人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

パッソの評価口コミ辛口チェック

パッソ

トヨタパッソの評価・口コミ≪本当の実力をチェック≫

更新日:

2016年4月のフルモデルチェンジした3代目のパッソは2018年の10月にマイナーチェンジでリフレッシュしました。

トヨタパッソに関する口コミはもちろん、マイナーチェンジしたパッソの性能や特長、パッソの強みと弱みなどを詳しく解説していきましょう。

トヨタの新型パッソを購入するにあたり、注意すべき点は次の通りです。

新型パッソのポイント

  • トヨタパッソとダイハツブーンは兄弟車の関係にある
  • 2018年秋のマイナーチェンジでエクステリア・インテリアともに一新している
  • 安全装備にスマートアシストⅢを搭載した(ベースグレードxを除く全車標準装備)
  • コンパクトでおしゃれな車なので走りにはあまり期待しない
新車値引きマスター
新型となったパッソはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

 

⇒【2019年3月】トヨタパッソの限界値引き最大額は?

 

新型パッソの評価・評判を辛口チェック

新型パッソの評価・評判を辛口チェック

新型パッソの評価・評判を辛口チェック

出典:トヨタ公式HP

コンパクトカーの使い勝手の良さだけでなく、かわいいルックスが人気のパッソ。

今回のマイナーチェンジでさまざまな点が改良され、一新された新型パッソが誕生しました。

ただコンパクトカーという位置づけか外れないように、ボディサイズに大きな変更はありませんが、リアシートの足回りが75mm拡大されるなど、より使い勝手がよくなりました。

コンパクトカーを選ばれる方の中には、大きい車の運転には自信がない方もおられるでしょう。

そんな方のために、周辺映像をカーナビ画面に表示するパノラミックビュー対応ナビレディパッケージが設定されるなど、ドライバーへの配慮がなされたマイナーチェンジでもあります。

では具体的に新型パッソがどのようにマイナーチェンジしたかみていきましょう。

 

新型パッソの価格

新型パッソの車両本体価格は以下のようになっています。

<Xシリーズ>

Xシリーズはシンプルなデザイン、気取らないスタイルを実現しています。

パッソのベースとなるのが「X」グレード

パッソのベースとなる「X」シリーズ

出典:トヨタ公式HP

 

グレード 駆動式 車両本体価格
X 2WD 1,177,200円
  4WD 1,350,000円
X“S” 2WD 1,242,000円
  4WD 1,414,800円
X“L package・S” 2WD 1,344,600円
  4WD 1,517,400円
X“G package” 2WD 1,474,200円
  4WD 1,647,000円

 

<MODAシリーズ>

MODAシリーズは、クールでかっこいいスタイル、上質なあしらいをコンセプトとしたパッソ。

パッソのスタイリッシュ版でもあるモーダ(MODA)シリーズ

パッソのスタイリッシュ版でもあるモーダ(MODA)シリーズ

出典:トヨタ公式HP

 

グレード 駆動式 車両本体価格
MODA 2WD 1,533,600円
  4WD 1,706,400円
MODA “G package” 2WD 1,695,600円
  4WD 1,868,400円

マイナーチェンジ後は、車両本体価格が高くなっていますが、スマアシⅢという安全装備の機能向上の他、デザインを一新したことに比例して価格が高くなっているのです。

これからマイナーチェンジによって新型パッソがどのように進化したかをご紹介しますので、お読みいただければ車両本体価格が上がったことのご理解が得られるでしょう。

 

新型パッソの対抗車種は??

新型パッソの対抗車種は、同じようなコンパクトカーで、似たような性能をもっている点から考えると、日産ノート、日産マーチ、ホンダフィット、マツダデミオ、スズキスイフトなどが挙げられます。

同じトヨタのヴィッツを含めてかなり対抗車種が多いといえるでしょう。

先ほど例にあげた対抗車種のほとんどが排気量1,200cc~1,500ccで、新型パッソは1,000ccですので、車両本体価格は対抗車種より安い傾向にあります。

また新型パッソは、同メーカーのヴィッツも比較する対象になりますし、OEM車のダイハツブーンも新型パッソを買うときに比較したい車です。

「同じトヨタの車でも対抗車種になるの??」と思われるでしょう。

新型パッソはカローラの取り扱いですが、ヴィッツはネッツ店での扱いになります。

カローラ店とネッツ店は、それぞれのディーラーを経営する法人が異なるため、カローラ店からするとヴィッツを販売しているネッツ店にお客様を流したくないのです。

コンパクトカーは運転のしやすさから女性や高齢者に人気がありますし、新型パッソのMODAのようにカスタムすることでスタイリッシュな車に変身させることもできますので、男性からの支持も得ています。

