ムーヴカスタムの評価・口コミ《本当の実力を辛口チェック》

ムーヴ

ダイハツムーヴカスタムの評価・口コミを辛口チェック

更新日:

人気のダイハツムーヴカスタムの購入を検討している人が、特に注意すべきことは次の点です。

  • 2017年8月マイナーチェンジで何が変わったのか、変わらなかったのか
  • バージョンアップした安全装備スマートアシストⅢは進化しているのか?
  • 実際のところムーヴカスタムの強みと弱みは何なのか?
新車値引マイスター
ムーヴカスタムを実際に購入したユーザーの反応はどうなのでしょうか。
その評判と人気のとおりなのか、それとも期待を裏切っているのか?
新型ムーヴが2014年モデル(6代目前期型)からどのように進化したのかを詳しく解説してみます。

こちらも人気記事

⇒【2018年9月】ダイハツムーヴの限界値引き最大額は?

 

マイナーチェンジの解説

2017年8月のマイナーチェンジでは具体的に何が変更になったのでしょうか?

この記事では新型ムーヴカスタムがマイナーチェンジによって変更された部分を詳しく調べてみました。

新型ムーヴカスタムのベースとなっている2014年モデルと比較して、変更されたポイントとしてはノーマルのムーヴと同様に次の3点となります。

①エクステリアデザインの変更

②インテリアの質感アップ

③新たに搭載された『スマートアシストⅢ』により予防安全性能が向上

車両サイズやエンジンスペック、JC08モードでの燃費数値に関してはマイナーチェンジ前と変更はありません。

 

新グレード構成

新型ムーヴカスタムのグレードは、価格の順番に「X」「X“Limited SA Ⅲ”」「RS“ハイパー SA Ⅲ”」の3グレード展開のみとなっています。

ノーマルのムーヴと比較するとやや少なく、以前のようにきめ細かな装備差をつけて選択肢を広げていたグレード体系に比べ、むしろ潔くなったとも言えるでしょう。

また今後の売れ行き動向や時期によっては、新たに特別仕様車などの展開も大いに考えられます。

 

新価格構成

ここで新型ムーヴカスタムの価格帯を旧価格とともに比較してみましょう。

グレード 新価格 旧価格 価格差
X 1,371,600円 1,404,000円 △32,400円
X “Limited SAⅢ” 1,490,400円 1,490,400円 0円
RS “Hyper SAⅢ” 1,625,400円 1,625,400円 0円
※価格はメーカー希望小売価格(消費税込み)
※4WD車は各グレード124,200円追加
※X “Limited SAⅢ”は旧グレード「X “Hyper SAⅡ”」との比較

ムーヴカスタムの最廉価グレード「X」は旧価格からの値下げが実施されました。

そして「X “Limited SAⅢ”」「RS “Hyper SAⅢ”」は旧価格から据え置きとなっているものの、後述する装備の変更や『スマートアシストⅢ』の搭載によってお値打ち感があるのは魅力です。

 

マイナーチェンジ後の性能や装備の変更点

エクステリアの変更点

エクステリアの変更点

メッキフロントグリルとフロントバンパーのデザイン変更

以前のモデルでも採用されていたメッキフロントグリルですが、今回のマイナーチェンジでは分厚い一枚板のようなメッキフロントグリルに変更され、シンプルな印象の中にも一段と存在感が際立っています。

そしてフロントバンパー左右の張り出し部分と標準装備のフォグランプ、「RS “Hyper SAⅢ”」に採用されたタテ型LEDイルミネーションランプによって、ミニバンで最近流行りの押し出し感のある硬派なデザインとなっています。

 

ヘッドランプ形状のデザイン変更

LEDヘッドランプ (マニュアルレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)

カスタムのヘッドランプは、ムーヴカスタムの伝統として長く採用されていた丸目4灯から、新開発の多灯薄形LED(マニュアルレベリング機構・LEDクリアランスランプ付)に変更されています。

これによって躍進的なイメージを強く感じさせるデザインになりました。

 

リアコンビネーションランプの変更

カスタムのリアコンビネーションランプは縦長形状のデザインを引き続き採用していますが、インナーレンズがスモーククリア化されました。

リアコンビネーションランプの変更

 

アルミホイールのデザイン変更(「RS “Hyper SAⅢ”」のみ)

