人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ルーミータンクの評価口コミ辛口チェック

タンク ルーミー

トヨタルーミー/タンクの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫

更新日:

トヨタの看板車種であるルーミー/タンクが2018年秋にマイナーチェンジしています。

この新型ルーミー/タンク、実はダイハツが販売する「トール」の供給を受けるOEMモデルの車です。

新型ルーミー/タンクの商談にあたりポイントとなるのは次の点です。

ルーミー/タンクのポイント

  • ルーミーとタンクは、ハイトワゴンのボディスタイルを持つコンパクトカー
  • ルーミー/タンクはダイハツが開発した「トール」をトヨタにOEM供給しているモデル
  • かつてのヒット作であるトヨタbBのような若年層に受けるデザインが強み
  • このカテゴリーでは人気のあるスズキ・ソリオと三菱デリカD:2がライバル
新車値引きマスター
ダイハツ「トール」とトヨタ「ルーミー/タンク」、それにスバル「ジャスティ」とあわせて4兄弟車です。 ルーミーはトヨタ店とカローラ店、タンクはトヨペット店とネッツ店と取り扱いディーラーが異なります。 販売好調のルーミーとタンクを、徹底的に分析します。

こちらも人気記事

【2019年6月】トヨタルーミー・タンクの限界値引き最大額は?

 

新ルーミー・タンクのグレード価格表

グレード名エンジン駆動車両本体価格(消費税込み)
X1KR-FE(1.0L)2WD(FF)1,463,400円
X1KR-FE(1.0L)4WD1,636,200円
X”S”1KR-FE(1.0L)2WD(FF)1,528,200円
X”S”1KR-FE(1.0L)4WD1,701,000円
G1KR-FE(1.0L)2WD(FF)1,684,800円
G1KR-FE(1.0L)4WD1,857,600円
G-T1KR-VET(1.0L・ターボ)2WD(FF)1,803,600円
カスタムG1KR-FE(1.0L)2WD(FF)1,836,000円
カスタムG1KR-FE(1.0L)4WD2,008,800円
カスタムG-T1KR-VET(1.0L・ターボ)2WD(FF)1,965,600円

グレード構成は標準車がベースグレードの「X」、上級装備の「G」、1.0Lターボの「G-T」となり、カスタムは「G」と「G-T」のみとなっています。

ターボ車の「G-T」は2WDのみの設定で、ターボ車以外のすべてのグレードには4WDも設定されています。

価格帯は標準車の「X」2WD1,463,400円から、カスタムG 4WDの2,008,800円までと幅広く、その差額は545,400円。同じグレードの1.0L車と同ターボ車では約12万円、標準車とカスタムの差額は約15万円となっています。

この価格差もルーミー、タンクともに共通です。

 

特別仕様車“G” Cozy Edition”はかなりお得

特別仕様車“G” Cozy Edition”はかなりお得

特別仕様車“G” Cozy Edition”はかなりお得

特別仕様車“G” Cozy Edition”は、Gグレードをベースとして、以下のような装備が施されています。

  • “G” Cozy Edition” 2WD 1,730,160円
  • “G” Cozy Edition” 4WD 1,902,960円
<特別仕様車“G” Cozy Edition”の搭載装備>
●撥水機能付専用シート表皮・特別仕様車用フロアマット●ナビレディパッケージ

バックカメラ
ステアリングスイッチ

●コンフォートパッケージ

運転席・助手席シートヒーター
シートバックテーブル

●メッキバックドアガーニッシュ

メッキバックドアガーニッシュ

●メッキフロントインサイドドアハンドル

メッキフロントインサイドドアハンドル

●メッキレジスターノブ

メッキレジスターノブ

●センタークラスターパネルピアノブラック塗装(シルバー加飾付)

センタークラスターパネル(ピアノブラック塗装シルバー加飾付)

●ドアアームレストブラック(シルバー加飾)

ドアアームレスト(ブラックシルバー加飾付)

●助手席シートバックポケットオートエアコン(プッシュ式)ピアノブラックパネル

室内のさまざまなところに、ピアノブラック塗装やシルバー加飾が施されており、かなり上質な仕上がりとなっています。

特別仕様車“G” Cozy Edition”とGの価格差は45,360円ですので、少しでも上質感やスタイリッシュ感をお求めの方は、特別仕様車“G” Cozy Edition”を選択することになるでしょう。

ただし、ボディカラーは6色と通常モデルよりも選択肢は少ないので、好みのボディカラーが選べるかチェックしておきましょう。

“G” Cozy Edition”のボディカラー6色

  • レーザーブルークリスタルシャイン(32,400円)
  • プラムブラウンクリスタルマイカ(32,400円)
  • パールホワイトⅢ(32,400円)
  • ファイアークォーツレッドメタリック(新色)
  • ブラックマイカメタリック
  • ブライトシルバーメタリック

※“G” Cozy Edition”では2トーンカラーは選べない

ルーミー・タンクの人気色ボディーカラーはこれで決まり!

