人気車の値引情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

スズキハスラーの評価口コミ辛口チェック

ハスラー

スズキ新型ハスラーの評価・評判を辛口チェック!

更新日:

一時の熱狂は落ち着きましたが、街中で相変わらずの存在感をはなっているスズキハスラー。

これから人気のハスラーの購入を考えている方のために、ハスラーの評価、評判について辛口でまとめてみました。

ハスラーのウリはこれ!
  • 軽自動車の新ジャンルを開拓した、クロスオーバーなルックス
  • ハスラーの個性にあったカラーバリエーションが豊富
  • あまり騒がれないが、燃費性能もかなり優秀
  • タフワイルドやワンダラーなどの特別仕様車も選択が可能
ハスラーのイマイチはこれ
  • 室内空間は思ったよりも広くはない
  • ルックスに比べて走りがいま一つと言う声もあり
  • シンプル過ぎるメーターとプラスチック感満載のインパネ周りは安っぽい
新車値引マスター
どんな車でもプラスとマイナスがありますが、はたして今、ハスラーは買いなのか?あるいは見送りなのか?徹底的に検証してみます。

こちらも人気記事

⇒【2018年12月】スズキハスラーの限界値引き最大額は?

 

ハスラー 2018年の11月年次改良でいろいろ変わった

今回の年次改良でハスラーのG、Gターボに衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備するなどの一部仕様変更が行われています。

また、人気の個性派軽自動車「ハスラー」に特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」が設定されました。

ハスラー年次改良のポイント

  1. 新たな特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」の新規設定
  2. これまでの特別仕様車「JスタイルⅢ」「FリミテッドⅡ」の廃止
  3. 「スズキ セーフティ サポート」のデュアルカメラブレーキサポートをGとGターボに標準装備
  4. 上質な印象を持たせた「J」「Jターボ」を新グレードとして設定し「X」「Xターボ」を廃止
  5. カシオの時計 BABY-G「WANDERER SERIES(ワンダラーシリーズ)」とコラボ

 

新型ハスラーのグレード価格表

 

 

機種名

 

エンジン

 

駆動

 

変速機

燃料消費率

JC08モード走行

(km/L)

エコカー減税

(取得税/重量税)

 

価格(円)

 

A

 

 

0.66L

DOHC VVT

2WD 5MT 24.8 20%/25% 1,100,520
4WD 24.2 - 1,221,480
2WD CVT 26.6  

20%/25%

1,100,520
4WD 25.6 1,221,480
 

 

G

2WD 5MT 26.4 1,197,720
4WD 25.6 1,313,280
0.66L

DOHC VVT

(S-エネチャージ)

2WD  

 

 

 

 

CVT

32.0 80%/75% 1,323,000
4WD 30.4 60%/75% 1,449,360
 

 

Gターボ

0.66L

DOHC VVT

ターボ

(S-エネチャージ)

2WD 27.8  

 

40%/50%

1,409,400
4WD 26.2 1,535,760
 

J

0.66L

DOHC VVT

(S-エネチャージ)

2WD 32.0 80%/75% 1,485,000
4WD 30.4 60%/75% 1,611,360
 

 

Jターボ

0.66L

DOHC VVT

ターボ

(S-エネチャージ)

2WD 27.8  

 

40%/50%

1,578,960
4WD 26.2 1,705,320
特別仕様車

タフワイルド

0.66L

DOHC VVT

(S-エネチャージ)

2WD 32.0 80%/75% 1,487,160
4WD 30.4 60%/75% 1,613,520
特別仕様車

ワンダラー

2WD 32.0 80%/75% 1,608,120
4WD 30.4 60%/75% 1,734,480

 

ハスラーの主なメーカーオプションまとめ

どのグレードに何のメーカーオプションが設定されているのか?

ちょっと複雑なのでまとめてみました。

メーカーオプション名 設定機種 価格(円)
ディスチャージヘッドランプ

[ディスチャージヘッドランプ、LEDポジションランプ、オートライトシステム]

G(CVT車)

Gターボ

54,000円
ブラックインテリアパッケージ

[インパネ/ドアトリムカラーパネル(ブラックパール)、ステアリング/エアコンガーニッシュ(チタンシルバー)、エアコンルーバー/スピーカーリング(チタンシルバー)、メッキインサイドドアハンドル、レザー調&ファブリックシート(ブラック)、「ナノイー」搭載フルオートエアコン]

 

 

J・Jターボ

 

 

32,400円

全方位モニター用カメラパッケージ

[フロントカメラ、サイドカメラ(左右)、バックカメラ、USBソケット、GPSアンテナ、TVアンテナ用ハーネス]