「RS “Hyper SAⅢ”」のみに標準装備されている15インチアルミホイールが新意匠のデザインに変更されました。鋭い風車のようなダイナミックな造形がパワフルな走りを印象づけています。

 

フロントLEDイルミネーションランプの追加(「RS “Hyper SAⅢ”」のみ)

こちらも「RS “Hyper SAⅢ”」のみですが、今回のマイナーチェンジではフロントLEDイルミネーションランプが標準装備されました。

フロントLEDはオールデイタイプとなり、逆L字のような形状が他車からの視認性を高めつつ、アクセサリーとしても存在感を発揮しています。

フロントLEDイルミネーションランプ

インテリアの変更点

ドアアームレストとシート表皮を変更

ドアアームレスト及びシート表皮の素材を変更して質感がアップしています。

但し「RS “Hyper SAⅢ”」については、以前の本革からレザー調(合皮)に変更となっており、この部分についてはコストカットの影響が伺えます。

ドアアームレストとシート表皮を変更

 

エアコンレジスターガーニッシュにプレミアムシャインブラックを設定

フロント4ヶ所のエアコンレジスターガーニッシュの色がプレミアムシャインブラックになり高級感が増しています。

ムーヴカスタムのコックピット

 

インパネガーニッシュとドアオーナメントパネルのデザイン変更

インパネ周りとドアオーナメントパネルはツヤ感のある素材にディープマルーン(幾何学柄)の模様が施されています。

インパネガーニッシュとドアオーナメントパネルのデザイン変更

 

その他装備内容の変更点

  • 運転席シートヒーターを標準装備(福祉車両の「フロントシートリフト」を除く)
  • ボディカラー展開の変更

新型ムーヴカスタムのカラー展開は、モノトーンカラー、ブラックマイカとの2トーンカラーをそのまま維持し、それぞれに新色の「レーザーブルークリスタルシャイン(オプションカラー)」を追加しています。

ダイハツムーヴの人気色ボディーカラーはこれ!

レーザーブルークリスタルシャイン

レーザーブルークリスタルシャイン

 

新型ムーヴカスタムにも搭載された『スマートアシストⅢ』

今回のムーヴのマイナーチェンジで大きな話題となっているのが『スマートアシストⅢ』。

カスタムにも当然搭載されており、予防安全性能が一段と高まっています。

スマートアシストⅢの評価・口コミ、辛口チェック

 

そして新型ムーヴカスタムのみ若干異なる部分があり、カスタムでは「パノラマモニター」をメーカーオプションにて設定できるようになりました。

パノラマモニター

このパノラマモニターは4箇所のカメラで車両の前後左右を映し、上から見下ろしたような映像をナビ画面上に映し出す仕組みとなっています。

なお使用の際にはメーカーオプション設定の装備品と、パノラマモニター対応ナビゲーションの同時装着が必要です。また、ノーマルのムーヴにはパノラマモニターのオプション設定自体がありません。

パノラマモニター

パノラマモニターはノーマルムーヴにはオプション設定すらない

 

ダイハツムーヴカスタムの性能(燃費、エンジン、装備など)

ムーヴカスタムのグレード構成は大きく分けて、NAエンジン搭載の「X」とターボエンジン搭載の「RS」と2種類に分かれます。

両グレードにダイハツの安全性能となる“スマートアシストⅢ(SAⅡ)”が設定されており、4WDの設定もあります。

そして2つのパワーユニットのスペックについて。

NAモデルとなる「X」グレードの場合、水冷直列3気筒12バルブDOHC横置き
最大出力52PS/6,800rpm/最大トルク6.1kg・m/5,200rpm。

ターボモデルとなる「RS」グレードの場合
水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ横置き
最大出力64PS/6,400rpm/最大トルク9.4kg・m/3,200rpm。

搭載エンジンについては標準車のムーヴと同様となっており、JC08モードでの燃費について「X」グレードでは31.0km/L、「RS」グレードでは27.4km/L(いずれも2WD車)となっています。

8インチメモリーナビ、サウンドシステムは全てオプションとなり、バックカメラなどのパッケージオプションも用意されています。

その他全グレードに標準装備されているのは、LEDヘッドランプ、LEDフォグランプ、D assist切替ステアリングスイッチ、チルトステアリング、ワンタッチターンシグナル機能付方向指示スイッチ、プッシュボタンスタート、キーフリーシステム、オートエアコン、などとなっています。

