人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

日産ノートe-POWER vs ホンダフィットハイブリッド5番勝負

ノート フィット

日産ノートe-POWER vs ホンダフィット ハイブリッド5番勝負

更新日:

国産ハイブリッドコンパクトカーの双璧と言えば、フィットハイブリッドとノートe-POWER

どちらがファーストチョイスなのか?

この2車を当サイトが徹底的に比較します。

新車値引マスター
たいへん悩ましい、日産ノートe-POWERとホンダフィットハイブリッドどちらを選ぶかの選択について、当サイトがズバリ答えを出します!

 

勝負の前にノートとフィットを再確認

コンパクトクラスでハイブリッドモデルを持たなかった日産が、2016年に満を持して投入したモデルがノートe-POWERです。

ノートe-POWERはモーターのみで走行するEVのシステムに、エンジンで発電するレンジエクステンダーを搭載したシリーズ式ハイブリッドを採用しています。

一方ホンダのフィットハイブリッドは、2013年発売の3代目から「SPORT HYBRID i-DCD」と呼ばれる新型ハイブリッドシステムを搭載しました。

走行状況に合わせてエンジンとモーターを使用する、パラレル型ハイブリッドが特徴です。

同じコンパクトクラスながら、異なるハイブリッドシステムを持つノートとフィットを対決させてみましょう。

新型アクアの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫

日産ノートe-POWERの評価≪本当の実力をチェック≫

 

対決その1 走行性能対決

ノート:プレミアムコロナオレンジ正面

ィットのハイブリッドシステムは、7速のデュアルクラッチトランスミッションに29.5psのモーターを組み込み、110psの1.5リッターガソリンエンジンと組み合わせています。

トヨタ・アクアの動力分割式ハイブリッドと異なり、マニュアルミッションのようにシフトアップしていくフィーリングはスポーティーなホンダらしい味付けです。

発売当初はハイブリッドシステムでリコールを多発しフィット全体の評判を落としましたが、現在では信頼性を取り戻しヴェゼル、シャトルやフリードにも同じシステムが搭載されています。

2017年には後期型にマイナーチェンジし、ボディ補強や足回りのセッティング変更、静粛性の向上が図られました。

キビキビとした軽快な操縦性はそのままに乗り心地が向上し、最終モデルらしい熟成度です。

 

ートは、電動走行独特の走行フィーリングが魅力になります。

アクセルを踏んだ瞬間にモーターが最大トルクの25.9kgf・mを発生し、リニアにグイグイ加速していく力強さはスポーツカー並みです。

減速エネルギーを電力として回収する回生ブレーキを積極的に使用することで、アクセルペダルだけで速度調節が可能になりブレーキを使用する回数を減らせます。

ガソリンエンジンとは全く異なる加減速は、それだけでノートを選ぶ理由になるほど新鮮なフィーリングです。

またリチウムイオンバッテリーを床下に配置しているためボディは低重心化され、ガソリン車のノートよりも落ち着いた安定感のある走りになります。

全体的な走行性能ではフィットの完成度が光りますが、ノートの先進的なドライビングフィールの新鮮さにはかないません。

 

走行性能勝負はノートの勝ちです。

 

対決その2 燃費で対決

ハイブリッドだけに、燃費性能は重要なポイントです。

燃費に影響する駆動方式は、ノートはFFのみ、フィットはハイブリッドモデルにも4WDが設定されています。

グレード駆動方式燃費(km/L:JC08モード)
ノートe-POWER SFF37.2
e-POWER XFF34.0
e-POWER MEDALISTFF
フィットHYBRIDFF37.2
4WD29.4
HYBRID FFF34.0
4WD28.6
HYBRID L HondaSENSINGFF34.0
4WD28.6
HYBRID S HondaSENSINGFF31.8
4WD28.0

