人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ノートe-POWER対アクア

アクア ノート

ライバル5番勝負 日産ノートe-POWER vs トヨタアクア

更新日:

ノートe-POWERとアクア。商談において常に比較される2つの車種についてどちらを選べばよいのでしょう?

  • ノートe-POWERとアクアの走行性能はどうなのか
  • 実際の燃費はアクアとノートe-POWERどちらが優位なのか
  • アクアとノートe-POWERのどちらがコストパフォーマンスに優れているのか?

ハイブリッドとして老舗のアクアと、ニューカマーのノートe-POWERを5番勝負で対決させてみましょう。

新型アクアの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫

日産ノートe-POWERの評価≪本当の実力をチェック≫

 

ノートe-POWER vs アクア 走行性能対決

ノートe-POWER

ートは走行用バッテリーを充電するためだけに、エンジンを使用します。

ストップ&ゴーの多い市街地では回生ブレーキによる充電が可能で、エンジンの使用を少なくすることが可能です。

一方で高速道路や流れの良い郊外のバイパス道路などでは、エンジンでの発電だけに頼ることになるため燃費は悪化します。

ノートe-POWERは、日産がコンパクトクラスに初めて投入したハイブリッドモデルです。

エンジンは発電のみで使いモーターのみで走行するシリーズ式ハイブリッドを、量産コンパクトカーとして世界で初めて採用しています。

2.0リッターエンジン並みの最大トルク25.9kgf・mを発揮するモーターを搭載して駆動用に使用しています。

モーターは回転直後から最大トルクを発生するため、レスポンスの良い加減速が特徴です。

ダイレクトで力強い加速だけでなく、減速エネルギーを電力として回収する回生ブレーキを積極的に使用することで、アクセルペダルだけで速度調節が可能になっています。

リチウムイオンバッテリーは床下に配置しているためボディは低重心で乗り心地は安定していますが、コンパクトカーらしいキビキビ感は希薄です。

フットワークはゆったりとしていますが、ガソリン車とは全く異なる加速フィーリングは、ノートを選択する大きな理由になるでしょう。

アクアの値引き情報

クアは74PSの1.5Lガソリンエンジンと45PSのモーターを、走行状況に合わせて使用する動力分割式のハイブリッドを搭載しています。

2代目プリウスのTHSⅡをベースとしてアクア用に改良したシステムは熟成が進み、エンジンとモーターの切り替えに不自然さは感じるケースはほとんどありません。

低速時にはモーターのみで走行するEVモードもありますが、基本はエンジンでの駆動をモーターがサポートします。

複雑な制御は緻密に行われ加速もスムーズで、空力特性に優れた低めのボディもあわせて軽快でスポーティーな走行フィールです。

ノートと同じく床下にバッテリーを搭載していますが車重はノートよりも100kg以上軽く、軽快感のあるドライビングが楽しめます。

アクアは初期モデルでは乗り心地の粗さや静粛性に難がありましたが、発売から2度のマイナーチェンジを経て、現行モデルでは納得できるレベルまで向上しています。

ほぼ互角といっても良い走行性能ですが、モーター単独のスムーズでパワフルなドライブフィールの新鮮さでノートが上回ります。

走行性能対決は、ノートの勝ちです。

 

ノートe-POWER vs アクア 燃費対決

アクアやノートを選ぶのであれば、燃費性能は重要なポイントになるでしょう。

グレード燃費(km/L:JC08モード)
アクアL38.0
S34.4
S"Style Black"
Crossover
G/G"ソフトレザーセレクション"
G“GR SPORT”
ノートe-POWER S37.2
e-POWER X34.0
e-POWER MEDALIST
ートは日産で初となるコンパクトクラスのハイブリッドモデルとして、また後出しジャンケンで負けるわけにはいかず、アクアを上回る燃費で発表されました。

エアコンや自動ブレーキが標準装備されない"燃費スペシャルグレード"のSを設定しアクアを抜きましたが、アクアも2017年7月のマイナーチェンジで装備を簡略化した"L"グレードで38.0km/Lを達成し抜き返しています。

実際の売れ筋グレードでの燃費もアクアが上回りますが、カタログ燃費だけでなく実走行での燃費も気になるところです。

ノートは走行用バッテリーが少なくなると、走行状況に関わらずエンジンを使用します。

ストップ&ゴーの多い市街地では回生ブレーキによる充電もできるため、エンジンの使用は少なく上手に運転すればカタログ並みの燃費を出すこともできます。

一方で高速道路や流れの良い郊外のバイパス道路などでは、エンジンでの発電だけに頼ることになり燃費は悪化します。

クアは、走行用モーターとエンジンが協調して駆動することでガソリン消費を抑えます。

エンジンと走行用モーター、発電機が遊星歯車で連結され、ノートと同じく回生ブレーキでのエネルギー回収も行うため、どんな状況でも高い効率を誇るシステムです。

アクアも高速走行の際はモーターのアシストが減り燃費が悪化しますが、エンジン自体の燃費性能も高いため、落ち込みはノートほどではありません。

実燃費は使い方次第になりますが、より多くの状況で燃費性能が稼げるアクアの勝ちとします。

 

ノートe-POWER vs アクア 値段(コスパ)対決

ノート通常モデルのグレード価格表

ノートのグレード価格表

新型日産ノートのベストチョイスグレードは?