J・Jターボ

特別仕様車「タフワイルド」

特別仕様車「ワンダラー」

49,680円
ピュアホワイトパール塗装 A・G・Gターボ

特別仕様車「ワンダラー」

21,600円
スチールシルバーメタリック塗装 A・G・Gターボ

特別仕様車「タフワイルド」

21,600円
2トーンルーフ仕様 G・Gターボ

J・Jターボ

43,200円
ムーンライトバイオレットパールメタリック ホワイト2トーンルーフ仕様 G・Gターボ 64,800円
ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ仕様 J・Jターボ 64,800円

 

ハスラー 年次仕様変更の主な内容

①グレード構成の見直し

これまで設定されていた上級グレードの「X」「Xターボ」を廃止しました。

そして、内装のカラーパネルやシートパイピングの設定色の見直しに加え、メッキフロントグリルやメッキドアハンドルを採用し、上質な印象を持たせた「J」「Jターボ」を新グレードとして設定しました。

 

②予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の仕様向上

G、Gターボに搭載の衝突被害軽減システムを、レーダー方式からステレオカメラ方式の「デュアルカメラブレーキサポート」へグレードアップ。

また、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能をCVT車に標準装備し、予防安全性能をさらに強化されました。

 

②車体色を新たに設定

G、Gターボのホワイト2トーンルーフに「ブリスクブルーメタリック」、「クールカーキパールメタリック」、「アクティブイエロー」、「フェニックスレッドパール」を新設定。

2トーンルーフでは選択肢が7色9パターンへ増えました。

上級グレードの J、Jターボはモノトーン、ホワイト2トーンルーフ、ブラック2トーンルーフが設定され、5色全8パターンの商品構成となりました。

 

③内装の設定が充実

ハスラーの個性は内装でも楽しめます。

ボディカラーによって内装の設定色が異なるので、事前に自分が欲しい内装色をチェックしておきましょう。

  • カラーパネルは「アイボリー」「イエロー」「カーキ」の3色
    カラーパネルは「イエロー」

    カラーパネル「イエロー」

    カラーパネル「アイボリー」

    カラーパネル「アイボリー」

    カラーパネル「カーキ」

    カラーパネル「カーキ」

  • シートパイピングは「ホワイト」、「イエロー」、「カーキ」の3色
    シートパイピングホワイト

    シートパイピングホワイト

    シートパイピングカーキ

    シートパイピングカーキ

    シートパイピングイエロー

    シートパイピングイエロー

  • 上級グレードの J、Jターボに「ブラックインテリアパッケージ」をメーカーオプション設定(32,400円)
    ブラックインテリアパッケージ

    ハスラーがシックに早変わり ブラックインテリアパッケージ

 

⑤充実した装備

Aを除く全グレードに、ステアリングオーディオスイッチ、リモート格納ドアミラー(Gの5MT車を除く)、6スピーカー(フロント2スピーカー、フロント2ツイーター、リヤ2スピーカー)が標準装備されています。

J、Jターボには、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)、IRカット機能付フロントガラスも標準装備。

また、Jターボには、パドルシフト、クルーズコントロールシステムを採用して、プレミアム感がこれまで以上にアップしています。

 

特別仕様車 ハスラー Wanderer(ワンダラー)とは?

特別仕様車 ハスラー Wanderer(ワンダラー)とは?

特別仕様車 ハスラー Wanderer(ワンダラー)とは?

ハスラーの新しい特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」は、ルーフやバンパーガーニッシュに新色のウッディブラウンを採用しました。

車内のインパネカラーパネルには、エコロジーなウッド調を採用したり、シートや本革巻ステアリングホイールのステッチ部分には、鮮明なオレンジ色を使用するなど、細部までこだわった仕上げとしています。

車体色は全車2トーンルーフ仕様で、“シフォンアイボリーメタリック”“パッションオレンジ”など、全4色が設定されました。

また、ディスチャージヘッドランプやLEDフロントフォグランプ搭載など、基本装備がグレードアップしています。

 

ワンダラーのエクステリア装備

  • ウッディブラウン2トーンルーフ
  • メッキフロントグリル[スモークメッキ]
  • フロントバンパーガーニッシュ[ウッディブラウン塗装]
  • リヤバンパーガーニッシュ[ウッディブラウン塗装]
  • フェンダーアーチモール&サイドスプラッシュガード[材料着色:ブラウン]
  • フロントバンパー、リヤバンパー[材料着色:ブラウン]
  • HUSTLERアルファベットエンブレム[スモークメッキ](フロントグリル)
  • ルーフレール
  • カラードドアミラー[ウッディブラウン]
  • サイドドアデカール
  • HUSTLERエンブレム[文字色:白](バックドア)
  • ワンダラーエンブレム(バックドア)
  • 15インチスチールホイール[ガンメタリック]

 

