人気車の値引情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

日産ノートのグレード選びはこれで決まり!

ノート

新型日産ノートのベストチョイスグレードは?

更新日:

日産ノートには豊富なラインナップがあり、結局どれが一番いいのか悩んでしまっているという方も多いのではないでしょうか。

ノートのグレード選びで注意すべきことは何でしょうか?

ノートのグレード選びのポイント

  • 動力は1.2Lエンジンとe-POWERの2つなのでシンプル
  • だけどグレードが多すぎて、みんな混乱する
  • 他のグレードとe-POWERは別の車種と考えましょう
  • こだわりたい人向けに特別仕様車が4種類もあり
新車値引マスター
ノートのグレード選びで迷う人が多いようです。多すぎるグレード構成が複雑でみんな混乱しています。e-POWERの追加でさらに悩みが増えたので、この記事で頭を整理しましょう!

 

こちらも人気記事

【e-power】日産ノートe-POWERの評価≪本当の実力をチェック≫

 

かんたん理解!ノートのグレード構成

とても分かりにくい最近の日産のグレード構成、ノートははっきり言ってグレード多すぎでぐちゃぐちゃです。

日産全般に言えることですが、グレード構成は「もっとシンプルにしてほしい!」と主張したいと思います。

最近売れている車(トヨタC-HRやプリウスなど)は、むしろシンプルなグレード構成がユーザーに受けています。

 

「豊富なラインナップ!日産ノートのグレード構成」

日産・ノートには、現行モデルの中で大きく分けて「3つのグレード」と「2つの特別仕様車」のラインナップがあるとお考えいただければ判りやすいです。

選択の方法としては、『エンジンタイプを選ぶ→グレードを選ぶ→好みに応じて特別仕様車と比較』という方法が一般的な流れになるかと思います。

 

かんたん理解!ノートのグレード構成

ノート通常モデルのグレード価格表

ノート通常モデルのグレード価格表

ベースグレード:ノート

ノートの青

ノートの中でもベースとなるのが「X」です。実用性を重視しつつ車両価格も150万円以下とコンパクトに抑えられているのがこのグレードです。

ノートはどの車種においても外観の違いはさほどありません。

普及モデルの「X」、エンジンがエコスーパーチャージャーモデルの「X DIG-S」、4WDモデルの「X FOUR」「X FOUR スマートセーフティエディション」、廉価版の「S」の5車種があります。

廉価版のSは商用車使用で使う方が多いと思いますので実質的にはX以上のグレードから選ぶことになります。

 

上級グレード:ノート メダリスト

ノートメダリスト

メダリストとは元々、日産の高級セダン「ローレル」の最上級グレードにつけられていた名称です。

ノートの最上級グレードに冠されただけあって外装や内装もより豪華になっています。

最上位モデルの「メダリスト」、普及モデルの「メダリスト X」、4WDモデルの「メダリスト X FOUR」「メダリスト X FOUR スマートセーフティエディション」の4車種があります。

 

話題の大ヒット作:ノートe-POWER

ノートe-POWER

2016年11月から発売された新グレードの車種で、発電専用のガソリンエンジンと、走行用の電気モーターを組み合わせたハイブリッド車です。

エンジンで発電してモーターだけで走るため、他のグレードとはパワートレインが全く異なります。

e-POWERには下記の3車種があります。

  1. 最上位モデルの「e-POWER メダリスト」
  2. 普及モデルの「e-POWER X」
  3. 廉価版の「e-POWER S」

 

多すぎ!ノートの特別仕様車を整理する!

