人気車の値引情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ミライースのグレード選びはこれで決まり

ミライース/ミラトコット

ミライースのグレード選びはこれで決まり!

更新日:

人気のミライースの商談で、グレード選びについて押えておきたいポイントは何でしょうか?

  • ミライースにはスマートアシストⅢが搭載されているグレードと搭載されていないグレードがある。
  • ミライースには業務用向けと自家用向けによって装備アイテムが大きく異なっている。
  • グレードによって選べるカラーに制限が多い。
新車値引マイスター
ミライースの商談にあたり、以上3点は検討段階で知っておいた方が良いポイントです。

新型ミライースの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫

 

ミライースのグレード価格一覧

第3のエコカーをコンセプトに開発された「ミライース」、近年の地球環境への意識の高まりや、変わらぬ低価格志向の人気を受け、誰もが気軽に乗れる軽自動車としてダイハツが開発したガソリン車です。

【参考】ミライース各グレードの装備差を徹底比較

ミライースグレード価格表

 

グレード名 駆動
方式
エンジン ミッション JC08
モード
(km/L)
メーカー
希望小売
価格(税込)
B 2WD 水冷
直列
3気筒
12
バルブ
DOHC
横置
自動
無段
変速機
CVT
35.2 842,400円
4WD 32.2 972,000円
B“SAⅢ” 2WD 35.2 907,200円
4WD 32.2 1,036,800円
L 2WD 35.2 874,800円
4WD 32.2 1,004,400円
L“SAⅢ” 2WD 35.2 939,600円
4WD 32.2 1,069,200円
X“SAⅢ” 2WD 34.2 1,080,000円
4WD 32.2 1,209,600円
X“リミテッドSAⅢ” 2WD 34.2 1,096,200円
4WD 32.2 1,218,240円
G“SAⅢ” 2WD 34.2 1,209,600円
4WD 32.2 1,339,200円
G“リミテッドSAⅢ” 2WD 34.2 1,225,800円
4WD 32.2 1,347,840円

 

ミライースのグレード基本

ミライースの特徴はガソリン車でありながら卓越した燃費を達成していることです。

車両構造の見直しや、軽量化、トランスミッションとエンジンの改良、それに全車標準装備で燃費改善の「エコアイドル」を搭載し、CVTでは初の停車前アイドリングストップ機能を搭載しています。

従来よりも40%も燃費性能は改善し、ガソリン車でありながら35.2km/Lという驚異的な燃費を達成しています。

ダイハツ最新の衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」も搭載しており、衝突回避支援ブレーキ機能や車線逸脱警報機能、誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能、オートハイビームなどの機能により、ますます安全性能が進化を遂げています。

グレードは大きく分けると6グレードとなっており、商用車向けの「B」から始まり、「B“SAⅢ”」「L」「L“SAⅢ”」と自家用車向けの「G“SAⅢ”」と「L“SAⅢ”」高級になっています。

「“SAⅢ”」と表記されているグレードにスマートアシストⅢが搭載されています。

ダイハツスマートアシストⅢの評価・口コミ、辛口チェック

 

 

ベースグレード「B」「B“SAⅢ”」

B“SAⅢ”

B“SAⅢ”

ミライースのベースグレードは「B」です。「B」の主要装備をみてみましょう。

エクステリアでは13インチのスチールホイール(センターキャップ付)、ヘッドランプはマルチリフレクターハロゲンヘッドランプ、ドアミラーは黒色の可倒式を採用しています。

インテリアでは、インパネはモノトーンでシンプルにしており、メーターはデジタルメーターを採用しています。

エアコンはマニュアルエアコンを搭載しており、ドアウィンドウもフロントのみパワーウィンドウになっています。

鍵はキーレスエントリーですが、プッシュスタートシステムではないため、エンジンを始動する際には、鍵を挿して回さなくてはいけません。

何より選択できるボディーカラーが「スカイブルーメタリック」「ブライトシルバーメタリック」「ホワイト」の3色しか設定がないのは要注意です。

ダイハツミラ・イースの人気ボディーカラーはこれ!

