人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ホンダフリードのベストチョイスグレードはこれ!

フリード

ホンダフリードのベストチョイスグレードはこれ!

2016年9月に発売された「FREED(フリード)/FREED+(フリードプラス)」のグレード選びで注意すべき点は何でしょうか?

  • フリードには3列シート車の「フリード」と2列シート車の「フリードプラス」がある
  • パワーユニットは1.5L車とハイブリッド車の2種類が用意されている
  • ベースグレード「B」など安全支援装備Honda SENSING(ホンダ センシング)が装備されていないグレードがあるので注意する

ベースとなったフィットから比較にならないほど広い居住スペースを持ったフリードは、3列シートを目いっぱい使いこなすミニバンとしての利用方以外に、後部スペースを様々なアウトドアグッズを搭載してレジャーに利用するなど、ライフスタイルによって選択するグレードも変わってきます。

新車値引きマスター
あなたのライフスタイルにジャストフィットするのはどのフリードでしょうか。それぞれの特徴を紹介し、フリードのベストグレードも選んでみました。

フリードの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫

 

フリードのグレード構成

フリード上から

フリードのグレードは、
・3列シートのフリード(6人or7人乗り)
・2列シートのフリードプラス(5人乗り)
に大きく分かれます。家族構成、ライフスタイルの違いによるクルマの利用方法によって選択がされるはず。

その次がパーワートレーンの区別です。
・1.5Lのガソリン車
・ハイブリッド車

こちらの選択は、年間の走行距離が多いか少ないか、高速道路での利用が多いかなどによって分かれるでしょう。

装備によるグレードは大きく3つに分かれます。
・「B」ベーシックグレード
・「G」標準タイプ
・「EX」上級グレード

上記に安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の有無や、FFか4WDかという選択肢をチョイスすることになります。

フリードのグレード構成は複雑ですが、まとめると乗車人数、エンジン、装備、駆動方法により下記の通りとなります。

「B」ベーシックグレード系  

タイプ乗車定員(名)エンジン駆動車両価格
フリードB61.5LFF1,880,000円
フリードB61.5L4WD2,096,000円
フリードHYBRID B61.5L i-DCDFF2,256,000円
フリードHYBRID B61.5L i-DCDFF2,472,000円
フリード+B51.5LFF1,900,000円
フリード+HYBRID B51.5L i-DCDFF2,276,000円

 「G」標準タイプ系

Honda SENSINGなし

タイプ乗車定員(名)エンジン駆動車両価格
フリード G61.5LFF1,980,000円
フリード G71.5LFF2,001,600円
フリード G61.5L4WD2,212,200円
フリード+ G51.5LFF2,000,000円
フリード+ G51.5L4WD2,232,200円

Honda SENSINGあり

タイプ乗車定員(名)エンジン駆動車両価格
フリード G Honda SENSING61.5LFF2,100,000円
フリード G Honda SENSING71.5LFF2,121,600円
フリード G Honda SENSING61.5L4WD2,332,200円
フリードHYBRID G Honda SENSING61.5L i-DCDFF2,496,000円
フリードHYBRID G Honda SENSING71.5L i-DCDFF2,517,600円
フリードHYBRID G Honda SENSING61.5L i-DCD4WD2,728,200円
フリード+ G Honda SENSING51.5LFF2,120,000円
フリード+ G Honda SENSING51.5L4WD2,352,200円
フリード+ HYBRID G Honda SENSING51.5L i-DCDFF2,516,000円
フリード+ HYBRID G Honda SENSING51.5L i-DCD4WD2,748,200円

「EX」上級グレード系

タイプ乗車定員(名)エンジン駆動車両価格
フリードHYBRID EX61.5L i-DCDFF2,656,000円
フリードプラスHYBRID EX51.5L i-DCDFF2,676,000円

 

フリードのグレード間の装備差、価格差

フリードのシート

フリードは3列シート、フリード+はプラスなのに2列シート!

3列シートのフリードに対して、3列目のシートを取り払い、2列シートにすることで広い荷室と大きな開口部を確保したフリードプラスには、フリードプラス専用装備として、分割できる荷室用ユーリティリティボード、20か所ものユーリティリティナット。

荷物を固定するタイダウンフック、スマートフォンなどを充電する荷室のアクセサリーソケット、夜間での積み下ろしに役立つテールゲートランプなどが装備され、広さだけではなく実用性も兼ね備えています。

それではそれぞれのグレードについて見ていきます。

「B」エントリーグレード

フリードB

フリードB

フリード、フリードプラスのガソリン車、ハイブリッド車ともに設定されるシリーズのエントリーグレードですがフリードプラスはFFのみで4WDはありません。

また、7人乗りの2列目6:4分割タンブルシートの設定やパワースライドドアも選べません。

「B」では選べない2列目ベンチシート(6:4分割タンブルシート)

それでも、フルオートエアコンやスライドドアイージークローザー、そしてスマートキーなど基本装備は充実しているので、低価格を訴求するカタログモデルではなく実用上十分な装備を備えています。

しかし、この「B」グレード最大の欠点は、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の設定がなくメーカーオプションでも選べないのです。

サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステムも同様です。

フリードプラスはシートが2列になりながらもフリードより2万円高。4WD車はFF車に対して216,000円高。

HYBRIDと1.5Lガソリン車の価格差は376,000円となります。

 

「G」便利な装備を標準で設定

フリードG

フリードG

ミニバンに不可欠な助手席側パワースライドドアを標準装備することから、販売の中心となる人気グレードです。尚、運転席側パワースライドドアはメーカーオプションで追加できます(55,100円)。