ただでさえ複雑なノートのグレード構成ですが、複数の特別仕様車の存在でさらに分かりにくくなっています。

ここではその特別仕様車について解説します。

なお、以前設定されていた高級志向の特別仕様車「モードプレミア」は廃止になっています。

 

特別仕様車① ブラックアロー 知的でクールな特別仕様

Black Arrow

「ブラックアロー」はノートの既存グレードを装備アップしたモデルで、内外装の細かな意匠をスポーティに降ったモデル。

NISMOのように極端なスポーツグレードではないまでも、スポーツ感を味わうためには丁度いい装備内容です。

そして、1.2L車、スーパーチャージャーの DIG-Sにも広く設定したことで、新たなグレードとして定着する可能性のあるモデルです。

 

グレードの概要

Black Arrowインテリア

スポーティさを強調したスタイリッシュな新グレード、「ブラックアロー」が追加設定されました。

「ブラックアロー」は、ベースグレードの「S」・「e-POWER S」を除くすべてのグレードに設定されているのが特徴です。

装備としては、ルーフやドアミラー、アウトサイドドアハンドルのブラック化に加え、ダークメタリック塗装の15インチアルミホイールを採用し、スポーティなエクステリアデザインとなっています。

インテリアは、内装トリム(ルーフトリム、ピラー等)をブラック化し、シートやドアトリムクロス、フィニッシャー類を専用カラーとなっていて、エクステリアのブラックルーフの採用と併せて、知的でクールなインテリアを表現しています。

また、「e-POWER X ブラックアロー」と「e-POWER MEDALIST ブラックアロー」には、インテリジェント クルーズコントロールやインテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)が標準装備(「e-POWER MEDALIST」は標準装備、「e-POWER X」にメーカーオプション設定)されます。

 

特別装備の内容

Black Arrow特別装備

Black Arrow特別装備

「e-POWER X ブラックアロー」と「e-POWER MEDALIST ブラックアロー」を除く
  • ❶ブラックルーフ
  • ❷ドアミラー、❸アウトサイドドアハンドル(ブラック化)
  • ❹15インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)
  • シート、ドアトリムクロス、フィニッシャー類(専用カラー)

    ドアトリムクロス(専用カラー)
  • ルーフトリム、ピラー(ブラック化)

ルーフトリム、ピラー(ブラック化)

「e-POWER X ブラックアロー」と「e-POWER MEDALIST ブラックアロー」 上記装備に加えて

  • インテリジェント クルーズコントロールやインテリジェントLI

 

ベースモデルからの価格の違い

グレード名 駆動方式 メーカー希望小売価格(消費税込) ベースモデルとの価格差
X ブラックアロー 2WD 1,638,360 円 114,480円
MEDALIST X ブラックアロー  2WD 1,805,760円 71,280円
X DIG-S ブラックアロー 2WD 1,838,160 円 71,280円
MEDALIST ブラックアロー  2WD 2,163,240円 71,280円
X FOUR ブラックアロー 4WD 1,854,360円 114,480円
MEDALIST X FOUR ブラックアロー 4WD  2,021,760円 92,880円
e-POWER X ブラックアロー  2WD 2,114,640円 92,880円
e-POWER MEDALIST ブラックアロー  2WD 2,353,320円 71,280円
e-POWER X FOURブラックアロー 4WD 2,330,640円 92,880円
e-POWER MEDALIST FOURブラックアロー 4WD 2,640,600円 71,280円

 

特別仕様車② C-Gear(シーギア) SUVテイストあふれる内外装

ノート C-Gear

「C-Gear」は人気のSUVテイストを高めるために、かなりの数の専用パーツを採用したモデル。

想定するライバルのトヨタ「アクアCrossover」は、マイナーチェンジで従来型の「X-URBAN」を強化し、シリーズの人気を牽引するグレードになっています。

ノートシーギアグレード価格表

グレード 駆動方式 価格
Xシーギア 2WD 1,793,880円
X FOURシーギア 4WD 2,009,880円
e-POWER Xシーギア 2WD 2,259,360円
e-POWER Xシーギアツーリングパッケージ 2WD 2,345,760円
e-POWER X FOURシーギア 4WD 2,475,360円

装備内容も似通っていますが、一グレードにすぎない「Crossover」に対して、手ごろな価格のガソリン1.2L車を4WDも含めてラインナップするなど、特別仕様車とはいえ、現在の人気をさらに不動のものにするべく投入された主力モデルにもなりえるモデルです。

