高級車にのろう

国産車ディーラーと高級車ディーラーの違いと攻略方法

更新日:


高級車ディーラーの特徴(国産車ディーラーとの違い)敷居が高くて入りずらそう?

a181d64206a5efc48899640327e075b1_m「高級車車ディーラーってなんか敷居がお高くて入りずらそう。」

「国産車で行っても相手にされないんじゃないか?」

「ローンで買うとか恥ずかしいこと?」

最初はみんなそんな思いをしながら高級車ディーラーの門を叩くんですね。でもまったく大丈夫!

例えばレクサスは、看板は高級そうに「LEXUS」とかなってますが運営は東京トヨタ自動車とか地元の販売会社で、他の各都道府県でも経営母体はトヨタ系の販売会社です。

また、外車ディーラーも実は国産車ディーラーをメインで経営する会社が、別事業で外車ディーラーもやってますよなんてケースが多いんです。

看板はプレミアムでもこれらのディーラーで働いている人もサラリーマン、つまり普通に一般人なんですね。ちょっと安心です。

営業マンとしても国産車ユーザーは買ってもらえば「新規の開拓=営業成績UP」ですから逆にウェルカムの上顧客です。大体メルセデスベンツのSクラスとか、BMWの7シリーズとかレクサスのLSとか、トップモデル買う人なんて高級車ディーラーでもほんの一握りです。

そんな人はSクラスからSクラス、LSからLSに買い替えるので、百戦錬磨の先輩営業マンがコバンザメのようにがっちり抑えているわけです。

メルセデスベンツで初めてAクラス買う人が出世して、15年後にSクラス買うような太いお客さんになってくれるかもしれないわけで、そんな高級車初心者を大切にする営業マンほど優秀なんですね。

 

高級車ディーラー これでばっちり5つのアプローチ方法

di

納車までの期間を考慮して早めに動く

プレミアム車は顧客満足のために特別カラーや特別オプションなどの仕様も多く設定されており、ほとんどオーダーメイドに近いため、実際に納車されるまで国産車では考えられないほど時間がかかります。
人気車種ですと、注文書を書いてからドイツ本国に発注、ドイツでオフラインしてから船便でゆっくり日本に来る、そんなイメージですので納車まで半年が基本と考えたほうがいいでしょう。

よって検討する車が決まったら、最低限6か月以上前にはディーラーにアプローチしなければならないことになります。

新型車情報をキャッチする

例えばレクサスは北米市場での販売台数が多い=北米重視のため、日米で同時に販売開始になったとしても、北米へのディバリーが優先される傾向にあります。

ドイツの高級車に至っては欧州最優先、北米優先なので日本発売はドイツ本国の6ヵ月遅れなど普通です。せっかく買った新車のBMWが、ドイツではすでに新型が出ていて型遅れ、なんて最悪ですよね。

新型車情報はドイツの最新情報までもフォローするくらいじゃないと後で後悔する羽目になります。

効率的にディーラーを回る

「土日に時間をかけてディーラーに行ったが、自分の欲しい車が展示されていなかった」
「試乗しようと思ったが、人気車のため順番待ちで休日がつぶれてしまった」
「時間がかかりすぎで子供が泣き出してしまい、商談どころではなかった」

なんてことが国産車以上に起こるのが高級車です。

ぶらっと訪問することもそれはそれで楽しいでしょうが、せっかくの休日ですし、他の車との検討時間も必要です。現在は多くのディーラーで試乗や商談のネット予約が可能なので、面倒な電話なしでネットでアポを入れるほうがスマートでしょう。

在庫車であれば納車も早いし、値引きも見込める

納車まで基本6ヵ月と先ほど述べましたが、ディーラーが見込み発注で日本国内に在庫として持っている車があります。

・不人気カラー

 ・不人気オプションがついている

 ・前年モデルで最新車と少しだけ仕様が違う

 ・本国でフルモデルチェンジが発表された

こんなワケアリ車でも、自分のニーズにぴったりだという人にとっては最高のお買い得車となるわけです。

 

下取り車を最大限活用する

高級車購入客の場合、ほとんどの方は現在の所有車を買い換え(=下取りに出し)、新車・中古車を購入することになるでしょう。

レクサスのように新車について基本値引きゼロを掲げている場合、本社からの指示で特定の期間だけ下取り価格をUPし顧客の関心を引くことがあります。

ただ、レクサスでも通常の場合は、特に他社メーカーの下取り車の査定については好条件が出にくい傾向にあります。

外車ディーラーでは国産車の下取りに慣れていないことが多く、下取り車の外販ルートがあまり確保されていないため、高価格の査定は出ないこともあります。

ただ、いずれの場合も適正な下取り価格把握のため、買い取り専門業者に査定してもらい、愛車の相場を把握してからディーラーに赴くということが必須となるしょう。

 

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、ある傾向に気づきました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイトかんたん車査定ガイドで自分の車をチェックしてみました。

そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

下取りで得した

でもこれではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、

なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!これで下取りが損だということが実証されました。

下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

かんたん車査定ガイドで実際の査定額を見てみる

 

元営業マンが明かす!下取りをしてはいけない理由

値引きよりも下取り査定が重要です

一に値引き、二に値引き。世間では何かと「他人の値引きがいくらだったのか」、「自分は平均に比べて値引き額が多いのか少ないのか?」気にしますね。

実は本当は値引き額は、そんれほど重要でありません。

なぜなら同じ時期に同じ新車を買う場合、そんなに決定的な差は出ていないのです。

そうなんです、値引きよりも下取り査定が重要なのです。

【元営業マンが明かす】車を高く売るために下取りしてはいけない理由

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-高級車にのろう
-

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.