人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

アイサイトのイメージ

スバル

スバルの自動運転技術アイサイトの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫ 

更新日:

新車値引マイスター
スバルアイサイトはステレオカメラによる安全運転支援と自動運転支援で私たちを守ってくれるんだ。

EyeSight(アイサイト)は、スバルが開発した世界初のステレオカメラ方式を採用した安全運転支援システムです。2008年の発売当初は「ぶつからない車」として衝突被害軽減ブレーキが中心でしたが、現在のVre3では走行中の速度制御、クルーズコントロール、ステアリングとの連動によるレーンキープなど自動運転機能も取りこんでいます。

スバル車のほとんどに採用され、装着率はグローバルで50~60%を超えスバルの安全イメージの向上と販売増を支えるキーデバイスです。

アイサイトの成功により他メーカーからもさまざまな安全運転支援システムが出ています。

口コミや他社システムとの比較でアイサイトの本当の実力をチェックしてみましょう。

 

アイサイトの機能

各社の安全装置の認識能力

新車値引マイスター
対象物の認識システムはそれぞれ異なりますが、一般に下に行くほど認識能力が高いと言われています。
単眼カメラ
日産プロパイロット
赤外線レーザー+単眼カメラ
トヨタセーフティセンスC
ミリ波レーダー+単眼カメラ

トヨタセーフティセンスP

Honda SENSING

ステレオカメラ
スバルアイサイト
レーダーセンサー+ステレオカメラ
メルセデス・ベンツ ディストロニック・プラス

 

アイサイトは人間の目のように、2台のカメラで前方を監視することにより周囲の状況や障害物を3次元的に認識する事が可能です。現在搭載されているモデルはVer3となり、Ver2までのモノクロカメラをカラー化、視野角や視程を40%向上したうえで小型薄型化を実現しています。

カメラで認識した情報はソフトウェア処理を行って「安全運転支援」と「自動運転支援」の二つの機能で利用されます。

1.安全運転支援

プリクラッシュセーフティー(衝突回避)

ドライバーの見落としなどで衝突の危険がある場合、システムがドライバーに注意を喚起します。ブレーキやハンドル操作などの回避操作がない場合はブレーキ制御やステアリングアシストを作動。自動的に減速や停止、回避操作の補助が可能です。

カメラのカラー化により前方の自動車だけでなく歩行者や自転車、先行車のブレーキランプ点灯も認識でき対象物との速度差が50km/hでも作動(歩行者は35km/h)するようになっています。

  • 前方車両との速度差が約50km/h以下なら衝突回避、または被害軽減。
  • プリクラッシュブレーキによる停止後は停止状態を保持
  • ブレーキによる回避操作があった場合、「プリクラッシュブレーキアシスト」によって強い制動力を速やかに発生。
  • ステアリングによる回避操作があった場合は、VDCで制御する新機能「プリクラッシュステアリングアシスト」によって回頭性を高め、ドライバーをアシスト。
  • 広い視野角と視認距離の拡大により、横断歩行者や自転車を早い段階で認識。

AT誤発進抑制制御/AT誤後進抑制制御

前方に壁の障害物があるにも関わらず大きくアクセルを踏み込んでしまった場合、誤発進したとシステムが判断し、警報音と警告表示で注意を喚起。同時にエンジン出力を絞って、急発進を抑制する事が可能です。

後進の場合、Rレンジの状態でアクセルの急な踏み込みを検知し、誤発進とシステムが判断した場合、警報音と警告表示で注意を促すとともに、誤発進の場合と同様の制御を行います。

 

警報&お知らせ機能

ドライバーの疲れや眠気で注意力が散漫になった場合、運転状況を判断して警告して注意喚起を行う機能です。高速走行時約65km/h以上で自車のふらつきを検知した場合の「ふらつき警報」、約40km/h以上で走行中に車線から逸脱しそうになった場合の「車線逸脱警報」、先行車が発進して約3m以上離れても自車が発進しない場合の「先行車発進お知らせ」の3パターンがあります。