ワンダラーのインテリア装備

  • インパネカラーパネル[ウッド調]
  • レザー調&ファブリックシート表皮[ブラック&イエローブラウン・オレンジステッチ]
  • ドアトリムカラーパネル[ベージュ]
  • エアコンガーニッシュ[ベージュ]
  • エアコンルーバーリング、スピーカーリング、ステアリングガーニッシュ[ガンメタリック]
  • メッキインサイドドアハンドル

 

ワンダラーの充実した機能&装備

  • 本革巻ステアリングホイール[イエローブラウン・オレンジステッチ]
  • 全方位モニター用カメラパッケージ(メーカーオプション設定)
  • 「ナノイー」搭載フルオートエアコン
  • 「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)をセット標準装備

 

車体色の組み合わせは4パターン

 

車体色

 

ルーフ ウッディブラウン 2トーンルーフ
ボディー色 シフォンアイボリー

メタリック ※

ブルーイッシュ

ブラックパール3

パッションオレンジ ピュアホワイト

パール

※カシオ時計 BABY-G(ワンダラーシリーズ)と共通のカラーモデル

 

カシオのBABY-Gワンダラーシリーズとのコラボ企画

ハスラー特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」とカシオBABY-G「WANDERER SERIES(ワンダラーシリーズ)」は、自由気ままな旅をテーマにした共通のデザインを採用しています。

テーマカラーはナチュラルな“アイボリーカラー”を設定し、細部にはブラウンや船名なオレンジを配したデザイン。

製品の枠を越えた今回のようなコラボレートは珍しいので、今後の展開に注目です。

BABY-G「WANDERER SERIES(ワンダラーシリーズ)」

https://www.casio.co.jp/release/2018/1101_bga-255-5a/

 

スズキ新型ハスラーの評価・評判

街中でスズキの軽自動車ハスラーを見かけると、「どんな人が乗っているんだろう」とつい気になってしまいます。

ハスラーは2014年1月に発売され、そろそろ見慣れた感じもありますが、それでもこの可愛らしさは独特です。

ジャンルとしてはセミハイトワゴンに所属します。同じスズキならワゴンR、ライバルのダイハツならタントもセミハイトワゴンです。

しかしハスラーは車高を上げているので、RV車やSUV車のテイストもあるので、純粋なセミハイトワゴンでもありません。

つまりハスラーのジャンルは、ハスラーなのです。

「ハスラーというジャンル」という表現は大袈裟ではなく、ダイハツがすぐにハスラーのコンセプトに寄せたキャストという軽自動車を出したほどです。

 

スズキ新型ハスラーの本音の口コミ

ハスラーの黄色

良い口コミ

それでは実際のハスラー・オーナーはどのような感想を持っているのでしょうか。

満足な点に、室内の広さを挙げるオーナーは多い傾向にあります。

「装備が良い」という声も聞かれます。最も安いグレードでも、全席パワーウインドウ、キイレスエントリー、後部座席のリクライニング機能が付いています。この人は、質実剛健な作りがスズキらしくて良いと評価しています。

カスタムを楽しめるのもハスラーならではです。エアロパーツは複数のメーカーが出しています。クルマの顔であるフロントグリルをいじると、まったく違ったクルマのようになります。

タイヤサイズを大きくしたり、ホイールをスタイリッシュなものに変更するのがカスタムの定番です。これなら車検にまったく影響しません。

車幅をワイドにする人もいますが、このカスタムは違法になることがありますので、注意が必要です。

ボディカラーにピンクを選んだ女性オーナーは「元気にさせてくれるクルマ」と話しています。この方はこれまでキャンプなどやったことがなかったのですが、ハスラーを買ったら急にアウトドアがしたくなって、ホームセンターに行って一式買い揃えたそうです。

そして実際にキャンプ場に行ったら、数台のハスラーを見かけて「みんな同じことを考えるんだな」と思ったそうです。

ハスラーの色を長所に上げる人は多く、ピンクのほかにオレンジ、ブルー、緑と、他のクルマにないポップな色が選べます。

ハスラーのテレビCMにももいろクローバーZが登場しますが、まさにどちらも原色の華やかさが似合いますね。

走るハスラー

悪い口コミ

残念ながら、「買って後悔した」というハスラー・オーナーもいて、この方は「ダイハツ・キャストの方がワンランク上の風格がある」と話しています。これはある意味仕方がないことかもしれません。

なぜならダイハツは、ハスラーを研究してキャストを作り込んだからです。

後出しじゃんけんのようなもので、勝って当たり前という部分もあります。

ハスラーには走りに関する不満も少なくありません。「高速道路が恐い」という声から、「一般道でもトラックとすれ違うとグラリと揺れる」という人もいます。これはセミハイトワゴンの宿命でしょう。

「軽自動車だから仕方がないが、みんなが褒めるほどの内装ではない」と手厳しい人もいます。この方が不満に思っているのは運転席周辺のインパネ部分で、安いプラスチックを使っていることが気に入らないようです。

