人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

スズキエスクードの評価口コミ辛口チェック

エスクード

スズキエスクードの評価・口コミを辛口チェック

老舗のコンパクトSUVスズキ エスクードの商談にあたり、注意すべき点は何でしょうか?

エスクードのポイント

  • 現行型はFF車がベースのモノコックボディへと変更され、より快適な乗り心地を獲得
  • 新しいパワーユニット1.4L直噴ターボによるスムーズで軽快な走り
  • 電子制御4WDシステムALLグリップによって、あらゆる路面状況で安定したドライブが可能
  • デザイン性が全く感じられないちょっと安っぽいインテリアにはさめる
  • 現行モデルはハンガリーで生産されていて欧州車的な乗り味を持つ車
新車値引きマスター
新型エスクードはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

⇒【2019年10月】スズキエスクードの目標値引き最大額は?

 

エスクードの評価・口コミを辛口チェック

スズキ エスクードは1988年に登場し、クロスカントリー4WD車に乗用車の持つ快適性を盛り込んだ、現在大人気となっているクロスオーバーSUVの源流と呼ぶべき車で、当時のスキーブームによる影響を受けて大ヒットしました。

元々は頑丈なラダーフレームの本格的4WD車をベースに、一般道での乗り心地を改善させた車でしたが、2015年に登場した現行型ではFF乗用車のプラットフォームを使用し、現代的なクロスオーバーSUVへと大転換されます。

現行型は、ハンガリーにあるスズキの現地法人、マジャール ススキが生産する輸入車として販売され(欧州ではヴィターラの名で販売)、欧州車的なかっちりとした乗り味が特徴。

エスクードの魅力は、スズキが誇る1.4L 直噴ターボのブースタージェットエンジンによる軽快な走りと、電子制御4WDシステムのALLグリップが、道を選ばない安定したドライビングを実現しているところです。

FFベースのフルタイム4駆となった現行型は、以前のようなヘビーな悪路走破性は期待できませんが、それでも雪道などでの安定した走行性能や快適な乗り心地、都会的なセンスを持つボディデザインにリーズナブルな価格といった魅力の多い車です。

その反面、デザイン性のかけらもない見るからにチープでお粗末なインテリアにはガッカリで、魅力のある車だけに非常に残念です。

それでは、エスクードの特徴をチェックしていきましょう。

 

気になるエスクードの価格は?

エスクードの車両本体価格は以下のようになっています。

グレードエンジン車両本体価格
1.4ターボ1.4L直噴DOHCターボ2,586,600
1.61.6Lポート噴射式DOHC2,343,600

エスクードの価格は、従来型の1.6Lエンジン車が234万3,600円、新しく追加された直噴1.4Lターボ車が258万6,600円です。

6Lと1.4Lの外見上の違いは、フロントグリルのデザインとアルミホイールの色(1.4は黒、1.6はガンメタリック)の他、1.4Lではルーフレールが標準装備されます。

エスクードの良いところは、搭載されるエンジンごとに単一の1グレードしかなく、それぞれ予防安全装備や運転支援システム、フルオートエアコンやシートヒーターなどが標準装備されていることです。

後は、オプションで選択可能なナビゲーションシステムを追加するだけで、必要な装備が手に入るリーズナブルな価格設定となっています。

エスクードのライバルは強敵揃い

エスクードのライバル車には、各メーカーが現在もっとも力を入れている、クロスオーバーSUV車が名を連ねており、どの車も大変な強敵揃いです。

  • エスクード:ボディサイズ(全長4,175mmx全幅1,775mmx全高1,610mm)

◆トヨタ C-HR(4,360x1,795x1,550)

C-HRは、トヨタが誇るTHS-Ⅱハイブリッドシステムを搭載した、プリウスがベースの都会派クーペ風クロスオーバーSUVです。

エンジンはハイブリッドの他、1.2L直噴ダウンサイジングターボもラインナップされ、こちらは4WD車も選択可能です。

アバンギャルドでセンス抜群の内外装デザインと、ハイブリッドによる卓越した燃費性能で大人気のC-HRの価格は、229万円~292万9,200円と、エスクードよりもやや高めの設定となっています。

