ダイハツムーヴ、ムーヴカスタムのグレード選びはこれで決まり!

ムーヴ

ダイハツムーヴ、カスタムのグレード選びはこれに決まり!

更新日:

スズキワゴンRとともに、軽トールワゴンの代表車種がムーブです。

2014年に発売された現行6代目モデルも2017年8月にマイナーチェンジし、安全装備の拡充や内外装の変更が行われています。

ムーブのグレード選びでは、

  • ワゴンRでは、ターボ車とノンターボ車はどちらを選ぶべきか?
  • 安全装備のスマアシⅢは付けるべきか?
  • ムーブとムーブカスタムのどちらを選ぶのが良いか?

が重要なポイントになるはずです。

新車値引マイスター
通常モデルかカスタムか?ターボかノンターボか?ムーヴのグレード選びで迷ったら、この記事で自分に合ったグレードがわかるはずです!

ダイハツムーブのグレード価格一覧

ムーブのグレードと価格

新型ムーヴのグレード・価格表

新型ムーヴのグレード・価格表

グレード名 駆動方式 エンジン ミッション 燃費(JC08モード) メーカー希望小売価格(消費税込)
L 2WD 水冷直列3気筒12バルブDOHC CVT 31.0km/L ¥1,112,400
L 4WD 27.6km/L ¥1,236,600
L"SAⅢ" 2WD 31.0km/L ¥1,177,200
L"SAⅢ" 4WD 27.6km/L ¥1,301,400
X 2WD 31.0km/L ¥1,209,600
X 4WD 27.6km/L ¥1,333,800
X"SAⅢ" 2WD 31.0km/L ¥1,274,400
X"SAⅢ" 4WD 27.6km/L ¥1,398,600
Xターボ"SAⅢ" 2WD 水冷直列3気筒12バルブDOHCインタクーラーターボ 27.4km/L ¥1,350,000
Xターボ"SAⅢ" 4WD 25.6km/L ¥1,474,200

ダイハツムーヴの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫

ムーブカスタムのグレードと価格

グレード名 駆動方式 エンジン ミッション 燃費(JC08モード) メーカー希望小売価格(消費税込)
X 2WD 水冷直列3気筒12バルブDOHC CVT 31.0km/L ¥1,371,600
X 4WD 27.6km/L ¥1,495,800
X"Limited SAⅢ" 2WD 31.0km/L ¥1,490,400
X"Limited SAⅢ" 4WD 27.6km/L ¥1,614,600
RS"ハイパーSAⅢ" 2WD 水冷直列3気筒12バルブDOHCインタクーラーターボ 27.4km/L ¥1,625,400
RS"ハイパーSAⅢ" 4WD 25.6km/L ¥1,749,600

ムーヴカスタムの評価・口コミ≪辛口チェック≫

 

ムーブのグレード基本

ムーブには標準モデルと、内外装の質感と高級感を高めたムーブカスタムの2種類があります。

ムーブのグレードは、「L」「X」「Xターボ」の3種類で、グレード名に"SAⅢ"が付くと安全装備のスマートアシストⅢ(スマアシⅢ)が標準装備されます。

ムーブカスタムはSAⅢ無しの「X」と、SAⅢが標準装備の「X"Limited SAⅢ"」と「RS"ハイパーSAⅢ"」の3種類です。

エンジンは「Xターボ"SAⅢ"」と「RS"ハイパーSAⅢ"」がターボ付きとなり、その他は自然吸気エンジンになります。ミッションはロックアップ機構付トルコンを組み合わせたCVTのみで、全グレードで2WDと4WDが選択可能です。

安全装備の「スマアシⅢ」はステレオカメラ方式を採用し、対車両だけでなく歩行者も検知する衝突回避支援ブレーキへ進化しています。

車線逸脱警報、前方と後方の誤発進抑制機能、先行車お知らせ機能のほか自動的にハイ&ロービームを切り替えるオートハイビームも装備。アダプティブクルーズコントロールは付きませんが普通車並みかそれ以上の予防安全装備を備えています。

【参考】ムーブのグレード別装備徹底比較

 

