人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

新型三菱 ek クロスの評価口コミ辛口チェック

ekワゴン/ekクロス

新型三菱ekクロスの評価・口コミを辛口チェック 三菱ek X の本当の実力は?

更新日:

新型ek X(クロス)は、三菱のeKワゴンをSUVとのクロスオーバータイプにした車です。

新型eK X(クロス)についてチェックすべき点は次の点です。

ekクロスのポイント

  • 新型ek X(クロス)はekワゴンのクロスオーバーモデルとして2019年3月に新発売
  • マイルドハイブリッドシステムを採用し、内外装に上質感を演出しているのがセールスポイント
  • 軽自動車初のデジタルインナーミラー、SOSコールスイッチを設定
  • 高速道路 同一車線運転支援技術MI-PILOT(マイパイロット)搭載で楽チン運転
新車値引きマスター
新発売のek X(クロス)はどのような車なのか、この記事で辛口チェックしています。

こちらも人気記事

⇒三菱ek X(クロス)限界値引き最大額は?【2019年6月】

 

新型ek X(クロス)の評価評判を辛口チェック

新型ek X(クロス)の評価評判を辛口チェックekシリーズは、日産DAYZ(デイズ)と共に三菱自動車が開発し、生産を行っているトールワゴンタイプの軽自動車です。

新型eK Xは、グレードによってMI-PILOTなどの先端技術を搭載。

新型デリカD:5をうかがわせるようなフロントマスクをしており、インテリアも専用のデザインが採用されているため軽自動車でも十分な存在を放っています。

ショックアブソーバーがサイズアップされ、細かい振動もしっかりと吸収してくれるため、快適なドライブができるでしょう。

ボディカラーはモノトーンカラーだけでなく2トーンカラーも設定されていますので、あなたの好きなボディカラーを見つけることができるでしょう。

マイルドハイブリッドシステムが導入されている新型eK Xは、燃費も良くてどこまでも乗っていきたくなります。

 

三菱新型ek X(クロス)の価格は?

新型eK Xの車両価格は、以下のようになっています。

<新型eK Xの車両価格>
グレード駆動方式車両価格
T

 

2WD

4WD

1,636,200円

1,765,800円

G

 

2WD

4WD

1,555,200円

1,684,800円

M

 

2WD

4WD

1,414,800円

1,544,400円

新型eK Xの車両価格は、ベースグレードのMで140万円台から購入することが可能です。

TとGの安全装備には、高速道路での同一車線運転支援技術である「MI-PILOT」が採用されているため、Mより車両価格が高くなっていることが分かります。

 

新型eK クロスのパワーユニット

新型eK Xのパワーユニットは以下のようになっています。

<新型eK Xのパワーユニット>
ノンターボ(NA)車ターボ車
エンジン型式BR06

 

BR06インタークーラー付

ターボチャージャー

エンジン種類直列3気筒DOHC12バルブ
総排気量659cc
エンジン最高出力38kW [52PS] / 6,400rpm47kW [64PS] / 5,600rpm
エンジン最大トルク60N・m [6.1kg・m] / 3,600rpm100N・m [10.2kg・m] / 2,400rpm
モーター型式5M21
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力2.0kW [2.7PS] / 1,200rpm
モーター最大トルク40N・m [4.1kg・m] / 100rpm

新型eK XのトランスミッションはCVTです。

Tがターボ車で、G、Mがノンターボ車になります。

新型eK Xは新世代の軽自動車エンジンである直列3気筒660ccエンジンであるBR06を搭載。

BR06は最新の軽自動車エンジンであるため快適な走行を実感することができます。

 

おすすめのパワーユニットは?

