ランドクルーザー

トヨタランドクルーザーの評価・口コミを辛口チェック!

更新日:

長い歴史を持ち、今もなお根強い人気を誇るSUV。ランドクルーザーの商談で注意すべき点は何でしょうか?、次のことが分かりました。

ランドクルーザーのポイント

  • 本物の悪路を走破するために世界を駆け抜けているのがランドクルーザー
  • LEXUSの最高峰SUVのLXとは兄弟車にあたる
  • 基本設計の古さは気になるが世界の今も第一線である
  • このクラスの車に必須のディーゼル車や、燃費にやさしいハイブリッド車設定がない
新車値引きマスター
ランドクルーザーはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

⇒【2018年9月】ランドクルーザーの限界値引き情報

 

トヨタランドクルーザーはこんな車

世界中で高い評価を得ているのがトヨタランドクルーザーという車

世界中で高い評価を得ているのがトヨタランドクルーザーという車

世界中で高い評価を得ているのがトヨタランドクルーザーという車。

60年以上の歴史を持ち、日本のみならず、世界各地で使われている車です。

現行の車種は200系といわれる車両で、伝統的なラダーフレームを使ったボディ構造、オフロード性能や悪路走破性に特化したモデル。

近年では、オンロードユース(いわゆる舗装された道路での使用)も視野に入れた車両開発をしており、オンロードでの乗り心地、居住性や快適性も備えています。

兄弟車であるLEXUS LXとは基本的な構成は共通ですが、ランドクルーザーのほうがLEXUS LXよりも手に入れやすい価格設定になっているのも魅力のひとつ。

世界での評価として、本当に丈夫な車という評価や地球上で最強の車という評価を得ています。

なぜ、ここまでランドクルーザーが評価されるのか?その理由を探っていきます。

 

ランドクルーザーのボディサイズ

まずは、ランドクルーザーのサイズです。

プラドよりも少し大きく、レクサスLXよりも全長が130mm短くなっています。

それにしても堂々たるサイズの本格派フルサイズSUVですね。

 

ランドクルーザー LEXUS LX プラド
全長 4950mm 5,080mm 4,825mm
全幅 1980mm 1,980mm 1,885mm
全高 1880mm 1,910mm 1,850mm
ホイールベース 2850mm 2,850mm 2,790mm

 

ランドクルーザーの悪路走破性

ランドクルーザーの悪路走破性

ランドクルーザーの悪路走破性は世界を相手にしたホンモノの力

ランドクルーザーのホームページを見ても初めに「世界で認められる4WD」とキャッチコピーが出ています。

このキャッチコピー通り、世界のあらゆる道を走ることを前提に車作りがされています。

悪路といわれる舗装がされていない道路。

砂利道、泥道、砂漠、ぬかるんだ池のようになっている道といった過酷な道路状況であっても走ることができるような設計がされています。

山道や勾配のきつい道でも難なく走れるよう、

アプローチアングル32度、
ランプブレークオーバーアングル25度、
デパーチャーアングル25度
最大安定傾斜角44度、
登坂能力45度、

という実力を持っています。

道なき道を進むために必要な最大渡河性能は700mmです。

最大渡河性能とは簡単にいうと700mm水に浸かっても走ることができるということを指します。

このスペックから見ても、ランドクルーザーがいかにオフロード、過酷な道、険しい道、道なき道を走ることを想定して作られているかがわかります。

日本では高級な車として扱われるランドクルーザー。悪路を思いっきり走る人は多くはないと思われますが、アウトドアやウインタースポーツを趣味としている人にとっては最適な車と言えます。

世界のいたるところでランドクルーザーは大活躍

世界のいたるところでランドクルーザーは大活躍

世界のいたるところでランドクルーザーは大活躍をしています。

道なき道を本当に走っている人たち、砂漠、ジャングルを走る人たちもいます。

ジャングルを旅するテレビ番組でもたびたびランドクルーザーが登場したりしています。

ジャングルで使われているランドクルーザーは正直古くさくてボロボロで塗装や内装もひどい状態のものもあります。

しかし、ジャングルのような過酷な状況で酷使してもランドクルーザーは壊れないということです。

このようなことからも、ランドクルーザーがいかにタフな車なのかがわかると思います。

タフな理由はオフロードでも耐久性の高いラダーフレームというボディフレーム構造を採用していることはもちろんですが、最新のランドクルーザーには優れた4WD制御があり、この制御のおかげで、悪路でも安定して安全に走行できるのです。

モードセレクターで5つのモードを選択できます。

路面に適したモードを選択すると、駆動力の制御、ブレーキの制御を車が行ってくれるという優れものです。

このようなセレクターがあれば、初心者でも悪路を安全に走ることが可能ですね。

また、フロント、リア、車両左右にある4つのカメラで車両周辺の路面状況を確認することも可能。

他にも細やかなドライバーサポート機能があり、オフロード初心者からベテランまで安心して走行することができる機能が満載です。

 

ランドクルーザーの安全装備

ドライバーサポートと言えば、忘れてはならない安全装備。

最近のトヨタ車はToyota Safety Senseを多くの車に採用しており、例外なくランドクルーザーにも採用されています。

レーダーや単眼カメラを使い、衝突安全性能、車線逸脱警報、クルーズコントロール、オートマチックハイビーム、ブラインドスポットモニターといった安全性の面も向上もしています。

先にも述べたように、オンロードでの使用も考慮し、乗り心地の向上も忘れてはいません。

どうしても、ラダーフレームを使うと乗り心地が犠牲になる部分がありますが、ランドクルーザーではロードノイズの低減や伝達振動の低減を図り、快適性を引き上げています。

 

ランドクルーザーのデザイン

こちらも人気記事

ランドクルーザーのボディーカラー人気色はこれだ!