パワーユニットは2種類

パワーユニットは660cc直列3気筒DOHCエンジンのインタクーラーターボ付きと自然吸気の2種類になります。今回のマイナーチェンジではスペック、燃費に変更はありません。

  • 自然吸気エンジン 52ps/6,800rpm、6.1kgf・m/rpm
  • ターボエンジン  64ps/6,400rpm、9.4kgf・m/3,200rpm

スズキのS-エネチャージのようなハイブリッド技術は搭載されていませんが、エンジンやCVTの制御の精緻化や水冷式のEGRクーラーなどエンジンの熱効率を高める技術で低燃費を実現しています。

 

ベースグレード L

シリーズのエントリーグレードがこの「L」です。プッシュボタンスタートやオートエアコンなどがなくさみしい気もしますが,必要なものは全て備えており、装備類に関してはまったく問題なく、動力性能や燃費も他と差のないグレードです。

最大の問題が「スマートアシスト」が非装備なこと。要するに、「スマートアシスト」を全車標準装備にするとエントリー価格が上がって見えるので、あえて外したグレードであり、「L“SA Ⅲ”」との64,800円の差は「スマートアシスト」のみ。

少しでも安く出費を抑えたい方向け、ということも言えますが、それならムーヴでなくても「ミライース」に「スマートアシスト」を装備させた方が賢明ではないかとも思います。

 

L"SAⅢ"

ムーヴ L“SAⅢ” 

ムーヴ L“SAⅢ”

マイナーチェンジでメッキグリルが装着され、ベースグレードでもエクステリアで貧乏くささはありません。

マニュアルエアコン、キーレスエントリー、UVカットガラス(フロント)などが装備されます。

パワーウィンドーや電動格納式ミラーも付き、客寄せ用に装備を省いて価格を抑えたグレードではなく、日常のアシとして十分な装備を備えています。

ムーヴ L“SAⅢ” インパネ

ムーヴL“SAⅢ”インパネ

「スマアシⅢ」を装着したL"SAⅢ"はLよりも64,800円高となりますが、事故予防だけでなくリセールバリューを考慮しても装着しておいた方が良いでしょう。

注意点としては、フロントシートにシートリフターとチルトステアリングが付きません。小柄な女性などでは、ドライビングポジションが合わせにくい可能性があります。

上位グレードの「X“SA Ⅲ”」とは97,200円の開きがありますが、必要十分な装備であるので、まずは抑えておきたいグレードです。

そのうえで、メーカーオプションを加えたりした上で、「L"SAⅢ"」と「X“SA Ⅲ”」とどっちが特なのかを考えてみましょう。

 

装備充実のX

このグレードも「L」同様に「スマートアシスト」を装備しないグレードですが、「L」とは少し事情が異なります。

「L“SA Ⅲ”」に32,400円追加するだけで、運転席シートリフターやチルトステアリングといった機能や、オートエアコン、アルミホイール等の上級装備を備え、実質的に標準車の最高級グレードとなるのですから、検討する価値があるという人も多いでしょう。

 

特に、これまで自動ブレーキでさえ付いていない車に乗っていればなおさらです。「カスタムX」にも言えることですが、欲しい装備を選んでいくとかなり高い金額になるのが軽トールワゴン。どこかで何かをあきらめるとしたら、64,400円の“SA Ⅲ”は大きな意味を持ってくるのです。

 

X"SAⅢ"

「X」に「スマートアシスト」をプラスしたのが「X“SA Ⅲ”」。

「L“SA Ⅲ”」同様に、64,400円の差額は「スマートアシスト」の価格のみ。

「スマートアシストⅢ」には、従来のスマートアシストの機能に加え、急発進を防止する「後方誤発進抑制制御機能」を軽で初めて搭載していならがらも、価格は従来から据置いているのです。

例え他のオプションに目をつむっても、あるいは4WDをあきらめてでも、「スマートアシスト」装備車種を選ぶことをおススメします。

 

Xターボ"SAⅢ"

ムーヴ X“SAⅢ”

ムーヴ X“SAⅢ”

 