当サイトがおすすめするekクロスのパワーユニットですが、予算がゆるすならやはりターボエンジンを推しておきましょう。

NAエンジンについて、市街地走行で非常に扱いやすいことで、NA車が持つマイルドな性格は街乗りで使うのにとても心地が良いと評価されており、NAエンジンを購入すべき最大の魅力があります。

それに対しターボ車は、トルクフルで加速性能に優れており、パワーの余裕が運転にゆとりをとたらします。

価格差も81,000円と、それほど決定的な違いもありません。

 

新型eK クロス の走り

新型eK XのNAエンジン最高出力は52psまで向上したためストレスのない走りを実現。

さらにターボ車は64psまでエンジン最高出力がアップしたため、より快適な走りを堪能することができます。

トランスミッションのCVTはAT車のような変速を行なってくれますので、力強く前進してくれます。

搭載されているマイルドハイブリッドシステムは、リチウムイオンバッテリーを新採用しており、アイドリングストップ時間、モーターアシスト時間ともに向上。

走行中の安心機能としては「グリップコントロール」が搭載されており、スリップした場合もブレーキをかけてくれるので安心です。

サスペンションは前モデルのeKワゴンよりショックアブソーバーがサイズアップされ、細かい振動もしっかりと吸収してくれるため乗り心地も抜群。

eK XはベースモデルがeKワゴンであり、進化を遂げながらクロスオーバーにしたのがeK Xなのです。

 

三菱らしい力強い ek X(クロス)のエクステリア

デリカD:5のような力強い ek X(クロス)のエクステリア

新型eK Xのフロントマスクは、新型デリカD:5を窺わせるような面持ちをしています。

上段にはロービームを2段、下段には3灯式LDヘッドライトハイビームを標準装備。

オプション設定されている専用のルーフレールが、アクティブ感を引き立てます。

T、Gにはフロントバンパー部分にフォグランプが搭載されており、スタイリッシュさがあるのが特徴。

ek X(クロス)のエクステリア リヤビュー

新型eK Xをサイドやリアからみるとクロスオーバーのたくましさを感じることができます。

新型eK Xのボディサイズは以下のようになっています。

<新型eK Xのボディサイズ>
グレード2WD4WD
全長×全幅×全高3,395mm×1,475mm×1,640mm3,395mm×1,475mm×1,660mm
ホイールベース2,495mm
最低地上高155mm
車両重量840~860kg900~920kg

2WDより4WDのほうが、全高が20mm高くなっており、車両重量が60kg重くなっています。

それ以外のサイズについて差はなく、軽自動車規格いっぱいの大きさを維持。

前モデルよりエンジンルームが小さくなったことから、2.430mmだったホイールベースが2,495mmに延長されたため、室内でも快適に過ごすことができます。

このように新型eK Xは前モデルと比べると新設計になっていることがご理解いただけるでしょう。

 

質感が高い新型eK Xのインテリア

質感が高い新型eK Xのインテリア

質感が高い新型eK Xのインテリア

出典:三菱自動車公式HP

新型eK Xは、eKワゴンとは異なった専用のインテリアパネルなどが採用され、スポーティなデザインになっています。

新型eK Xは新世代のプラットフォームで設計されており、室内空間はより広く快適に。

ラゲッジスペースの開口部は、地上高が655mmとなっており、後部座席は前後スライドできますので使い勝手も抜群です。

新型eK Xは室内長2,065mm×室内幅1,340mm×室内高1,270mmで、ベビーカーを積むこともできます。

ekクロス 後席の質感はイマイチ

運転席インパネ周りの作り込みはしっかりしていますが、シートや後席の質感はとても良いとは言えません。

新型eK Xは、軽自動車初のデジタルインナーミラーやSOSコールスイッチを搭載しており、安全に運転できる環境が整っています。

新型eK Xのインテリア

 

豊富なekクロスのカラーラインナップ

新型eK Xはモノトーンカラーが6種類用意されています。

<新型eK Xのモノトーンカラーラインナップ>
●ホワイトパール※1

ekクロス ホワイトパール

●チタニウムグレーメタリック

チタニウムグレーメタリック

●ブラックマイカ

ブラックマイカ

●レッドメタリック

レッドメタリック

●ライトニングブルーマイカ

ライトニングブルーマイカ

●サンシャインオレンジメタリック※1

サンシャインオレンジメタリック

※1は、メーカーオプションで32,400円の追加料金が必要です。

人気のブラック、ホワイト、シルバーが設定されているだけでなく、レッド、ブルー、オレンジなどを選択すると、個性を発揮することができます。

では次に新型eK Xの2トーンカラーを5種類ご紹介します。

 

