人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ミラトコットの評価口コミ辛口チェック

ミラトコット

【ミラトコットの真の評価】ダイハツ新型ミラトコットの口コミ・評判を辛口チェック

更新日:

女性を中心に売れ続けたあのカワイイ系軽自動車ミラココアが、新しく生まれ変わりました。

ダイハツの新型ミラトコット購入を検討の際に注意すべき点は何でしょうか?

新型ミラトコットのポイント

  • ミライースがベースのトコットはちょっとレトロな外観がウリ
  • 旧型ココアのカワイイ系イメージよりも、ミライースの姉貴分というイメージ
  • 最新の安全装備スマアシⅢが標準装備化されて購入意欲が高まりそう
新車値引きマスター
ダイハツミラココアの後継車種とも言われる、新型ミラトコットが発売されました。どんな車に生まれ変わった速報します!

こちらも人気記事

⇒【2019年7月】ダイハツミラトコットの限界値引き最大額は?

 

ダイハツ新型ミラトコットはミラココアの後継車か?

ダイハツ新型ミラトコット

ダイハツ新型ミラトコット

 

出典:ダイハツ公式HP

サイズ的にも価格的にも旧型ミラココアよりもコンパクトで、現行のミライースに近いのがミラトコット。

ミラトコットは旧ココアの後継車というよりもミライースの姉妹車と言った方が正しいでしょう。

また、ミライースよりも高級感があるので、トコットの方が姉貴分といえます。

女性の好みを意識したエクステリアは丸目ライトは引き継がれますが、ココアほどのカワイイ系ルックスは抑えられそうです。

どちらかと言えば、ミライースの派生モデル、セカンドブランドといった雰囲気のようです。

 

レトロ調のデザインには賛否あり

ミラトコットのレトロ調のデザイン

レトロ調デザインは賛否あり?

出典:ダイハツ公式HP

レトロ調なデザインは軽自動車のブームなのでしょうか?

そのブームに沿い、ミラトコットも女性向けのレトロ調なデザインで、旧型ココアよりもミライースに近い印象があります。

サイズもまた価格的にも旧型ミラココアよりもコンパクト。

丸目のライトはココア同様ですが、ココアよりも少し落ち着いた雰囲気は女性が乗るにしても年齢を選ばずに乗れるかな、という感じはありますね。

旧型ココアの新型というよりは、ミライースの派生モデルといったイメージでしょう。

ただし、レトロ調というコンセプトにしても女性向けというコンセプトにしても、中途半端なイメージがぬぐえません。デザインがレトロ調というよりも微妙に「古臭い」気がします。

レトロ調でかわいいデザインというと代表格のフィアット500。比べてしまうと地味な印象はぬぐえないでしょうね。

フィアット500

トコットが目指すのはフィアット500なのか?

出典:フィアット公式HP

どうせレトロ感を出すなら、アルトラパンムーブキャンバスくらいレトロ感を出したほうが、かわいさは増す気がしましたが、「かわいい」を求める世代よりも少し落ち着いた雰囲気を求める方にはおすすめのデザインでしょう。

ムーヴキャンバスの口コミ評価

ダイハツムーヴキャンバス

出典:ダイハツ公式HP

若い女性の中でもかわいさも欲しいけど、落ち着いた雰囲気も兼ね備えているともいえるかもしれません。

同じくダイハツから販売されているウエイクやタントは若い世代に人気です。ミラトコットはレトロ感のある落ち着いた車を求めている女性をターゲットにしているのでしょう。また落ち着いた雰囲気のある車は、元気で派手さのある車よりも飽きがこないというのも利点ですね。

 

こだわりがあるミラトコットのインテリアデザイン

ミラトコットのインテリアデザイン

ミラトコットのインテリアデザイン

ミラトコットはインパネ周りもすっきりとさせ、水平基調にすることで、視界の良さと扱いやすさを兼ね備えています。

確かに女性、初心者の方はどうしても視界が狭くなりがちなので、できるだけ視界が広いインパネ周りであることは、最初のうちは必須でしょう。

視界の良さ悪さは運転にとても影響するものなので運転に慣れている人も、運転のしやすさに満足できるのではないでしょうか。

 