ターボは価格が75,600円アップしますが、ステアリングがメッキオーナメント付革巻きに変更される以外は、エクステリアも含めXと装備は変わりません。

したがって、「X“SA Ⅲ”」の装備は十分に満足していても、もっとパワーが欲しい。

でもカスタムは趣味じゃないという人が、75,600円払って快適に走行できる標準車のムーヴを選べるようにしたグレードです。

それでもNAエンジンの「カスタムX」より、まだ26,600円安いのですから割安感があるグレードになります。

 

高級感を求めるならムーブカスタム

ムーヴ カスタム RS“ハイパーSAⅢ” 

ムーヴ カスタム RS“ハイパーSAⅢ”

専用のフロントグリルや、立体感のある前後バンパーでドレスアップしたモデルがムーブカスタムです。インテリアも標準モデルのベージュからブラックへ変更され、ガーニッシュ類なども質感の高い素材へ変更されています。

装備面では標準モデルのXグレードに、LEDヘッドランプ、テールランプやインテリアランプのLED化、オーディオ操作用のステアリングスイッチ、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイなどが追加装備です。

ターボ車のRS"ハイパーSAⅢ"は最上級グレードであるだけでなく、スポーティーサスペンション、フロンドLEDイルミネーションランプ、レザー調×ファブリックシートや15インチアルミホイールが装備された、スポーティーなモデルになっています。

価格はXグレード同士の比較で162,000円、ターボ車同士では275,400円のアップです。

動力性能などは標準モデルと同じですので、高級感のある内外装に魅力を感じるかどうかがムーブカスタムを選ぶポイントになります。

ムーヴ カスタム RS“ハイパーSAⅢ” インパネ

ムーヴ カスタム RS“ハイパーSAⅢ” インパネ

カスタムX

「カスタム」は、かわいらしいフェイスで親しみのある標準車とは異なる、カラードエアロバンパーや専用のグリルなどで、迫力と存在感を表現したデザインが特徴です。

また、インテリアでは、カスタム専用のシルバーヘアライン調インパネガーニッシュと立体ファブリック&ファインタッチ シートを新たに採用。また自発光式 2 眼メーター中央には、軽初の搭載となるTFT カラーマルチインフォメーションディスプレイを搭載して先進性も感じさせます。

そのため、車両価格ではエントリーグレードに「カスタムX」でも、標準車の最高価格グレード「Xターボ“SA Ⅲ”」よりも高くなります。

 

カスタムX“Limited SA Ⅲ”

標準車にはない「X」のさらに上のグレードが「X“Limited SA Ⅲ”」です。

主な特別装備としては、14インチアルミホイールやインテリアの細かな意匠が「カスタムX」との差別化になりますが、「カスタムX」から117,800円のアップで、「スマートアシスト」以外の装備差は少なく、ちょっとした特別仕様のような内容となります。

 

カスタムRS“ハイパーSA Ⅲ”

LEDヘッドランプ (マニュアルレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)

新設された「ハイパー」グレードでは、ダークメッキの グリル&ブランドマークで上質感・高級感を演出。グリル下部とフォグランプ周りにも LED イルミ ネーションを施し、カスタムの存在感をより強調した装備を備えます。

インテリアには、専用のギャラクシーマーブル調のインパネガーニッシュ&ドアオーナメン トパネルを採用。シートはブルーステッチを施した本革+ファブリックシートを採用し上質感も与えられています。

ターボ仕様でもある「カスタムRS“ハイパーSA Ⅲ”」は、「カスタムX“Limited SA Ⅲ”」より135,000円アップ、4WDは1,749,600円にもなる、ムーヴシリーズの最高級グレードです。

 

ムーブのベストチョイスグレードはこれに決定!

マイナーチェンジした2017年8月の軽自動車ランキングで、1万0364台を販売しトップになるなどムーブの販売は好調です。

ターボ車とノンターボ車はどちらを選ぶべきか?

