人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

日産残クレ

残クレ

日産の残価設定クレジット【残クレ】の徹底研究

更新日:

日産の人気車種に乗りたくても、新車を購入するとなるとたくさんお金が必要です。

もしまとまったお金がなくても残価クレジット(残クレ)を利用すれば新車が手に入ります。

日産の残クレについて調べると、次のことが分かりました。

日産残クレのポイント

  • 日産には残価設定型クレジット日産テーガク5という2つの残クレがある
  • 毎月定額の安い支払額であこがれの新車に乗ることができる
  • 日産の残クレは契約終了後の残価の最低保証がしっかりしている
  • 日産の残クレはメンテナンスパックが含まれたプランがある
新車値引きマスター
支払いが少なくて済むのは嬉しいのですが、果たして日産の残クレは本当にお得なのでしょうか?日産の残クレを利用して新車を購入する前に、今回の記事をよくお読みになってくださいね!

 

日産の残クレの特徴

日産の残クレには「日産テーガク5」「残価設定型クレジット(NISSAN BIG VALUE CREDIT)」の2つがありますので、それぞれの特徴をご紹介します。

こちらも人気記事

残価設定クレジットのメリットデメリットは?

 

日産テーガク5

日産テーガク5は、その名の通り5年間の残価設定ローンが組める残クレです。

残クレだけでなく車検やオイル交換などの基本料金が含まれた「メンテプロパック54」と、車の修理代を保証した「グッドプラス保証」をセットにした購入プランになっています。

5年先の買取保証と5年間のメンテナンス費用が含まれているのが大きな特徴です。

 

残価設定型クレジット(NISSAN BIG VALUE CREDIT)

残価設定型クレジット(NISSAN BIG VALUE CREDIT)は、3年・4年・5年と残価設定期間の設定が行なえる残クレです。

数年先の残価を設定して、残価を差し引いた金額を月々支払うという形は他メーカーの一般の残クレと変わりありません。

 

残価設定型クレジット(NISSAN BIG VALUE CREDIT)は、日産の残価設定型ローン特有の買取保証がついてくるという特徴が、他者の残クレと異なる点です。(このあと詳しく解説します)

 

日産テーガク5と残価設定型クレジット(NISSAN BIG VALUE CREDIT)の比較

項 目日産テーガク 5NISSAN BIG VALUE CREDIT
残価設定期間5年3年・4年・5年
ローン金利4.9%4.9%
車検費用(基本料金)含まれる含まれない
オイル交換費用含まれる含まれない
延長保証含まれる含まれない
買取保証含まれる含まれる

※金利は2018.5現在(時期によって特別金利キャンペーンの設定もあり)

 

日産残クレの対象車種

項  目日産テーガク5NISSAN BIG VALUE CREDIT
電気自動車ノートe-POWER

セレナe-POWER

ノートe-POWERメダリスト

リーフ

ノートe-POWER

セレナe-POWER

ノートe-POWERメダリスト

コンパクトカージューク、ノート、ノートメダリスト、キューブ、マーチ
軽自動車デイズルークス、デイズ、NV100クリッパーリオ
ミニバン・ワゴンエルグランド、セレナ

NV350キャラバン、NV200バネット

スポーツ・SUVフェアレディZ

エクストレイル、ジューク

GT-R、フェアレディZ

エクストレイル、ジューク

セダンティアナ

シルフィ

フーガ、フーガハイブリッド

スカイライン、シーマ

ティアナ、シルフィ

人気のセレナを購入するときに残クレが利用できるのは大きいですね。

例えば、日産が1.9%の特別低金利を実施しているときは、セレナ・ハイウェイスターVセレクションが頭金151,360円、ボーナス年2回・各92,000円の場合、月々21,000円からセレナに乗れるのです。

同じ条件で金利が通常の4.9%の場合は、月々に支払いが27,500円ですので、その差はかなり大きいですよね…。

 

日産の残クレのメリット・デメリット

ここでは日産の残クレに特化したメリット・デメリットをご紹介します。

2つのメリット

① しっかりとした残価保証がついている

日産残クレのポイント

例えば残クレを契約するときに200万円の新車の購入で、設定した残価が50万円だとします。

この場合、残クレで支払う金額は200万円-50万円=150万円を契約期間で分割払いします。

もし残クレの契約期間が終わったときの残価が40万円まで値下がりしたとすると、本当なら200万円-40万円=160万円(つまり本当は10万円の追加払い)の支払金額になるはずですが、日産の残クレの残価保証はしっかりしているため、このような場合でも残価は50万円で保証(追加払いなし)してくれるのです。

逆に残価が60万円に値上がりした場合は、200万円-60万円=140万円になります。

日産の残クレは、このような場合は実際の残価である60万円を優先してくれますので、払い過ぎた差額の10万円は次の新車の頭金に充当してくれますので、かなりお得ですね。

 

新車値引きマスター
トヨタやホンダの残クレでは残価が値上がりした場合でも、設定した残価でしか評価してくれないのですが、日産は評価差額を新車の頭金とみてくれるのが最大のポイントです!

