トヨタ新型RAV4

RAV4

トヨタ新型RAV4の評価・口コミを辛口チェック!  

更新日:


トヨタのラインナップに欠けていたミドルサイズSUV市場に、本命として復活した感があるRAV4。

人気のRAV4の商談にあたり注意すべき点は何でしょうか?

トヨタRAV4商談のポイント

  • 新型RAV4はアメリカで先行発売後、日本デビューは2019年春の予定
  • 2.5Lガソリンエンジンと新開発の4WDシステムが搭載される
  • もちろんハイブリッドモデルも設定あり
  • ライバルは先行するホンダCR-V、日産エクストレイル、マツダCX-5
新車値引きマスター
激戦クラスで最後発になる新型RAV4は買うに値する車なのか、辛口チェックします!

こちらも人気記事

最新トヨタRAV4の限界値引き情報【2018年4月】

 

新型RAV4の価格と発売時期は?

新型RAV4の価格と発売時期

新車値引きマスター
ズバリ日本での予想価格は270万円~420万円あたりでしょう。 商談では日産エクストレイルなど他メーカー車だけでなく、弟であるC-HRや兄貴分のハリアーを検討しているユーザーも、新型RAV4をチェックする必要がありそうです。

現行型RAV4の米国での価格は24,000~36,000ドルで、日本円にすると250~378万円になります。

日本ではハリアーが2,949,480円(2.0Lガソリン)~4,604,040円(2.5Lハイブリッド)ですので、国内生産のRAV4もほぼ同程度の価格になるはずです。

気になるのはハリアーとのバッティングですが、ハリアーはトヨペット店の専売車種のため販売面では問題はありません。

スタイリッシュなエクステリアと豪華なインテリアがウリのハリアーと、アウトドアイメージが強く実用的なRAV4とでキャラクター的にも棲み分けはできそうです。

トヨタのニュースリリースによれば、発売は2019年春ごろの予定になります。

 

新型RAV4の評価口コミ辛口チェック

RAV4のエクステリア

世界的なSUVブームにのって絶好調のRAV4ですが、20183月のニューヨーク国際自動車ショーで5代目の新型が発表され、同時に2019年春ごろの日本再導入も決定しています。

新型RAV4の気になるデザインやスペックを、リリースされた情報や予想も含めてご紹介しましょう。

 

新型RAV4のグレード構成は?

気になるグレード構成ですが、米国仕様ではガソリンモデルに外観の違いで「Adventure」と「Limited」の2種類がラインナップされています。

また、ハイブリッドは「XSE Hybrid」とネーミングされ、Limitedモデルをベースにしたデザインとなっています。

 

「Adventure」本格派オフローダーも注目モデル

Adventureの外観はグリルの横2本バーがデザインの特徴になっています。

同じトヨタのランドクルーザーを思い出させる外観です。

 

「Limited」オーソドックスな優等生

街乗りにもあいそうなオーソドックスなルックスの「Limited」

フロントグリルはブラック塗装された多角形の網状になっています。

 

ハイブリッドモデル 「XSE Hybrid」

ハイブリッド車の外観は「Limited」がベースになっています。

グリスのカラーが異なることと、ホイールがブラックに加飾されている以外「Limited」との違いはわずかとなっています。

 

RAV4 エクステリアの評価口コミ

新車値引きマスター

外観は最近のトヨタ車同様にたくましい男性的なルックスになりました。

トヨタいわく、「多角形を意識したデザイン」ということですが、実車を見てもあまりピンときません。

C-HRやハリアーとも違う、RAV4独自のデザイン観は日本では好き嫌いが分かれそうかも。

北米を販売の中心とするRAV4のボディサイズは全長4,595mm×全幅1,855mm×全高1,700mm、ホイールベース:2,690mm(北米仕様)です。

初代は5ナンバーサイズのコンパクトなボディがウリでしたが、全長4,720mm×全幅1,835mm×全高1,690mmの現行ハリアーよりも全長は短く、全幅は大きくなります。

1850mmを超える全幅は、多くのマンションの機械式駐車場に入らない可能性がありますが、全長は短いので取り回しに苦労することは少ないでしょう。

マツダCX-5や日産エクストレイル、復活する新型ホンダCR-Vなどに近いサイズなので、RAV4の追加でミドルクラスSUVが注目を浴びそうです。

エクステリアデザインは、シャープなキーンルックを採用した4代目から大幅にチェンジし男性的でワイルドな6角形グリルを採用しています。

4ランナー(北米版ハイラックス)や小型ピックアップのタコマ(海外専売)に共通性を感じるデザインで、都会派のC-HRやハリアーよりもタフでアクティブなイメージです。

