人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ムーヴキャンバスの評価口コミ辛口チェック

ムーヴ

ダイハツ・ムーヴキャンバスはどんな車なのか

投稿日:

2019年の4月、ダイハツはムーヴキャンバスの特別仕様車である「ホワイトアクセントリミテッドSAⅢ」「ブラックアクセントリミテッドSAⅢ」を販売開始しました。

新型ムーヴキャンバスの商談にあたり注意すべき点は何でしょうか?

ムーヴキャンバスのポイント

  • ムーヴの派生モデルとして、ファッション性を重視する若者から大人気のキャンバス
  • 両側スライドドアが装着されるなど、使い勝手の良さから人気上昇中
  • 全グレードに衝突回避支援システムである「スマートアシストⅢ」を標準装備
  • 特別仕様車はX・Gの2グレードの設定
  • ダイハツの主力エンジンである「TOPAZ NEO」の自然吸気モデルを搭載
新車値引きマスター
新型ムーヴキャンバスはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

⇒【2019年5月】ムーヴキャンバスの限界値引きテクニック  

 

ムーヴキャンバスの評価と価格レンジ

ムーヴキャンバスの評価と価格レンジ

左:ホワイトアクセント  右:ブラックアクセント

2019年春の改良でダイハツ・ムーヴキャンバスの特別仕様車である「ホワイトアクセントリミテッドSAⅢ」と「ブラックアクセントリミテッドSAⅢ」が追加されています。

新型ムーヴキャンバス特別仕様車はX・Gの2グレードの設定があり、車両価格は1,479,600~1,679,400円となっています。

エンジンは、ダイハツの主力の「TOPAZ NEO」の自然吸気モデルが搭載されていることに加えて、トランスミッションにはCVTが採用されていますので、ストレスを感じることなくドライブすることができるでしょう。

エクステリア・インテリアともにかわらしさを感じるデザインになっており、ボディカラーやインテリアカラーも女性の支持も得られるものになりました。

安全装備には「スマートアシストⅢ」が搭載されていますので、安全・安心です。

新型ムーヴキャンバスの車両価格は、以下のようになっています。

<新型ムーヴキャンバス・特別仕様車の車両価格>
グレード駆動方式車両価格
X“ホワイトアクセント リミテッドSAⅢ”

X“ブラックアクセント リミテッドSAⅢ”

X “ブラックインテリア リミテッド SA Ⅲ”

X “メイクアップ リミテッド SA Ⅲ”

FF1,479,600円
4WD1,603,800円
G“ホワイトアクセントリミテッドSAⅢ”

G“ブラックアクセントリミテッドSAⅢ”

G “ブラックインテリア リミテッド SA Ⅲ”

G “メイクアップ リミテッド SA Ⅲ”

FF1,555,200円
4WD1,679,400円
G “SA Ⅲ”FF1,490,400円
4WD1,614,600円
X “SA Ⅲ”FF1,404,000円
4WD1,528,200円
L “SA Ⅲ”FF1,252,800円
4WD1,377,000円

新型ムーヴキャンバス特別仕様車は、安全システムのスマートアシストⅢが全車に標準装備されていることから、車両価格は150万円近い価格からのスタートとなっています。

新型ムーヴキャンバス特別仕様車は、X“SAⅢ”、G“SAⅢ”をベースに、プラス64,800円~75,600円の車両価格がつけられているのです。

 

パワーユニットは1種類

新型ムーヴキャンバス特別仕様車のパワーユニットは以下のようになっています。

<新型ムーヴキャンバス・特別仕様車のパワーユニット>
駆動式FF/4WD
型式KF型
種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
総排気量658cc
最高出力38kW[52PS]/6,800rpm
最大トルク60N・m[6.1kg・m]/5,200rpm

新型ムーヴキャンバス特別仕様車は、ダイハツの主力エンジンである「TOPAZ NEO」の自然吸気モデルを搭載。

キャラクター的に走りを追求するモデルではないため、ターボエンジンの搭載ははありません。

トランスミッションはCVTが採用されており、軽快な走りを実現してくれます。

 

キャンバス最大の魅力はオシャレなエクステリア

キャンバス最大の魅力はオシャレなエクステリア

新型ムーヴキャンバス特別仕様車は、モノトーン仕様のリミテッドシリーズのフロントグリル、LEDフォグランプリング、カラードドアミラー、ドアアウターハンドル、バンパーモール、サイドモールなどをパールホワイトまたはブラックに変更されたものです。