対抗車種が多い分、さまざまな車と比較しながら、新型パッソの良さをどんどん追究してみてくださいね。

ボディ諸元表
車名 パッソ マーチ スイフト ヴィッツ
乗車定員(名) 5 5 5 5
全長(㎜) 3,650~3,680 3,825 3,840 3,945
全幅(㎜) 1,665 1,665 1,695 1,695
全高(㎜) 1,525 1,515~1,525 1,500~1,525 1,500~1,530
ホイールベース(㎜) 2,490 2,450 2,450 2,510
車内長(㎜) 1,975 1,905 1,910 1,920
車内幅(㎜) 1,420 1,370 1,425 1,390
車内高(㎜) 1,270 1,270 1,225 1,240
車両重量(㎏) ガソリン2WD 910 940~950 840~890 970~1,010
ガソリン4WD 960 1,030~1,040 930~950 1,080
ハイブリッド2WD 900~960 1,100~1,110
ハイブリッド4WD 960~970
最小回転半径(m) 4.6 4.5 4.8 4.5~5.6

ライバルと比べて、パッソは一回り小ぶりなことが分かります。

細い道や運転の取り回しが苦手な方に向いている車です。

 

新型パッソのパワーユニット

新型パッソのパワーユニットは、以下のようになっています。

諸元表
車名 パッソ
型式 1KR-FE
種類 直列3気筒
内径×行程 71.0×83.9
総排気量 L 0.996
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 51[69]/6,000
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 92[9.4]/4,400
燃料タンク容量 L 36~38
使用燃料 レギュラーガソリン
トランスミッション CVT
サスペンション フロント マクファーソンストラット
リヤ トーションビーム
ブレーキ フロント ベンチレーテッドディスク
リヤ リーディングトレーリング式ドラム

新型パッソに搭載されているエンジンは自然吸気エンジンで、吸気ポートのデュアルインジェクター・デュアルポート化を行ない、ピストン形状を最適化したことで高圧縮比を図ることで滑らかな加速性を実現します。新型パッソのトランスミッションはCVTで、駆動式は2WD(FF)または4WDです。

1.0Lエンジンと聞くとパワーが弱いように思いますが、最大トルクの数値からみても、走行中にパワーを感じさせないということはないでしょう。

 

新型パッソの走り

新型パッソの走り

新型パッソは走りに期待する車ではない

出典:トヨタ公式HP

 

まず気になるのがエンジン。1.0Lのエンジンですから加速面については排気量相応です。

パッソのエンジンに走りを期待するのは過大要求で、キビキビとした走りではないことは確か。

やはり日常の買い物や通勤などの使い道に適したクルマだということがうかがえます。

先ほどは新型パッソのエンジンはアクセルを軽く踏むだけでも滑らかな発進から始まり、走行中の一定速度の走行でも、エンジンの回転数は低回転ながらも、速度が落ちることなく安定した走りをみせてくれます。

足回りは最新のDサスペンションが採用されており、前後・上下左右の揺れをおさえたフラットな乗り心地を実現。

低速時は凹凸通過時の揺れをおさえ、快適な乗り心地を実現しており、高速時はコーナリングや車線変更をしたときのふらつきをおさえてくれます。

そのため新型パッソに乗っている人も頭の動きが少ないため、車に酔いにくくなりますし、疲れを感じにくくなるでしょう。

また最小回転半径が4.6mですので、せまい駐車場でも小回りを利かせながら駐車することが可能です。

 

新型パッソのエクステリアは2種類

パッソのラインナップですが、フルモデルチェンジ後は「ノーマルモデルX」と「MODA(モーダ)モデル」の2種類に分類されます。

初代からの特徴でもある全体的に丸みを帯びた柔らかいフォルムは、フルモデルチェンジ後も継承しています。

Xモデルはヘッドライトやフロントグリル周りが幾分シャープに、MODAモデルはフロント全体の丸みがより強調され、サテンメッキやリング状に点灯するクリアランスランプなどを取り入れて欧州車のような雰囲気になりました。

万人ウケしやすいノーマルモデルと個性的で洗練されたMODAモデル、印象が全く異なる2つのモデルによって区別をつけたことで、ユーザーとしてはむしろ選択しやすくなりました。

新型パッソはマイナーチェンジしたことにより、質感を向上させたデザインを採用。

新型パッソMODAは、フロントグリルやフォグランプをL字型にするなど、ワイド感を強く表に出しました。

また新型パッソMODA“G package”には高級感を漂わせる15インチアルミホイール、LEDイルミネーションなどが新設定されています。

マイナーチェンジ前のパッソと比較すると、新型MODAの変更が大きくなっているのです。

ベースグレードである新型パッソXは、フロントグリル上部のシルバー塗装がアクセントとなり、シンプルな仕上がりになっています。

新型パッソMODAとベースグレードのXを比較すると、MODAはかっこよさを全面に打ち出しており、Xはシンプルさを強調していることがお分かりいただけるでしょう。

新型パッソのボディサイズは以下のようになっています。

マイナーチェンジされた新型パッソは、ボディサイズには大きな変更点はありません。

MODAはXより全長が30mm長いだけで、その他のボディサイズに差がないことが分かりますね。

 