 

シーギア グレードの概要

ノート C-Gear インテリア

「C-Gear」は、アウトドアシーンだけではなく、普段着としてアウトドアウエアを着こなす感覚で乗れる、遊び心を刺激する存在感のあるSUVテイストあふれる内外装となっています。

装備内容としては、ダークメタリック色のスタイリングガードやホイールアーチガーニッシュを装着し、専用デザインの15インチアルミホイールやグリーン色をあしらった専用シートクロスを採用。

また、足元をひき立てる専用デザインの16インチアルミホイールやファインレスポンスVCMなどを採用した「ツーリングパッケージ」を「e-POWER X」に設定しました。

 

特別装備の内容

ベース車 X / X FOUR / e-POWER X

特別装備
  • ダーククロムフロントグリル〈ノート シーギア専用〉
    ノート C-Gear フロントグリル
  • ダークメタリックフロントスタイリングガード〈ノート シーギア専用〉
    ノート C-Gear スタイリングガード
  • LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ、LEDポジションランプ付)
  • フォグランプフィニッシャー(アクセントカラー)〈ノート シーギア専用〉
    ノート C-Gear フォグランプフィニッシャー
  • フォグランプ
  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(グロスブラック)
  • ルーフモール〈ノート シーギア専用〉
    ノート C-Gear ルーフモール
  • ダークメタリックサイドスタイリングガード〈ノート シーギア専用〉
    ノート C-Gear サイドスタイリングガード
  • ダークメタリックリヤスタイリングガード〈ノート シーギア専用〉
    ノート C-Gear リヤスタイリングガード
  • ダークメタリックホイールアーチガーニッシュ〈ノート シーギア専用〉
    ノート C-Gear ホイールアーチガーニッシュ
  • グロスブラック15インチアルミホイール(15×5.5J)&185/65R15 88Sタイヤ
    ノート C-Gear 15インチアルミホイール
  • シートクロス(トリコット)〈ノート シーギア専用〉
オーテック扱いオプション(ツーリングパッケージ)

「e-POWER X シーギア」のみ選択可能

  • [グロスブラック16インチアルミホイール&195/55R16 87Vタイヤ
  • 専用チューニングサスペンション
  • 専用チューニング電動パワーステアリング
  • ボディ補強(フロントクロスバー、フロント&リヤサスペンション、メンバーステー、センタートンネルステー、テールクロスバー
  • ファインレスポンスVCM

※オーテックジャパン扱いの「C-Gear」は持込み登録となります。

特別仕様車③ NISMO もはや定番のスポーツモデル

ノートニスモ

スポーツドライビングへの機能と快適性を追求し、さらに上質でスポーティな走りを実現しています。専用スポーツシートの他、専用ボディ補強や専用サスペンションなどを採用。

通常のノートとは一線を画し、日産のスポーツブランドNISMOの名を冠した特別仕様車です。

「ノート NISMO」「ノート NISMO S」「ノート e-POWER NISMO」の3車種があります。

 

特別仕様車④ ノート「AUTECH」は高級カスタムカー

オーテックだけの特別色オーロラフレアブルーパール

AUTECH(オーテック)はプレミアムかつスポーティなスタイリングがセールスポイントのサブブランドです。

オーテックだけの特別色「オーロラフレアブルーパール」も選べます。

 

特別仕様車が多すぎてよく分からない

パワーユニットが3つあり、バリエーションの複雑なノートのグレード体系が、4つの特別仕様車でさらに増えてしまい、今まで以上にわかりにくいグレード構成になっているのが気がかりです。

トヨタアクアやプリウスの様なシンプルなグレード構成の方が、ユーザーも混乱しないで安心して選べるのではないでしょうか。

 

 グレード間の装備差、価格差の説明

日産ノートのグレードにはどんな装備差や価格差があるのか?主にこちらでは、先述した3つの通常グレードについて説明します。

ノート

こちらは最安価格なベースグレードながらも、どの車種にもエマージェンシーブレーキとLDW(車線逸脱警報)を標準装備するなど、安全性能は上級グレード並みとなっています。

