人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

N-WGNの評価と口コミ

N-WGN

ホンダN-WGNの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫

更新日:

ホンダが軽自動車のラインナップで展開しているNシリーズ。その第4弾として満を持して2013年11月にリリースされたのがホンダ・N-WGN(エヌ・ワゴン)。

軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発されました。

発売翌年の2014年5月には平成25年度自動車アセスメント(JNCAP)において最高評価となる「新・安全性能総合評価 ファイブスター賞」を軽自動車としては初めて受賞し、同年10月には「2014-2015 日本カー・オブ・ザ・イヤー スモールモビリティ部門」を受賞するなど、実力を大きくアピールすることに繋がっています。

発売以降は2度の一部改良も実施されながら着実にセールスを伸ばし続けているN-WGN。実際に乗っているユーザーからの口コミや評価からその全貌を分析してみます。

こちらも人気記事

⇒【2019年6月】ホンダN-WGNの限界値引き最大額は?

 

ホンダN-WGNの評価、口コミ

走行性能の口コミ

ホンダが新たに投入した軽自動車ということで一番気になるのは走行性能。その口コミではユーザーからの好評価が際立っているようです。

 

「NAでも思っていたより静かでよく走る。街乗りには特に不満なし」

「ハンドリング・ブレーキ・エンジンブレーキともくせがない」

「NAですが動力性能面での不満は全くないし、競合車との差が歴然。同じ排気量とは思えないくらい違います」

「ホンダのエンジンらしくアクセル強く踏むと元気良く回る。ただ高回転域になるとエンジン音がうるさい。逆に言うと“うるさくない加速”=“燃費の良い運転”になるということでしょう」

「ターボ付きですが他社の軽ターボより速い。下手な普通小型車にも負けない加速ができる」

「アクセルワークは軽やかで出足もスムーズ。80キロくらいまでならノーストレスです」

「カスタムのGターボパッケージに乗っていますが、パドルシフトが面白い。ハンドルを離さずにシフトチェンジができるのでF1っぽい雰囲気が味わえるし、峠道での登りの加速や下りのエンブレの際に非常に便利。これを軽自動車へ実装してくるところにホンダらしさを感じる」

「年に数回は長距離ドライブをするため、クルーズコントロールがついているという点でカスタムを選んだが大正解。一度コレを使うとクルコンなしのクルマに戻れない」

「エンジンの加速がとにかく素晴らしい。アクセルのレスポンスも良好ですし、高速道路の追越車線でも難なく走行できる」

特にエンジン性能については競合車と比較しても好意見の多さがダントツ!

ターボモデルでは特に「速い!」という感想が多くあり、加速面での不評は皆無でした。NAエンジンでも満足の声が多かったです。

またN-WGNカスタムのグレード別で搭載されているクルーズコントロールやパドルシフトも魅力のアイテムになっています。

 

乗り心地の口コミ

N-WAGNの内装の評価

出典:ホンダ公式HP

N-WGNの乗り心地に関する率直な評価はどうでしょうか。

「シートは柔らかめですが身体によくフィットして座り心地は悪くないです。100kmで走行中でも助手席と普通に会話ができる程度の静粛性があります」

「フロントスタビライザーがつかないので廉価グレードではロールは若干大きくなります。運転が荒いと同乗者は酔うかも」

「最安グレードでも横滑り防止がついていて驚いた。街乗りオンリーとはいえ、とっさの運転に役立ちそうです」

「ターボではスタビライザーがあるため、ロールも少なく快適です」

「サスペンションがちょっと固めなので突き上げ感があります。路面によってはゴツゴツ感がありますが、そこそこよく曲がります」

足回りが硬くてしなやかさに欠ける。街乗りなら程よくタイトでよいけれど、高速道路で路面の継ぎ目が続いたり長時間乗っているとさすがに疲れる」

「乗り心地は無難な印象。フロントガラスの傾斜がついているので風の抵抗が少ない。N-BOXと迷いましたが、N-WGNの方が車高が低く横風にも強いのでこちらを買ってよかった」

全体的に他の競合車に比べると、足回りの硬さに関する意見が目立ちました。

またN-WGNのフロントスタビライザーについては、N-WGNのターボモデルとカスタム全車種のみ装備となっています。

N-WGNはどちらかというとタイトな走り心地ですので、ロールや足回りの硬さを好まないのであれば注意が必要かもしれません。

 

