人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ランドクルーザープラドの評価口コミ辛口チェック

ランドクルーザープラド

トヨタ新型ランドクルーザープラドの評価・口コミを辛口チェック!

更新日:

トヨタは2017年9月12日にランドクルーザープラドの2度目のマイナーチェンジを行ないました。

新型ランドクルーザープラドについて調べると、次のことが分かりました。

ランドクルーザープラドのポイント

  • マイナーチェンジではエクステリアを中心に大幅な変更がなされた
  • Toyota Safety Senseやドライブスタートコントロールの全車標準装備された
  • 3列目シートはボタン1つでシートが格納される機能がついた
新車値引きマスター
新型ランドクルーザープラドはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

ではマイナーチェンジされた新型ランドクルーザープラドについてのご紹介をしていきます。

こちらも人気記事

⇒ランドクルーザープラドの限界値引き最大額は?【2019年8月】

 

ランドクルーザープラドの評価・評判を辛口チェック

ランドクルーザープラドはエクステリア・インテリアともに高級感が増した

ランドクルーザープラドはエクステリア・インテリアともに高級感が増した

ランドクルーザープラドはマイナーチェンジされてからフロントマスクが一新され、エクステリア・インテリアともに高級感が増した感じがします。

ただ夜にライトをつけて走るときにナンバー灯がLEDでなかったり、室内灯がLEDでないのは少し高級感にかけていますね…。

金額相応の充実感があるため、満足のいく1台に仕上がっていますよ。

ランドクルーザープラドは、ランドクルーザーの弟分として誕生し、5人乗り・7人乗りの設定があるSUVです。

ガソリン車だけでなくディーゼル車の設定もありますので思ったよりも経済的。

最近SUVの人気が高くなっていますが、ディーゼルエンジンを搭載したSUVはまだまだ数が少ないですから、ランドクルーザープラドは貴重です。

ランドクルーザープラドはその形から舗装された道路をスムーズに走行することはもちろんのこと、オフロードであっても力強い走りをみせてくれます。

駆動式は4WDのみの設定ですので、雪道や凍結した道でも快適に走行できます。

では具体的に新型ランドクルーザープラドについてみていきましょう。

 

ランドクルーザープラドの価格

ランドクルーザープラドの車両本体価格は以下のようになっています。

グレード乗車定員車両本体価格
TZ-G(クリーンディーゼル)7人5,363,280円
TX”Lパッケージ”(クリーンディーゼル)7人4,822,200円
5人4,667,760円
TX”Lパッケージ”(ガソリン)7人4,202,280円
5人4,047,840円
TX(クリーンディーゼル)7人4,307,040円
5人4,152,600円
TX(ガソリン)7人3,692,520円
5人3,538,080円

Toyota Safety Senseを含め、安全装備が充実したこともあり車両本体価格が少しあがっている傾向にあります。

高グレードのTZ-Gは、標準装備のアルミホイールが19インチになっていたり、電子制御エアサスペンションが装着されているように、他のグレードと比べると装備が充実している分、価格が高くなっています。

エアサスペンションは乗り心地がいいですので、セダンの高級車にも使われていますが、TZ-Gはそれだけ乗り心地がいいということです。

ただランドクルーザープラドは、オフロードや路面の悪い雪道や凍結した道路を走行するのにエアサスペンションで大丈夫なのかなという疑問は残ります。

エアサスペンションはバネサスより強度は強くありませんので、路面の悪いところを走り続けるとエアが抜けてしまい、サスペンションそのものを交換しなければなりません。

そのためエアサスペンションは10万kmごとに交換が推奨されています。

バネサスは15万km程乗っていても耐久性はありますからね。

お手頃なTXグレードも用意されていますので、自分に合ったランドクルーザープラドを選んでください。

 

プラドのパワーユニットは2種類

ランドクルーザープラドは2.8Lディーゼル車と2.7Lガソリン車の2つのエンジンが設定されています。

ちなみにランドクルーザープラドのハイブリッド車は販売される予定はありませんので、ディーゼル車とガソリン車の設定をしばらく続けていくことになります。

ではエンジンによってどのように性能のちがいがあるのかを、次の表でみていきましょう。

エンジン2.8Lディーゼル2.7Lガソリン
型式1GD-FTV2TR-FE
種類直列4気筒直列4気筒
総排気量2,754L2,693L
最高出力130(177)/3,400kW(PS)/r.p.m130(177)/3,400kW(PS)/r.p.m
最大トルク450(45.9)/1.600~2.400N・m(kgf・m)/r.p.m246(25.1)/3.900N・m(kgf・m)/r.p.m
トランスミッション6AT6AT
燃料タンク容量87L87L

エンジンの種類はV型エンジンの普及が進むなか、ランドクルーザープラドは直4エンジンを採用しています。

またトランスミッションもCVTが主流になるなか、ATが採用されていることも特徴です。

1GD-FTVディーゼルエンジンは欧州車やマツダCX-8に採用されている最新のクリーンディーゼルエンジンに劣ります。

2TR-FEガソリンエンジンも基本設計が古く、今やほめられる点は耐久性くらいでしょうか?