ートは、エマージェンシーブレーキが標準装着されるXグレード(¥1,965,600)が人気グレードです。

エマージェンシーブレーキは単眼カメラを使用したタイプで、緊急時の衝突被害軽減ブレーキと車線逸脱通報機能が付きます。

高精度カメラと画像処理技術により、60km/hまで歩行者検知による自動ブレーキが可能です。

オートエアコンやインテリジェントオートライト、インテリジェントキーは標準なので、装備面で不満はありません。

アクアのグレード・価格表

アクアのグレード・価格表

新型アクアのベストチョイスグレードはこれだ!

クアの安全装備は、トヨタセーフティセンスPが選択可能です。

単眼カメラとレーザーレーダーを使用したタイプで、プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームがセットされます。

ミリ波レーダーやステレオカメラは採用されていないので、作動速度の上限が低く歩行者検知もできません。

安価に取り付られるメリットはありますが、ノートと比較してもアクアの安全装備は見劣りがします。

売れ筋の"S"グレード(¥1,886,760)に、トヨタセーフティセンスP(¥54,000)、スマ-トエントリーパッケージ(¥43,200)のオプションを選ぶと¥1,983,960になります。

燃費だけでなく価格も僅差の勝負ですが、安全装備の先進性でノートの勝ちです。

 

ノートe-POWER vs アクア 販売台数(人気)対決

アクアクロスオーバー

クアは実質的な初年度になる2012年に25万台、2013年~2015年は国内販売台数の年間トップを獲得しています。

 

2016年2月にはトヨタとして新記録となる4年半で累計販売100万台を達成し、プリウスと並ぶ基幹モデルになりました。

もうすぐ発売後6年が経過するため最近の販売はやや落ちたものの、それでも月間1万台程度販売される人気を維持しています。

ノートの青

ートは2012年の発売ですが、ライバルとなるアクアやフィットのようにハイブリッドが無く、月販目標の10,000台に届かない月がほとんどでした。

待望のハイブリッドe-POWERが追加され一気に販売台数を伸ばし、2016年11月には日産車として30年ぶりの販売台数トップになっています。

2016年下半期のコンパクトカー販売台数ナンバー1にも輝き、e-POWER はノート全体の販売台数の70%を占める人気です。

現状の勢いはノートの方がありますが、累計販売台数ではアクアの圧勝。

地道な改良を続けながら、販売を維持しているアクアの勝ちとします。

 

ノートe-POWER vs アクア デザイン(カッコよさ)対決

この勝負の勝者はアクア

クアは、スペース効率を考えた背の高いモデルの多いコンパクトクラスの中で、背の低いフォルムを採用しています。

低いルーフは波打つ形状のカモメルーフ、ドアミラーなどに凸凹のエアロスタビライジングフィンが付くなど、空力抵抗を減らし燃費を稼ぐ合理的なデザインです。

2017年6月のマイナーチェンジでは、ヘッドライト形状などフロント部を大幅に変更、リアコンビランプもデザインが変更されています。

台数が出ている車だけに外観は見慣れてしまっていますが、SUVイメージを持つ"クロスオーバー"や、よりスポーティーな印象を高める"GR SPORT"で個性を出すのも良いでしょう。

ノート:ガーネットレッド

ートはパッケージング優先の背高ハッチバックデザイン、オーソドックスですがアクアと比べるとシャープさには欠けます。

特徴的なフロントのVモーショングリルには、e-POWERを示すブルーのラインが入り、専用のツートーンのボディカラーも選べます。

目立つ要素は少ないですが、実用的で嫌われる要素も無い長く付き合えるデザインです。

アクアの"GR SPORT"に対抗するNISMOモデルにも、ガソリン車だけでなくe-POWERが設定されています。

専用グリルやバンパーなど、標準モデルよりも迫力のあるデザインとカラーリングが魅力です。

一方アクアとノートに共通するウィークポイントは、プラスチック感のあるインテリアで質感は低く印象はチープです。

センターメーターなどデザインで努力しているアクアに対し、ノートはデザインもありきたりで先進性は感じられません。

後席が狭く後方視界がよくないなどアクアのデザインにも弱点はありますが、燃費に割り切ったスタイリングの潔さでアクアの勝ちとします。

 

まとめ 最終勝者はこの車

ノートe-POWER対アクア

ノート2勝、アクア3勝とアクアの実力が発揮された結果になりました。

後席やラゲッジに不満は残りますが、スポーティーなスタイリングや操縦性能でドライブそのものを楽しみたいのであればアクアはピッタリです。

ノートは背が高く後席も広いので、家族のファーストカーとしても十分に使えます。

市街地や短距離の通勤などであれば燃費も良く、シリーズ式ハイブリッドの恩恵を十分に受ける事ができるでしょう。

ただしノートのシリーズ式ハイブリッドはEVのリーフをベースにしたシステムで、リーフで露呈した走行用バッテリーの劣化やそれに伴うリセールバリューの悪化なども心配です。

初代モデルでありながら100万台以上を販売した実力はホンモノ、最終勝者も5番勝負通りアクアとします。

 

トヨタアクアの限界値引き徹底調査情報【2019年6月】

日産ノート(e-POWER)の限界値引き情報【2019年6月】

 

面倒でも値引き商談前には、車の査定額を出しておく

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です
今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。
なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼
査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ!
田中さん夫
やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべき

 

自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

実際のネット査定例で、ディーラーの下取り査定価格が安かったことが確認できました!

ディーラーよりも30万円も高かった

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

 

-アクア, ノート

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.