人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ハリアーの評価口コミ辛口チェック

ハリアー

【ハリアーの真の実力】トヨタ新型ハリアーの評価・口コミを辛口チェック!

ハリアーが新型にフルモデルチェンジ!新型ハリアーのポイントをサクッとチェックしましょう。

ハリアーのポイント

  • ハリアーはレクサス並みの高級感あふれるトヨタSUVのプレミアムモデル
  • 4代目となる新型モデルは従来のハリアーのデザインを強く残している
  • 旧型ハリアーの2.0Lターボエンジンの搭載が新型で廃止されたのは残念

ハリアーの登場後、クロスオーバーSUVのジャンルには多くのライバルが参入しましたが、いまだにSUV国内認知度トップの人気を維持するハリアーを紹介します。

こちらも人気記事

⇒【2020年9月】トヨタハリアーの目標値引き最大額は?

 

ハリアーのフルモデルチェンジ内容を速攻チェック!

フルモデルチェンジする新型ハリアーの発売日は2020年9月と予定されています。

先代ハリアーは色々な点で同じトヨタのRAV4に詰め寄られた感じがありますが、新型ではこれぞ高級SUVの風格を思わせる車として登場してきました。

旧型ハリアーより車両価格は20万円以上高くなる予定ですが、車両価格が上昇する分、エンジン性能や安全装備などがこれまで以上に充実しています。

 

ハリアーの外観(エクステリア)はこう変わった

新旧ハリアーの外観フロントマスク

新旧ハリアーの外観フロントマスク

新型ハリアーのフロントデザインは旧型のいい部分を承継しつつ、よりレクサスNXやRXに近づいたイメージです。

新しいシグネチャーランプは個性的で、L字型に発光するデイタイムランニングランプが二重になっています。

ライト回りデザイに最新モデル感はありますが、旧型の威圧感も古臭さはなく、旧型オーナーにとっては良いフルモデルチェンジを言えるようです。

大きな変更点は、フロントグリルのハリアーマークがトヨタマークに変更されたことです。

憧れのハリアーマークが廃止

憧れのハリアー鷹マークが廃止

新車値引きマスター
ハリアーの鷹マークはオーナーにとってシンボルであっただけに、トヨタマークに成り下がった感はユーザーから不評です。

新型と旧型のサイドビューを比較してみましょう。下記のように細部のデザインが変更されているのが分かります。

  1. 新型は全高が3㎝低くなりワイド&ロー化
  2. サイド部分のキャラクターラインが強調されて動きのあるデザイン
  3. 後部下バンパーにかけてはっきりした凹凸
ハリアーサイド新旧比較

ハリアーサイドビュー新旧比較

テールランプが極端に薄型になった新型ハリアーの後姿は、ポルシェカイエンのリアビューをほうふつさせます。
新旧ハリアーの外観リア

SUVの最近のデザイン潮流どおり、後ろ姿でも威圧感を与える効果が新型ハリアーにありそうです。

ポルシェカイエンの後姿

ポルシェカイエンの後姿

ボディーカラーは7色。彩度を落としたハリアーらしいクールなカラーラインナップが用意されます。

クラウンで採用されているプレシャスブラックパールが採用(先代ハリアーではブラックのみの設定)され、質感アップを図っています。

クラウンのクラウンのプレシャスブラックパールがハリアーに登場

 