女性を意識した装備

ミラトコットは女性を意識した作りになっているな、と思うのは内装の使い勝手の良さです。

身だしなみをチェックできるミラー(運転席、助手席)
ポケッテリアが手の届く範囲にあり、使い勝手の良さを向上
  • スマートフォンの充電に便利なUSBソケットを2口装備
  • シートヒーターを座面だけではなく背もたれにも設定(運転席、助手席)
  • フォロントウィンドウにUV&IRカットガラスを、フロントドアにスーパーUV&IRカットガラスを採用。ガラスをも通す紫外線UV-A波を遮断。女性が気になる日焼け、美白対策にも心遣いが見られます。

インテリアの方はココアゆずりのレトロチックな内装が引き継がれました。

新型ミラトコットのインテリア

新型ミラトコットのインテリア

出典:ダイハツ公式HP

ココアのインテリアはデザインがカワイイと人気があっただけに、このミラトコットでもコンセプトが引き継がれています。

 

新型ミラトコットの性能

出典:ダイハツ公式HP

ココアと同様にトコットにもターボモデル設定は見送られました。

ターボが欲しいならムーヴなど選択肢が多いなかで、あえてミラトコットにターボエンジンは必要なさそうという意味でしょう。

ミラトコットのスペックは?

ミラトコットのエンジンは660CCの3気筒、DOHC12Vノンターボエンジン1種類のみとなっています。

最高出力は52ps(38kW)/6800rpm
最大トルク60N・m(6.1kg・m)/5,200rpm

出力・トルクともにミライース[最高出力49ps(36kW)、最大トルク57N・m(5.8kg・m)]よりも若干の出力性能の向上が図られています。

最高出力52psは普通の軽自動車同等程度の力なので、普段から軽自動車に乗っている人は物足りなさは感じないでしょう。さすがに普通自動車と比べたら、パワーは物足りなく感じてしまうでしょうが、それはミラトコットだけではなく軽自動車全般に言えること。

取り回しのしやすさ、車両税、車検時の重量税を考えれば、軽自動車ならではのメリットがありますよね。

ミラココットは車体価格も比較的安く、税金もやすい、取り回しもしやすい、安全装備も万全ということを考えればグレードが一番高くても150万以下ですから、お買い得!と言えそうです。

 

さらに軽量化で燃費も良い

ミラトコットの車体骨格は、軽量高剛性のボディを実現し、フロントフェンダー、バッグドアなどにも樹脂部品を使っているため、2WDで720kg、4WDで790kgとかなり軽い車体になっています。

旧型ココアよりも50kg軽量化ということで、かなりの軽量化を図ったことがわかりますね。

それによって燃費もJC08モード燃費では2WDでは29.8km、4WDでは27.0kmを可能になりました。

セカンドカーとして使うにしても燃費の良さは外せないポイントでしょう。

 

スマアシⅢが「L」以外の全グレードに標準装備

最新安全装備スマアシⅢがほぼ全グレード(ベースグレードLを除く)に標準装備されるました。安全に関心がある女性層もこれで購入の障害が一つ減りそうです。

ソナーセンサーをフロント2か所に加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない、世界最小ステレオカメラを新搭載。歩行者や先行車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、運転者に注意を促したり、緊急ブレーキを作動させます。

スマートアシスタント(スマアシ)は危険が迫ると、ドライバーに注意を促したり、緊急ブレーキを作動させたり。事故の回避を支援する予防安全機能です。

ステレオカメラやソナーセンサーで歩行者や先行車、障害物などの情報をとらえ、いざという時、警報や緊急ブレーキを作動させます。

 