ディーゼルもガソリンも、ハイエースなどの商用車と共用するプラドのエンジンは、パワー・トルクともに最新の他車メーカーに劣ります。

早急なパワーユニットの改善がプラドの急務です。

 

ランドクルーザープラドの走り

ランドクルーザープラドの走り

ランドクルーザープラドの走りは?

大排気量の車が敬遠されがちな今のご時世に、3.0L近いエンジンを搭載しているわけですが、排気量が大きいということは快適な走りを実現できるということ。

車内にエンジン音はそれほど伝わってこず、それほど気にはならない程度。

実際に走り出すと、車両重量2,050~2,330kgの車を3.0L弱のエンジンで動かすのは困難なのだろうか。

とくに走り出しは2,500回転ほどまで回転数を回さないと流れをリードすることができません。

そこまで回転数をあげるとさすがにエンジン音が気になってきます。

上り坂の傾斜にもよりますが、フルタイム4WDの影響もあってか、アクセルを半分以上踏んでいて、がんばって坂を上っている感じですので、エンジンの力不足は感じますね…。

 

圧倒的な存在感があるプラドの外観・エクステリア

ランドクルーザープラドの外観・エクステリア

ランドクルーザープラドの外観・エクステリア

エクステリアはオフロードがあるような大自然の中でも、ビルが立ち並ぶ都会の中でも、違和感なく存在することができるスタイルに。

しかしフロントマスクは圧倒的な存在感を示すほどのゴージャスさがあります。

そのゴージャスさを際立てているのが大型フロントグリルとヘッドライトで、ヘッドライトにはLEDを採用。

リアをみるとテールランプの飛び出しをおさえ、リアガーニッシュの形状を変更することでスタイリッシュなデザインとなりました。

よりスタイリッシュにカスタマイズしたい場合は、モデリスタやTRDのドレスアップパーツを選ぶことで上品にランドクルーザープラドをつくりあげることができます。

ランドクルーザープラドのボディサイズは以下のようになっています。

プラドのボディサイズ
全長4,825mm全幅1,885mm
全高1,835~1,850mmホイールベース2,790mm
車両重量2,050~2,330kg乗車定員5名/7名

ボディサイズはランドクルーザーの弟分といえども、堂々たる大きさをしており、一般的な駐車場におさまるサイズにはなっていますが、サイドのドアをあけたときに隣の車に気をつけなければいけません。

車両重量も2,000kgを超えていますので、都市にみられるような重量制限のある立体駐車場には駐車できないかもしれないと思いましょう。

 

プラドの内装・インテリアは時代遅れ?

ランドクルーザープラドの内装・インテリア

ランドクルーザープラドの内装・インテリア

インテリアは機能的なコックピットをもっているのが特徴で、高グレードになると一部で木目やレザーシートが施されています。

ただインパネ周りは機能的ではありながらもデザインに古臭さが感じられます…。

インパネにはシルバーの加飾が施されているところがとくに数十年前の車を思い出させますし、機能的とはいえどもスイッチの多さが目立つので、少し整理が必要だと感じるでしょう。

マイナーチェンジ前のランドクルーザープラドと比べると、エアコンの吹き出し口を下げたことで視界を広めることができ、カーナビをタブレット型に変更したことでモダンさを強調。

2列目・3列目シートを倒すことで、フルフラットに近いラゲッジスペースを作り出すこともできます。

とくに3列目シートはTZ-G、TX“Lパッケージ”(7人乗り)のような高グレードになると、ボタン1つでシートが収納する機能があるのです(ただし復帰は手動)。

 

プラドのグレードは3つ

ランドクルーザープラドのグレードは上からTZ-G、TX“Lパッケージ”、TXの3つ

ランドクルーザープラドのグレードは上からTZ-G、TX“Lパッケージ”、TXの3つ

ランドクルーザープラドのグレードは上からTZ-GTX“Lパッケージ”、TXの3つです。

TZ-Gはクリーンディーゼルのみの設定、TX“Lパッケージ”、TXはクリーンディーゼル、ガソリンがそれぞれ設定されています。

この中でもとくに注目されているのが、TXのクリーンディーゼル5人乗りです。

TZ-Gのように高級な装備を求める方でなければTXの装備でも十分満足できますし、ディーゼル車はガソリン車より最大で1.8km/L燃費が良いので経済的であることは言うまでもありません。

またディーゼル車のほうが、エンジンが低回転でも力強い走りをみせてくれ、オフロードであっても走行性が良いのです。

また7人乗りのランドクルーザープラドは居住性に欠けるとお思いの方が多く、それなら5人乗りで荷物も積み込めるプラドを選ぶ方がいらっしゃいます。

グレードによってそれぞれの特徴がありますので、比較しながらあなたに合ったランドクルーザープラドを検討してみてくださいね。

 

