人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ジムニーシエラの評価口コミ辛口チェック

ジムニーシエラ

スズキジムニーシエラの評価・口コミを辛口チェック

更新日:

すべてが新しくなったジムニーシエラの走りや、その魅力について徹底的に調べました。

ジムニー シエラを購入するにあたり注意すべき点は次の通りです。

ジムニーシエラのポイント

  • ジムニーの持つアイデンティティはそのままに、モダナイズされ魅力を増したボディスタイリング
  • 新しい1.5Lエンジンを搭載し、パワーとトルクが向上
  • ヒルディセントコントロールが装備され、オフロード走行がよりイージーに
  • 無敵の悪路走破性に磨きを掛けつつ、舗装路でもより洗練された走りを実現
  • 新型も基本的にはオフロード性能を重視しているため、普段使うにはそれなりに覚悟がいる車
新車値引きマスター
新型ジムニーシエラはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

⇒【2019年6月】スズキジムニーシエラの限界値引き最大額は?

 

ジムニー シエラの評価・口コミを辛口チェック

ジムニー シエラの評価・口コミを辛口チェック

ジムニー シエラは、軽クロカン車の代名詞と言える、スズキ ジムニーのトレッドを拡大した普通小型車版として、海外でも絶大な人気を誇るコンパクトオフローダーです。

2018年7月に行われた、20年ぶりとなるジムニーのフルモデルチェンジに伴い、内外装すべてが新しくなったジムニーシエラは、ジムニーらしさはそのままにグッとモダンになったスタイリングが魅力。

ジムニーとの外観上の違いは、追加された樹脂製のオーバーフェンダーのみですが、これが効果的なアクセントとなって、ジムニーシエラならではの上質な雰囲気を獲得しています。

新型では、新しい1.5Lエンジンが搭載され性能が向上し、新たにヒルディセントコントロールが装備され、オフロードの滑りやすい下り坂でもイージーなドライブが可能です。

新型では、ジムニーならではのオフロード性能に磨きを掛けながら、一般道路での走りが見違えるほどに洗練されたことで、注目が集まっています。

あくまでオフロードを重視した車のため、一般の乗用車みたいな快適性は期待できず、外見のかわいさだけで購入してしまうと、乗り味の固さにショックを受けるので注意すべきでしょう。

それでは、ジムニー シエラの特徴をチェックしていきましょう。

 

気になるジムニー シエラの価格は?

ジムニー シエラの車両本体価格は以下のようになっています。

1.5L直列4気筒DOHC
グレード車両本体価格
JL 5MT1,760,400
JL 4AT1,857,600
JC 5MT1,922,400
JC 4AT2,019,600

ジムニー シエラの価格は、ベースグレードのJL(5MT)が176万400円、上級グレードJC(4AT)が201万9,600円です。

 

ライバルはスズキ クロスビーくらいしかいない

ジムニー シエラは、ベース車となる軽クロカン ジムニーと同様に、ラダー(はしご型)フレームとリジッド式サスペンションを装備した本格的なオフロード車として、日本の小型車クラスでは唯一の貴重な存在となっています。

ジムニー シエラと車格が近く、価格帯もほぼ同じ車となると、同じスズキのクロスオーバーSUV クロスビー(軽クロスオーバー車ハスラーの普通小型車版)くらいしか見当たりません。

クロスビーの価格は、ベースモデルHYBRID MX(4WD)が190万8,360円・上級グレードHYBRID MZ(4WD)が214万5,960円ですが、こちらはモノコックフレーム・フルタイム4WDのクロカン風SUV車ですので、ジムニー シエラとは全く性格が異なります。

 

現在流行のSUVとは全く違うジムニー シエラ

ジムニー シエラの価格帯だけを見ると、トヨタのコンパクトハイブリッド アクアクロスオーバー(205万2,000円~212万3,280円)も視野に入りますが、こちらはファッション性を重視したSUV風のFF(前輪駆動)車です。

さらに間口を広げるなら、クロカン風コンパクトのホンダ ヴェゼルやマツダCX-3、日産ジュークなどもありますが、いずれもオフロードより一般道での快適性を重視した今流行りのSUV車となっています。