市街地中心で、1人または2人での移動が多い場合はノンターボ車で十分です。

外板に高張力鋼板や樹脂を採用し、車重は830~890kgと先代よりも最大20kg軽量化されているので、ノンターボエンジンでも普通に加速します。

一方で渋滞の少ない郊外の道路や高速道路を使っての移動や、後部座席に人を乗せる機会が多ければターボ車が良いでしょう。

気になるのは燃費ですが、ノンターボ車は少し早いクルマの流れに追いつくにはアクセルを踏むことになり、市街地でも実燃費が悪いケースもよくあります。

ターボ車は低速トルクのおかげでアクセルを踏む過ぎることも無く、走り方によってはノンターボ車と変わらない燃費に抑えることもできます。

中古車でもターボ車の人気は高いので、購入時の価格アップ分もリセールバリューで取り返せる確率は高いです。

もともと動力性能に余裕のない軽自動車ですので、普通車からのダウンサイジングやファーストカーとして使う場合は特にターボ車をおすすめします。

安全装備のスマアシⅢは付けるべきか?

ダイハツスマートアシストⅢの評価・口コミ、辛口チェック

どんなに運転が上手でも「うっかりミス」はあり、他人を巻き込む事故を防げるのであれば装着しない理由はないでしょう。

保険と考えれば安いものですし、先進安全装備装着車の割引を実施する任意保険もあります。リセールバリューも非装着車よりも高いので、コスト面を考えてもトータルではオトクになるでしょう。

残念なことに、ムーブ、ムーブカスタムともにサイド&カーテンエアバックは64,800円のメーカーオプションで、ターボ車にしか装着できません。全幅の狭い軽自動車だけに側面衝突への備えはぜひ欲しいところですが、ノンターボ車に装着できないのは納得できません。

 

ムーブとムーブカスタムのどちらが良いか?

室内寸法やリアシートの分割スライド機構など、ユーティリティー面でムーブとムーブカスタムに違いはありません。デザインや質感の好みで選ぶことになります。

いまや150万円以上の軽自動車も珍しくはありませんが、実用車として選ばれることの多いモデルですので、価格の高いムーブカスタムの人気はそれほど高くありません。

ただしマイナーチェンジで、ツートンカラーが選べるのはムーブカスタムのみとなりました。お洒落なカラーを選びたいのであれば、ムーブカスタムになります。

ダイハツムーヴの人気色ボディーカラーはこれ!

 

当サイトのおすすめは

ムーヴ Xターボ“SAⅢ”

ムーヴ Xターボ“SAⅢ”

上記のポイントをまとめると、おススメはムーブのXターボ"SAⅢ"になります。

ムーブカスタムのブラック系の内装にしたければムーブでも10,800円でオプション選択できますし、サイド&カーテンエアバックを装着してもムーブカスタムより安く済みます。

ライバルのワゴンRはムーブカスタムのRS"ハイパーSAⅢ"相当のスティングレーT(1,614,600円)しかターボ車はありませんので、標準モデルで安くターボ車が選択できるムーブは貴重です。

お財布に余裕があれば、ムーブカスタムのターボ車であるRS"ハイパーSAⅢ"がおすすめです。

スポーティーサスペンションを装備した唯一のグレードで、しっかりとした操縦安定性がウリです。内外装も普通車並みの質感で、ダウンサイジングする場合でもがっかりすることはありません。

「カッコ良ければ安いほうがいい!」ということでなら「カスタムX“Limited SA Ⅲ”」がおススメです。

大径タイヤとホイールで迫力満点で、装備も充実。若い人が乗るならベストの選択になります。

標準車、カスタムともに、「スマートアシストⅢ」を装備するのが、現時点では購入最低条件となります。

 

ムーヴ、ムーヴカスタムのグレード選びのまとめ

ダイハツムーヴ、ムーヴカスタムのグレード選びはこれで決まり!

軽自動車のメインストリームは室内のユーティリティーでムーブを上回るN-BOXなどのスーパーハイトワゴンとなり、ダイハツでもタントの方がムーブよりも売れています。

室内のユーティリティーに目をつぶれば、価格の安さと燃費ではミライースがムーブを上回ります。

かつてはダイハツの屋台骨を支えたムーブもポジション的には中途半端になってきていますが、バランスの取れた性能はまだまだ魅力にあふれています。

ムーブのXターボ"SAⅢ"なら、普通車のコンパクトカーにも負けない性能をリーズナブルに手に入れることが可能です。

 

さて、これからムーヴ購入を考えている人が気になるのは、やはりムーヴの値引き情報です。

人気の新型ムーヴを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

ムーヴ/カスタム/キャンバス限界値引情報

 