フィットは前期モデルでは36.4km/Lの燃費で後発のノートに後れを取っていましたが、後期型で様々な改良を行いノートに追いついています。

ートの"X"とMEDALIST、フィットの"F"やL HondaSENSINGなどの売れ筋グレードでも全く同じ燃費です。

互角の勝負ですがユーザーにとって大事なのはカタログ燃費ではなく、実走行での燃費でしょう。

ノートは走行用バッテリーを充電するためだけに、エンジンを使用します。

ストップ&ゴーの多い市街地では回生ブレーキによる充電が可能で、エンジンの使用を少なくすることが可能です。

一方で高速道路や流れの良い郊外のバイパス道路などでは、エンジンでの発電だけに頼ることになるため燃費は悪化します。

 

ホンダ フィット

ィットは発進や加速時などはモーターとエンジンが協調して駆動することでガソリン消費を抑え、高速巡行などでは効率の良いエンジンのみで走行します。

エンジンとモーターを切り離して制御するシステムのため、モーターのみの走行も可能な上、減速時の回生発電でもエンジンの抵抗によるロスがありません。

クルマの使い方によっては思ったような燃費がでないノートより、オールマイティーな燃費性能を持つフィットの勝ちとします。

 

対決その3 値段(コストパフォーマンス)対決

ホンダフィットのグレード・価格表

ホンダフィットのグレード・価格表

ィットは、マイナーチェンジで安全装備をシティブレーキアクティブシステムからホンダセンシングへ切り替えています。

ホンダセンシングはミリ波レーダーと単眼カメラで常に車両の前方を監視し、さまざまなケースの事故低減を実現する先進安全装備の総称です。

衝突軽減ブレーキ(CMBS)、ステアリングの操作で車線逸脱を防ぐ路外逸脱抑制機能、誤発進抑制機能、歩行者との衝突を予測すると警告と回避操作を支援する歩行者事故低減ステアリングなど8つの機能がセットとなります。

アクセルとブレーキを自動で制御し、車間距離を維持しながら速度を維持するアダプティブクルーズコントロールや、車線中央を維持できるよう操舵を支援する車線維持支援システムは高速道路などでの長距離移動の疲労を軽減してくれるでしょう。

売れ筋は充実装備のHYBRID L HondaSENSING(¥2,079,000)で、ホンダセンシングに加えLEDヘッドライト、LEDフォグライト、本革巻きステアリングやブラックコンビシートを装備しています。

サイドエアバッグも標準で装備されるため、買い得感の高いグレードです。

ただし、ほぼ同装備のガソリン車13G・L Honda SENSING(¥1,653,480)の43万円高になり、燃費の良いハイブリッドとはいえガソリン代だけでは初期費用を回収できません。

ガソリン車よりも高い動力性能や、静粛性の高さなどの付加価値でハイブリッドを選んだ方が良いでしょう。

 

ートで最も燃費の良い"S"は、発売当初はオプションでもエアコンがつけられない燃費スペシャルグレードでしたが、2017年9月の仕様向上でオートエアコンが付き、実際にベースグレードとして選べる装備内容になりました。

ノート通常モデルのグレード価格表

ノート通常モデルのグレード価格表

 

それでも安全装備はオプションになるため、人気グレードはエマージェンシーブレーキが装着されるXグレード(¥1,965,600)です。

エマージェンシーブレーキは単眼カメラを使用したタイプですが、標準では緊急時の衝突被害軽減ブレーキと車線逸脱通報機能のみで、アダプティブクルーズコントロールは¥81,000のオプションです。

LEDヘッドランプは¥75,600、LEDフォグランプが¥68,102、サイドエアバッグも¥48,600のオプションなのでフィットと装備内容を同じにすると220万を超えます。

またノートには走行用バッテリーの経年劣化の心配もあり、ベースとなったリーフでもリセールバリューを大きく落とす原因になっています。

走行距離が伸びるほど燃費が悪化する可能性もあり、バッテリーの交換などガソリン代以外の費用がかかるかもしれません。

コストパフォーマンスでは、圧倒的にフィットの勝利です。

 