<新型eK Xの2トーンカラーラインナップ>
●サンドイエローメタリック×ホワイトソリッド※2

サンドイエローメタリック×ホワイトソリッド

●ライトニングブルーマイカ×スターリングシルバーメタリック※3

ライトニングブルーマイカ×スターリングシルバーメタリック

●レッドメタリック×ブラックマイカ※3

ekクロス レッドメタリック×ブラックマイカ

●オリーブグリーンメタリック×チタニウムグレーメタリック※2

ekクロス オリーブグリーンメタリック×チタニウムグレーメタリック

 

●ナチュラルアイボリーメタリック×サンシャインオレンジメタリック※2

ekクロス ナチュラルアイボリーメタリック×サンシャインオレンジメタリック

※2は81,000円、※3は59,400円の追加料金が必要です。

2トーンカラーはボディカラーとルーフカラー・サイドミラーカラーが異なることから、モノトーンからよりさらに個性を発揮することができます。

 

燃費性能

新型eK Xの燃費性能は、以下の通りです。

<新型eK Xの燃費性能>
TGM
2WD4WD2WD4WD2WD4WD
JC08モード25.2km/L22.8km/L29.4km/L25.4km/L29.8km/L25.4km/L
WLTC総合19.2km/L16.8km/L21.0km/L18.8km/L21.2km/L18.8km/L
WLTC市街地16.0km/L14.3km/L17.8km/L15.9km/L16.9km/L15.9km/L
WLTC郊外20.6km/L17.8km/L22.5km/L20.3km/L23.0km/L20.3km/L
WLTC高速道路20.1km/L17.4km/L21.7km/L19.3km/L22.6km/L19.3km/L

これまでの燃費性能の表示はJC08モードが採用されていましたが、最近ではより実燃費に近いWLTCモードの燃費が注目されるようになっています。

Tはターボ車ですので、G、Mより燃費性能は良くありませんが、マイルドハイブリッドシステムを採用しており、燃費性能に優れています。

ただTとG、MのWLTC総合では燃費差が2km/Lですので、この差を大きいと感じるかで選択するグレードが変わってくるでしょう。

とくにWLTC市街地では、TとG、Mの燃費差は2.0km/L以下ですので、都心での利用が多い方はそれほど燃費差がないという実感が得られるのです。

それに対してWLTC郊外やWLTC高速道路のように、一定の速度で走行できるところほど、燃費差を感じることができるでしょう。

 

新型eK Xの安全装備

Xの安全装備

新型eK Xの安全装備には、グリップコントロールやベーシックセーフティなどの安全装備が搭載されています。

<新型eK Xの「グリップコントロール」の一例>
●グリップコントロール雪道やオフロードなどで路面がぬかるんでいると、駆動輪が空転してしまうことがあります。スリップした駆動輪をブレーキ制御して、路面をグリップしている駆動輪の駆動輪を確保して発進をサポートします。マルチインフォメーションディスプレイを見ると制御状態を確認することも可能です。
●フルタイム4WD通常はFF車に近い駆動配分で走行しますが、滑りやすい路面では後輪へより多くの駆動力を配分するため、雨や雪の日でも安心して走行できます。
●ASCアクティブスタビリティコントロール。車の横滑りを抑えて安定走行を実現するだけでなく、滑りやすい路面で発進するときに左右両輪がスリップしたことを感知するとエンジンの出力を制御。駆動力・ハンドル操作を向上させるトラクションコントロール機能が合わせてサポートしてくれます。
●ABS(EBD付)

 

急ブレーキをかけたときのタイヤロックを防ぎ、車の安定性を保ちます。合わせてブレーキアシストがブレーキをふむ力を補助、EBDが乗っている人や積載量に応じて後輪ブレーキの制動力を調整してくれます。