2.自動運転支援

全車速追従機能付きクルーズコントロール

高速道路や自動車専用道路において0km/h~120km/hの間で先行車を認識し、自動的に追従走行を行います。

カーブでも隣の車線の車を誤認識することなく、渋滞時でも先行車が停止するとブレーキ制御で減速、停止が可能です。

カメラの高角化により割り込み車両の認識もできるようになっています。

全車速追従機能付クルーズコントロール

  • 先行車がいない場合は0km/h~120km/hで走行し、先行車を検知すると、一定の車間距離を保って定速走行。
  • ノロノロ運転の渋滞時でも追従走行し、先行車がブレーキ制御で減速、停止します。
  • 先行車が再発進したら、スイッチORアクセルペダルで再び追従走行。
  • 早いタイミングで先行車を認識し、割り込まれた場合も自然な減速を実現します。
  • カラー映像化で先行車のブレーキランプを認識し、早めの制御でスムーズで安心な減速を実行します。

アクティブレーンキープ

ロングドライブでのドライバーの負担を軽減する、「はみ出さない技術」、ステレオカメラにより走行車線両側の区画線を認識します。クルーズコントロール作動中には車線の中央を維持するようにステアリング操作をアシスト。車線をはみ出しそうになった場合でも同様にステアリング操作のアシストを行い安全運転を支援してくれます。

 

アイサイトの評価、口コミ

アイサイトのインパネ

安全性能に関しては「アイサイトで助かった」「自分のうっかりミスを防いでぐれた」と実際に衝突や事故を回避できたユーザーから多くの口コミがあります。

ディーラーでプリクラッシュセーフティーを体験した人も「本当にぶつからない車だった」と安全性を実感しているようです。

全車速追従機能付きクルーズコントロール機能について

  • 「高速や自動車運転道路ではほとんどブレーキを使用しないで走れる」
  • 「合流や割り込み、カーブでも安定して追従するので運転が楽になった」
  • 「3段階で車間距離を設定できるので、安心してクルーズコントロールを使用できる」
  • 「渋滞中でも追従するので疲れが少ない」
  • 「クル-ズコントロール使用時のギクシャク感が少ない」
  • 「電動パーキングブレーキとの組み合わせで、渋滞中でもブレーキを踏まなくても済む」
  • 「停車時のブレーキングは人間より上手」

全体に高評価のコメントが高い中で、さらに加速や減速、停止の自然で違和感の無い制御も評価されています。
シンプルなシステムでコストを抑えつつ、機能を高めてきた効果で「10万円のシステムとは思えないほど高機能」「安全性と比較すれば格段に安い」とコストメリットで評価する口コミも多くみられます。

アイサイトで事故減少

 

他社の自動運転技術との比較、アイサイトの強みと弱み

アイサイトのスイッチ

自動運転技術の格段の進歩に対し、定義として日本や米国では以下の到達レベルを定めています。

レベル0ドライバーが常にすべての操作(加速・操舵・制動)を行う。
レベル1加速・操舵・制動のいずれかをシステムが行う。単独の自動ブレーキなどが含まれる。
レベル2加速・操舵・制動のうち、複数の操作をシステムが行う。ドライバーが常時運転を監視し操作する必要がある。
レベル3加速・操舵・制動の全てをシステムが行う。システムが対応できない状況の場合はドライバーが運転を行う。
レベル4完全自動運転。加速・操舵・制動の全てをシステムが行いドライバーは運転には全く関与しない。

アイサイトの前車速追従機能付きクルーズコントロール(アダプティブクルーズコントロール)は、自動運転「レベル2」に該当します。

各社から発売されている「トヨタ セーフティー センス”P”」「ホンダ センシング」「日産 プロパイロット」「メルセデス・ベンツ ディストロニック・プラス」などもアイサイト同様に「レベル2」のアダプティブクルーズコントロール(ACC)を装備しています。