ハリアーの内装(インテリア)はこう変わった

新旧ハリアー内装比較

新旧ハリアー内装比較

もともと質感が高いと評判のハリアーのインテリアですが、新型に替わって一段とエレガント度が増しています。

ブラウン・グレー・ブラックの3色の内装色は、ハリアーの車格にふさわしい重厚でシックなものとなっています。

新車値引きマスター
インパネ部分はデジタル表示の面積広まりましたが、デザインは従来の路線のままで、アウディやベンツのような未来性はありません。

ナビの位置がビルトインから独立型になったため、視野性が高くなりました。

ナビゲーションは12.3インチTFTタッチワイドディスプレイで、スマートフォン連携機能にも対応。

また、JBLプレミアムサウンドシステム(9スピーカー)が高レベルな音響空間をつくりあげています。

センターコンソールやドアトリム部分は革が使われる面積が増えたため、高級感はぐっと高まりました。

悪く言えば、100万円近く車両価格が低いマツダCX-5並の質感をようやく得た程度とも言えます。

CX-5内装正面

国産車で評価が高いマツダCX-5の内装

ハリアーのサンルーフには、調光ガラスを用いた電動シェード付パノラマルーフをトヨタ初装備

調光時には、まるで障子越しに差し込むような柔らかい光が雰囲気あるルーム空間をかもしだしています。

パノラマルーフは意外なことにトヨタ初登場

パノラマルーフは意外なことにトヨタ初登場

ベンツなど外国車などではパノラマルーフ車が多くなっており、ハリアーに遊び心を求める要望に応えそうです。

 

ハリアーの評価、口コミ

初代モデルはオフロード車の高い車高とユーティリティーを持ちながら、スタイリッシュなデザインとセダン並みの乗り心地を持ち、上質な内装が特徴でしたが、その伝統は現行モデルにも受け継がれています。

レクサスRXへのモデル集約により国内では一旦販売が中止されながらも、根強いファンの声に応えて国内専用車として2013年に復活し発売されたのが3代目のハリアーでした。

3代目ハリアー復活から6年が経過し、新型4代目ハリアーが2020年9月に登場しました。

ハリアーのグレードはエントリーグレードの「S」、中間グレードの「G」、上級グレード「Z」の3グレード構成になっています。

  • 「S」標準グレード
  • 「G」中間グレード
  • 「Z」上級グレード
新車値引きマスター
標準グレード「S」ではT-Connect SD ナビゲーションシステムがオプションでも取り付けられません。実質的には中間グレードの「G」以上を検討することになります。 
価格帯ハリアー
500万円~520万円●ハイブリッドZ“Leather Package” 5,040,000円
480万円~500万円 
440万円~480万円 
420万円~440万円●ハイブリッドZ 4,520,000円

●ハイブリッドG“Leather Package” 4,300,000円 

400万円~420万円●Z“Leather Package” 4,230,000円
380万円~400万円●ハイブリッドG 4,000,000円
360万円~380万円●Z 3,930,000円

●G “Leather Package” 3,710,000円

340万円~360万円●ハイブリッドS 3,580,000円

●G 3,410,000円

~300万円●S 2,990,000円

※価格は2WD 4WDは20万円アップ

初代のデザインモチーフを引き継ぎながらも、モダンでカタマリ感のあるデザインを纏った4代目新型ハリアーですが、フルモデルチェンジでシャープな印象より一層強めています。

ヘッドランプはデザイン変更を実施、3眼のLEDとシーケンシャルウィンカー(流れるウィンカー)が組み込まれ、切れ長でにらみの効いた表情になりました。

特徴的な樹脂製のグリルデザインも変更されるともに、グリル中央の鷹をモチーフにしたハリアー専用エンブレムのデザインも変更されています。

ハリアーの未使用車・中古車情報

デビューから6年たっても旧型ハリアーの外観は評価が高い

インテリアについては新型でも「装飾パネルなどの素材感が上質で、見た目の高級感は最高」「デザインにおもてなしの心を感じ、くつろげる室内」と高評価です。

クラウンなどの国産高級車を思わせる内装デザインと質感で、乗車した時の目線の高さが無ければ、SUVに乗っていることを忘れてしまいそうなほどです。

さらに、プレミアムナッパ本革を使用したシートや高品質な装飾パネルなどを装備し、ワンランク上の高級感を演出する“Leather Package”は新型になっても健在です。

「ゆったりとした走りで、ロングドライブでも疲れない」「室内は静かで、ステレオの音がよく聞こえる」とトヨタの高級車らしい柔らかな乗り心地や静粛性も評価は良いのですが、特に2.0Lのガソリン車のパワーは不足気味。

走り出しや追越しなどではストレスを感じる声もあり、2.0トン近い車重に対して、2.0Lガソリン車の動力性能の評価は高くありません。

 

ハリアーのライバル

ライバル① 日産エクストレイル

2020年末にもフルモデルチェンがありそうなエクストレイル。新型ハリアーとの競合商談では形勢不利なため大幅値引きが期待できそうです。

日産新型エクストレイルの評価・口コミを辛口チェック

 