 

ミライースのベースグレード「B」「B“SAⅢ”」は装備内容がかなりチープで必要最低限の物で留められていることから価格も「B」は842,400円(2WD)、「B“SAⅢ”」は907,200円(2WD)からと経済的で、商用車向けに企業が購入することが多い様です。

 

中間グレード「L」「L“SAⅢ”」

「L“SAⅢ”」

「L“SAⅢ”」

価格は「L」が874,800円(2WD)、「L“SAⅢ”」が939,600円(2WD)からとなっており、ベースグレードとの差はわずか32,400円です。

主な装備の差は、ホイールが13インチフルホイールキャップになり若干デザイン性が向上しています。

その他パワーウィンドウがフロントに加えリアも装備され、バックドアにメッキエンブレムが入ります。

「B」「B“SAⅢ”」との仕様差はわずかで、商用車にも利用されているレードになっています。

選べるボディーカラーはベースグレードに加え「マゼンタベリーマイカメタリック」「ブラックマイカメタリック」「*パールホワイト」「*プラムブラウンクリスタルマイカ」の7色になります。

(*はオプションカラーで21,600円別途)

 

上級グレード「X“SAⅢ”」

「X“SAⅢ”」

「X“SAⅢ”」

このグレードから装備が充実し自家用車向けのアイテムが搭載されています。価格は1,080,000円(2WD)で「L“SAⅢ”」と比較すると140,400円の価格差があります。

価格が一気に上がった分装備はガラッと変わっています。

まずエクステリアですが、ホイールはインチアップした14インチフルホイールキャップになりました。

デザイン性も13インチに比べて更に向上しています。ヘッドランプがLEDになっていることも大きな違いですね。

ドアミラーは可倒式黒色単色から電動格納式カラードにグレードアップしています。リアとバックウィンドウにはスモークドガラスが入りプライバシーの確保がなされています。

インテリアではパネルがツートンになり、デジタルメーターに付いているマルチインフォメーションディスプレイもTFTになりました。

インナーハンドルやシフトレバーボタン、エアコンレジスターノブにもメッキを採用し、オシャレで質感もアップしました。

選べるボディーカラーは「ホワイト」が選択できなくなりますが、「レモンスカッシュクリスタルメタリック」「スプラッシュブルーメタリック」が選択できるようになり、全8色になっているのも選択肢が増えて嬉しいですね。

これだけの装備であれば、自家用としても十分機能しますし、何よりこれだけの装備がついていても108万円から購入できるのは破格だと思いませんか?

 

最上級グレード「G“SAⅢ”」

「G“SAⅢ”」

「G“SAⅢ”」

ミライースの最上級グレード「G“SAⅢ”」です。価格は1,209,600円(2WD)で「X“SAⅢ”」と比較すると129,600円の差があります。

最上級グレードなので、装備もかなりグレードアップが期待できます。まずエクステリアでは、ホイールが14インチのアルミホイールにグレードアップになります。

ドアミラーはオート格納式でキーフリー操作連動してくれる優れ物です。

「X“SAⅢ”」までマニュアルエアコンでしたが、このグレードからオートエアコンに格上げします。

シートヒーターや運転席シートリフター、チルトステアリングも装備され運転ポジションもバッチリです。

安全面ではSRSサイドエアバックが装備され、側面衝突時の衝撃緩和に役立ちます。デュアルSRSエアバックと合わせて乗員保護性能を高めます。

イモビライザーを搭載したキーフリーシステムになり、電子キーカードを携帯していれば、ドアハンドルを押すだけで施錠と開錠が行えます。

電子カードキーが無いとエンジンが始動しないので盗難防止にも役立ちます。

さらにプッシュボタンスタートやパワードアロック(車速感応式オートロック機能付)、オートライトも付いているので、使い勝手が更にアップしています。

最上級グレードの名に恥じない充実した装備内容なので、誰もが満足できる内容だと思います。

ボディーカラーは「X“SAⅢ”」と同様に8色から選択できます。

 

ミライースのおススメグレードはこれに決まり!