【参考】ムーブのグレード別装備徹底比較

エクステリア・灯火器・足回りの違い

全車標準装備
  • UVカットガラス(フロントウィンドー/リヤドア/リヤクォーター/バックドアウィンドー)
  • シルバードアアウターハンドル
  • スモークドガラス(リヤドア/リヤクォーター/バックドアウィンドー)
  • ピラーブラックアウト
  • ルーフアンテナ(可倒式)
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)
  • ヘッドランプ自動消灯システム
  • リヤコンビネーションランプ(LEDストップランプ)
  • ハイマウントLEDストップランプ
  • フロントベンチレーテッドディスクブレーキ
  • スペアタイヤレス&タイヤパンク応急修理セット
  • フロントスタビライザー
  • リアスタビライザー(2WDのみ)
  • リヤスポイラー
  • メッキフロントグリル

 

グレードによる追加装備

L
L"SAⅢ"
  • 14インチフルホイールキャップ
  • 電動格納式カラードドアミラー〈2WD〉
  • 電動格納式ヒーテッドカラードドアミラー〈4WD〉
  • UVカットガラス(フロントドア)
X
X"SAⅢ"
Xターボ"SAⅢ"
【L、L"SAⅢ"に加えて】

  • 14インチアルミホイール
  • オート格納式カラードドアミラー(キーフリー連動)〈2WD〉
  • オート格納式ヒーテッドカラードドアミラー(キーフリー連動)〈4WD〉
  • スーパーUV&IRカットガラス (フロントドア)
  • トップシェイドガラス(フロントウィンドウ)※Xは純正ナビパック選択時のみ

 

インテリアの違い

全車標準装備
  • タコメーター
  • エコドライブアシスト照明
  • アジャスタブルショルダーベルトアンカー
    アジャスタブルショルダーベルトアンカー
  • インパネセンターシフト
  • 足踏式パーキングブレーキ
  • フロントパーソナルランプ
  • ルームランプ
  • ラゲージルームランプ
  • カップホルダー(前席)〈運転席:掘込み式/助手席:ワンプッシュ式オートオープン〉
    カップホルダー(前席)〈運転席:掘込み式/助手席:ワンプッシュ式オートオープン〉
  • 大容量深底ラゲージアンダーボックス(デッキボード固定フック付)
    大容量深底ラゲージアンダーボックス(デッキボード固定フック付)
  • ドアポケット(フロント/リヤ)&ボトルホルダー(リヤ)
    ボトルホルダー(リヤ)
  • グローブボックス
    グローブボックス
  • インパネアンダートレイ(運転席)
    インパネアンダートレイ(運転席)
  • 運転席サイドトレイ
    運転席サイドトレイ
  • サンバイザー〈バニティミラー(運転席/助手席)&チケットホルダー(運転席)〉
  • インパネトレイ(助手席)
    インパネトレイ(助手席)
  • インパネセンタートレイ
    インパネセンタートレイ
  • インパネロアポケット
    インパネロアポケット
  • アクセサリーソケット(12V)
  • 格納式アシストグリップ(助手席/後席)
  • フットレスト

 

グレードによる追加装備

L
L"SAⅢ"
  • フロントコンフォートベンチシート
  • フロントセンターアームレスト(ボックス付)
  • リアシート機構左右分割ロングスライド(240mm)
    リアシート機構左右分割ロングスライド(240mm)
  • 左右分割リクライニング&可倒(ラゲージ側スライドレバー付)
    左右分割リクライニング&可倒(ラゲージ側スライドレバー付)
  • ファブリックシート ベージュ
    ファブリックシート ベージュ
  • ドアトリム ホワイト
  • インパネ ダークグレー×ホワイト×グレージュ
  • ステアリングホイール ウレタン(メッキオーナメント付き)
  • 運転席シートヒーター〈4WD〉
    運転席シートヒーター〈4WD〉
  • オーディオパネルブラック
  • 自然発光式2眼メーター
  • マルチインフォメーションディスプレイ〈アイドリングストップ時間・アイドリングストップ積算時間・平均燃費・航続可能距離・外気温・スマートアシスト故障/停止警告〉
  • ショッピングフック(フロント/助手席シートバック)
    ショッピングフック(フロント/助手席シートバック)
  • 助手席シートバックポケット
    助手席シートバックポケット
X
X"SAⅢ"