 

ダイハツムーヴカスタムの強みと弱み

強みは走行性能の良さとインテリアの上質感

ムーヴの強みは

ムーヴカスタムの強みの一つは走行性能に優れている点。

特に乗り心地については標準車のムーヴ同様に概ね評価が高かったポイント。なおかつターボモデルの「RS」についてはエンジンパワーの安定感も加わって一層ポテンシャルが上がっています。

インテリアの質感アップ

またインテリアの上質感が高まったところはもう一つの強み。先代に比べてもはるかに進化しており、下手すれば普通の小型車よりも質感が高いかもしれません。

“ランニングコストの面で軽自動車を買いたいけど、ある程度は質感にもこだわりたい”というユーザー層に支持される仕上がりとなっています。

弱みは価格面で若干不利な点?

ムーヴカスタムの弱みとしてまず挙げられるのが価格。

競合車のスズキワゴンRや日産デイズ、ホンダN-WGNよりも車両本体価格のベースが少々高めになっています。

ムーヴカスタムではLEDヘッドランプやLEDフォグランプ、キーフリーシステムなどが初めから全車標準装備となっている影響かもしれません。

こういった点を踏まえて、購入の際には競合車の見積もりを元に車両値引きを狙うことが必然的になってくるでしょう。

 

 

ダイハツムーヴカスタムの評価、口コミ

ダイハツムーヴカスタムの評価、口コミ

新生ムーヴカスタムのユーザーから特に好評価が多かったのは、走行性能とインテリアの質感。

特に乗り心地についてはボディ補強やサスペンション周りの見直しなど様々な改良が加えられ、先代よりもフラットな乗り心地とスムーズな加速が実現されたことが車両そのものの評価にも繋がっているようです。

ここではクルマ選びのポイントごとに、ユーザーの声をまとめてみました。

乗り心地に関する口コミ

乗り心地の口コミ

「乗り心地はボディ剛性との相性がよく心地よい硬さを感じました。スポーティさも適度に残しつつ安心感があります」

「腰回りが落ち着いているという印象。フラットな路面だとスーッと動く感じでスムーズですが、逆に路面の悪い所は少なからずショックを感じます」

「カーブが続く山道でも安心感があります。しっかりとした感触で遠心力で飛んでいきそうな感覚もありません」

「乗り心地が良いと聞いていたものの、正直期待したほどではなかった」

乗り心地に関しては概ね好意的な意見が多く見受けられました。

これについては製造元のダイハツでも改良に力を入れたことがアピールされており、クルマのプロである自動車評論家の中でもなかなか評価が高くなっていました。

 

エンジンに関する口コミ

「ここまでデザインにこだわっているのに、走行性能に関してはほぼ現状維持なのが惜しい。個人的にはマイチェンでクルーズコントロールが追加されていれば完璧だった」

「RSなのでエンジンには納得。ターボというとドッカンパワー!のようなイメージでしたが、ムーヴのターボはノーマルエンジンのようなマイルドさです」

「NAでも十分すぎる性能だと感じました。PWRスイッチを押せば加速が良くなるのが便利ですね」

「ターボモデルは力に余裕があり回転数が抑えられるため静粛性も高い。追い越し加速などでのアクセルの踏み込みに対するパワーの出方が素早いのでストレスなく走れる」

「Xグレードに乗っていますが吹け上がりの悪さとパワーの無さはダメダメ。同じNAエンジンでもスズキやホンダの方がよい。しかしペダルの踏みしろ以上に車速が伸びる印象」

「Xグレードの4WDに乗っていますが、NAかつ4WDということもあり出足は最悪。エンジンを3,000回転以上回さないとスピードに乗りづらい」

「PWRボタンはエンジン数が500回転ほど上がるのですが、使い方を色々試している所です」

やはりユーザーのエンジンチョイスによって評価にはバラつきが出ています。

ターボモデルである「RS」グレードについてはエンジンの不評がさほど見受けられなかったため、走路状態を選ばずに乗れるという面では「RS」グレードを選んでおいた方がまず無難です。

また乗り心地やエンジンのいずれにおいても、見た目や口コミだけでは判断できない部分でもあります。これは実際にディーラーでの試乗でぜひ体感すべきポイントになるでしょう。

 