ライバル② ホンダCR-V

得意のスポーツハイブリッドi-MMDと1.5ダウンサイジングターボがあり、ホンダらしい走りの質が最大の武器です。

アメリカで売れている車だけあって、内装も広く居住性も魅力です。

ホンダCR-Vの評価・口コミを辛口チェック

 

ライバル③ マツダCX-5

マツダ CX-5 の未使用車・中古車

ハリアーにはないディーゼルエンジンが売りのCX-5。

サイズ的にはこのCX-5がハリアーのライバルですが、価格的にはワンサイズ上のCX-8も検討対象になります。

マツダCX-5の評価・口コミを辛口チェック

 

ライバル④ トヨタRAV4

RAV4ハイブリットの外観

RAV4ハイブリットの外観

同じトヨタで、かなり安いとなると心が動くのがRAV4。

若々しイメージではRAV4の方に軍配があがります。

トヨタRAV4の評価・口コミを辛口チェック

 

ハリアーの強みと弱み

強みはプレミアムな高級イメージ

ハリアーの強みはプレミアムな高級イメージ

ハリアーの強みはプレミアムな高級イメージ(写真は旧型)

存在感のあるエクステリアデザインとゴージャスなインテリアがハリアーの強みです。

クリーンなボディラインながらも、ひと目でハリアーと分かるデザインは、コンセプトを変えずにブランドを積み上げてきた賜物で、高級SUVとしてはレクサス以上のステイタスも感じます。

インテリアはクラウンの手法をそのまま引き継ぎ、日本人好みの「見るだけでわかる高級感」にあふれています。ゴルフバックが4個積めるユーティリティーの高いラゲッジもあり、マルチパーパスな高級車としてのハリアーに死角はありません。

ややアンダーパワーな2.0Lガソリンエンジンと、燃費重視のハイブリッドのみのパワーユニットで、パワフルなイメージが無いのは残念です。

旧型の2.0Lターボエンジンの復活を求めます。

 

弱みは走りと価格の割高感

ハリアーの強みと弱み

本格的なオフロード走行を想定していない4WDシステムは、ハリアーの弱みです。

ガソリン車は電子制御ビスカスカップリングを使用したスタンバイ方式、ハイブリッドではリアの駆動にモーターを使用したE-Fourです。

もっともトヨタには本格的なオフロードモデルのランドクルーザーやプラドがありますので、なんちゃってオフロード車のハリアーは、街中や高速で快適であれば問題が無いのかもしれません。

それよりも上級モデルで500万円の高価格がハリアーの弱みです。

新車値引きマスター
ハイブリッドでも350万円でおさまる日産エクストレイル、ディーゼルモデルで300万円ちょっとのマツダCX-5に心が動くユーザーも多そうです。

 

ハリアーの走行性能(燃費、エンジン)

新型ハリアーは全長4,740mm×全幅1,855mm×全高1,660mmと旧型の全長4,725mm×全幅1,835mm×全高1,690mmに比べて、サイズは一回り大きくなりましたが、全高は3㎝低くなりワイド&ロー化が進みました。

フルモデルチェンジで、旧型ハリアーにあった2.0Lターボエンジンが廃止となったのは意外でした。

2.0自然吸気エンジンはRAV4やレクサスUXに搭載されている定評あるM20A-FKSエンジン。

ただし、非ハイブリッド車ではホンダの1.5Lターボが秀逸なため、ハリアーの2.0Lエンジンでも見劣りします。

また、マツダの2.5Lターボもこのクラスの他社メーカーではない強烈なパワーとトルクが魅力的です。

ハリアーのエンジン性能

最大出力最大トルク燃費
ハイブリッド2.5Lエンジン 131kW(178ps)/5,700rpm221N・m(22.5kgf・m)/3,600~5,200rpm
Fモーター88kW(120ps)202N・m(20.6kgf・m)
Rモーター(4WD)40kW(54ps)121N・m(12.3kgf・m)
2.0L自然吸気126kW(171ps)/6,600rpm207N・m(21.1kgf・m)/4,800rpm

ハイブリッド車のシステム最高出力は2WD車が160kW(218ps)、4W車が163kW(222ps)となっています。

エンジンの構成はRAV4と同じです。

 