ミライースの強みと弱み

ミライースのグレードを全て見てきましたが、皆さんは気に入ったグレードは見つかりましたか?使用目的によって選ぶグレードも大きく変わってくると思います。

新車値引マイスター
ミライースの購入で迷っている方は、上級グレード「X“SAⅢ”」と最上級グレード「G“SAⅢ”」のどちらかをお勧めします。

装備の充実感と値段を考えると、上級グレード「X“SAⅢ”」と最上級グレード「G“SAⅢ”」が断然おススメです。

当サイトの一押しは最上級グレード「G“SAⅢ”」になります。

価格も1,209,600円と高くなっていますが、これだけの装備内容とミライースの持つ燃費性能を合わせてみてみたら、かなりのバリュープライスです。

決めては「オートエアコン」「キーフリーシステム」により付随するオート格納ミラーやプッシュボタンスタート、パワードアロックが付いていることです。

シートヒーターやシートリフター、チルトステアリング、オートライトの装備の金額を考えれば、ワングレード下の「X“SAⅢ”」と129,600円の差額で済むのはかなり安いと思います。

ミライースは6つのグレードがあります、皆さんも自分自身の使用用途に照らし合わせて最適なグレード選を選んでください。

 

人気の新型ミライースを安く購入するには?

これからミライースの購入を考えている人が気になるのは、やはり値引き情報だと思います。

一般の方は慣れない価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

実際にどのように限界値引きを引き出すのか、次の記事でチェックしてからディーラーに商談へ行きましょう‼

【2018年12月】ミラ/イース/ココアの限界値引き情報

 

 

【参考】ミライース各グレードの装備差を徹底比較

エクステリア・灯火器の違い

全車標準装備
  • フロントエコエンブレム
  • ルームアンテナ(可倒式)
  • ハイマウントLEDストップランプ
  • ヘッドランプ自動消灯システム

 

グレード間の装備差

「B」
「B“SAⅢ”」
  • カラードバンパー(フロント/リア)
  • リヤスポイラー
  • シルバードアアウターハンドル
  • ドアミラー可倒式(材着黒色)
  • UVカットガラス(フロントウィンドウ)
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ
  • リアコンビネーションランプ(LEDストップランプ)
「L」
「L“SAⅢ”」
【「B」「B“SAⅢ”」の装備に加えて】

  • バックドア車名メッキエンブレム
「X“SAⅢ”」 【「L」「L“SAⅢ”」の装備に加えて】

  • 電動格納式ドアミラー(カラード)2WD
  • 電動格納式ヒーテッドドアミラー(カラード)4WD
  • UVカットガラス(フロントウィンドウ/リアドア/バックドアウィンドウ/フロントドア)
  • LEDヘッドランプ
    LEDランプ
「G“SAⅢ”」 【「X“SAⅢ”」の装備に加えて】

  • オート格納式(キーフリー連動・カラード)ドアミラー 2WD
  • オート格納式ヒーテッド(キーフリー連動・カラード)ドアミラー 4WD
  • スモークドガラス(リアドア/バックドアウィンドウ)

 

インテリア装備の違い

全車標準装備
  • フロントセパレートシート(ヘッドレスト一体型)
  • リヤシート一体可倒機構
  • ルームランプ
  • インパネセンターシフト
  • 手引き式パーキングブレーキ
  • アクセサリーソケット(12V)
  • ショッピングフック(インパネ)
    ショッピングフック
  • ドアポケット(フロント)
    ドアポケット(フロント)
  • ドアポケット&ボトルホルダー(リア)
    ドアポケット&ボトルホルダー
  • グローブボックス
    グローブボックス
  • ラゲージアンダーボックス
  • フットレスト

 

グレード間の装備差

「B」
「B“SAⅢ”」
  • 自発光式デジタルメーター アンバーイルミネーションメーター マルチインフォメーションディスプレイ
  • エコドライブアシスト照明
  • ステアリングホイール ウレタン
  • サンバイザー チケットホルダー(運転席)
  • 掘り込み式インパネドリンクホルダー(運転席・助手席)
  • インパネロングアッパートレイ(助手席)
  • センターフロアトレイ
  • 格納式アシストグリップ(助手席)
  • ビジネスデッキボード
「L」
「L“SAⅢ」
「B」「B“SAⅢ”」の装備からビジネスデッキボードを除く
「X“SAⅢ”」 【「L」「L“SAⅢ”」の装備に加えて」