新型パッソのインテリア

新型パッソのインテリア

新型パッソのインテリア

出典:トヨタ公式HP

 

インテリアについても改良が加えられており、シンプルで清潔感のあるデザインになりました。

女性目線で気になる収納スペースについても、マルチトレイや買い物フック、靴の収納などに便利な助手席シートアンダートレイなど細かな気配りを見せています。

よって収納面では多くのユーザーに好評でした。

乗車スペースも横幅にはゆとりがあり、前席に座る限り窮屈な感じはありません。

新型パッソはMODAシリーズとXシリーズでインテリアのパターンが用意され、ご自身でパターンを選択することが可能です。

MODAシリーズでは、カッパー色を基調とした質感の高いインテリアに仕上がっていますね。

Xシリーズでは、シンプルイズベストなインテリアで、統一感のあるデザインに。

パッソMODA“G package”に設定されている「ドレスアップパッケージ」装着車では、合成皮革、ファブリックシート、レザーシフトノブが採用され、高級感を漂わせています。

そのシンプルなインテリアには助手席アッパーボックスやセンターアームレストポケットなど、さまざまな収納スペースがあるので助かります。

ラゲッジスペースは6:4分割可倒式リアシートですので、自在に拡大することができ、長さのあるものも積み込めるので便利ですよ。

大人4人だとゆったり乗れることはもちろんのこと、室内長1,975mm×室内幅1,420mm×室内高1,270mmの大きさを有効に活用しましょう。

 

 

新型パッソのグレード

新型パッソはMODAシリーズとXシリーズで、それぞれのグレードが設定されています。

<MODAシリーズ>
●MODA ●MODA “G package”
<Xシリーズ>
●X ●X“S”
●X“L package・S” ●X“G package”

MODAシリーズは他の車でいうところの「カスタムモデル」。

MODA “G package”ではMODAよりもスタイリッシュさが増し、ベースグレードのようなかわいさを忘れさせます。

Xシリーズはベースグレードで、従来通りのかわいいパッソに乗りたい方が選ぶグレードです。

前述のように、双方でエクステリアやインテリアは大きく異なりますので、どちらの新型パッソが自分に合っているかを検討してみましょう。

 

 

 

新型パッソのカラーラインナップ

新型パッソには12種類のカラーラインナップがあります。

カラー カラーNo.
ファインブルーマイカメタリック B67
ダークエメラルドマイカ G58
ファイアークォーツレッドメタリック R67
マゼンタベリーマイカメタリック R72
ブライトシルバーメタリック S28
パウダリーベージュメタリック T25
ブラックマイカメタリック X07
レモンスカッシュクリスタルメタリック Y13
ホワイト W09
プラムブラウンクリスタルマイカ※ R59
パールホワイトⅢ※ W24
ブリリアントカッパークリスタルマイカ※1 T33

※1は32,400円の追加料金が必要になるボディカラーです。

MODAシリーズにはホワイトの設定はなく、Xシリーズにはブリリアントカッパークリスタルマイカの設定はありません。

またMODAシリーズには7つの2トーンカラーの設定があります。

 

カラー カラーNo.
●ブラックマイカメタリック ×ダークエメラルドマイカ※2 X07×G58
  ×ファイアークォーツレッドメタリック※2 ×R67
  ×マゼンタベリーマイカメタリック※2 ×R72
  ×ウダリーベージュメタリック※2 ×T25
  ×ブリリアントカッパークリスタルマイカ※3 ×T33
  ×パールホワイトⅢ※3 ×X99
  ×レモンスカッシュクリスタルメタリック※2 ×Y13

※2は54,000円、※3は75,600円の追加料金が必要です。

2トーンカラーはルーフ部分のブラックマイカメタリックをベースに、自分の好きなボディカラーを組み合わせることができます。

最近では2トーンカラーの車をよく目にしますので、個性を発揮したい方にはおすすめです。

 

 

パッソの強みと弱み

強みはリーズナブルな価格帯と手軽さ

パッソの価格帯は比較的リーズナブルになっているのが何よりの強み。Xグレードの場合は115万円~実用的なモデルでも130万円前後の価格帯で展開されており、昨今の流行りの軽自動車よりもむしろ安く手にできるのは見逃せない部分でもあります。

エンジンが1.0Lとはいえ、普通自動車を手軽に購入したいユーザーにはおすすめとも言えます。

 