エクステリア:押し出しの強いフロントフェイス

エクステリアでは存在感のある押し出し感が強めのフロントフェイス。

LEDヘッドライトを採用し、視認性、デザイン性を両立しています。

マイナーチェンジにより魅力的な後ろ姿をLEDライトで表現したリアビュー。

タフで筋肉質なSUVらしいサイドシルエット。

伝統あるランドクルーザーの面影を残しつつ進化させたデザインになっています。

最新のメルセデス・ベンツやBMWなどの外国車勢に比べると、おとなし目の外観となっているので、少しオフロードのワイルド感や遊び心のあるデザインを取り入れることが必要です。

 

インテリア:少し古臭いデザインは改善の余地あり

ランドクルーザーの内装インテリア

ランドクルーザーの内装インテリア

インテリアでは、シンプル、直線、フラットを基調にデザインされています。

シンプルでありながら質感が高く上質です。直線を用いて飽きの来ないインテリアを作り上げています。

ベルトラインが車両後方までフラットであるため、運転席からの周囲の視認性は良好。

また、ボンネットが運転席から見えるため、前方の車両感覚が掴みやすいです。

凹凸のあるボンネット形状により左右の車幅の感覚も想像以上にわかりやすいのも特筆すべき点です。

斜め後方の視界はスクエアなボディ形状により、視認性は良い方です。

SUVということもあり、着座位置が高いため全体的に視界は良いです。

ただし、着座位置が高く、車高も高いということは、死角になっている部分も多く存在していることも忘れてはなりません。

特に、後方の視界はクォーターピラーやバックドアの影響により死角は多くなります。

跳ね上げ式の3列目シートを跳ね上げた場合はより死角となる部分が多くなります。

よって、バックカメラは装着した方が安心感が向上するでしょう。

 

シートアレンジ

ランドクルーザーはレザーシートを採用し、上質感、高級感を演出

快適な居住空間を作り出すシートも最新のランドクルーザーを語る上で忘れてはならないポイント。

レザーシートを採用し、上質感、高級感を演出しています。

さらには、シートヒーター、ベンチレーションを装備し、夏も冬も快適に過ごすことができるようになっています。

シートに座った感覚は、スポーツカーのようなホールド感があるシートではなく、乗員がゆったりと座れる余裕のある座面が広めのシートです。

だからといって、座ったときにおしりがやたらスライドしてしまうわけではありません。

シートクッションが柔らかめであるため包まれ感のある座り心地で、ソファーのようにいつまでも座っていたくなるシートです。

また、4ゾーンエアコンシステムにより、乗っているすべての人が快適に過ごせるよう配慮しているのも特徴です。

乗車定員は最大8人。フルサイズSUVということもあり、3列シートのレイアウトになっています。(グレードにより2列シート5人乗り仕様もあります。)

シートアレンジも多彩です。

跳ね上げ式の3列目シート、折り畳みとスライドができる2列目シートにより、用途に応じて多彩なアレンジができます。

 

ランドクルーザー強みと弱み

ランドクルーザー強みと弱み

ランドクルーザー強みと弱みは?

強みはブランド力と本格走行性能

世界で認められている車、ランドクルーザー。

世界のどんな道も走行可能という走行性能、快適性、居住性を重視した室内の仕上げ、多彩なシートアレンジ、最新安全装備などランドクルーザーならではの魅力が多くあります。

国内外問わず多くの自動車メーカーでフルサイズSUVはラインナップされていますが、安全性、快適性、安心感があるフルサイズ本格派SUVは世界規模で探してもなかなかありません。

さらに、日本車という信頼性もランドクルーザーが支持される要因のひとつであるといってもいいでしょう。

日本で使うとなると大きめのサイズであるため、日本の道路事情、駐車場問題が生じる可能性がありますが、これらの問題があったとしても所有する価値、満足感のある車であることは間違いないでしょう。

 

弱みはエンジンラインアップの貧弱さ

ランドクルーザーのラダーフレームとV8エンジン

ランドクルーザーのラダーフレームとV8エンジン

トヨタ自慢の4.6LのV8エンジンの性能に文句はありませんが、 これ以外に選びようがないのが弱みです。

このサイズのSUVにあるべきディーゼルエンジン車の設定がありません。

ディーゼルエンジンに代わりえるハイブリッド車の設定もありません。

4.6LのV8エンジンの基本設計も古く、ランドクルーザー向けの新しいパワートレーンの開発が早急の課題です。

 

 

ランドクルーザーの評価・口コミを辛口チェック!まとめ

ランドクルーザーの評価口コミ辛口チェック!

最後にもうひとつランドクルーザーならではの魅力をお伝えします。

ランドクルーザーは売るときにも値落ちがしにくい車です。

なぜなら、国内の需要があるのはもちろんのことながら、海外でも需要が多くあるため、値段が落ちにくいのです。

年式が新しい、走行距離が少ない車両であれば、高額査定も期待できます。

年式が古くても、走行距離が多くても心配いりません。

初期投資の額は大きくても、売るときの値段によっては格安でランドクルーザーに乗ることも可能であるということですね。

 

ランドクルーザーの商談に行く前に…

人気のランドクルーザーを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2018年9月】ランドクルーザーの限界値引きテクニック

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-ランドクルーザー

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.