日産プロパイロットとは?

日産

日産の自動運転技術プロパイロットとは?

更新日:

自動車メーカーだけでなく、GoogleなどのIT関連企業も参入し話題となっているのが自動運転技術です。

目的地をセットするだけで自動的に走行するクルマの登場までは、まだまだ時間がかかりそうですが、自動運転の機能の一部は既に市販車に搭載されて販売されています。

2016年に発売された5代目の日産セレナに搭載された「プロパイロット」は、国産車では初の自動運転技術としてプロモーションされて大きな話題になりました。

自動運転技術は安全技術として標準化しつつあるエマージェンシーブレーキなどの延長線上にあり、ここ数年の進化には目を見張るものがあります。技術の日産が送り出したプロパイロットは、どこまで自動運転に近づけたのか?詳しく紹介します。

日産が誇るプロパイロットとは

CMやプロモーションなどでは自動運転が実用化されたような印象がありますが、プロパイロットは自動運転ではなく運転支援システムになります。

自動運転は技術面だけでなく、運転の責任を明確にする法制度や保険などクリアしなければならない課題が多く残っています。

技術的な面ではアメリカの運輸省道路交通安全局(NHTSA)や、内閣府などで自動化のレベルが4段階に分けられ、技術の達成度の目安として使用されています。

レベル1 アクセル、ブレーキ、ステアリング操作のいずれかをシステムが行う。運転の責任は全てドライバーが負います。
レベル2 アクセル、ブレーキ、ステアリング操作のうち複数の操作をシステム側が行う。システムが作動中の監視義務や安全運転の責任はドライバーが負います。
レベル3 全ての運転操作をシステムが行い、システムが要請した場合はドライバーが対応する。特定の交通環境下での自動走行が実現し、自動走行モード中はシステム責任となります。
レベル4 全ての運転操作をシステムが行い、ドライバーは全く運転操作に関与しない。出発から到着までをシステムが行う完全自動運転で、責任はシステムになります。

障害物を検知し、危険な場合に自動でブレーキをかけるエマージェンシーブレーキや、先行車との車間を維持しながら、自動的に速度を調整するアダプティブ・クルーズ・コントロールなど、既に実用化されている安全技術がレベル1になります。

自動運転の一般的なイメージに近いのは、システムが運転するレベル4または半自動運転ともいえるレベル3からで、プロパイロットは日本車で初、ミニバンタイプでは世界初のレベル2を実現しています。

参考までに、世界初の自動運転車と話題になったテスラのモデルSのオートパイロットも、技術的にはレベル2で完全自動運転ではありません。

プロパイロットは0~100km/hで、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動で制御する事ができます。

アダプティブ・クルーズ・コントロールと、ステアリング操作で車線を維持するレーンキープアシストを組み合わせ、単一車線において車間距離と車線を維持しながら、完全停止まで自動で行う事ができます。

時速10km/h以下で先行車がいる限定的な場面だけ手放し運転も可能ですが、それ以外の場合はステアリングから手を離すと警告が鳴り、手放し状態が続くとシステムは解除されます。

こうした先進技術は、高額な高級車に先行して搭載されるケースが多かったのですが、ミニバンのセレナに初搭載されるものも例外的です。

高価なセンサーではなく単眼カメラのみのため現実的な価格で装備でき、プロパイロットの普及に向けて日産の意気込みを感じます。

 

プロパイロットのメリット

ステアリング内のプロパイロットボタンを押し

ステアリング内のプロパイロットボタンを押す

プロパイロット開始

プロパイロット開始

プロパイロットの設定は、ステアリング内のプロパイロットボタンを押し、通常のクルーズコントロールの様に+-ボタンで車速を調整するだけです。

プラスマイナスボタンで車速を調整

プラスマイナスボタンで車速を調整

操作は非常に簡単で、作動するとメータパネルに設置されたディスプレイに作動状況が表示されます。

走行時のモニター表示

プロパイロットのモニター表示

先行車がいれば追従走行を行い、先行車の車線変更や割り込みにも対応。先行車の減速、停止に合わせて自動で停止まで行います。

停止後3秒以内なら自動で再発進し、その後はステアリングのレジュームスイッチを押すか、アクセルペダルを踏むことで再発進が可能です。

アダプティブ・クルーズ・コントロールと異なるのがカーブ走行で、ステアリングを自動で操作し車線を維持しながら走行します。作動中はステアリングにもフィードバック制御が入り、手を添えていると自動でステアリング操作が行われているのが体感的にわかります。

メリットを体感できるのは渋滞走行時

安全確保のため、システムで横断歩道や信号を検知し一般道では一部機能しないようになっていますが、高速道路や自動車専用道路ではカタログ通りの性能があります。

ステアリングに手を添えているだけで運転できるので、ロングドライブのストレスは大幅に軽減されます。

停止と発進を繰り返す渋滞時でも機能し、道路が混雑する連休にクルマで帰省するファミリーにはピッタリの装備といえます。

 

プロパイロットの価格は?