SRSサイドエアバック&SRSカーテンシールドエアバッグ搭載

また、スマアシⅢと並んで充実しそうなのが、サイド&カーテンエアバッグの全車標準装備です。

運転席、助手席にはSRSサイドエアバックを、カーテンシールドエアバッグ(前後)合計で6つのエアバッグを軽自動車で初めて全車標準装備します。

前からの強い衝撃時に傷害を軽減するデュアルSRSエアバッグのほか、車両側方からの衝撃を緩和するSRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)と、乗員頭部側面への衝撃を緩和するSRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)を全車に標準装備。

はじめて車を購入する方や、女性が車に持つ不安を払拭、安心して運転をできる環境を整えています。

サイド&カーテンエアバッグの全車標準装備!

トコットはサイド&カーテンエアバッグの全車標準装備!

出典:ダイハツ公式HP

ミライースでは上級グレードにのみ装備されるサイド&カーテンエアバッグが、トコットではなんと全車標準装備となりました。

ダイハツの外見よりも中身で勝負する姿勢が見える、安全装備の充実ぶりです。

 

新型ミラトコットのグレードと販売価格は?

こちらも人気記事

ミラトコットのグレード選びはこれで決まり!

新型トコットはシンプルな4つのグレード構成となりました。

新型ミラトコットの価格は次の通り。うれしいことに旧型ココアよりも車両価格が下がり、現行ミライースに近い価格設定になりました。

旧ココアのスマアシなしで1,188,000円~1,512,000円(2WD)という価格から、トコットのプライスダウンでもわかるように、旧ココアの後継車というよりも、ミライースの姉妹車という方が正しいでしょう。

安全装備がつかない旧型ミラココアよりも価格が下がっており、ダイハツの営業戦略を称えたいところです。

グレード車両価格主要装備
L1,074,600円14インチホイールキャップ、サイド&カーテンエアバッグ
L”SAⅢ”1,139,400円スマアシⅢ、自動ブレーキシステム
X”SAⅢ”1,220,400円電動格納ドアミラー、マルチインフォメーションモニター、車速感応式ワイパー
G”SAⅢ”1,296,000円ドアロック連動オート格納ドアミラー、前席シートヒーター、運転席シートリフター、チルトステアリング

※4WDは各グレード129,600円アップ

 

ミラトコットの人気色ボディーカラーはこれで決まり!

 

アナザースタイルパッケージで外見を決める

トコットの特徴として、おしゃれなスタイルパッケージ(オプション)が3種類用意されています。

3種のアナザースタイルパッケージは交換を伴う部分はあらかじめ工場にて装着。残りの一部部品は販売店舗で装着するため、10万円ギリギリ価格を実現したようですね。

シンプルなミラトコットを自分好みにセットアップ可能です。

スイートスタイル

パールホワイトで彩る「SWEETSTYLE」(スイートスタイル/98,820円)

旧型ミラココアを思い出させるキュートさが感じられます。女性を中心に選択するユーザーが多そうなモデルです。

スイートスタイルパッケージ

随所にパールホワイトをちりばめたスイートスタイルパッケージ

出典:ダイハツ公式HP

 

エレガントスタイル

華やかな輝きと質感をまとう「Elegantstyle」(エレガントスタイル/99,187円)

エレガントスタイル

メッキうまく配置したをエレガントスタイル

出典:ダイハツ公式HP

 

クールスタイル

ブラックアクセントで都会的な「COOLSTYLE」(クールスタイル/89,726円)

クールスタイル

足回りのおしゃれにもこだわったクールスタイル

出典:ダイハツ公式HP

 

新型ミラトコットは初心者、女性でも運転しやすい!