エクステリアの口コミ

N-WGNカスタムの赤

N-WGNカスタム

出典:ホンダ公式HP

N-WGNのデザインは、ホンダで以前発売されていた「ライフ」または「ライフDIVA」を元に設計されています。

N-WGNノーマルタイプとN-WGNカスタムでは少々印象が異なっており、カスタムの方はさらに洗練されたスタイルになっています。

「ヘッドライト部分とストップランプのカバーがクリアなのでカッコイイ。スモールライトもライン状のLEDを使っていて存在感がある」

「フロントマスクは非常にホンダっぽい雰囲気で可もなく不可もなく。ただフロントの窓面積が狭い感じがして、安全性アップの効果があるのでしょうが少し閉塞感がある」

「Cピラーが太く後方視界が良くない」

「意外と車高があるので視界も良く、一般的な軽自動車より目線が上がり運転しやすい」

「カスタムに乗っていますが、フロントとリヤのLEDラインが大変気に入りました。軽ワゴンはよく似たシルエットになってしまうので、個性的なデザインを取り入れているのはよいと思いました」

「いい意味でドアが重い気がする。その分閉じた時の音が軽自動車にありがちな安っぽい音でなく、普通車のような重みのある音でビックリ」

エクステリアの評価もなかなか上々。特にカスタムでは装備内容も充実しており、LEDを随所に使っているランプが好評でした。

ただ視界については幾分マイナスポイントもあるようです。ドライバーの着座位置や姿勢によっても異なるため、試乗の際に確認すべきポイントになるでしょう。

 

インテリアの口コミ

N-WGNカスタムの内装の評価

出典:ホンダ公式HP

N-WGNのリリース直後から評判が高かったのがインテリア。

ノーマルのN-WGNとカスタムでは若干異なる部分もありますが、ユーザーからの評価はどうでしょうか。

「カスタムに乗っていますが、他社ライバル車と比べると互角以上の質感ではないでしょうか」

「シートの質感が良く、インテリアもシンプルながら安っぽさがない」

「インパネのセンターテーブルやリアシートのアンダートレーといった小物入れも充実しているのが魅力的です」

「収納も多く、特にリアシート下に靴や傘が置けるのは便利。細かい点ですが、助手席下の買い物フックの位置が低すぎて小さな袋しか掛けられないのだけが残念」

「エアコンパネルの表示が小さくて見づらい。ここだけは地味」

「リアシートは前との圧迫感が少なくてゆとりがあります。リアシートは背もたれが若干薄めですが許容範囲です」

「助手席の下は燃料タンクのせいで盛り上がっているため足元が狭い」

「ドライビングポジションが合わせづらい。ヘッドレストに違和感がある」

「体型にもよるでしょうが、なんとなくハンドルが遠い気がします。長時間運転すると地味に腕が疲れます。どうせならチルトステアリングだけじゃなくテレスコピック機能もつけて欲しかった」

インテリアの質感や収納面に関しては概ね好評価となっています。

特にインパネのセンタートレイとリアシート下のアンダートレイが人気ポイントになっていました。

ただ細かい部分では改良の余地も多く、シートポジションへの意見も少なからずありました。

センタートレイ

便利な前席センタートレイ

リアシート下のアンダートレイ

リアシート下のアンダートレイ

出典:ホンダ公式HP

 

燃費の口コミ

軽自動車のランニングコストの面で気になるのが燃費。

N-WGNの場合はどうでしょうか。

「自分の場合は街乗りで16~18km/L、高速道路だと20~22km/L。カタログでの燃費数値が競合車より低いのが気になっていたけど、実際に乗ってみたら他とそれほど変わらないと思います」

エンジンを2500rpm以上で回すと極端に燃費が落ちる。加速や速度維持の時にこの回転数までを目安にするとイイ感じで燃費が稼げる」

「夜間の長距離ドライブでは特に燃費が伸びます。クルーズコントロールを85~90km/Lに設定してトラックに混じりつつ走ったらめちゃくちゃ燃費が伸びるし、運転もすごくラクになりました!」

「ECONをONにするとエンジンブレーキがやたら効いてしまうし、アイドリングストップをしてもそこまで燃費が伸びない。道路によってはECONをオフにした方が燃費がよくなる」

JC08モードでの燃費についてNAエンジンでは29.4km/L、ターボモデルでは26.2km/Lとなっています(オプションの15インチアルミホイール装着車の場合は約2km/Lマイナス)。