ボディにはパールホワイトまたはブラックのピンストライプが貼られており、インパクトの強いエクステリアが演出されています。

フロントマスクは丸型の大きなヘッドライトが装着されており、かわいらしさを感じる中に強く存在感を表しているような気もします。

ヘッドライトだけでなく、フォグランプ、テールランプも丸型に統一されており、女性に好まれるデザインをしているのです。

新型ムーヴキャンバス特別仕様車は、両側電動スライドドアとなっていますので、後部座席の乗り降りが自由にできます。

新型ムーヴキャンバス特別仕様車のボディサイズは以下のようになっています。

<新型ムーヴキャンバス特別仕様車のボディサイズ>
全長×全幅×全高3,395mm×1,475mm×1,655mm
ホイールベース2,455mm
最低地上高[2WD]150mm [4WD]145mm
車両重量[2WD]920kg [4WD]970kg

新型ムーヴキャンバス特別仕様車は、ムーヴより全長が25mm長く設計されています。

そのためリアは電動スライドドアの装着が可能ですし、どっしりとしたボディが実現されているのです。

 

ムーヴキャンバスのインテリア

ムーヴキャンバスのインテリア

ムーヴキャンバスのインテリア

新型ムーヴキャンバス特別仕様車は、軽自動車でたくさんの荷物が積めないと思われがちですが、インパネトレイ、インパネアッパーボックス、インパネロアポケット、ワンプッシュ式オートオープンカップホルダーなど、細かいところにさまざまな収納が可能です。

質感が高いムーヴキャンバスのインパネ

質感が高いムーヴキャンバスのインパネ

汚れたフロアに直接ものを置きたくない場合は「置きラクボックス」を使えば、荷物をフロアに置く必要はありません。

収納部の大きさは、ケースモード時は、長さ317mm×幅272mm×高さ30mm、バスケットモード時は長さ305mm×幅270mm×高さ130mmであり、5kgまでの荷物を載せることができますので、荷物が入ったバッグであっても安定して荷物を置くことができるのです。

ラゲッジスペースには大容量深底ラゲージアンダーボックスが採用されており、背の高いものでも安定して積むことができます。

後部座席に乗る人にとって嬉しいのは、リアシート分割リクライニング&可倒シートが搭載されていますので、後部座席でも楽に過ごすことができるのです。

新型ムーヴキャンバス特別仕様車の室内寸法は、室内長2,115mm×室内幅1,345mm×室内高1,285mmとなっており、室内で圧迫感を覚えることなくドライブすることができるでしょう。

インテリアカラーもボディカラーに合わせたものが用意されており、ホワイトアクセントリミテッドSAⅢでは「マイルドモカ」「ファインミント」「ミストピンク」、ブラックアクセントリミテッドSAⅢでは「ブラック」の設定があります。

 

 

ムーヴキャンバスのお洒落なカラーラインナップ

ムーヴキャンバスの単色カラー8色

ムーヴキャンバスの単色カラー8色

  1. ファインミントメタリック
  2. スムースグレーマイカメタリック
  3. ナチュラルベージュマイカメタリック
  4. ブルーミングピンクメタリック
  5. パールホワイトⅢ
  6. ファイアークォーツレッドメタリック
  7. プラムブラウンクリスタルマイカ
  8. ブラックマイカメタリック

ムーヴキャンバスにはモノトーン(単色)が上記の8色用意されていますが、やはり人気が高いのは2トーンカラーです。

ベースグレードL “SA Ⅲ”ではこの2トーンカラーは選べませんのでご注意ください。

2トーンカラーはすべて64,800円のオプション価格となります。

 

①パールホワイトⅢ×ファインミントメタリック
②パールホワイト×スムースグレーマイカメタリック
③パールホワイト×ナチュラルベージュマイカメタリック
④パールホワイトⅢ×ブルーミングピンクメタリック
⑤スムースグレーマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック
⑥スムースグレーマイカメタリック×プラムブラウンクリスタルマイカ
⑦スムースグレーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック

 

特別仕様車の“ホワイトアクセント リミテッド SA Ⅲ”と“ブラックアクセント リミテッド SA Ⅲ”では選択できるボディカラーが限定されます。

<新型ムーヴキャンバス特別仕様車のカラーラインナップ>
①ナチュラルベージュマイカメタリック
②ファインミントメタリック
③ブルーミングピンクメタリック
④パールホワイトⅢ※
⑤スムースグレーマイカメタリック

①~③はホワイトアクセントリミテッドSAⅢのボディカラー、④~⑤はブラックアクセントリミテッドSAⅢのボディカラーです。

※はメーカーオプションカラーで、21,600円の追加料金が必要になります。

新型ムーヴキャンバス特別仕様車は、明るいボディカラーの設定が中心になっていることがお分かりいただけるでしょう。

 

ムーヴキャンバスの燃費性能

新型ムーヴキャンバス特別仕様車の燃費性能は、以下のようになっています。

<新型ムーヴキャンバス特別仕様車の燃費性能>
グレードホワイトアクセントリミテッドSAⅢ

ブラックアクセントリミテッドSAⅢ

駆動方式FF4WD
JC08モード28.6km/L27.4km/L
WLTC総合20.6km/L19.6km/L
WLTC市街地17.6km/L17.4km/L
WLTC郊外22.6km/L21.2km/L
WLTC高速道路21.6km/L20.3km/L