  • ツートーンインパネ
  • リアヘッドレスト
  • 自発光式デジタルメーター ブルーイルミネーションメーター(メッキベゼル付)TFTマルチインフォメーションディスプレイ
  • ステアリングホイール ウレタン(メッキオーナメント付)
  • メッキインナードアハンドル
  • メッキシフトレバーボタン
  • メッキエアコンレジスターノブ
  • エアコンセンターレジスターアクセント(シルバー)
  • エアコンサイドレジスターリング(プレミアムシャインブラック)
  • サンバイザー バニティーミラー(運転席・助手席)&チケットホルダー(運転席)
「G“SAⅢ”」 【「X“SAⅢ”」の装備に加えて】

  • シートヒーター(運転席/助手席)
    シートヒーター(運転席/助手席)
  • 運転席シートリフター
    運転席シートリフター
  • チルトステアリング
    チルトステアリング

 

安全装備の違い

全車標準装備
  • 衝突安全ボディー(TAF)
  • デュアルSRSエアバック
    デュアルSRSエアバッグ
  • ABS(EBD機能付)
  • プリテンショナー&フォースリミッター機構付フロント3点式ELRシートベルト
    プリテンショナー&フォースリミッター機構付
  • リア3点式ELRシートベルト
  • ISOFIX対応チャイルドシート固定バー&トップテザーアンカー(後席)
  • シートベルト締め忘れ締め忘れ警告灯・警告音(運転席/助手席)
  • 燃料残量警告灯
  • リアウィンドウデフォッガー
  • エマージェンシーストップシグナル
    エマージェンシーストップシグナル
  • ヒルホールドシステム

 

グレード間の装備差

「B」
「B“SAⅢ”」
「L」
「L“SAⅢ”」
  • 衝突回避支援システム“スマートアシストⅢ”(「B“SAⅢ”」「L“SAⅢ”」のみ)
  • コーナーセンサー(「B“SAⅢ”」「L“SAⅢ”」のみ)
  • VSC&TRC
    VSC&TRC
  • フロントワイパー(間欠タイプ)
  • リバース連動リヤワイパー(4WDのみ)
  • セキュリティーアラーム
「X“SAⅢ”」 【「L」「L“SAⅢ”」の装備に加えて】

  • フロントワイパー(車速感応式間欠タイプ)
「G“SAⅢ”」 【「G“SAⅢ”」の装備に加えて】

  • SRSサイドエアバック
    SRSサイドエアバッグ

 

快適装備・オーディオ・足回り装備の違い

全車標準装備
  • フューエルリッドオープナー
  • 電動式パワーステアリング
  • ワンタッチターンシグナル機能付方向指示スイッチ
  • スイッチ式バックドアオープナー
  • クリーンエアフィルター
  • スペアタイヤレス&タイヤパンク応急修理セット

 

グレード間の装備差

「B」
「B“SAⅢ”」
  • キーレスエントリー
  • パワードアロック(全ドア)
  • パワーウィンドウ(フロントドア)
  • マニュアルエアコン(ダイヤル式)
  • リヤヒーターダクト(4WDのみ)
  • オーディオレス
  • 16cmフロントスピーカー
  • 13インチスチールホイール
  • 寒冷地仕様(4WDのみ)
「L」
「L“SAⅢ”」
【「B」「B“SAⅢ”」の装備に加えて】

  • パワーウィンドウ(フロントドア/リヤドア)
「X“SAⅢ”」 【「L」「L“SAⅢ”」の装備に加えて】

  • 14インチフルホイールキャップ
「G“SAⅢ”」 【「X“SAⅢ”」の装備に加えて】

  • プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム
    キーフリーシステム
  • パワードアロック(全ドア 車速感応式オートロック機能付)
  • オートエアコン(プッシュ式)
    オートエアコン(プッシュ式)
  • オートライト
  • 14インチアルミホイール

 

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-ミライース/ミラトコット

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.