リアデザインは安定感がありますが、ハッチは適度に前傾しシャープなコンビランプのため実用一辺倒ではないスポーティーさもあります。

RAV4のリアデザイン

最低地上高も4代目モデルよりも上がり、フロントオーバーハングやリアオーバーハングが短いことで高い走破性を予感させるデザインです。

ホイールアーチやボディ下部を覆う樹脂パーツも無塗装のブラックとなり、オフロードでも気にせず走れる実用性もあるエクステリアになります。

クーペのようなスタイルを採用したSUVが多いなかで、武骨でギア感のあるオフロードイメージのRAV4は、街中で目立つ存在になるのはないでしょうか?

 

RAV4 インテリアの評価口コミ

RAV4インテリアの評価

インテリアは車両の左右傾斜が把握しやすい水平基調のダッシュボード、グローブをはめたままでも開け閉めしやすい大型のドアグリップなど、オフロード志向のデザインです。

オフロード寄りのデザインとはいえ実用本位の質素なものではなく、ソフトパッドが多用され質感も高くなっています。

センターコンソールでは短めなショートストロークのシフトノブが特徴的です。

ナビは埋め込み式ではなく、最近流行りの直立式。画面横に操作ボタンがあるタイプです。

ナビ画面が独立して張り出しているなどクラシカルな要素もありますが、本革や木目調などマテリアルの選択によってはゴージャスな雰囲気も味わえるでしょう。

RAV4ナビ画面

センターアームレスト前のトレイや、大きめのドアポケットなど収納面でも問題はありません。

シートは大柄で、座面と背もたれにサポートがあるスポーティーなデザインになります。

オンロードでもオフロードでもしっかりと体を支えてくれそうな、安心感のあるシートです。

特にリアシートの閉塞感が高いC-HRとは違い、RAV4は開放感のある室内になっています。

リアクォーターガラスは先代よりも拡大され、デジタルインナーミラーも初採用される予定なので、ドライバーからの視認性が良い運転しやすいモデルになりそうです。

メーター周り

メーター周りも含めてシンプルですっきりしたインテイリアで、ところどころに多角形が埋め込まれているのがアクセントになっています。

 

新型RAV4Vのパワーユニットは?

新型 2.5L Dynamic Force Engine用THSⅡ

今回発表された北米仕様のパワーユニットは、「Dynamic Force Engine」と呼ばれる新型の直列4気筒2.5L直噴エンジンとハイブリッドになります。

ガソリンエンジンはTNGAによる熱効率40%を達成した高効率エンジンで、スペックは次の通り。205PS(151kw)/25.5kgm(250Nm)

ミッションも伝達効率とロックアップ領域を広げた新開発の「Direct Shift-8AT」と呼ばれる8ATとなり、ダイレクト感のある走りが楽しめそうです。

また、欧州向けには同じ「Dynamic Force Engine」の2.0L直列4気筒エンジンと、新型ATが搭載される予定になっています。

2.5Lのパワフルな走りも魅力的ですが、ハイブリッドと2.0Lターボをラインナップするハリアーとの兼ね合いや、エントリーモデルの価格を抑えるために国内では欧州向け2.0Lエンジンが搭載される可能性が高いでしょう。

新型エンジンと組み合わされるハイブリッド(新型THSⅡ)もE-Fourと合わせて搭載予定で、従来の2.5Lのハイブリッドユニットよりも20%の燃費向上と10%の加速時間短縮を実現しています。

車重のあるRAV4向けに多少のチューニングはされるはずですが、基本的にはカムリに搭載されたユニットと同一です。

ハイブリッドもエンジンの高トルク化やシステム全体の効率化により、レスポンスの良い走りと燃費が両立したパワーユニットになることは確実でしょう。

 

新型RAV4の走りは?

RAV4ナビ画面

新型RAV4はカムリと同じ最新のTNGA-Kプラットフォームを採用し、リアサスペンションは新たにマルチリンクへ変更されています。

オンロードでもオフロードでも、走行性能と静粛性が向上していることは確実です。

注目はガソリン車の上級グレードに採用された新開発の4WDシステムになります。

Dynamic Torque Vectoring AWD(ダイナミックトルクベクタリングAWD)」と呼ばれ、リアの駆動力を左右独立して自動制御を行うトルクベクタリング機構と、2WDへの切り替えを自動で行い燃費向上を図るディスコネクト機能が特徴です。

トルクベクタリングは左右の駆動力配分を積極的にコントロールすることで、コーナリング時の旋回性能を向上させることが可能になります。

現行NSXやランサーエボリューションⅣなどスポーツカーに採用された技術で、RAV4の走りも大いに期待できるでしょう。

ハイブリッド車は引き続きリアにモーターを搭載するE-Fourを採用しますが、こちらも前後の駆動力配分の最適化やリアモータ-のトルクを1.3倍にするなど進化を感じられる走りになりそうです。

 

新型RAV4の安全性能や燃費は?