エクステリアの口コミ

エクステリアの口コミ

「カスタムはミニバン顔負けの存在感でカッコよくなった!」

「フロント周りはどちらかというと万人受けのデザインで、派手さはないけれどシンプルでいい」

「カスタムのレーザーブルークリスタルシャインは色がすごくイイですね!こういう青色系の色を待っていました」

「これは好き嫌いの分かれるデザイン。リアが平べったい印象で残念」

「いかつさを感じましたが日中に見てみると意外とそうでもないです。暗くなってライトを点けると硬派な印象に変わりますね」

「最初はドギツイ顔で派手かなと思っていましたが、届いてみると結構地味で落ち着きがあるので安心しました」

「リアのブレーキランプが縦長で目立ち過ぎ。交差点などで同じクルマが前に居ると光が目にキツイし、自分の後ろの車両にも申し訳なくなる。事故防止には良いと思うが…」

「フロントマスクはゴチャゴチャしていて若干恥ずかしい」

エクステリアに関しては先代よりも迫力のあるスタイルになっており、流行りを意識したデザインともいえます。

特にフロントフェイスは角張った印象が強く、どちらかというと男性的な雰囲気で攻めの姿勢が伺えます。従ってデザインの好みが分かれてしまうのも仕方ないかもしれません。

インテリアの口コミ

TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ

TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ

「インパネ周りの高級感はもはや軽自動車ではない。さすがですね!」

「ムーヴと比べてインテリアの質感の高さが一目瞭然。カスタムを選んでよかったです」

「シート形状が良くなってホールド性が増した。ステアリングやシフトノブの形状も握りやすくなってグリップ力がある」

「内装の質感が上がって安価な普通車に比べれば豪華。ただし小物収納は減って先代のほうが考えて作ってあった気がして残念です」

「購入した頃は高級感があっていいと思ったけれど、見慣れるとまあ普通」

「メーターにある情報表示盤が秀逸。誕生日とか点検日などの項目が設定でき、当日になるとエンジンをかけたときに表示される仕組みが便利です」

「スピード、タコメーターの外径が小さい。もう一回り大きくして見やすくして欲しい」

「シートの質感は良いものの、リアシートを前倒した時に荷室がフラットになって欲しかった。現状だとシート部分が斜めになって物を置くと走行中にリアドア側に滑ってしまう」

エクステリアと同様インテリアにおいても、標準車のムーヴと明確に差別化されているのが特徴。

メーターには軽自動車初となるを搭載しており、車内装備全般において高級感にこだわっているのがわかります。

 

ダイハツムーヴカスタムの評価・口コミ≪辛口チェック≫まとめ

ムーヴカスタムの評価・評判《本当の実力を辛口チェック》

 エクステリア・インテリアともに質感の高いデザインに進化した新型ムーヴカスタム。

今回のマイナーチェンジで新たに搭載された『スマートアシストⅢ』により予防安全性能も格段に上がり、ムーヴカスタム本来の走行性能の高さと相まってトータルバランスもさらによくなりました。

新型ムーヴカスタムで大きく変わったデザインに関しては好みもあるかと思われますが、現在はマイナーチェンジ前の旧モデルも未使用車として市場に多く出回っています。

軽トールワゴンで購入を検討しているユーザーにとっては、マイナーチェンジ後の新型だけでなく、旧モデルとの性能や価格差を比較してみるのも面白いかもしれません。

 

ダイハツムーヴの商談に行く前に…

人気の新型ムーヴを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2018年9月】ダイハツムーヴの限界値引きテクニック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
交渉で自分の車の査定額が頭に入っていないと、ディーラーの値引き交渉もうまく進められません! ちょっと面倒ですが、商談に行く前にネットで必ず現在の車の査定価格を調査しておきましょう。

商談での一コマ

営業マン
高橋さん、お車の査定が完了しました
営業マン
高橋さんの愛車の下取り査定額は48万円です 今キャンペーン中で通常よりも3万円査定アップで下取りますよ。
高橋さん夫
48万円・・・。 なるほど・・・
高橋さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定48万円って、高いの?安いの?どっちよ
高橋さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
過去に修理をしている車、かなり古い車でも必ず下取り額がつきます。 自己判断で下取り金額はきっとゼロ円だからと決めつけるのは危険です。

 

 

⇒ 無料で今すぐ車の査定額を見てみる

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-ムーヴ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.