特にN-WGNでは駆動系も改良され、軽自動車初のツインインジェクションやナトリウム封入バルブを採用することで、燃費性能を大きく向上させています。

確かに他社の競合車とはカタログ燃費数値の差が僅かにあるものの、どちらかというとエンジンの燃費競争を避けてエンジンのパワーや性能面を取ったともいえる印象です。

しかし実燃費については著しく悪いわけではなくほぼ同等。それほど気にする必要はなさそうです。

 

ホンダN-WGNの性能(燃費、エンジン、装備など)

N-WGNはデザインの異なった2種類を展開しています。

ノーマルタイプの「N-WGN」とドレスアップモデルの「N-WGN Custom(エヌ・ワゴン カスタム)」の2種類となり、いずれもNAエンジンとターボエンジンの設定があります。

グレード価 格主要装備
N-WGNC1,090,000円マルチリフレクターハロゲンヘッドライト、フルオートエアコン
電波式キーレスエントリーシステム など
G1,164,000円プッシュエンジンスタート、チルトステアリング、
アレルクリーンシート など
G・Lパッケージ1,222,000円プラズマクラスター付オートエアコン、運転席ハイトアジャスター、360°スーパーUV/IRカットパッケージ など
G・ターボパッケージ1,320,000円14インチアルミホイール(ピューターグレー塗装+切削+クリア塗装)、フロントスタビライザー など
G 特別仕様車
SSパッケージ
1,261,000円あんしんパッケージ、後席シートベルト締め忘れ警告灯、
ナビ装着用スペシャルパッケージ、充電用USBジャック など
G 特別仕様車
SSコンフォートパッケージ
1,311,000円14インチアルミホイール(ブレードシルバー塗装)、運転席&助手席シートヒーター、親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス  など
N-WGN
カスタム
G1,380,000円14インチアルミホイール(ベルリナブラック塗装+切削)、アレルクリーンシート、ディスチャージヘッドライト、インテリアイルミネーション など
G・Lパッケージ1,450,000円クルーズコントロール、ナビ装着用スペシャルパッケージ、
本革巻ステアリングホイール、運転席ハイトアジャスター など
G・ターボパッケージ1,515,000円本革巻ステアリングホイール、本革巻セレクトレバー、パドルシフト、
オートリトラミラー、360°スーパーUV・IRカットパッケージ など
特別仕様車
SSパッケージ
1,491,000円あんしんパッケージ、ナビ装着用スペシャルパッケージ、
本革巻ステアリングホイール、後席シートベルト締め忘れ警告灯 など
特別仕様車
SS 2tone color style パッケージ
1,509,000円14インチアルミホイール(ブラッククリア塗装)、インテリアイルミネーション(レッド)、本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ) など
特別仕様車 ターボ
SS 2tone color style パッケージ
1,574,000円15インチアルミホイール(ブラッククリア塗装)、本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ)、 本革巻セレクトレバー(レッドステッチ) など
※4WD車は各グレード130,000円追加

出典:https://www.honda.co.jp

 

高出力を誇るN-WGNのパワーユニット

N-WGNの走行性能

出典:ホンダ公式HP

N-WGN、N-WGNカスタムともに使用エンジンは同型で、グレードによってNAモデルとターボモデルの選択が可能です。

 

NAモデル

水冷直列3気筒12バルブDOHC横置き
最大出力58PS/7,300rpm/最大トルク6.6kg・m/4,700rpm。

エンジンのホンダの名に恥じない、高回転型エンジンです。軽自動車のエンジンにここまでやるってホンダらしいです。

 

ターボモデル

ターボモデルは2600回転から最大トルクを発生し、4人乗車でもスイスイ坂道を走れます。

水冷直列3気筒12バルブDOHCターボ横置き
最大出力64PS/6,000rpm/最大トルク10.6kg・m/2,600rpm。

 

その他の装備は

その他全グレードに標準装備されているのは、オートエアコン(上級グレードはプラズマクラスター付)、スマートキーシステム(「C」グレードを除く)、プッシュエンジンスタート、ワンタッチウインカー、ECONスイッチなどとなっています。

予防安全装備としては、シティブレーキアクティブシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム、サイドカーテンエアバッグシステムの3点が揃った「あんしんパッケージ」がオプションで選択できます。

N-WGNには衝突時の衝撃をコントロールするホンダ独自の衝突安全技術「G-CON」により、乗車している人だけでなく、相手車両や歩行者へのダメージも軽減するボディー構造を採用。急ブレーキを後続車に知らせる「エマージェンシーストップシグナル」や、急なハンドル操作による横滑りを抑制する「VSA(車両挙動安定化制御システム)」などの安全装備も充実しています。

 

ホンダN-WGNの強みと弱みは?