 

②「日産テーガク5」はメンテナンスが込みになっている

日産テーガク5は「メンテプロパック54」「グットプラス保証」がついており、以下のサービスが受けられます。

メンテプロパック54グットプラス保証
新車1ヶ月、6ヶ月無料点検ドアミラー
安心6ヶ月点検(4回)カーナビ
法定12ヶ月点検(3回)パワーウィンドウ
オイル交換(9回)エアコン
オイルエレメント交換(4回)オーディオ
車検(1回)

グットプラス保証は、新車購入から3年間は、上記を例とした一般機器を無料で修理してくれます。

 

デメリットは大きく2つ

① 事故や損傷で車が返却できなくなる

事故や車にキズ等がついてしまった場合、残クレの契約期間終了時に追加料金が発生したり、車が返却できなくなります。

以下の表をご覧ください。

車  種免責基準精算可能上限値
フーガ、ムラーノ、GT-R、フェアレディZ、エルグランド、スカイラインクロスオーバー、シーマ20万円以内25万円
スカイライン、スカイラインクーペ、ティアナ、NV350キャラバン15万円以内20万円
日産リーフ、シルフィ、ラティオ、ウイングロード、マーチ、ノート、キューブ、エクストレイル、ジューク、セレナ、ラフェスタハイウェイスター、NV200バネット、デイズルークス、デイズ、モコ、NV100クリッパーリオ10万円以内15万円

査定は1000円=1点で計算します。

例えばノートは、免責基準が10万円以内(100点以内)、精算可能上限値が15万円以内(150点以内)です。

査定の減点が100点以内なら追加料金なしで返却できますが、100点を超えると1点ごとに追加料金が発生します。

減点が150点を超えると返却すらできなくなります。

 

② 走行距離が超過した場合の清算

他車の残クレと同じように日産の残クレでも、最終的な走行距離が一定距離をオーバーすると追加支払いが生じます。

月間走行距離が1,000㎞を超えた場合の、1kmあたりの精算額は車種ごとに異なるので、日産ディーラーに問い合わせることになります。

例えば1kmの過走行で5円の精算が必要な車種では、走行距離が5,000㎞オバーした場合は、25,000円(5,000㎞×5円)の追加支払いが必要となります。

 

実際の日産車でのローンと残クレの比較

実際にローンと残クレではどれだけ支払金額の負担に差がでてくるのでしょうか。

日産ノート
2018.5登録新車
グレード:MEDALIST
ボディカラー:黒
①新車車両本体価格200万円②頭金0円
③購入にかかる諸費用20万円④借入額(①+②+③)220万円
⑤残価設定金額40万円⑥3年間の支払額(④-⑤)180万円
ボーナス時支払額0円借入期間3年
残クレ金利4.9%ローン金利4.9%

上記の車を同じ返済年数、同じ金利でシミュレーションしてみました。

(1)ローン(2)残クレ比較(1)-(2)
借入期間3年3年
毎月の返済額65,837円55,499円10,338円
ボーナス月返済額0円0円0円
年間返済額790,044円665,988円124,056円
3年間の返済総額2,370,132円1,997,964円372,168円
3年後一括返済額0円400,000円▲400,000円
返済総額2,370,132円2,397,964円▲27,832円

表の3年間の残クレ契約期間が終了し、車の事故などの損傷がなければ残価設定金額の40万円を支払う必要はなく、1,997,964円でノートに乗ることができます。

車を返却せず購入する場合は残価設定金額40万円を支払うことになりますが、そうするとノートをローンで購入したほうが27,832円お得に購入できることが分かりますね。

3~5年ごとに車を乗り換えるのであれば残クレの利用をおすすめします。

 

日産の残価設定クレジットの徹底研究 まとめ

日産残クレ

今回は日産の残価設定クレジットについて細かくみていきました。

日産の残クレは車種によって残クレが利用できます。

人気車種のセレナやノートを購入する際も残クレが使えますので、ぜひ利用しましょう。

新車値引きマスター
日産の残クレは残価保証がしっかりしていますし、メンテナンスまで行なってくれるところが他社にはあまり見られないサービスですので利用する価値はあります!

トヨタの残クレのようにメンテナンスは実費でやると、思わぬ費用がかかりますからね…。

今回の記事を参考に、日産の残クレを利用して新車を購入してみてはいかがでしょうか。

-残クレ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.