ダイハツはJC08モード燃費の発表を行なっていますが、実燃費に近い燃費データはWLTC総合モードを見る必要があります。

FFと4WDを総合的にみると、燃費は20.0km/L前後といえます。

新型ムーヴキャンバス特別仕様車の燃料タンク容量は30Lですので、ガソリンを満タンにすれば約600km走る計算になるでしょう。

燃費は信号がなく、一定の速度で走行できる郊外で伸びますので、エコドライブアシスト照明を意識して運転すると、より燃費を伸ばしながらドライブすることができます。

 

ムーヴキャンバスの安全装備

新型ムーヴキャンバス特別仕様車には、以下のようなスマートアシストⅢが搭載されています。

<新型ムーヴキャンバス特別仕様車の安全装備の一例>
●衝突警報機能走行中に前方の車両や歩行者をステレオカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示で警告
●事前ブレーキ衝突の危険性がさらに高まったとシステムが判断した場合、自動的に弱いブレーキを作動
●被害軽減ブレーキアシスト事前ブレーキが作動している時にドライバーがブレーキペダルを踏み込むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を向上
●緊急ブレーキ衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキで減速。衝突の回避や、被害の軽減をサポート
●車線逸脱警報機能約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報
●誤発進抑制制御機能前方約4m以内に障害物等があることをステレオカメラが検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままブレーキペダルと間違えるなどして必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制
●先行車発進お知らせ機能信号待ちなどで前のクルマが発進したことに気づかない時、ブザー音とメーター内表示でお知らせ

これらの安全装備はほんの一部であり、新型ムーヴキャンバス特別仕様車のスマートアシストⅢにはたくさんの安全装備が搭載されています。

例えば「歩行者傷害軽減ボディ」は、万が一の対人事故が発生するときのことを考えて、フードやフェンダー、ワイパーピボットなどの各所に衝撃緩和装置・吸収スペースを設定。

このように新型ムーヴキャンバス特別仕様車に乗っている人だけでなく、周りの人までを守る設計になっているのです。

 

新型ムーヴキャンバスの対抗車種は??

スペーシアの強み

ムーヴキャンバスのライバルスズキスペーシア

新型ムーヴキャンバス特別仕様車の対抗車種は、トールワゴン車でスライドドアが装備されたスズキスペーシア、ホンダN-BOXがあげられるでしょう。

3車のサイズを比較してみます。

ポイント

  • ムーヴキャンバス 全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,655mm
  • スペーシア    全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,785[1,800]mm
  • N-BOX      全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,790[1,815]mm

スペーシアよりも新型ムーヴキャンバス特別仕様車のほうが130mm背が低い設計となっています。

またスペーシアの室内は、室内長2,155mm×室内幅1,345mm×室内高1,410mmという広さで、新型ムーヴキャンバスが室内高が125mm低いので、スペーシアのほうが圧迫感なく乗ることができるでしょう。

N-BOXの特別仕様車 COPPER BROWN STYLE(カッパーブラウンスタイル)

N-BOXの特別仕様車 COPPER BROWN STYLE(カッパーブラウンスタイル)

N-BOXは3つの車種の中で一番背が高いのが特徴です。

室内は、室内長2,240mm×室内幅1,350mm×室内高1,400mmで、3つの車種の中で最も広い車内空間を実現しています。

それに加えてN-BOXは、スタイリッシュなエクステリアでこのクラス一番の人気の高さを誇っているのです。

燃費性能では、新型ムーヴキャンバス特別仕様車のJC08モード燃費が27.4~28.6km/Lに対して、スペーシアはハイブリッド車で26.4~30.0km/L、N-BOXは23.0~27.0km/Lとなっており、総合的に燃費が伸びているのはスペーシアであることが分かります。

安全装備では、新型ムーヴキャンバス特別仕様車は「スマートアシストⅢ」が搭載されていますが、スペーシアでは「スズキセーフティサポート」、N-BOXには「ホンダセンシング」が採用されており、各社でレベルの高い安全装備が充実しているのです。

このように対抗車種は同じ土俵で競争できるほど、ボディの大きさ、燃費性能、安全装備などが似ています。

 

 

ムーヴキャンバスの商談に行く前に…

人気の新型ムーブキャンバスを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年5月】ムーヴキャンバスの限界値引きテクニック  

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。 なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
 
新車値引きマスター
どんなに古い車でも必ず査定額はつきます! 「古い車だから」「大きな修理をしているから」と査定額がつかないと自分で決めつけないで、 必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

-ムーヴ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.