 

ジープとも互角に渡り合えるお買い得な車

クロカン車本来の悪路走破性とタフさにおいて、ジムニー シエラと渡り合える車は、アメリカ車のジープ ラングラーくらいしか存在せず、こちらは400万円もする高価格車です。

それを考えれば、200万円程度の価格で抜群のオフロード性能を持ち、なおかつ普段の街乗りなど一般路でも十分に使うことができる、新型ジムニー シエラはとってもお買い得な車と言えるでしょう。

購入時には、自分のライフスタイルを考慮しながら、ジムニー シエラの持つ個性をいかに楽しめるかを考えて、選択するのがおすすめです。

 

ジムニー シエラのパワーユニットは1種類のみ

ジムニー シエラに搭載されるパワーユニットは、新しい1.5L 直列4気筒DOHC エンジンの1種類のみとなります。

スペックを確認しておきましょう。

1.5L直列4気筒DOHC
燃料供給方式ポート噴射式
ボディサイズ全長3,550mm×全幅1,645mm×全高1,730mm
総排気量1,460cc
圧縮比10.0
最高出力102ps/6000rpm
最大トルク13.3kgm/4000rpm
燃費

(WLTCモード)

15.0km/L(5MT車)

 

1.5L直列4気筒DOHC

ジムニー シエラに搭載される、1.5L 直列4気筒DOHCエンジンは、吸気側のみに可変バルブタイミング機構VVTが装備されています。

従来の1.3Lから1.5Lへとアップサイジングされ、最高出力で14ps・最大トルクは12Nmアップし、樹脂製インテークマニフォールドや電子制御スロットルの装備により、軽量化とレスポンスの向上を実現しています。

このエンジンは、スズキの海外専用モデルで、小型ミニバンのエルティガ用パワーユニットを、横置きFF方式から縦置きFR方式へと改良して搭載されています。

ハイブリッドや直噴といった、先進技術は何もないこのエンジンですが、スズキはジムニー シエラ用パワーユニットとして、オフロード走行時の扱いやすさをより重視したエンジンだと公表しています。

1.5L直列4気筒DOHC

最高出力75Kw(102ps)/6000rpm

最大トルク130N・m(13.3kgm)/4000rpm

 

ジムニー シエラの走り

ジムニー シエラの走り

新型ジムニー シエラには、オフロード走行で頼もしい威力を発揮する、ヒルディセントコントロールや、ブレーキLSDトラクションコントロールが装備されています。

 

坂道でも運転がラク

ヒルディセントコントロールとは、勾配の急な下り坂などを走行する際に、車がブレーキを自動で制御して、ドライバーが何も操作しなくても速度を一定に保つ装置です。

これにより、オフロード初心者であっても、難しい操作を必要とせず、滑りやすい下り坂を容易に走行が可能となります。

さらに、新しいジムニー シエラには、ヒルスタートアシストも装備されています。

これは坂道発進の際に、ブレーキからアクセルへと足を踏み変えるときに、車が自動で瞬間的にブレーキをかけて車が後退するのを防ぎ、簡単に坂道発進ができる装置です。

 

岩場やぬかるみでもへっちゃら

ブレーキLSDトラクションコントロールは、オフロード走行で岩場やぬかるみにタイヤがはまった際、通常は脱出困難となるのを、車が自動的に駆動力を制御して走行可能とする便利な装置です。

岩場やぬかるみを走行時に左右どちらかの車輪がスリップしてしまった場合、本来ならば両輪とも駆動力が失われ、脱出するには左足でブレーキをかけながら、微妙なアクセルコントロールを行うなどテクニックが必要となります。

このシステムでは、片方のタイヤがスタックしてしまった場合に、スリップしている側の車輪のみに自動的にブレーキをかけることで、反対側の車輪に駆動力を伝達可能となり、難しいテクニックを使わずに誰でも楽に走行することが可能です。

 

ステアリングダンパーで般道でのハンドリングを改善

ジムニー シエラでは、操舵装置に不快なキックバックを低減するステアリングダンパーが装備されています。

これにより、悪路走行時に路面の凸凹でハンドルがとられるのを抑え、同時に高速道路での走行安定性を高めて、快適なドライブが可能です。

 