プラドのカラーラインナップ

ランドクルーザープラドのボディカラーは以下の9つが用意されています。

カラーカラーNo.
スーパーホワイトⅡ040
ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)070
シルバーメタリック1F7
グレーメタリック1G3
ブラック202
アティチュードブラックマイカ218
ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(メーカーオプション)221
レッドマイカメタリック3R3
アバンギャルドブロンズメタリック4V8

2つのメーカーオプションのカラーは、プラス32,400円が必要です。

インテリアカラーには、ニュートラルベージュとブラックの2色の設定があり、素材は本革とファブリックから選ぶことができます。

ランドクルーザープラドのボディーカラー人気色はこれ!

 

プラドの燃費性能は平凡

ランドクルーザープラドの燃費は以下のようになっています。

エンジングレード燃費
2.8LディーゼルTZ-G11.2km/L
TX “Lパッケージ”11.8km/L
TX11.8km/L
2.7LガソリンTX “Lパッケージ”9.0km/L
TX9.0km/L

ディーゼル車はガソリン車よりも燃費がいいことが分かりますね。

しかもディーゼル車は燃料が軽油で、レギュラーガソリンよりも安いですので、すこし経済的です。

ディーゼル車の場合は一度軽油を満タンにすると、11.8km/L×87L=1,026.6kmも走ることができますので、東京―大阪間を往復できるほど走ることができます。

ただし、燃費が良くないイメージのベンツGLCクラスあたりでも今やディーゼルエンジンで16km/L台の時代に、プラドはかなり遅れています

 

ランドクルーザープラドの安全装備

ランドクルーザー プラドは「セーフティ・サポートカー」(サポカー)です。

サポカーは、政府が交通事故防止対策の一環として普及を啓発しているもので、自動ブレーキなどの安全運転を支援する装置を搭載し、ドライバーの安全をサポートする車のことです。

ランドクルーザープラドは以下のようなToyota Safety Senseが搭載されています。

安全装備内容
自動ブレーキ

<プリクラッシュセーフティ>

前の車や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。
車線はみ出しアラート

<レーンディパーチャーアラート>

道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識。ドライバーがウインカー操作を行なわずに車線からはみ出る可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報で知らせる。
自動ハイビーム

<オートマチックハイビーム>

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさを軽減。
追従ドライブ支援

<レーダークルーズコントロール>

ミリ波レーダーと単眼カメラからの情報により、前の車を認識。設定した車速内で車速に応じた適切な車間距離を保ちながら追従走行が可能。

これらに加えて、ドライブスタートコントロールという機能があるのです。

この機能はシフト操作ミスによる急発進・急加速を抑制し、衝突の被害軽減に寄与するシステム。

RレンジやDレンジになったままアクセルを踏み込んでしまうと、大事故になってしまいますが、このシステムがあることで被害を抑えることができるでしょう。

このようにランドクルーザープラドは安全装備も充実しています。

 

プラドの対抗車種は?

【2018年8月】マツダCX-8の限界値引き徹底調査

ランドクルーザープラドの対抗車 マツダCX-8

ランドクルーザープラドは5人乗りのものもあれば7人乗りのものもあります。

2018年現在で7人乗りのSUVを販売しているのはマツダCX-8ですが、この車がランドクルーザープラドの対抗車種といえるでしょう。

なぜならSUVという共通点はもちろんのこと、ディーゼル車の設定があること、7人乗りの設定があることがあげられます。

CX-8もランドクルーザープラドのToyota Safety Senseと同じような安全装備は充実しています。

燃費面でみるとCX-8は17.0km/Lでランドクルーザープラドは11.8km/Lですから、大きく差がある一面もありますね。

ランドクルーザープラドと似たようなスペックをもっているのはCX-8ですが、それ以外にもホンダCR-Vなど3列シートの新型のSUVを出していますので、色々と比較してランドクルーザープラドの良いところを見出しましょう。

 

ランドクルーザープラドの評価・口コミを辛口チェック まとめ

ランドクルーザープラドの評価口コミ辛口チェック

今回は2017年9月12日にマイナーチェンジされて販売された150型ランドクルーザープラドがどのような車なのかについてご紹介しました。

新型ランドクルーザープラドは2度のマイナーチェンジを経て、エクステリアもインテリアも変更されました。

インテリアはインパネはもう少し最新感を出してほしいところですが、さまざまなスイッチがついていて多機能性を感じることはできます。

車両本体価格については安全性能が向上している分、どうしても高くなってしまいますが、それだけ性能が高くなっているのであなたも納得できるはず。

今回の記事を参考に、新型ランドクルーザープラドついて知っていただき、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ランドクルーザープラドの商談に行く前に…

人気の新型ランドクルーザープラドを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒ランドクルーザープラドの限界値引き情報【2019年8月】

-ランドクルーザープラド

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.