これらのうち、最も進んでいるがメルセデスと日産です。

アイサイトとメルセデス・ベンツと日産のACC機能比較

SUBARUメルセデスベンツ日 産
アイサイトディストロニック・プラスプロパイロット
センサー方式ステレオカメラレーダーセンサー&ステレオカメラ単眼カメラ
設定可能速度0km/h~120km/h約30~200km/h30km/h~100km/h
設定車間距離3段階7段階3段階
ステアリングアシスト作動速度0km/h~120km/h0~200km/h0km/h~100km/h
ブレーキフィール
価  格10.8万円

 

19.9万(Aclass セーフティーパッケージの場合)24.3万円(セーフティーパックB)
コメント技術の積年蓄積があり、低コストは圧倒的。現状ではベストの選択。車両価格自体が高いため、ACCを付けると更に割高感あり。現時点ではセレナ等数車種にしか搭載されていない。高い。

日産 プロパイロット

日産は機能面では優れていますが、現状セレナやエクストレイルなどの数車種でしか選べないのと、アラウンドビューモニターなどとのセットオプションとはいえ価格が高価(セーフティパックB:243,000円アップ)です。

メルセデス・ベンツ ディストロニック・プラス

メルセデスはミリ波レーダーとステレオカメラ、超音波ソナーを組み合わせたセンサーフュージョン方式で、各センサーの長所短所を補う優れた方式です。

悪天候や高速域にも強く日本の法規上許されない速度まで対応可能で、レーダーを利用した死角からの接近警報を出すブラインドスポットモニターもセットされます。

価格がアイサイトの倍になるのと、停車時のブレーキ制御が若干ラフで”カックンブレーキ”が出やすいのがデメリットです。

スバル アイサイト

アイサイトの写真

アイサイトはステアリングアシストが、低速域では作動しない点が弱みになります。プロパイロット発売までは、関連省庁による指導のため「65km/h以上での作動」という自主規制があったためですが、技術的には十分に対応可能です。

2017年にはアイサイトの新機能TJA(トラフィック・ジャム・アシスト)として対応する方針をスバルは発表しています。低価格と信頼性、選択できる車種の豊富さでアイサイトはまだまだ各社より優位に立っています。

ただしアイサイトにも弱点はあります。カメラを利用しているため、夜間や逆光、大雨、吹雪などの悪天候では認識できなくなり機能が停止する場合があります。

インパネ上やフロントガラスへの機器設置(ドライブレコーダーやレーダー探知機など)や指定外の撥水コーティングなどはカメラの視界を妨げるためできません。フロントガラスのヒビなどでガラス交換が必要になった場合でも、ディーラーでアイサイトの調整が必要です。

タイヤサイズ、サスペンション交換などの最低地上高の変更もシステムに影響します。ディーラーでのオプション、STIパーツなど純正または純正相当品でのカスタマイズしかできません。

 

スバルの自動運転技術アイサイトの評価のまとめ

アイサイトのツインカメラ

自動運転技術ではセンサーや認識技術も重要ですが、自動車本来の運動性や移動の快適性を確保するための車両制御とのスムーズな連動が最も重要です。

エンジンやトランスミッション、ブレーキ、サスペンション、ステリング操作などを複雑に制御し、システムが運転してもストレスにならない自然な操縦性能を確保する必要があります。

アイサイトは、現状のACCの中でも最も自然なフィーリングを持っています。発売されてから10年近く経過し他社よりも多くのノウハウで熟成され、現状では完成度でベストのシステムといえます。

 

面倒でも値引き商談前には、車の査定額を出しておく

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です
今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。
なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼
査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ!
田中さん夫
やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべき

 

自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

実際のネット査定例で、ディーラーの下取り査定価格が安かったことが確認できました!

ディーラーよりも30万円も高かった

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

 

-スバル

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.