プロパイロットはいくらなのか?

プロパイロット単独では装備することは出来なくて、メーカーオプションのセーフティパックB(税込243,000円)を選択すると下記の装備とセットでついてきます。

セレナX Vセレクション、ハイウェイスターVセレクション以上のグレード、ライダー全車種に限りオプション選択できます。

  • SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム〈前席〉
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)インテリジェント パーキングアシスト
  • 進入禁止標識検知
  • インテリジェント アラウンドビューモニター
  • アラウンドビューモニターインテリジェント DA(ふらつき警報)
  • フロント&バックソナー
  • インテリジェント ルームミラーインテリジェントルームミラー
  • 電動パーキングブレーキオートブレーキホールド
  • プロパイロット
  • インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
  • ヒーター付ドアミラー
  • ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、プロパイロット、オーディオ)

標準装備化を進めるスバルアイサイトには及ばない

上記装備がセットで税込243,000円というと安いようにも感じますが、他メーカーも進んでいます。

特にスバルのアイサイトは、インプレッサやレボーグなど最近の車種で全グレード標準装備となっています。

性能的に優れたアイサイトが標準装備と聞くと、日産のプロパイロットをはじめとするセーフティパックBの税込243,000円も高く感じてしまいます。

スバルの自動運転技術アイサイトの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫ 

 

プロパイロットのデメリット

センサーが単眼カメラのみのため、強い雨や霧など視界が悪い状況では精度が落ちシステムが稼働しない場合があります。

またステレオカメラ方式のスバルのアイサイトや、レーダーや赤外線レーザーとカメラを組み合わせた複合方式を採用するボルボやメルセデスベンツと比較すると、センサーの精度や信頼性の面でもやや劣ります。

前述のように、一般道での使用は推奨されていません。車線維持は60km/hでなければ作動しないなど使用できるケースも限られるので、高速を利用して移動する機会が少なければ、20万以上するオプション代の元は取れません。

また先行車追随時の加速制御が鈍いため、アクセルを踏み増さないと先行車に置いて行かれるケースも多くあります。

セレナの運動性能も一因ですが、不自然なステアリングのフィードバックやブレーキの制御も含め完成度の面で不満が残ります。

エマージェンシーブレーキ

エマージェンシーブレーキ

プロパイロットと同じ単眼カメラを使用し、エマージェンシーブレーキ(衝突回避ブレーキ)も実現しています。

クルマや障害物に対しては10~80km/hで作動し、60km/h以下であれば人も検知し緊急ブレーキを作動します。

約30km/h以下で衝突回避能力がありますが、ステレオカメラ方式やレーダー方式であれば60km/h以下でも停止できるものもあります。

単眼カメラ方式のエマージェンシーブレーキは、エクストレイルやノートにも採用されていますが、同様に突出した性能ではありません。プロパイロットなど便利な機能の充実や進化も大事ですが、基本となる安全性能の向上が無ければ本末転倒です。

また2017年4月14日に国交省よりプロパイロットシステムでの事故と、自動運転機能についての注意喚起が報道発表されています。

(国土交通省:報道発表資料)
現在実用化されている「自動運転」機能は、完全な自動運転ではありません!!
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000244.html
消費者の注目が自動運転に集まる中、使い方やシステムの内容について正しく伝えるのはメーカーや販売店の責務です。プロパイロットは正しい使い方をすれば、メリットは十分あります。

ただし現状の運転支援システムは、クルマの自動制御の範囲が拡大しても、ドライバーに運転責任があることは変わりません。

ドライバーはシステムの稼働条件や制限をよく理解し、上手に活用することが大切です。

 

日産プロパイロットとは?まとめ

並走する2台のserena

国産車では最も熟成が進んでいるスバルのアイサイト(最新はVer.3)の機能を、シンプルな単眼カメラセンサーのみで超えてきたプロパイロットの技術は素晴らしいものです。

ただし、システム全体の精度や信頼性、安全性能ではプロパイロットはアイサイトには届いていません。

アイサイトはレベル2の自動運転は実現していないものの、既にアダプティブ・クルーズ・コントロールとレーンキープ機能は持っており、歩行者だけでなく自転車を検知し50km/h以下での衝突回避対応も実現しています。

完全自動運転の実現に向けて、同一車線自動運転技術のプロパイロットで第一歩を踏み出した日産の英断には拍手を送りますが、現状での完成度では今一歩です。

今後のシステムの熟成や、安全性能のさらなる進化に期待したいところです。

日産セレナの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-日産

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.