高速巡航時にうれしいクルーズコントロールを装備

上級グレードのJCには、高速道路走行時に一定速度を自動で維持する、便利なクルーズコントロールが装備され、アクセルペダルの操作が不要で長距離運転での疲労を軽減します。

 

1.5Lエンジンによるゆとりのある走り

ジムニー シエラの1.5L直列4気筒DOHCエンジンは、吸気側に可変バルブタイミング機構VVTが装備され、低速から高速までスムーズにパワーを発生し、オフロードや街乗りでとても扱いやすいのが魅力です。

102ps・13.3kgmというスペックは、それほどパワフルとは言えず、高速道路ではやや力不足を感じることもありますが、一般道路では必要十分な性能で快適にドライブができます。

 

おすすめは5速マニュアルミッション車

ジムニー シエラのおすすめは5速のマニュアルミッション車で、その理由は、ラダーフレームにXメンバーと追加クロスメンバーが設置されたことでねじれ剛性が高まり、車体の揺れが少なくなったことで一般路での乗り心地が改善されたためです。

舗装路での快適性が高まった新しいジムニー シエラでは、マニュアルトランスミッションを駆使して積極的に運転を楽しむことで、きびきびとしたスポーツカーのようなドライブフィーリングを味わえます。

但し、それは一般道路での話で、高速道路ではラダーフレームやリジッドサスによる乗り心地の固さが現れ、スピードが上がると車体の揺れも大きくなるので注意しましょう。

ジムニー シエラは無敵のオフロード性能を持つ代わりに、快適性では一般的な乗用車に比べて劣るため、普段の足として使うにはそれなりの覚悟が必要なことを、よく理解した上で購入することをおすすめします。

 

スズキ セーフティーサポートを標準装備

ジムニー シエラには、予防安全装備のスズキ セーフティーサポートが標準装備されています。

このシステムは、スズキ クロスビーやワゴンRに採用されたものと同じ、単眼カメラとレーダーを一体化させたコンパクトな装置です。

ジムニー シエラのスズキ セーフティーサポートの内容

  • 衝突軽減ブレーキ(歩行者にも対応可能)
  • 走行中に車線を逸脱した際に、警報を鳴らして知らせる。
  • 周囲の明るさによって、ヘッドライトの角度を自動的に上下に切り替えるハイビームアシスト。
  • 誤発進抑制機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能

 

シエラのエクステリア・外観

シエラのエクステリア・外観

新型ジムニー シエラの外観デザインは、初代ジムニーから延々と受け継がれてきたタフで武骨なイメージを、シンプルなフォルムで上手く表現しながら、現代の車らしくモダンに仕上がった魅力的なスタイリングです。

従来からの角ばったフォルムは、サイドウインドーを直立させて雪が溜まらないよう工夫され、武骨さが際立つ無塗装のバンパーはコーナー部分がカットされ、オフロード走行時に角が障害物に引っかからないようになっています。

新しくなった横長のフロントマスクのデザインは、新型ではもっとも洗練された部分で、米軍の高機動四輪駆動車ハンヴィー(HMMWV)のような雰囲気があり、最高にクールです。

いっそのこと、ボディーカラーを、米軍の中東派遣車両みたいなデザートカーキ一色にしたら、とっても素敵ではないかと考えます。

 

ジムニーシエラのインテリア・内装

新型ジムニー シエラは、先代モデルに比べてよりデザイン性の高いインテリア

先代モデルに比べてよりデザイン性の高いシエラのインテリア

新型ジムニー シエラは、先代モデルに比べてよりデザイン性の高いインテリアを採用し、大きく魅力を高めています。

前方視界が良好な水平基調のインパネは、微妙にラウンドした形状で圧迫感がなく居心地の良い空間を実現し、助手席側のダッシュボードにはしっかりとした昇降グリップが装備され、乗り降りが楽です。

メータークラスターは、左右で独立したスクエアな形状のもので、中央部には車両情報を表示するマルチインフォメーションディスプレーが装備され、機能性を高めています。

全体的な質感はややプラスティッキーで、お世辞にも上質とは言えませんが、その方がジムニー シエラの持つキャラクターに似合ており、新型ではカーナビ設置スペースやフルオートエアコンが標準となり装備面での不足はありません。