◆スバルXV(4,465x1,800x1,550)

スバルのCセグメント小型車、インプレッサがベースのクロスオーバーSUVで、水平対向エンジンと電磁制御4WDシステムX

-モードによる走りが魅力です。

価格は213万8,400円~267万8,400円となります。

◆ホンダ ヴェゼル(4,330x1,770x1,605)

ホンダのベストセラーカー フィットをベースにした、コンパクトクロスオーバー車で、スポーツハイブリッドi-DCDと4WDシステムを組み合わせることにより、雪道での安定した走りと低燃費を両立させています。

価格は207万5,000円~292万6,000円です。

◆三菱エクリプス クロス(4,405x1,805x1,685)

三菱自動車が4年ぶりに登場させた新型車として、注目のコンパクトSUVで、三菱独自のS-AWCシステムが4つの車輪を統合制御することにより、4駆とは思えないリニアなコーナーリングと抜群の走破性能を実現しています。

価格は253万2,600円~309万5,280円と、エスクードに比べてかなり高めの価格設定です。

 

エスクードのパワーユニットは2種類

エスクードに搭載されるパワーユニットは、新しい1.4L直噴 直列4気筒DOHCターボと、従来からの1.6L直列4気筒DOHCエンジンの2種類があります。

スペックは以下のとおりです。

1.4直噴 直列4気筒

DOHCターボ

1.6L直列4気筒

DOHC

燃料供給方式筒内直噴式ポート噴射式
ボディサイズ全長4,175mmx全幅1,775mmx全高1,610mm
総排気量1,371cc1,586cc
圧縮比9.911.0
最高出力136ps/5500rpm117ps/6000rpm
最大トルク21.4kgm/2100-4000rpm15.4kgm/4400rpm
燃費

(JC08モード)

16.8km/L17.4km/L

1.4L直噴 直列4気筒DOHCターボ

エスクード搭載される1.4L直噴 直列4気筒DOHCターボエンジンは、スズキのスポーツハッチバックとして大人気のスイフト スポーツと同じ、ブースタージェットシステムを採用した、高効率・高性能エンジンです。

この新しいエンジンは、直噴とターボによって低速から高速までスムーズな走りを実現し、高速道路や上りのワインディングロードで軽快なドライビングが楽しめます。

筒内直噴の燃料供給システムにより熱効率を高め、燃料消費量を抑えることで、1,220kgという車両重量にもかかわらず、16.8km/Lの優秀な燃費性能を実現しています。

高性能で環境にもやさしいブースタージェットエンジン

ブースタージェットとは、直噴エンジンの難点である燃焼室内でのスス(ガソリンの燃え残り:カーボン)の発生を防ぐために、燃料噴射をより緻密に制御することで、常に安定した燃焼状態を実現させるシステムのことです。

燃焼室内に発生したススがエンジン内に堆積すると、エンストや性能低下などトラブルの原因になるだけでなく、排気ガス中に混じって外へと排出されることにより、環境汚染の原因の一つPM2.5(微粒子状物質)といった有害物質を大気中に放出してしまいます。

ブースタージェットでは、ガソリンを燃焼室の側方から噴射するサイドインジェクション方式を採用するとともに、6つの噴射口を持つ多孔式インジェクターを、1気筒当たり1本ずつの計4本を横並びに配置。

さらに高圧燃料ポンプによりガソリンを高微粒子化して噴射することで、無駄なくきっちりと燃料を燃やしてススの発生を防止し、高出力と低燃費を両立させながら、環境にもやさしいエンジンとなっています。

4L直噴 直列4気筒DOHC

最高出力100Kw(136ps)/5500rpm

最大トルク210N・m(21.4kgm)/2100-4000rpm

1.6L直列4気筒DOHC

従来からの1.6L直列4気筒DOHCエンジンは、最高出力117ps・最大トルク15.4kgmという平凡なスペック。

このエンジンは、通称の走行では必要十分な性能を持ちますが、高速道路やきつい上りの峠道などでは、やはりパワー不足を感じます。

6L直列4気筒DOHC

最高出力86Kw(117ps)/6000rpm

最大トルク151N・m(15.4kgm)/4400rpm

 