ミラトコットは女性でも運転しやすい

出典:ダイハツ公式HP

新型ミラトコットは、女性、初心者、そして年配者をターゲットにしている軽自動車なのではないか?という印象を持ったのはやはり取り扱いの良さです。

誰もが扱いやすいパッケージ

室内高は30㎜高い1270㎜で、かなりゆとりのある高さになっています。また、ココアよりもスクエアなボディは、普通車では見えにくい先端部分、角の部分が見やすいため、運転時の死角も少ない設計になっています。

さすがに軽自動車でかなりコンパクトなサイズになっているので、前面部分をこすってしまうことは少ないと考えられますが、意外とバックは軽自動車、普通車関係なく、へこんでいる車をよく見かけます。

これは、後方の見通しが悪いために起こりますが、ミラトコットは水平なベルトラインなのでバックの際の後方の見通しも良い設計に。

安定した走行と安心サポートが装備

運転席シートリフター、チルトステアリングによって、直進、カーブ共に運転のしやすさを実現。

どうしても軽自動車は、カーブ先の直進にハンドルを戻した際にふらつきが見られることが多いのですが、意外と、直進にふらつきもなく、スムーズな走行ができます。

ただ、軽自動車なので、登坂路などはやはり「シュイーン」という路面との摩擦音は避けられないようですね。

最小回転半径4.4mなので、狭い場所での駐車や、Uターンなども扱いやすい取り回しの良さがあります。ステアリングが重いといくら最小回転半径4.4mでも「おもい・・・」ということになり取り回しがしにくいですが、ステアリングも軽くて良好!

特に、運転初心者、普段運転をしない女性の方の場合には、こういった取り回しの良さは見逃せないポイントになります。

ブレーキのコントロール性も高いので扱いやすいでしょう。

 

初心者、女性が苦手な坂道発進も安心!

ヒルホールドシステムによって坂道発進をビクビクしながら行うこともありません。オートマ車なので、坂道発進はさほど気にならない方も多いかもしれませんが、急な坂道は、車体が軽いだけあって、緊張するものでしょう。

その点も、ミラトコットは「誰もが扱いやすい車」を意識したコンセプトになっているので安心して運転できるでしょう。

また、長いゆるい坂道などは、アクセルを踏み込んでももたつき感があるのは、軽自動車では仕方がない部分ですが、踏み足していけば、そこそこの加速もあります。

 

【ミラトコットの真の評価】ダイハツ新型ミラトコットの口コミ・評判を辛口チェック

ミラトコットの評価口コミ辛口チェック

出典:ダイハツ公式HP

長い人気を誇ったロングセラー商品ミラココアの後継者としてデビューしたミラトコット。

ついついココアの面影を探してしまいそうですが、ダイハツとしてはミライースのセカンドブランドと考えているのかもしれません。

新型ミラトコットを知れば知るほど、やはりターゲットは女性であることがよくわかります。

通勤、買い物などにはちょうど良い大きさと燃費の良さがあります。

ガツガツ走りたい!という方には物足りないと思いますが、免許を取りたてで初めて車を買うけど、普通車はまだ・・という方や、かわいくて落ち着いている雰囲気の車が欲しいなと思う女性にはぴったりでしょう。

 

新型ミラトコットの商談に行く前に…

これからミラトコットの購入を考えている人が気になるのは、やはりトコットの最新値引き情報です。

人気の新型ミラトコットを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年7月】ダイハツミラトコットの限界値引きテクニック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
交渉で自分の車の査定額が頭に入っていないと、ディーラーの値引き交渉もうまく進められません! ちょっと面倒ですが、商談に行く前にネットで必ず現在の車の査定価格を調査しておきましょう。

商談での一コマ

営業マン
高橋さん、お車の査定が完了しました
営業マン
高橋さんの愛車の下取り査定額は48万円です 今キャンペーン中で通常よりも3万円査定アップで下取りますよ。
高橋さん夫
48万円・・・。 なるほど・・・
高橋さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定48万円って、高いの?安いの?どっちよ
高橋さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
過去に修理をしている車、かなり古い車でも必ず下取り額がつきます。 自己判断で下取り金額はきっとゼロ円だからと決めつけるのは危険です。

 

 

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

-ミラトコット
-, , ,

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.