新型RAV4には、「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が採用されます。

これまでは廉価版の「トヨタセーフティセンスC」とミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた「トヨタセーフティセンスP」がありましたが、トヨタセーフティセンスPを大幅に機能強化した第二世代のシステムになります。

オートマチックハイビームや車線逸脱警報等これまでの機能のほか、プリクラッシュセーフティーでは対応速度域が拡大され、夜間歩行者や自転車の検知が可能です。

道路標識を認識しディスプレイに表示するロードサインアシストや、ステアリング制御機能付きの車線逸脱警報など機能追加されています。

レーダークルーズコントロールは0km/hから先行車に追従する機能が付き、渋滞時の負担を軽減してくれるでしょう。

新型エンジンの採用と新システムのハイブリッドの搭載で、燃費面も期待できます。

カムリハイブリッドの燃費は33.4km/Lをマークしていますが、車重があり空気抵抗も大きいRAV4ハイブリッドの燃費は23~25km/Lと予想できます。

それでもハリアーハイブリッドの21.4km/Lを上回り、ミドルクラスSUVのトップクラスの燃費をマークするでしょう。

ガソリン車は現行北米仕様の2.5LガソリンエンジンのRAV410.2km/LEPA:市街地モード)でしたが、2.0Lの新型エンジンでは14~16km/L程度の予想です。

ディスコネクト機構を持つ新型4WDではFF車と4WD車の燃費が大きく乖離しないはずですので、ランニングコストを気にせず4WD車が選べるようになるのもメリットになります。

 

新型RAV4のユーティリティー(使い勝手)は?

新型RAV4のユーティリティー

全長は先代モデルよりも5mm短縮されましたが、全幅は10mmワイドになり、ホイールベースは30mm延長されたため室内は広くなっています。

ホイールベースの延長により後席の足元には余裕ができ、フル乗車でもゆったりとしたドライブが楽しめそうです。

従来モデルよりも傾斜したリアハッチがラゲッジ容量に与える影響が気になりますが、CH-Rやハリアーよりも傾斜は控えめなので問題ない容量を確保することでしょう。

リアシートは6:4分割可倒式で、ラゲッジもフラットで使いやすいスペースが準備されます。

電動開閉式リアハッチはアナウンスがありませんが、ミドルクラスSUVでも標準化しつつありRAV4でも準備されるかもしれません。

残念ながら、3列シートはラインアップされない可能性が高いです。

マツダCX-8や日産エクストレイル、2018年に復活するホンダCR-Vなど、ポストミニバンとして3列シートを準備するミドルクラスSUVが増えています。

北米ではRAV4の上位モデルとしてハイランダー(海外専売車)、国内ではランドクルーザープラドに3列シート・7人乗りが準備されているため、RAV42列シート・5人乗りのみとなるでしょう。

 

トヨタRAV4辛口チェック!まとめ

トヨタ新型RAV4

新車値引きマスター
トヨタのミドルクラスSUVは、ハリアー、RAV4、CH-Rと役者が揃っています。他社の車に逃げられない囲い込み作戦は成功するのでしょうか?

トヨタにはスバルXVや日産エクストレイルなど、アクティブでタフなイメージとファミリーユースにも使えるユーティリティーを兼ね備えたモデルがありませんでした。

こうしたニーズを復活するRAV4で応えることで、ハリアーとのバッティングも避け、水も漏らさぬSUVラインナップを完成させることがトヨタの目論見といえるでしょう。

 

こちらも人気記事

最新トヨタRAV4の限界値引き情報【2018年4月】

 

面倒でも商談前には、車の査定額を出しておく

自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です
今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。
なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼
査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ!
田中さん夫
やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべき

どんなに古い車でも必ず査定額はつきます!
古い車だから」「大きな修理をしているから」査定額がつかないと自分で決めつけないで、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

実際のネット査定例で、ディーラーの下取り査定価格が安かったことが確認できました!

下取りで得した

低年式車でも必ず下取り価格は出ます!

かんたん車査定ガイド(無料)で実際の査定額を見てみる

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-RAV4

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.