エスクードの走り

エスクードの走りは、まずは何といっても新しい1.4L直噴ターボが、あらゆる速度域でスムーズでパワフルな性能を発揮し、街乗りから高速道路まで運転が楽しいSUV車になっています。

この1.4Lエンジンは、6速のオートマチックトランスミッションと組み合わされ、CVT(無段変速機)に比べアクセルに対してダイレクトなレスポンスが得られ、パドルシフトによるスポーティーなドライビングも可能です。

エスクードのボディは、ライバル車に比べて全長が短いために取り回しが容易で、狭い場所で運転がしやすいのも魅力です。

先進のALLグリップによる安心の走り

エスクードに搭載されるALLグリップは、走行状況に応じて4つの車輪へと駆動力を最適に配分するシステムです。

ALLグリップではAUTO・SPORT・SNOW・LOCKという4つの走行モードを、ダイヤル一つで自在に切り替えることができ、走行状況や路面状態に対応した、快適で安定した走りを実現しています。

坂道でも運転がラク

エスクードには、ヒルディセントコントロールと、ヒルホールドコントロールが装備されています。

ヒルディセントコントロールは、滑りやすい雪道や砂利道の下り坂を走行する際、ドライバーがブレーキ操作をしなくても、車が自動的に一定の速度(約10km/h)を保ち、容易に坂道を下ることができる装置です。

ヒルホールドコントロールは、坂道発進でドライバーがブレーキからアクセルへとペダルを踏み変える際に、瞬間的にブレーキをかけて車が後ろへ下がるのを防ぎ、誰でも楽に発進ができます。

予防安全装置レーダーブレーキサポートⅡを装備

エスクードのフロントグリルにある「S」マーク部には、ミリ波レーダーを照射して前方の車両を察知する、予防安全装備のレーダーブレーキサポートⅡが搭載され、自動ブレーキによる衝突回避など安全性を高めています。

レーダーブレーキサポートⅡ
機能内容
前方衝突警報前方の車両に衝突する危険がある場合に、警報を発してドライバーに知らせる。
前方衝突警報ブレーキ前方車と衝突の危険がある場合に、警報とともに自動で軽いブレーキをかけてブレーキ操作を促す。
衝突被害軽減ブレーキアシスト前方車との衝突の可能性が高い場合に、ドライバーがブレーキを強く踏むと、アシスト機能が作動して制動力を強め、衝突の回避または衝突被害の軽減を図る。作動中は同時に警報が鳴る。
自動ブレーキ前方車との衝突が避けられないと判断した場合、自動で強いブレーキを掛けて、衝突の回避または衝突被害の軽減を図る。作動中は同時に警報が鳴る。

ACC標準装備でロングツーリングがラク

エスクードには、ミリ波レーダーが高速道路走行時に前走車との車間を察知して、車が自動的に車間距離を維持して走行してくれる、ACC(アダプティブ クルーズコントロール)が装備されています。

ロングツーリングで長距離ドライブを行う場合に、アクセル操作が不要のため、ドライバーの疲労を軽減できる便利な機能です。

 

エスクードのエクステリア・外観

エスクードの外観デザインは、初代モデルから受け継がれてきた、都会的なデザインセンスにSUVらしい武骨さを上手く調和させた、魅力的なボディスタイリングです。

全体としてはシンプルなフォルムですが、エスクードのアイデンティティーである押しの強いフロントマスクに、クラムシェルタイプのボンネットフード、ボディサイドの特徴的なキャラクターラインといったアイテムで個性を際立たせています。

 

エスクードのインテリア・内装

エスクードでもっとも残念な点は、あまりにもつまらなさすぎるインテリアデザインで、オーソドックスなのか大胆なのかさっぱり判断できない、まるで途中でデザインするのをあきらめてしまったかのような不可解さです。

インパネには大きなアルミ地肌風の化粧板が施されていますが、これがゴージャスなのかスポーティーか方向性が全く見えてこない、なにやらおもちゃみたいなチープさが残念でなりません。

欧州では人気のエスクードですが、日本人よりもはるかに美意識の高いヨーロッパの人たちが、このようなインテリアで本当に満足しているのか疑問です。

エスクードは、エクステリアデザインがとても魅力的なだけに、このひどいインテリアを改善してほしいと、期待せずにはいられません。

 