価格はおよそ「X DIG-S」が174万円、「X」が150万円、「X FOUR(4WD)」が171万円、「X FOUR スマートセーフティエディション」が183万円、「S」が140万円となっています。

大きな特徴として「X DIS-S」には、低燃費とスーパーチャージャーによる爽快な加速を両立する『HR12DDRエンジン(98PS/142N・m)』が搭載されています。

JC08モードの燃費数値を見てみると「X」が23.4km/L、「X FOUR(4WD)」が18.2km/Lなのに対し、「X DIS-S」はハイパワーなのに26.2km/Lを叩き出しています。

他にも「X DIS-S」のみで装備されているのは主に下記の通りです。

  • 3眼メーター
  • オートエアコン(プッシュ式、デジタル表示)
  • 外気温度計(メーター内ディスプレイ)

つまりエンジンと運転席まわりの装備を除くと、「X DIS-S」と「X」で基本的なスペックの違いはさほど見受けられません。

逆に最廉価版の「S」では実装されていない装備がたくさんあります。

  • スーパーUVカット断熱グリーンガラス(フロント)
  • オートライトシステム
  • 電動格納式ドアミラー
  • マップランプ
  • プッシュエンジンスターター
  • インテリジェントキー
  • 運転席・助手席バニティミラー
  • フロント2スピーカー
  • 運転席シートリフター
  • エンジンイモビライザー

価格を抑えたとはいえ「S」はかなり残念なスペックと言わざるを得ないでしょう。

 

ノート メダリスト

こちらは通常のノートよりも標準装備される内容が増えてさらに上質になったグレードです。

シート地やドアトリム地にジャカード織物/合皮を採用しており、インテリアは通常のノートよりも格段に高級感が増しています。

価格はおよそ「メダリスト」が198万円、「メダリスト X」が163万円、「メダリスト X FOUR(4WD)」が184万円、「メダリスト X FOUR スマートセーフティエディション」が193万円となっています。

通常のノートにはなく、メダリストで標準装備されているのは主に下記の通りです。

  • 本革巻3本スポークステアリング
  • オートエアコン
  • 外気温度計(メーター内ディスプレイ)
  • 助手席シートバックポケット
  • 運転席&後席アームレスト(カップホルダー2個付)
  • メダリスト専用外装、MEDALISTエンブレム
  • ヒーター付ドアミラー

また、最上位モデルの「メダリスト」には「ノート X DIG-S」と同じ『HR12DDRエンジン(98PS/142N・m)』が搭載されており、JC08モードの燃費数値は26.2km/L。

一方の「メダリスト X」は23.4km/Lとなっています。

他に最上位モデルの「メダリスト」のみで標準装備されているのは、

  • LEDヘッドランプ
  • フォグランプ
  • 185/65・15インチアルミホイール(メダリスト Xは185/70・14インチフルホイールカバー)

という内容です。

また、後部座席にもアームレストがあるのは「メダリスト」シリーズのみです。

3名以上での乗車が多く、後部座席の居住空間にもこだわりたい場合にはこのメダリストを選ぶとよいでしょう。

 

ノートe-POWER

こちらは他のグレードとはパワートレインが全く異なります。

エンジンで発電してモーターで走るという新しい電気自動車のシステムを採用しています。

いわゆるシリーズハイブリッドとなり、充電式ではないので使い勝手は普通のガソリン車と同様です。

価格はおよそ「e-POWER メダリスト」が224万円、「e-POWER X」が196万円、「e-POWER S」が177万円となっています。

気になる走り心地ですが、発進時から一気に最大トルクを発生するモーター特有の優れた瞬発力により、素晴らしい加速を体感できます。

市街地や高速道路での走行中でも、アクセルの踏み増しへのレスポンスがよくキビキビとした走りを楽しめます。

シリーズハイブリッドとして重視したい燃費について、JC08モードの燃費数値は「e-POWER メダリスト」と「e-POWER X」が34.0km/Lに対して、「e-POWER S」は37.2km/L。