対決その4 販売台数(人気)対決

【最新】国内自動車販売台数ランキング

ィットは、初代から常に販売ランキングの上位に入る人気のモデルです。

2代目から追加されたハイブリッドモデルも、現行では販売台数の約半分を占めるまでになっています。

2013年に発売した現行モデルも月販目標15,000台を大きく上回るペースで売れましたが、ハイブリッド車の度重なるリコールなどもあり2015年以降は4ケタの販売台数に落ち込むことも多くなりました。

モデル末期ということもありますが、初代、2代目フィットからN-BOXなどの軽自動車にダウンサイジングしたホンダユーザーが多いのも理由の一つです。

ートは2012年の発売ですが、月販目標の10,000台に届かない月がほとんどでした。

1.2リッターガソリン+スーパーチャージャーのダウンサイジングエンジンで勝負しましたが、直接のライバルとなるアクアやフィットのようにハイブリッドを持たなかったのが一番の理由です。

待望のハイブリッドe-POWERが起爆剤となり、一気に販売台数を伸ばし2016年11月には日産車として30年ぶりの販売台数トップになっています。

e-POWER はノート全体の販売台数の70%を占め、2016年下半期のコンパクトカー販売台数ナンバー1にも輝きました。

トヨタやホンダのハイブリッドとは異なるシステムを採用したことで、ノートの独自性を評価するユーザーの指名買いも多く、当分はフィットを抑えてノートの人気が続きそうです。

 

対決その5 デザイン(カッコよさ)対決

ィットは歴代のイメージを残しつつ、今風のワル顔的なデザインエッセンスを取り入れています。

バンパーはメッシュパネルを多用した複雑な形状で、きりっとしたヘッドランプでスタイリッシュなイメージです。

リア周りもバンパーとボディが一体化し、テールランプもピラーまで回り込んだ特徴的なデザインになっています。

サイドビューは最もフィットらしさを感じますが、フロントドアで折れ曲がっているサイドのプレスラインには違和感があります。

シンプルながらも高い実用性を表現した歴代フィットのデザインに対し、モダンさはあるもののまとまり感が薄く感じる点が残念です。

HYBRID・F

 

ートはフロントのVモーショングリルが特徴で、e-POWERにはグリルにブルーのラインが入り、専用のツートーンのボディカラーも選べます。

リアハッチはワンモーションフォルムのフィットより垂直に近く、オーソドックなハッチバックスタイルです。

目立つ要素は少ないですが、嫌われる要素も無いので長く付き合えるデザインでしょう。

ノートの残念な点は、エクステリアではなくインテリアデザインです。

コンパクトカーとしては質感もデザイン性も高いフィットに対し、ノートのインテリアは先進感を感じません。

特に中央に液晶パネルが付いた丸形のエアコン設定パネルは、安物のラジカセの様で後付け感もありガッカリします。

価格を抑えるためガソリン車との共用デザインとなるのも仕方ありませんが、先進の駆動システムに見合ったインテリアが欲しいところです。

カッコよさ対決はエクステリアデザインでは引き分けインテリアデザインでフィットの勝ちとします。

 

まとめ 最終勝者はこの車

日産ノートe-POWER vs ホンダフィットハイブリッド5番勝負

ノート2勝、フィット3勝になりましたが、今の人気は確実にノートの方が優勢です。

「最小限のガソリンを入れるだけで、充電要らずのEV」という新しい駆動システムによる、他のハイブリッドやガソリン車とは異なるドライビングが味わえるのが人気の秘密になっています。

フィットも最終モデルの熟成した完成度は高く、ハイブリッドではひとクラス上の静粛性と動力性能を楽しめるモデルです。

同じハイブリッドでも個性が異なる2台で非常に悩む勝負ですが、トータルバランスではフィットに分があります。

対決通り、最終勝者もフィットとします。

日産ノート(e-POWER)の限界値引き情報【2019年8月】

フィットの限界値引き徹底調査情報【2019年8月】

 

面倒でも値引き商談前には、車の査定額を出しておく

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です
今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。
なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼
査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ!
田中さん夫
やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべき

 

自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

実際のネット査定例で、ディーラーの下取り査定価格が安かったことが確認できました!

ディーラーよりも30万円も高かった

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

 

-ノート, フィット

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.