後部座席の居住性は良好

エスクードはライバル車に比べて全長が短いにも関わらず、スクエアなボディフォルムのため、後部座席の居住性が良好なのが大きなメリットです。

ライバルのC-HRでは、デザイン性に重きを置いたこともあり、後部座席は空間が狭く圧迫感が感じられ、あまり快適とはいえません。

その点、ヘッドスペースも十分に取られたエスクードでは、ラゲッジスペースもまあまあの広さを持っており、ファミリーでも楽しめるのが魅力の小型SUVです。

 

エスクードのグレード

エスクードのグレード構成は、2種類のエンジンごとに1グレードずつ、合計2グレードとなっています。

エンジングレード
1.4L直噴 DOHCターボ1.4ターボ

 

1.6Lポート噴射式DOHC1.6

 

エスクードのカラーラインナップ

エスクードのボディーカラーはソリッド系が1つとパール系が1つ、メタリック系が4つの計6色ですが、そのうちソリッド系のブライトレッド5の他メタリック系2色は、ルーフがブラックとなるツートンしか選択できません。

エスクードにツートンカラーは良く似合っていますが、やや派手になるために好みが別れ、これらの3色にも単色が選べるとより魅力が増すでしょう。

カラー
パールクールホワイトパール
メタリックギャラクティックグレーメタリック

コスミックブラックパールメタリック

ツートン

 

ブライトレッド5&ブラックルーフ
サバンナアイボリーメタリック&ブラックルーフ
アトランティスターコイズパールメタリック&ブラックルーフ

 

エスクードの燃費性能

エスクードの燃費性能は以下のようになります。

エンジンカタログ燃費

(JC08モード)

実燃費
1.4Lターボ16.8kn/L13.06km/L
1.6L17.4km/L13.61km/L

エスクードの燃費性能は、1.4Lターボがカタログ値16.8km/L・実燃費13.06km/L、1.6Lが17.4km/L・13.61km/Lとなっており、両車ともに同クラスのSUVとしてはまあまあの燃費性能です。

 

スズキエスクードの評価・評判を辛口チェックのまとめ

スズキエスクードの評価口コミ辛口チェック

現行型のエスクードは、それまでこだわってきた本格的なオフロード性能をきっぱりと捨て去り、モノコックボディのフルタイム4WDを採用した、流行のクロスオーバーSUVへと生まれ変わりました。

あらゆる走行状況で安定した走りを実現する、ALLグリップを搭載するなどSUVらしい機能性を持ちながら、一般道での乗り心地を改善し、新しい1.4Lターボによる軽快な走りで運転が楽しめる車に仕上がっています。

従来からの1.6Lに比べて、1.4Lターボは24万3,000円価格が高いですが、走りの良さでは圧倒的に優れており、エスクードは1.4Lが間違いなくおすすめです。

予防安全システムやオートエアコン、シートヒーターなど、主要な装備のほとんどが標準装備されるという良心的なところも、ユーザーにはうれしい魅力となっています。

燃費性能では最新のハイブリッドにはかないませんが、エスクードは、美しいスタイリングや快適な走りなど、手ごわいライバル車たちと比較しても遜色のない魅力を持つ車です。

 

スズキエスクードの商談に行く前に…

人気の新型エスクードを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年10月】スズキエスクードの目標値引きテクニック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
交渉で自分の車の査定額が頭に入っていないと、ディーラーの値引き交渉もうまく進められません! ちょっと面倒ですが、商談に行く前にネットで必ず現在の車の査定価格を調査しておきましょう。

商談での一コマ

営業マン
高橋さん、お車の査定が完了しました
営業マン
高橋さんの愛車の下取り査定額は48万円です 今キャンペーン中で通常よりも3万円査定アップで下取りますよ。
高橋さん夫
48万円・・・。 なるほど・・・
高橋さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定48万円って、高いの?安いの?どっちよ
高橋さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
過去に修理をしている車、かなり古い車でも必ず下取り額がつきます。 自己判断で下取り金額はきっとゼロ円だからと決めつけるのは危険です。

 

 

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

-エスクード

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.