但しエンジン本体は全てノートの1.2Lエンジン『HR12DE-EM57』を使用しており、「e-POWER S」だけ伸びているのは装備などをできるだけ簡略化して車体重量を軽量化しているからに過ぎません。

最上級モデルの「e-POWER メダリスト」のみに標準装備されているのは主に下記の通りです。

  • 本革巻3本スポークステアリング
  • フォグランプ
  • 185/65・15インチアルミホイール
  • 助手席シートバックポケット
  • 運転席&後席アームレスト(カップホルダー2個付)
  • ラゲッジルームランプ
  • メダリスト専用外装、MEDALISTエンブレム

また「e-POWER メダリスト」と「e-POWER X」の両方で標準装備されているのは主に下記の通りです。

  • オートエアコン
  • オートライトシステム
  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー
  • 運転席・助手席バニティミラー
  • リヤドアポケット(ボトルホルダー付)
  • 運転席シートリフター(ラチェット式)

e-POWERの場合はパワートレインが全く異なることもあり、運転席周りの印象は他のグレードに比べてやや洗練された印象があるのが特徴的です。

 

ノート非e-POWERモデルのベストチョイスグレード

ノートx_digs

ノート非e-POWERモデルの中でベストチョイスグレードを選ぶとすれば「X DIG-S」を挙げます。

『HR12DDRエンジン』を搭載した「X DIG-S」は燃費もよく、エコカー減税の面でも非常にお得になっています。

同じ『HR12DDRエンジン』を搭載している上位モデルの「メダリスト」は200万円、対して「X DIG-S」は174万円。

差額の26万円を端的に内装代と考えてみるならば、「X DIG-S」はとてもコストパフォーマンスに優れた車種ではないかと考えます。

まずは「X DIG-S」を見て、さらにインテリアの質感の良さを希望するのであれば上位グレードの「メダリスト」シリーズの中から選んでみてはどうでしょうか。

 

ノートe-POWERのベストチョイスグレード

ノートe-POWER

ノートe-POWERの中でベストチョイスグレードを選ぶとすれば「e-POWER X」を挙げます。

エンジン自体はどの車両も同じですので、インテリアにこだわりがなければ間違いなく「e-POWER X」がオススメです。

全体的な装備やインテリアは「e-POWER メダリスト」の方が上ですが、価格が約233万円。「e-POWER X」との価格差が約36万円あることがポイントです。

逆に絶対選んではいけないのが「e-POWER S」。とにかくいろんな装備が省略されており全く実用性に欠けています。

またノートe-POWERの注意点として、オプションで寒冷地仕様は選択できますが、全車種において4WDの設定はありません。

積雪地にお住まいなどの理由で4WDが必須であれば、ノートe-POWERは候補から外すべきでしょう。

 

日産ノートのベストチョイスグレードのまとめ

日産ノートのグレード選びはこれで決まり!

 

1台だけ選ぶならこのグレード、その理由

日産ノートの中で1台だけ選ぶなら「ノート X DIG-S」をここでは候補に挙げたいと思います。

理由としては、走行性能と居住空間などのトータルバランスがなかなか優れており、コンパクトカーとして購入することを考えると「ノート X DIG-S」は非常に現実的な選択ではないでしょうか。

次点には、インテリアの質感が良い「ノート メダリスト X」、シリーズハイブリッドとして燃費のよい「ノート e-POWER X」を挙げておきます。

e-POWERは売れ筋ではあるものの価格帯も高価であるゆえ、お財布に余裕のある方以外は通常モデルのノートでも充分によい選択です。

こちらも人気記事

日産ノート(e-POWER)の限界値引き情報【2018年12月】

 

 

面倒でも商談前には、車の査定額を出しておく

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です
今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。
なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼
査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ!
田中さん夫
やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべき

 

自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

実際のネット査定例で、ディーラーの下取り査定価格が安かったことが確認できました!

ディーラーよりも30万円も高かった

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

 

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-ノート

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.