 

横開きドアで使い勝手の良い荷室

ジムニー シエラは、後部に横開きのドアを採用しているため、駐車状況により後ろのスペースにあまり余裕がなくても、不安なく荷室へのエントリーが可能です。

ラゲッジスペースは、リアのシートバックを倒すことで奥行き980mm・横幅1,300mmまで広がり、スクエアなボディにより高さは850mmあるため、二人分の旅行用トランクや登山用品などを余裕で積み込めます。

 

ジムニーシエラのグレード

ジムニー シエラのグレード構成はシンプルに、ベースモデルのJLと、上級グレードJCの2グレードとなっています。

グレード
1.5L直4 DOHCJL

JC

 

ジムニーシエラのカラーラインナップ

ジムニー シエラのボディーカラーは、ソリッド系が3つとパール系が2つ、メタリック系が3つの計8色があります。

ルーフがブラックとなる、3種のツートンカラーは、JCグレードのみ選択可能です。

カラー
ソリッドキネティックイエロー

ミディアムグレー

ジャングルグリーン

パールブルーイッシュブラック・パール

ピュアホワイトパール

メタリックシフォンアイボリーメタリック

ブリスクブルーメタリック

シルキーシルバーメタリック

ツートン

(JC専用)

キネティックイエロー&ブラックルーフ
シフォンアイボリーメタリック&ブラックルーフ
ブリスクブルーメタリック&ブラックルーフ

 

ジムニーシエラの燃費性能

ジムニー シエラの燃費性能は以下のようになります。

5MT4AT
カタログ燃費

(WLTCモード)

燃料消費率15.0km/L13.6km/L
市街地モード12.8km/L11.2km/L
郊外モード15.8km/L14.7km/L
高速道路モード15.9km/L14.6km/L
実燃費10.5km/L9.52km/L

ジムニー シエラは、国土交通省が実施している新たな燃費計測基準、WLTCモードに対応した、スズキでは初めての車両になります。

WLTCモードとは、市販車両の燃費計測基準として設けられた世界共通の国際基準で、より実際の燃費性能に近い数値が出せるとして、日本では2019年6月以降に販売される新型車より義務化されます。

ジムニー シエラの燃費性能は、5MT車でカタログ値12.8km/L~15.9km/L・実燃費が10.5km/L、4AT車が11.2km/L~14.7km/L・9.52km/Lとなっており、同クラスの小型車と比較してそれほど良くありません。

 

ジムニーシエラの評価・評判を辛口チェックのまとめ

ジムニーシエラの評価口コミ辛口チェック

2018年7月に、20年ぶりとなるモデルチェンジを果たし、新型となったジムニー シエラは、内外装デザインを一新してより魅力的となって登場しました。

発売開始以降、ジムニーシエラはベース車のジムニーとともに、市場ではバブルともいえる大変な人気ぶりで、大量のバックオーダーを抱えているとのこと。

ジムニー シエラは、個性的な外観のイメージはそのままにグッとモダンなスタイリングへと変身を遂げ、走りの性能もより洗練され、海外でも人気となることは確実です。

 

スズキジムニーシエラの商談に行く前に…

人気の新型ジムニーシエラを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年6月】スズキジムニーシエラの限界値引きテクニック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
交渉で自分の車の査定額が頭に入っていないと、ディーラーの値引き交渉もうまく進められません! ちょっと面倒ですが、商談に行く前にネットで必ず現在の車の査定価格を調査しておきましょう。

商談での一コマ

営業マン
高橋さん、お車の査定が完了しました
営業マン
高橋さんの愛車の下取り査定額は48万円です 今キャンペーン中で通常よりも3万円査定アップで下取りますよ。
高橋さん夫
48万円・・・。 なるほど・・・
高橋さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定48万円って、高いの?安いの?どっちよ
高橋さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
過去に修理をしている車、かなり古い車でも必ず下取り額がつきます。 自己判断で下取り金額はきっとゼロ円だからと決めつけるのは危険です。

 

 

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

-ジムニーシエラ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.