「B」との価格差は10万円となりますが、ガソリン車ハイブリッド車ともにFFに加え4WDが加わり、フリードでは7人乗り仕様も選択できるなど、選択肢の幅が広がるメリットが大きなグレードとなります。

 

そして、メーカーオプションの「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を装備したのが「G Honda SENSING」になります。

 

「G Honda SENSING」ホンダ センシングだけじゃない価値

フリードGホンダセンシング

フリードGホンダセンシング

Gに「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を加えただけではなく、その他の装備もさらに加わります。

パワースライドドアは両側に標準装備されます。さらに、マルチインフォメーション・ディスプレイが加わります。

「G」に対して12万円という差は以上の内容からして非常に安く、「B」に22万円上乗せする価値は十分あるといえるでしょう。

 

HYBRID EX」デザインと質感を磨き上げた最上級モデル

 

フリード HYBRID EX

フリード HYBRID EX

「Honda SENSING(ホンダ センシング)」、 サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステムを始めとする装備のすべてを装備した最上級モデル。

1.5Lガソリンモデルにはなく、フリード、フリードプラスともにFFのハイブリッド車だけに設定されます。

G Honda SENSINGに装備されたCパッケージに、さらにSパッケージが追加されます。

(Sパッケージ)
・15インチアルミホイール
・コンビシート&専用インテリア
・本革巻きステアリングホイール

その他プライムスムース×ファブリックのコンビシート、運転席/助手席シートヒーター、そしてインテリアイルミネーションも装備されます。

G Honda SENSINGに対して約16万円の差の車両本体価格2,656,000円は、装備内容から見ると妥当なのですが、なくてもいい装備が多く、フリードクラスでこの価格はまったく意味を成しません。

冷静に考えると、ステップワゴンは228万円台からあるのですから。

 

ライバルトヨタシエンタとの比較

街を走るシエンタ

フリードのライバルシエンタ

シエンタのエントリーグレードは、ハイブリッド車では「フリードHYBRIDB」の2,256,000円に対して、「シエンタX」の2,226,763円ということで横並びですが、1.5Lの「X“Vパッケージ”」は1,689,709円で、フリードの「B」の1,880,000円と比べて20万円も安い設定のというお買い得モデルとなっています。

しかし、インテリアの質感が落ちたりしている点が気になります。

それでも1.5L車は全体的にシエンタの方が安い設定と言えますが、トヨタセーフティセンスCはズべてのグレードでメーカーオプションであることに注意が必要です。

両車ともに1.5L車とハイブリッド車をラインナップしていますが、フリードに設定される4WD車はシエンタにはなく、フリードには2列シートのフリードプラスが存在するのでユーザーの選択肢ではフリードが圧倒します。

 

ベストチョイスグレードはこれだ!

HYBRID G・Honda SENSINGのインテリア

HYBRID G・Honda SENSINGのインテリア

 まずフリードから。フリードを選ぶ人は、そのコンパクトなサイズながらも3列シートを持つミニバンという、家族全員が快適に乗れる室内空間を求めてのことであるはず。

そうなると、やはり余裕のあるパワーが期待できるハイブリッドが理想。そして最低限の装備として「Honda SENSING(ホンダ センシング)」は、同乗する家族のためにも選ぶ必要があります。

6人乗りと7人乗りですが、もし7人乗りが必須条件ならば、迷わずステップワゴンをおススメします。

フリードの3列目シートはあくまで補助的なもので、大人が常に利用するには無理があります。中央の通路から行き来きできて、気晴らしに席を移動する事も出来る6人乗りを選ぶのがベストでしょう。

また、降雪地帯にお住みでなければ4WDも特に必要がないのでFFで十分なので、ベストチョイスは「フリードHYBRID G Honda SENSING FF 6人乗り」2,496,000円ということになります。

フリードプラスでは、多人数の乗車は必要ないと考えているでしょうから、動力性能も1.5L車で十分と思われます。また、レジャーなどに積極的に活用することを考えると、高速道路を利用した長距離ドライブも安心な「ホンダ センシング」は必要。

それらを考慮すればベストチョイスは「フリードプラス1.5 G Honda SENSING」の2,120,000円。レジャーの内容により、未舗装の道路や砂地に乗り入れることを考えると4WDが必要になるかもしれません。その場合は2,352,200円となります。

 

まとめ フリード、1台だけ選ぶならこのグレード、その理由

 フリード、1台だけ選ぶなら

もしフリード、フリードプラス含めて一台を選ぶとすれば間違いなく「フリードHYBRID G Honda SENSING」(2,496,000円~)でしょう。

なぜフリードプラスではないかというと、3列目シートを収納すれば十分なスペースが確保できて、レジャーにも問題なく利用できるからです。

そして、やはりハイブリッドの動力性能は魅力です。

経済性だけを考えたなら、燃費より購入価格の安い1.5Lの方が良いという考え方もあるのですが、ハイブリッドの魅力はそのエンジンをアシストするモーターパワー。

重量のあるミニバンタイプのボディを持つフリードには、このハイブリッドの持つプラスαのパワーが必要なのです。

ただし、約40万円の差額を許容できればの話になります。

 

ここで、これからフリード購入を考えている人が気になるのは、やはりフリードの値引き情報です。

人気の新型フリードを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

最新ホンダフリードの目標値引き【2019年10月】

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。 なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
 
新車値引きマスター
どんなに古い車でも必ず査定額はつきます! 「古い車だから」「大きな修理をしているから」と査定額がつかないと自分で決めつけないで、 必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

-フリード

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.