N-WGNカスタムの強みと弱みは?

出典:https://www.honda.co.jp

強みはエンジンと安全性能

大きなN-WGNの強みになっているのがエンジン。最高出力および最高トルクにおいても軽自動車の中ではトップクラスの数値を叩き出しており、ホンダの真骨頂ともいえる出来に仕上がっています。

ボディサイズもN-WGNはハイトワゴンタイプの軽自動車で、同じホンダのN-BOXのようなスーパーハイトワゴン系の車体よりも車両重量や空気抵抗の影響も少ないです。

そのためN-WGNの方がより一層速さを実感できるのではないでしょうか。

ただしパワーと引き換えに高回転域になるとエンジン音は比較的うるさくなるようです。走行性能にはあまり影響ないものの、静寂性重視の方には耳につきやすいかもしれません。

もう一つの強みは安全性能。前述した通りN-WGNは安全性能総合評価においても5つ星の最高評価を達成しました。

オプションのあんしんパッケージを選択した場合は、前席用i-サイドエアバッグや前席・後席対応サイドカーテンエアバッグシステムが搭載されますので、さらに安全面の強化が期待できます。

車両自体の軽量性と高剛性を両立した設計によって、衝突安全性能に加えて走行安定性能の高さも際立つことになったのも好影響。いざという時の安心という面でも選択肢に加えて損はないクルマです。

 

弱みは足回りとシートにあり?

N-WGNの弱みとしてまず一つは、ユーザーの口コミで顕著だった足回りの硬さ。

タイヤの種類やサイズの変更によって多少のフィーリングは変わるかもしれませんが、足回りの硬さ自体が解消できるほどの改善にはおそらく至らないでしょう。

特にターボ車については、エンジンの力強さやクルーズコントロールの搭載など長距離ドライブにも対応できるポテンシャルがあるだけに、ホンダにしては非常に惜しいポイントでもありました。

N-WGNのシートレイアウト

出典:https://www.honda.co.jp

もう一つの弱みはシートポジションについて。

シートそのものの素材や形状にはそれほど不満の声は少なかったものの、シートポジションが合わせづらいという意見がいくつかありました。

どの車もある程度は仕方ない部分ですが、N-WGNについてはドライバーの体型を特に選んでしまうシートになるかもしれません。

身体への負担はクッションなどである程度カバーできますが、ドライバーの乗り換え時には邪魔ですし面倒にもなるので、マイナスポイントとして挙げておきます。

以上2点のポイントを踏まえて、ディーラーでの試乗をしっかり行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

ホンダN-WGNのボディーカラー選びはこれで決まり!

 

ホンダN-WGNの評価、口コミのまとめ

ホンダN-WGN

出典:https://www.honda.co.jp

ホンダの長年の小型車造りの経験や実績、技術を惜しみなく注入して誕生したN-WGN。ユーザーだけでなく自動車業界からの評価もなかなか高く、軽自動車の枠を超えた完成度の高さを伺わせました。

広い室内空間と装備の使い勝手の良さや、スムーズでパワフルな走りと優れた燃費性能の両立、そして充実した装備が魅力のN-WGN。

ハイトワゴン系の軽自動車を購入したいユーザーにとっては間違いなく検討すべき一台とも言えるでしょう。

これからの乗り換え時にはぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

ホンダN-WGNの商談に行く前に…

人気の新型N-WGNを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年6月】ホンダN-WGNの限界値引きテクニック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
ディーラーに行く前に、下取りしてもらいたい車の一般的な下取り価格を把握しておきましょう。 これをしないとディーラーで安く叩かれてしまいます!

商談での一コマ

営業マン
山田さん、お車の査定が完了しました
営業マン
山田さんの愛車の下取り査定額は53万円です 今キャンペーン中で通常よりも3万円査定アップで下取りますよ。
山田さん夫
53万円・・・。 なるほど・・・
山田さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定53万円って、高いの?安いの?どっちよ
山田さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
車の下取りというのは、意外と値段がつくものです
  • 自分の車はとても古いので無理だろう
  • 昔ちょっと事故したことがあるからきっとゼロ円に違いない
と決めてしまうのはもったいないことです。 ディーラーに行く前に、必ず下取りしてもらいたい車の一般的な下取り価格を把握しておきましょう。

 

 

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

-N-WGN

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.