ベーシックセーフティでは、すべての座席を守るために6つのエアバックを全車に標準装備。

全席には衝突のときに胸部にかかる負担をやわらげるためにフォースリミッター付3点式ELR付シートベルトを採用していますので、万が一の事故のときも同乗者を守ります。

通常シートベルト非着用ウォーニングは前席に装備されていますが、新型eK Xは後席にも搭載されていることから、15km/h以上のスピードで走行した際は警告音も鳴るしくみになっているのです。

もし歩行者と接触するような事故が発生したとき、新型eK Xは歩行者傷害軽減ボディをしていますので、ボンネットフードなどに歩行者の頭部を保護する衝撃吸収構造を採用。

その他、スイッチ操作で作動できる「電動パーキングブレーキ」、視認性に優れた「LEDヘッドライト&LEDハイマウントストップランプ」、坂道発進での交代を防ぐ「HAS」など、新型eK Xにはさまざまな安全装備が搭載されていますので、安全・安心にドライブすることができるのです。

 

新型eK Xの対抗車種は??

スペーシアギアの未使用車・中古車情報

スズキスペーシアギアが最大のライバル

新型eK Xの対抗車種を知っておくと、新型eK Xを購入するときに値引き交渉をすすめやすくなるでしょう。

ライバルには、ダイハツキャスト、スズキスペーシアギアなどが挙げられます。

新型eK Xは軽自動車クロスオーバータイプの車で、それと同形状の車がライバルとして挙げられるのです。

スペーシアギアは、スペーシアのアクティブ仕様でアウトドアに活用できます。

スペーシアギアは新型eK Xと同様に軽自動車規格サイズいっぱいまでの大きさとなっていますが、スペーシアギアは新型eK Xより車高が140~160mm高い1,800mmとなっているため、車内空間が広く、高さのある荷物を積むことも可能です。

スペーシアギアはハイブリッド車で、ターボ車とノンターボ車の設定がありますが、燃費性能では新型eK Xと大差はありません。

安全装備では、スペーシアギアはスズキセーフティサポートが搭載されて新型eK Xよりも安全装備が充実しているといえるでしょう。

 

ダイハツキャストの未使用車・中古車情報

ダイハツキャストもekクロスと個性がかぶる

キャストは「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」の3タイプが設定されており、設定されているグレードも豊富で、ベースグレードでは約1,220,000円から購入できることから新型eK Xよりお手頃です。

キャストを販売しているダイハツも安全装備には力を入れており、スマートアシストⅢはドライバーや同乗者を守ってくれます。

ここではスペーシアギアとキャストを対抗車種として挙げていますが、他ではスズキ・ハスラーやホンダN-BOXなど、いわゆるハイトールワゴンの軽自動車が対抗車種に挙げられるでしょう。

車種の比較は、パンフレットやネットでの情報をみるだけでは不十分で、新型eK Xを含めた対抗車種を絞りこめたなら、ディーラーに行って実際に車を見させてもらいましょう。

ディーラーでは車を見れるだけでなく、試乗することも可能ですので、あなたが納得いくまで車選びをすることができます。

新型eK Xと対抗車種を比較することで、より新型eK Xの良さを実感することもできるでしょう。

 

三菱ekクロスの商談に行く前に…

新型三菱 ek クロスの評価口コミ辛口チェック

人気の新型ekクロスを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒三菱ek X(クロス)限界値引き最大額は?【2019年6月】

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
交渉で自分の車の査定額が頭に入っていないと、ディーラーの値引き交渉もうまく進められません! ちょっと面倒ですが、商談に行く前にネットで必ず現在の車の査定価格を調査しておきましょう。

商談での一コマ

営業マン
高橋さん、お車の査定が完了しました
営業マン
高橋さんの愛車の下取り査定額は48万円です 今キャンペーン中で通常よりも3万円査定アップで下取りますよ。
高橋さん夫
48万円・・・。 なるほど・・・
高橋さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定48万円って、高いの?安いの?どっちよ
高橋さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
過去に修理をしている車、かなり古い車でも必ず下取り額がつきます。 自己判断で下取り金額はきっとゼロ円だからと決めつけるのは危険です。

 

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

-ekワゴン/ekクロス

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.