人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

アウディ R8 V10 Decennium(ディセニアム)V10エンジン10周年特別限定モデル

アウディ

アウディ R8 V10 Decennium(ディセニアム)V10エンジン10周年特別限定モデル

更新日:

アウディは、V10エンジンの10周年を記念して、特別仕様の Audi R8 V10 Decennium(ディセニアム)を発表します。

ディセニアムのポイント

  • アウディA8 ディセニアム世界で222台限定のリミテッドエディション
  • エクスクルーシブなデザインを採用したCoupéスタイル
  • ディセニアムは新型アウディ R8と同時に発売される
新車値引きマスター
Decenniumという名称はラテン語に由来し、「10年」を意味していいるそうです。

こちらも人気記事

 

アウディR8の新型と同時にディセニアムが発売

アウディR8の新型と同時にディセニアムが発売

アウディR8の新型と同時にディセニアムが発売

このリミテッドエディション「ディセニアム」は、新型のAudi R8と同時に発売されます。

456kW(620hp)を発生するV10エンジン、インテリア及びエクステリアに配されたブロンズのアクセントカラー、そして限定生産。

話題満載の222台限定のリミテッドエディション「ディセニアム」は、新型Audi R8と同時に発売されます。

このモデルはV10エンジン10周年を記念するもので、モータースポーツにおける栄光の歴史を誇示しています。

 

R8ディセニアムのエクステリアの特別装備

アウディR8ディセニアム

アウディR8ディセニアムは専用カラーのデイトナグレイ マットエフェクトを採用

エクステリアを一見するだけで、ディセニアムが特別なモデルであることが分かります。

ディセニアムは専用カラーのデイトナグレイ マットエフェクトを採用。

この他おボディーカラーは、デイトナグレイ パールエフェクト、スズカグレイ メタリック、フローレットシルバー メタリック、ミトスブラック メタリック、アスカリブルー メタリック、ケモーラグレイ メタリックが用意されています。

20インチホイールと5.2 FSIエンジンのインテークマニホールドは、マットブロンズ仕上げの凝りようです。

フロントスポイラー、サイドシル、ディフューザーはグロスブラックで塗装され、はブラックのアウディリングがフロントマスクに君臨しています。

サイドブレードとドアミラーハウジングは、グロスカーボンファイバー製です。

 

R8ディセニアムのインテリア ブラックを基調として統一

ディセニアムのインテリア ブラックを基調として統一

ディセニアムのインテリア ブラックを基調として統一

インテリアも、ブラックを基調として統一されており、グロスカーボンファイバー製のインレイがハイライトとなっています。

スポーツシートにキルティングされたランバス(ひし形)パターンのステッチは、グロスブラックで仕上げられ、コントラストステッチにはグロスコッパートーンが採用されています。

セレクターレバーとステアリングホイール(アルカンターラ巻き、12時の位置にマーキングを設置)には、センターアームレスト、ドアアームレスト、ドアレールと同様に、コッパーカラーのステッチが施されています。

“Decennium”ロゴは、センターコンソール、ドア、グロスカーボンファイバー製ドアシルトリムのインレイに装着され、ロゴプロジェクターにも採用されています。

Audi R8“Decennium”ロゴ

センターコンソールに“Decennium”ロゴ

グロスカーボンファイバー仕上げが施されたセンターコンソールにも“Decennium”ロゴ装着され、インテリアのアクセントとなっています。

このロゴは、アウディが特許を取得した部分マット仕上げを特徴。

素材の表面は、特殊な粉末を使用して、数千分の1ミリ単位で粗面化処理が施されています。

ドアに設置されたプロジェクターライトは、“Decennium”のロゴに加え、各モデル専用のシリアル番号を地面に投影します。

他のすべてのR8モデルと同様に、アウディバーチャルコックピットとMMIナビゲーションプラスが標準装備されます。

 

R8ディセニアム 5.2 FSI自然吸気の最もパワフルなエンジン

Audi R8の心臓部:自然吸気V10エンジン

Audi R8の心臓である自然吸気V10エンジン

ディセニアムには、5.2 FSI自然吸気エンジンの最進化系エンジンが搭載されます。

このエンジンの最高出力は456kW(620hp)、最大トルクは580Nm、0~100km/h加速は3.1秒、最高速度は331km/hとなります。

 

成功の軌跡ヒストリー Audi R8のV10エンジン 

自然吸気V10エンジンは、2009年初頭に登場したAudi R8に搭載され、2種類のバージョンが設定されていました。

直噴システムを備えたこのエンジンの排気量は5.2リッター、最高出力は386kW(525hp)でした。

第1世代(2008/2009年):Audi R8 5.2 FSI quattro

第1世代(2008/2009年):Audi R8 5.2 FSI quattro

2010年に発売されたAudi R8 GTエディションモデルでは、この10気筒エンジンは412kW(560hp)にパワーアップされ、R8 V10 plus(2012年以降)では404kW(550hp)を発生していました。

第2世代(2015年):Audi R8 V10 plus

Audi R8 V10 plus第2世代(2015年)

2015年に登場した第2世代のR8において、このFSIエンジンは徹底的な見直しを受けました。

ここでは、インテークマニホールドに燃料噴射システムを追加することにより排出ガス特性を改善し、シリンダーオンデマンド(COD)システムが部分負荷状態で片バンクの5気筒を休止させることで燃費も向上しました。

2018年末までに、Audi R8 LMS GT3は総合ドライバーランキングで62回の勝利を挙げ、クラスランキングでは78回ものタイトルを獲得しています。

24時間レースでは11回の総合優勝、さらにこのGT3スポーツカーは最近10年間で12時間レースで7回の勝利、25時間レースでは3回の勝利を成し遂げています。

 

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

-アウディ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.