CX-3 CX-5

【CX3orCX5】マツダSUV兄弟の5番対決!!マツダCX-3 vs CX-5

更新日:


2代目CX-5は2017年にデビューしました。初代CX5はリニューアルした新世代マツダのSKYACTIVE技術と魂動デザインを採用した第1弾として大ヒットしました。

マツダの看板車種となった第2世代に入ったCX-5を購入ターゲットに検討しているユーザーも多くなっています。

一方のCX-3は2015年2月にマツダ期待の小型SUVとして満を持してデビューし、マイナーチェンジや一部改良で装備を充実させています。

クラスが違うこの2車ですが、実はマツダディーラーの販売の現場では競合することが多いそうです。そんなCX3かCX5迷っている方のために、ここで人気の2車を比較検討してみました。

【2018年6月】マツダCX-3限界値引き徹底調査&納期情報【CX3】

マツダ新型CX-5(CX5)の限界値引き徹底調査【2018年6月】

 

対決その1 走行性能で勝負

dieselturboengine

スカイアクティブD1.5ℓエンジン

ボディサイズ(全長×全幅×全高:mm)は、CX-3が4275×1765×1550でコンパクト&ロープロポーションで新世代コンパクトSUⅤの潮流に乗っています。

CX-5は4545×1840×1690と確実にワンサイズ上で、かつ全高は14㎝もの違いで室内空間は圧倒的にCX5に分がありそうです。

次にCX3とCX5のパワートレーンを比較してみます。

CX-3
1.5ℓディーゼル 2.0ℓDOHCガソリン
最高出力(KW(PS)/rpm) 77(105)/4,000 109(148)/6,000
最大トルク                                   (N・M(kgf・M/rpm) 270(27.5)/1,600-2,500 192(19.6)/2800

 

CX-5
2.0ℓDOHCガソリン 2.5ℓDOHCガソリン 2.2ℓディーゼル
最高出力(KW(PS)/rpm) 114(155)/6,000 140(190)/6,000 129(175)/4,500
最大トルク                        (N・M(kgf・M/rpm) 196(20.0)/4,000 251(25.6)/3,250 420(42.8)/2,000

走り始め直後から力強さが得られるCX-3は、欧州車を目指して熟成された足回りを持ち、軽快でありながら安定感があり、操縦の上質感を実感できるでしょう。

CX3のエンジンはデミオと共通の1.5ℓディーゼルエンジンと追加設定された2.0Lガソリンエンジンのラインアップで、特にディーゼルエンジンは、低回転からの強大なトルクが発生するので、運転時にストレスなく走りやすいと定評のエンジンです。

一方のCX-5はエンジンバリエーションが豊富で、ディーゼルエンジンとガソリンエンジン2種類の合計3種類から選択できる自由度があります。

ガソリンのファーストチョイスは2.5ℓDOHCエンジンです。大きな荷物を積んで移動する機会が多いからSUVを選ぶという人は、2.0ℓエンジンでは走りの余裕を感じられないかもしれません。

しかしCX5の圧巻なメリットはやはりマツダの誇る2.2ℓディーゼルエンジンです。420N・m(42.8kg)/2,000rpmというトルクを絞り出すこのエンジンは、CX-5のようなフルサイズSUVにぴったりで、ロングドライブや荷物をフル積載された場面で圧倒的な満足感が得られます。

走行性能対決は選択肢の豊富さでCX5の勝ちとします。

 

対決その2  燃費で勝負

cx-3_exterior

CX-3のディーゼルエンジンの燃費(JC08モード)は、ATで23.0km/L、MTで25.0km/L、4WDは23.0km/L、CX-5のディーゼルエンジン2WDで18.0km/L、2.0ℓガソリンエンジンで16.0km/Lとカタログデータ上はCX3の圧勝です

燃費情報交換サイト等での実燃費でも、CX-3(FF・AT)が平均18.1km/L、CX-5(FF・AT)は平均16.8km/LとCXの燃費が上回ります。

また、CX-3は安価な軽油で済むのに対し、CX5のガソリンエンジンは軽油と比較すると1ℓ20~30円の価格差があるので、ランニングコストでも大きな差が出ます。

この勝負は文句なしにCX-3の勝利です。

 

対決その3 値段(コストパフォーマンス)で勝負

CX-3の価格とグレード

CX-3のグレード・価格構成

CX-3のグレード・価格構成

CX-3の価格帯は210万円~306万円、CX-5は267万円~348万円とワンランク上の価格帯になります。

CX-5(CX5)の価格とグレード

【2.2ℓディーゼルエンジン】

CX-5ディーゼルエンジンのグレード・価格構成

【ガソリンエンジン】

CX-5のグレード構成・価格

CX-3の1.5ℓディーゼルエンジンのXD PROACTIVE (4WD¥2,818,000)とCX-5の2.5ℓガソリンエンジンの25S PROACTIVE (4WD ¥2,916,000)でコストパフォーマンスを比較してみます。