さらに、ハスラーにはバック走行するときに後方が確認できるバックモニターが付いているのですが、これが雨の日に見にくくなるという欠陥があるそうです。これはメーカーに早急に対応してもらいたものです。

また「格好だけ」という厳しい意見もあります。ハスラーは「SUVっぽい」ところがありますが、SUVではありません。車高が上がっていますが、悪路を走ることは得意ではありません。

スズキには同じ軽自動車のジムニーがありますが、ハスラーとジムニーはまったく別ジャンルのクルマと考えた方がよいでしょう。

また、ハスラーは確かに背が高いクルマなのですが、室内は驚くような広さではありません。アルトよりは広いといった程度です。このことについて「ダイハツ・ウェイクの室内の方がダントツに広い」という声もあります。

なので、「使い勝手を考えると、ハスラーは中途半端」という声が、ハスラーの性格を最も的確に表しているのかもしれませんね。

 

スズキ新型ハスラーの燃費性能

スズキハスラーの燃費性能はノンハイブリッド車としては実はかなり優秀です。

  • ターボ2WD:27.8km/L
  • ターボ4WD:26.2km/L
  • ターボなし2WD:32.0km/L
  • ターボなし4WD:30.4km/L

もちろん、トヨタのプリウスやアクア、ホンダのフィットに比べると見劣りしますが、それでも驚異的な数字です。

しかもスズキのクルマはとにかく安いので、コスパではプリウスやフィットにまったく負けていません。

ハスラーが安さと燃費を両立できているのは、S-エネチャージという技術のおかげです。これは、車体が減速するときに発電して電気をリチウムイオンバッテリーに充電します。

そして加速するときに溜めた電力で電気モーターを回し、ガソリンエンジンを助けるのです。ガソリンエンジンがフル回転しない済むので、ガソリンの消費が抑制されるという仕組みです。

これはトヨタやホンダのハイブリッド技術とあまり変わらないように思えるのですが、それでもスズキは「ハイブリッド」とは言わずに「S-エネチャージ」と呼んでいます。

それは電気モーターだけで走る機能がS-エネチャージには備わっていないからです。

それだけの違いなのですが、電気モーターだけで走らせるかどうかで、部品の製造コストがまったく変わってくるのです。スズキは「少しの違いならコスト安の方を取る」と選択したのですね。

 

スズキ新型ハスラーのおすすめグレード

ハスラーのインテリア

スズキハスラーのグレード選びはこれで決まり!

ハスラーのおすすめグレードは、FリミテッドⅡです。2WDが1,431,000円(税込)、4WDが1,557,360円です。

ターボなしバージョンですが、外観に装飾を加えておしゃれにしています。特にフロントグリルに「HUSTLER」と文字を入れているのが格好いいのです。

そのほか、UVカットガラスや、衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート」といった安全機能も搭載されています。

2番目におすすめのグレードは、最も安いA(2WD)1,100,520円です。FリミテッドⅡより33万円も安いのです。大バーゲンといってもいいでしょう。値下げ交渉をしっかり行えば、約100万円になります。

それでいて、外観も中身もしっかりハスラーしています。実はこれで十分という気もします。軽自動車の最大の魅力は安さなので、格好や過剰装備は追い求めない方が賢い選択かもしれません。

なのにハスラーは、Aでもそれなりにファッショナブルなのですから、オーナーになっても後悔することはないでしょう。

 

本音の口コミチェック!スズキ新型ハスラーの評価・評判まとめ

スズキハスラーの評価口コミ辛口チェック

「ハスラーは買いか?」と尋ねられたら、「迷っているなら買って損はしませんよ」という答えになるでしょう。

ハスラーはどのクルマにも似ていないので、買った後に「やっぱりあっちのクルマにしておけばよかった」という後悔がありません。

しかし「迷っているなら」という条件付きであることもお忘れなく。

つまり、「ダイハツも良い、でも、ハスラーも良いな」と迷っている人は、ハスラーの魅力を理解しているということなので、買っても絶対に損はありません。

 

スズキハスラーの商談に行く前に…

人気の新型ハスラーを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2018年12月】スズキハスラーの限界値引きテクニック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
下取り車の査定額がわかっていないと、新車の値引き交渉が失敗してしまいます! 面倒くさくても商談の前に、絶対にネットで下取り車の査定価格を調べておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
佐藤さん、お車の査定が完了しました
営業マン
佐藤さんの愛車の下取り査定額は54万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
佐藤さん夫
54万円・・・。 なるほど・・・
佐藤さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定54万円って、高いの?安いの?どっちよ
佐藤さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
かなり古い車でも必ず査定額は出ます。 「修理を何回もしているし」と自分で勝手にあきらめないで、 商談前に査定額をチェックし頭に入れておきましょう。

 

 

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-ハスラー

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.