしかない!

マツダはこのカラカラノック音を長年研究してきたのです。

ナチュラル・サウンド・スムーザーは、ピストンのピンに組み入れたダンパーが、燃焼によるノック振動を打ち消す技術です。

従来のカラカラ音を大幅に減少させ、乗っている人がガソリンエンジンと間違えるような軽快なエンジンサウンドを実現させたのです。

ナチュラルサウンド周波数コントロール

2016年1月に導入されたナチュラルサウンドスムーザーに加えて、2016年10月のマイナーチェンジでディーゼルエンジン音の静粛性を高めるナチュラルサウンド周波数コントロールがディーゼルエンジン全車に導入されました。ディーゼルエンジンの不快な音がする周波数帯に着目し、燃料噴射タイミングを0.1ミリ秒単位で制御することで、ノック音の発生自体を抑制して従来よりもさらにノイズの低減が図られています。

 

世界に誇れるデミオクリーンディーゼルは、ズバリ買いだ!

公式な発表はありませんが、マツダデミオはクリーンディーゼル車の販売比率が50%を超えるているようです。また、デミオのディーゼルは、ターボ付エンジンです、このディーゼルターボはトルクが出始める1,400回転まではわりともっさりしている様に感じるかもしれません。しかし、アクセルを更に踏み込むと一気にトルクがあふれ出て、怒涛のような加速を見せるので、昔のガソリンターボのターボラグに例えらることもあります。パワーとトルクはただスピードのためにあるのではなく、運転の余裕(=安全)につながります。

また、ガソリンは街中の渋滞や狭い道でもキビキビ走るので、細い道をよく通るという方、あまり遠出しないからパワーが必要ないという方や女性には、細い道でもスイスイ走るガソリンという選択肢がベストCHOICEでしょう。

クリーンディーゼルエンジン向きの方

  • 中長距離の移動が多い人
  • 高速道路を利用する機会が多い方
  • 車にパワーと、余裕を求める人

ガソリンエンジン向きの方

  • 近距離の移動が利用の中心の人
  • 街中での運転で、ストップ・ゴーが多い人
  • 車にパワーは不要な人
  • 車への初期費用を低く抑えたい人

「クリーンディーゼルは燃費で車両価格のもとが取れない」は意味が無い

クリーンディーゼルは車両価格がガソリンよりも高いので、その差額を燃費で回収するには○○年位かかるとか言いますが、このたとえは全く意味がありません。

以下に説明しますのでご覧ください。

デミオ ガソリン13SとクリーンディーゼルXDの価格差

駆動方式 ガソリン13S ディーゼルXD 価格差
2WD 1,458,000円 1,782,000円 324,000円
4WD 1,652,400円 1,976,400円 324,000円

現状デミオの車両価格はガソリンとディーゼルで324,000円の差があります。

この差を燃費で回収しようとすると何年かかるのでしょうか?

■ディーゼルの価格差を燃料費で回収するには?■

ガソリンは1ℓ125円、軽油は100円とします。

年間走行距離は10,000㎞とします。

⦿13S (10,000km÷24.6km/ℓ)×125円=50,813円

⦿XD  (10,000km÷30.0km/ℓ)×100円=33,333円

⦿車両価格差324,000円÷(50,813円―33,333円)=18.5年

 

他のサイトでも同じような試算をしていて、20年かかるとか25年かかるとか数値はいろいろです。

でもこんな試算はあまり意味が無いことです。

比較すべきは燃費の一要素だけでなく、パワーとトルクを得ることや快適性・安全性など、他の要素を考慮しなければいけないからです。

何より、圧倒のパワー・トルクによる余裕の運転快適性を、クリーンディーゼルでは所有している間5年~9年受けることができるのですから、このメリットは金額には換算できないものなのです。

1.3ℓガソリンエンジンと1.5ℓディーゼルターボエンジンの比較

SKYACTIV-G 1.3

(ガソリン)

SKYACTIV-D1.5

(ディーゼルターボ)

排気量 1.298ℓ 1.498ℓ
エンジン最高出力 68KW(92PS)/6,000rpm 77KW(105PS)/4,000rpm
エンジン最高トルク 121N(12.3kg)/4,000rpm 220N(22.4kg)/1,400-3,200rpm
JC08モード燃費 24.6km/ℓ 30.0km/ℓ

人気グレードは幅広いがディーゼル人気は圧倒的

マツダはデミオのグレード別販売実績を公表していません。

ディーゼル車の販売が50%以上であることは非公式ながら認めていましたが、街の口コミアンケートでは圧倒的にディーゼルの販売が多いことが分かります。

ガソリン車を選ぶ人は、ガソリンのデミオの13Cや13Sを選ぶのではなく、むしろアクアやフィットなどの他メーカーに流出していることが予想されます。

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、ある傾向に気づきました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイトかんたん車査定ガイドで自分の車をチェックしてみました。

そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

下取りで得した

でもこれではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、

なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!これで下取りが損だということが実証されました。

下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

かんたん車査定ガイドで実際の査定額を見てみる

 

元営業マンが明かす!下取りをしてはいけない理由

値引きよりも下取り査定が重要です

一に値引き、二に値引き。世間では何かと「他人の値引きがいくらだったのか」、「自分は平均に比べて値引き額が多いのか少ないのか?」気にしますね。

実は本当は値引き額は、そんれほど重要でありません。

なぜなら同じ時期に同じ新車を買う場合、そんなに決定的な差は出ていないのです。

そうなんです、値引きよりも下取り査定が重要なのです。

くるま情報プレミアムトップページ画像
【車値引きのコツ】元ディーラーマンが教える新車値引きテク

どんなに古い車でも必ず高額査定無料で今すぐ査定額チェック※軽自動車から外車までOK 【見積書】車種ごとの値引き情報 & 見積書をすぐに知りたい方はコチラ↓   新車値引きテクニックの ...

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

-デミオ(Mazda2)

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.