気になる安全装備については、CX3はブレーキサポート、側方・後方の注意喚起システム、走行方向にヘッドランプを動かし夜間の死角を減らすアダプティブ・フロントライティング・システムが標準で装備されます。

CX-3はドライバーを中心とした機能的な内装デザインと、吟味された各部の素材もあって、ひとクラス上の上質感を味わえます。

一方のCX-5はシフトパネルがピアノブラックであったり、走行モードが選べるドライブセレクションが設定されているなど、上級車種ならではのプレミアム感が得られます。

値引きについては、オプション含みでも10万~15万とガードの固いCX-3と比較すると、CX5は新型車にもかかわらず同程度の値引きが出ているので、お得感で一歩リードしています。

何を選択のポイントとするかで意見が分かれるところで、この勝負は引き分けとします。

 

対決その4 販売台数(人気)で勝負

CX5サイドビュー

2016年4月から2017年3月までの販売台数で比較してみるとCX-3はランク外、CX-5(27,193台)でCX5の販売台数が優勢となっています。

CX3は2015年の発売直後に話題となり一躍人気車になりましたが、発売後2年が経過し販売台数も落ち着いていました。

CX-5は2017年初頭のフルモデルチェンジで大幅に販売台数が上向くと予想されています。CX-3も2.0Lが追加されたため、今後の販売台数アップは確実です。

クラスが上なのにCX3よりも販売台数を稼ぐところにCX-5の人気の強さがうかがえるため、この勝負はCX5の勝ちとします。

 

対決その5 デザイン(カッコよさ)で勝負

cx-3白のサイドビュー

CX-3一目でわかるコンパクトSUVらしさを持ちながら、立体駐車場に入る高さまで全高を下げ、よりスポーティなデザインとしています。

CX3はシンプルなディテールながらも、全体として非常に上質感のあるデザインです。

CX-5初代の斬新なデザインをブラッシュアップした完成度の高いデザインに生まれ変わりました。

デザイン的にはCX-3のワイド&ローな躍動感と、進歩したCX-5のプレミアム感とどちらも甲乙つけがたいところなので、この勝負は引き分けとします。

 

まとめ 最終勝者はこの車

ソウルレッドクリスタルメタリックの斜め前

CX-3とCX-5、クラスが違うこの2車ですが、実は価格的にも接近しており、例えば売れ筋CX3:XD PROACTIVE (4WD¥2,828,800)とCX5:2.5ℓガソリンエンジンの25S PROACTIVE (4WD ¥2,916,000)では、わずかに9万円の差となっています。

家族が少なくおしゃれでコンパクトなSUVを望む層にとっては、間違いなくCX-3の一択でしょう。

しかし個人的には、販売台数が物語る通り、2代目に生まれ変わり、初代の良い点をブラッシュアップした、コストパフォーマンスに勝るCX-5を最終勝者にします。

 

人気の新型CX-3、CX-5を安く購入するには?

これからCX3、CX5の購入を考えている人が気になるのは、やはり値引き情報だと思います。

この記事を見てくれた方にとっておきの値引き情報をお届けします!

一般の方は慣れない価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうことが多いのが実際です。

実際にどのように限界値引きを引き出すのか、次の記事でチェックしてからディーラーに行ってほしいと思います。

【2018年6月】マツダCX-3限界値引き徹底調査&納期情報【CX3】

マツダ新型CX-5(CX5)の限界値引き徹底調査【2018年6月】

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、ある傾向に気づきました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイトかんたん車査定ガイドで自分の車をチェックしてみました。

そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

下取りで得した

でもこれではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、

なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!これで下取りが損だということが実証されました。

下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

かんたん車査定ガイドで実際の査定額を見てみる

 

元営業マンが明かす!下取りをしてはいけない理由

値引きよりも下取り査定が重要です

一に値引き、二に値引き。世間では何かと「他人の値引きがいくらだったのか」、「自分は平均に比べて値引き額が多いのか少ないのか?」気にしますね。

実は本当は値引き額は、そんれほど重要でありません。

なぜなら同じ時期に同じ新車を買う場合、そんなに決定的な差は出ていないのです。

そうなんです、値引きよりも下取り査定が重要なのです。

新車値引きマスター の車購入テクニック
車を売るときに下取りがダメな理由&新車値引テクニック

車を売るときに下取りがダメな理由&新車の値引きテクニック このサイトの管理人は、国産車メーカーに8年間勤務していました。うち5年間は新車ディーラーで営業マンとして勤務していました。 商談の際の愛車の下 ...

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-CX-3, CX-5

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.