Xターボ"SAⅢ"
【L、L"SAⅢ"に加えて】

  • 運転席シートリフター
    運転席シートリフター
  • 運転席シートヒーター
  • チルトステアリング
    チルトステアリング
  • エアコンレジスターガーニッシュ(プレミアムシャインブラック)
  • メッキエアコンレジスターノブ
  • 助手席大型シートアンダートレイ
  • 革巻ステアリングホイール(メッキオーナメント付)※Xターボ"SAⅢ"のみ

 

安全装備・快適装備の違い

全車標準装備
  • プリテンショナー&フォースリミッター機構付フロント3点式ELRシートベルト
  • リヤ3点式ELRシートベルト
  • ISOFIX対応チャイルドシート固定バー&トップテザーアンカー(後席)
    ISOFIX対応チャイルドシート固定バー&トップテザーアンカー(後席)
  • シートベルト締め忘れ警告灯・警告音(運転席/助手席)
  • 車速感応式フロント間欠ワイパー(エアロワイパーブレード)
  • リバース連動リヤワイパー
  • エマージェンシーストップシグナル
    エマージェンシーストップシグナル
  • セキュリティアラーム
  • 燃料残量警告灯
  • 電動式パワーステアリング
  • パワーウィンドー(全ドアスイッチ照明付・運転席挟み込み防止機構付)
  • パワードアロック (全ドア)
  • ワンタッチターンシグナル機能付方向指示スイッチ
  • フューエルリッドオープナー

 

グレードによる追加装備

L
L"SAⅢ"
  • 衝突安全ボディ(TAF)
  • デュアルSRSエアバッグ
    デュアルSRSエアバッグ
  • ABS(EBD機能付)
  • VSC&TRC
  • ヒルホールドシステム
    ヒルホールドシステム
  • キーレスエントリー
  • クリーンエアフィルター
  • ダイアル式マニュアルエアコン
  • リヤヒーターダクト(4WD)
  • D assist切替ステアリングスイッチ
    D assist 切替ステアリングスイッチ
X
X"SAⅢ"

Xターボ"SAⅢ"
【L、L"SAⅢ"に加えて】

  • プッシュボタンスタート
    プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム(イモビライザー機能付き・リクエストスイッチ付き)
    キーフリーシステム(イモビライザー機能付き・リクエストスイッチ付き)
  • オートエアコン(プッシュ式)
    オートエアコン(プッシュ式)
  • オートライト

 

【参考】ムーブカスタムのグレード別装備徹底比較

 

快適装備

カスタム全車標準装備 ・フロントベンチレーテッドディスクブレーキ

・スペアタイヤレス&タイヤパンク応急修理セット

・スタビライザー(フロント/リア)*4WDはフロントのみ

カスタムX ・クリーンエアフィルター

・D assist切替ステアリングスイッチ

・リヤヒーターダクト(4WD)

カスタムX“Limited SA Ⅲ” ・スマートクール(蓄冷エバポレータ)

・スーパークリーンエアフィルター

・Limited専用14インチアルミホイール

カスタムRS“ハイパーSA Ⅲ” ・15インチアルミホイール

・スポーティサスペンション

 

エクステリアとインテリア

カスタム全車標準装備 ・カラードエアロバンパー ( フロント/リヤ)

・リヤスポイラー

・サイドストーンガード

・UVカットガラス ( フロントウインドゥ/リヤドア/ リヤクォーター/バックドアウインドゥ)

・スモークドガラス(リヤドア/ リヤクォーター/バックドアウインドゥ)

・ピラーブラックアウト

・ルーフアンテナ(可倒式)

・ヘッドランプ自動消灯システム

・ドアミラーターンランプ

・ハイマウントLEDストップランプ

・LEDフォグランプ

・16cmフロントスピーカー

・パワーウインドゥ  (全ドアスイッチ照明付・  運転席挟み込み防止機構付)