ホンダCR-Vのエンジン性能

最大出力最大トルク燃費
ハイブリッド2.0Lエンジン107kW(145ps)/6,200rpm175N・m(17.8kgf・m)/4,000rpmJC08 25.0~25.8km/L
モーター135kW(184ps)/5,000~6,000rpm315N・m(32.1kgf・m)/0~2,000rpm
1.5Lターボ140kW(190ps)/5,600rpm240N・m(24.5kgf・m)/2,000~5,000rpmJC08 14.6~15.8km/L

ハイブリッド車のシステム最高出力は158kW(215ps)となっています。

 

マツダCX-5のエンジン性能

最大出力最大トルク燃費
ガソリンエンジン2.0L115kW(156ps)/6,000rpm199N・m(20.3kgf・m)/4,000rpmJC08 16.0km/L
2.5L138kW(188ps)/6,000rpm250N・m(25.5kgf・m)/4,000rpmJC08 14.8km/L
2.5Lターボ169kW(230ps)/4,250rpm420N・m(42.8kgf・m)/2,000rpmWLTC 12.2~12.6km/L
2.2Lディーゼルエンジン140kW(190ps)/4,500rpm450N・m(45.9kgf・m)/2,000rpmWLTC 16.6~19.4km/L

珍しく4種類ものエンジンラインナップがあるCX-5。これだけあると自分の好みの走りを選べます。

また、値段も格安で、ハリアーを買う算でワンサイズ上のCX-8も購入できるので迷いが生じそうです。

ライバルとのエンジン性能でいうと、ホンダCR-Vが最優位です。

ダウンサイジングターボとスポーツハイブリッドという組み合わせは他社の

 

トヨタセーフティセンスは全車標準装備

プリクラッシュセーフティ採用の予防安全装備「Toyota Safety Sense」は、歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えた最新のものです。

新車値引きマスター
ただし、ハリアークラスでは Toyota Safety Sense の標準装備はもはや当たり前です。

駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するパーキングサポートブレーキ(静止物)などの安全・安心をサポートする装備も充実させています。

高速域まで作動し歩行者も検知するプリクラッシュセーフティ、先行車との車間距離を保ちながら自動的に車速を制御するレーダークルーズコントロール、車線逸脱を警告するレーンディパーチャーアラート、ロービーム/ハイビームを自動的に切り替えるオートマチックハイビーム、または照射範囲を細かく制御するアダプティブハイビームシステムが標準です。

トヨタ車初採用の録画可能デジタルインナーミラー

トヨタ車初採用の録画可能デジタルインナーミラー

ハリアーの注目点は、走行中の前後方向映像が録画可能な「デジタルインナーミラー」をトヨタで初採用したことです。

オプション価格が気になりますが、こういった最新装備はハリアーには必要なものです。

 

最新安全装備トヨタセーフティセンスとは?

 

トヨタハリアーの評価、口コミまとめ

トヨタハリアーの評価、口コミまとめ

クロスオーバーSUVの老舗としてブランド力のあるハリアーですが、約3割のオーナーが20代~30代というデータもあり、決して古臭いイメージではありません。

価格は¥2,949,480~¥4,953,960と若者には高めですが、装備内容や誰でも知っているブランド名を考えれば、リーズナブルともいえます。

弱点だった先進安全装備もセーフティセンスが標準装備化され、レザー仕様のラグジュアリーモデルも準備されるなど商品力は大幅に向上しました。

1クラス下で、トヨタの世界戦略SUVのRAV4が発売されましたが、斬新なデザインとフレッシュな魅力のあるRAV4か、安定感のあるハリアーかで悩む人は多そうです。

トヨタハリアーの商談に行く前に…

人気の新型ハリアーを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2020年9月】トヨタハリアーの目標値引きテクニック

 

【新車値引き裏ワザ】面倒でもディーラーに行く前に車の査定額を出しておく

ディーラーへ商談に行く前に面倒でも下取り価格の調査をして行きましょう! ネットで手軽に査定できるので商談前に査定して、ディーラーの下取り価格が適正なのかどうか判断ができるようにします。 事前に査定をしなかった場合の失敗例 画質90%
新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

 

⇒ 今すぐ愛車を一括で査定依頼する

-ハリアー

Copyright© くるま情報プレミアム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.