あとはカラー展開が充実している点にも注目。

ノーマルシリーズは全12色、MODAシリーズはツートンカラー仕様も含めると全18色をそろえています。

特にMODAシリーズはボディデザインとの相乗効果でより個性的な一台となるでしょう。

 

弱みはすこし多め?パワー不足と後部座席の使いにくさ

弱みはやはり1.0Lエンジンの非力さがあがります。

「街乗りや普段使いでは特に不便さを感じる事はない」という意見は多かったものの、やはりエンジンのパワー不足に不満を抱えている人が多いのも現実。

しかも後部座席にはスライド機能やリクライニング機能がありません。ルームライトも前席のみとなり後部座席やトランクのライトはオプションとなります。

このような仕様を考えると、メーカー側も後部座席の利便性をあまり追求していないことが伺えます。

2名乗車までであればパワー不足を感じることはそれほどないでしょうが、少なくとも「大人5名乗車させて高速を走る」というような用途には間違いなく適していません。

もしパッソのパワーなどに不満を感じるのであれば、素直にもう1ランク上のクルマを購入したほうが良いかもしれません。

現行モデルのパッソではラインナップが1.0Lエンジンに統一されてしまっており、1.3L以上のクルマを検討したい場合は先代モデルの未使用車や他の車種をチョイスする必要があるでしょう。

また、実用的なオプションを追加していくと結局のところ価格が上がってしまうところも弱点。スマートアシストⅡやフロントフォグランプなど、安全面や今どきのクルマとして欲しい装備を考えると、それほどお得感には欠けるのではないでしょうか。

 

新型パッソの燃費性能

新型パッソは以下のように、低燃費を意識して開発されています。

  全グレード2WD車 全グレード4WD車
JC08モード 28.0km/L 24.4km/L
WLTCモード 21.0km/L 19.0km/L

追い越しや登り坂でアクセルを踏み込むと、最適なトルクでパワフルな加速をしてくれますので、不必要に高回転にならないところが、燃費向上に貢献しているでしょう。

さらに燃費に貢献してくれるのがアイドリングストップ機能。

減速してから時速10km/hを下回ったときにエンジンが自動的にストップし、停車している間だけエンジンが止まる機能です。

エンジンが止まるということはガソリンの消費がゼロになるため、燃費が大きく向上します。

もちろんエンジンが止まるだけですので、カーナビなどの電装品は使い続けることが可能です。

新型パッソの燃料タンク容量は36Lですので、2WD車の場合はガソリンが満タンの状態から28.0km/L×36L=1,008km走ることができます。

車の維持費でガソリンは大きな割合を占めますが、これだけ燃費がいいと家計への負担も軽くなりますね。

 

新型パッソの安全装備

新型パッソは「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」の車ですので、以下のような安全装備がついています。

<新型パッソの安全装備>
●衝突回避支援システム(スマートアシストⅢ)
・衝突警報機能(対車両・対歩行者)
・衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
・誤発進抑制制御機能(前方・後方)
・車線逸脱警報機能
・オートハイビーム
・先行車発進お知らせ機能

新型パッソのようにスマートアシストⅢがついていると安心してドライブすることができますね。

スマートアシストⅢの中でも、衝突警報機能は、衝突の危険があるときにブザー音とメーター内表示でドライバーの注意喚起してくれます。

また衝突回避支援ブレーキ機能は、システムが危険性が高まったと判断したときに、事前ブレーキ、被害軽減ブレーキアシスト、緊急ブレーキを作動させて危険から回避。

車を走行させている以上は事故が100%起きないという確証はありません。

 

 

パッソの評価・口コミ≪本当の実力をチェック≫まとめ

パッソの評価口コミ辛口チェック

新型パッソはボディサイズに変更はありませんが、エクステリア、インテリア、安全性能などに大きな進化がありました。

スタイリッシュな新型パッソに乗りたいときはMODAシリーズ、これまでのかわいらしさを維持した新型パッソに乗りたい場合はXシリーズを選択することをおすすめします。

なおトヨタ・パッソはOEM供給車です。元々パッソはダイハツ・ブーンの兄弟車でしたが、現在販売中の3代目パッソはダイハツ工業(株)が開発から生産まで一貫して担当しています。

つまりパッソとダイハツ・ブーンは中身が同じ車となりますので、パッソの購入の際には、同時にブーンも検討すべきです。

パッソとブーンの見積もりを両方とった上で、ディーラーでの値引きの材料にするとよいでしょう。

 

トヨタパッソの商談に行く前に…

人気の新型パッソを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年3月】トヨタパッソの限界値引きテクニック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。 なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
 
新車値引きマスター
どんなに古い車でも必ず査定額はつきます! 「古い車だから」「大きな修理をしているから」と査定額がつかないと自分で決めつけないで、 必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

-パッソ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.