・パワードアロック (全ドア)

・オートエアコン(プッシュ式)

・電動式パワーステアリング

・フューエルリッドオープナー

・ワンタッチターンシグナル  機能付方向指示スイッチ

・オートライト(カスタムX除く)

・運転席シートリフター

・アジャスタブルショルダーベルトアンカー

・チルトステアリング

・タコメーター

・エアコンレジスターガーニッシュ(プレミアムシャインブラック)

・メッキエアコンレジスターノブ

・メッキインナードアハンドル

・足踏式パーキングブレーキ

・ラゲージルームランプ

・運転席フロアイルミネーション

・カップホルダー

・ドアポケット( フロント/リヤ)&ボトルホルダー(リヤ)

・グローブボックス( ランプ付)

・インパネアンダートレイ(運転席)

・運転席サイドトレイ

・サンバイザー〈バニティミラー (運転席/助手席)&チケットホルダー(運転席)〉

・助手席シートバックポケット

・イルミネーション付インパネセンタートレイ

・ショッピングフック ( フロント/助手席シートバック)

・イルミネーション付 インパネボックス(助手席)

・インパネロアポケット

・アクセサリーソケット( 12V)

・格納式アシストグリップ  (助手席/後席)

・フットレスト

カスタムX ・ドアアウターハンドル(シルバー)

・メッキフロントグリル

・トップシェイドガラス(フロントウインドゥ)

・UVカットガラス(フロントドア)

・LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)

・リヤコンビネーションランプ(クリアクリスタル/LEDストップランプ)

・フロントセンターアームレスト( ボックス付)

・フロントコンフォートベンチシート

・左右分割ロングスライ(240mm)リヤシート機構

・左右分割リクライニング&可倒(ラゲージ側スライドレバー付)

・フルファブリック シート (ベージュ)

・運転席シートヒーター

・インパネガーニッシュ&ドアオーナメントパネル (グロッシーブラッククロス)

・ドアアームレスト(ブラック)

・インパネセンターシフト( メッキシフトレバーボタン付) ウレタン

・ステアリングホイール( メッキオーナメント/シルバー加飾付) ウレタン

・オーディオ操作用ステアリングスイッチ

・自発光式2眼メーター(メッキメーターリング付)

・フロントパーソナルランプ

・助手席大型シートアンダートレイ

・大容量深底ラゲージアンダーボックス(デッキボード固定フック付)

カスタムX“Limited SA Ⅲ” ・スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)

・フロントパーソナルランプLED

・ルームランプLED

・純正ナビ装着用アップグレードパック

 

カスタムRS“ハイパーSA Ⅲ” ・レザー調×ファブリック( シルバーステッチ)シート

・インパネガーニッシュ&ドアオーナメントパネル (ディープマルーン(幾何学柄))

・ドアアームレスト(プレミアムシャインブラック)

・インパネセンターシフト( メッキシフトレバーボタン付) 革巻/シルバー加飾

・ステアリングホイール( メッキオーナメント/シルバー加飾付)  革巻

 

 

安全装備

カスタム全車標準装備 ・デュアルSRSエアバッグ

・ABS(EBD機能付)

・プリテンショナー&フォースリミッター機構付 フロント3点式ELRシートベルト

・リヤ3点式ELRシートベルト

・ISOFIX対応チャイルドシート 固定バー&トップテザーアンカー(後席)

・リバース連動リヤワイパー

・セキュリティアラーム

・燃料残量警告灯

・シートベルト締め忘れ警告灯

・警告音(運転席/助手席)

カスタムX ・衝突安全ボディ〈TAF〉

・デュアルSRSエアバッグ

・ABS(EBD機能付)

・VSC&TRC

・ヒルホールドシステム

・車速感応式フロント間欠ワイパー(エアロワイパーブレード)

カスタムX“Limited SA Ⅲ”

カスタムRS“ハイパーSA Ⅲ”

衝突回避支援システム“スマートアシストⅢ”

・衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)

・衝突警報機能(対車両・対歩行者)

・車線逸脱警報機能、誤発進抑制制御機能(前方・後方)

・先行車発進お知らせ機能

・オートハイビーム

 

 

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-ムーヴ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.