 

ルーミー/タンクのパワーユニット

新型ルーミー/タンクのパワーユニットは以下のようになっています。

自然吸気(NA)エンジンターボエンジン
エンジン直列3気筒1.0L「1KR-FE」直列3気筒1.0Lターボ「1KR-VET」
出力69ps/9.4kgm98ps/14.3kgm

新型ルーミー/タンクのトランスミッションはCVTで、駆動式は2WD(FF)または4WDの設定となっています。

1.0L自然吸気エンジンは、スムーズな加速で発進するとともに、燃費性能が向上。

ややパワー不足ですが、街乗り中心のユーザーなら問題ないレベル。

1.0Lターボエンジンは、1.4Lエンジンなみのトルクで、ストレスのない走行を実現しています。

家族の遠出などの場面では、やはりターボエンジンの選択必要性がありますね。

 

ルーミー/タンクの走り

ルーミー/タンクの走り

写真はルーミー

新型ルーミー/タンクは、トールワゴンであるため、走行時のふらつきが心配されますが、その心配が無駄と思えるほど、安心感のある走りを実現しています。

低速走行時は、路面が悪いところを走行したときの上下挙動をしっかりとおさえて走行し、快適な乗り心地を実現。

中・高速走行時は、コーナリングや車線変更時の左右の揺れ・ふらつきを抑制して走行してくれます。

このようにフラットな乗り心地を実現していることから、乗車している方の頭の動きが少なくなるため、長時間の乗車でも疲れにくいですし、車に酔うことも軽減されるでしょう。

 

エクステリア

ルーミー/タンクのエクステリア

写真はタンク

トヨタ・ルーミー/タンクのエクステリアは、親しみをもちやすいトールワゴンのデザインとなっています。

今回のマイナーチェンジで、フロントグリルに搭載されていたレーダー用のボックスが廃止されました。

これは安全装備がデュアルカメラ採用のスマートアシストⅢに変更されたためです。

2トーンカラーの採用により、より一層存在感が放たれています。

新型ルーミー/タンクのボディサイズは以下の通りです。

ルーミー/タンクベースグレードルーミー/タンクカスタム
全長×全幅×全高3,700mm×1,670mm×1,735mm3,725mm×1,670mm×1,735mm
室内長×室内幅×室内高2,180mm×1,480mm×1,355mm2,180mm×1,480mm×1,355mm
ホイールベース2,490mm2,490mm
最低地上高130mm130mm
車両重量1,070kg1,070kg
乗車定員5名5名

新型ルーミー/タンクは、運転が苦手な方にとっても操作しやすいボディサイズとなっています。

新型ルーミー/タンクカスタムは、ベースグレードより全長が25mm長くなっている分、伸びやかなデザインを演出。

わずか25mmですが、ここにスタイリッシュさが実現されているのです。

 

ルーミー/タンクのインテリア

ルーミー/タンクのインテリア

ルーミー/タンクのインテリア

新型ルーミー/タンクのインテリアは、質感と使い勝手さを追求したデザインを実現。

後部座席は、70度までリクライニングすることができますので、車内でゆったりと休むことが可能です。

室内にはさまざまなところに収納スペースを設計し、ものをきちんと整理できるようになっています。

運転席・助手席の間にコンソールボックスはありませんが、バッグを置くスペースを用意。

このスペースはウォークスルーになっており、運転席・助手席から後部座席へ移動するときに、わざわざ車外に出ることなく移動することができるため、とても便利です。

後部座席は240mmのスライドが可能ですので、広い車内空間を最大限に利用することができますよ。

広い車内空間を最大限に利用する

ラゲッジスペースは、地上から527mmのところが荷台ですので、簡単に荷物を載せることが可能。

リアゲートの幅も1,077mmの設計になっており、後部座席を収納することで、1,500mmを超える巨大な空間を作り出すことができます。

付属する防汚シートがありますので、自転車などの汚れたものを積むときも後部座席を汚すことなく積むことができますよ。

 

カラーラインナップ

新型ルーミー/タンクのカラーラインナップは通常カラーで次の9色となっています。

<新型ルーミー/タンクのカラーラインナップ>
●ブリリアントカッパークリスタルマイカ※1●プラムブラウンクリスタルマイカ
●レーザーブルークリスタルシャイン※1●ブラックマイカメタリック
●マゼンタベリーマイカメタリック●ブライトシルバーメタリック
●ファイアークォーツレッドメタリック●パールホワイトⅢ※1
●ファインブルーマイカメタリック

※1 は32,400円の追加料金が必要です。

なお新型タンクには、新型ルーミーのブリリアントカッパークリスタルマイカの設定はなく、インペリアルゴールドクリスタルメタリックが用意されています。

また5つの2トーンカラーの設定も用意されています。

<新型ルーミー/タンクの2トーンカラーラインナップ>
●ブラックマイカメタリック×●ブリリアントカッパークリスタルマイカ※2
●レーザーブルークリスタルシャイン※2
●マゼンタベリーマイカメタリック※3
●ファイアークォーツレッドメタリック※3
●パールホワイトⅢ※2

2トーンカラーは、カスタムG-T、カスタムGのメーカーオプションで、※2は75,600円、※3は54,000円の追加料金が必要です。

先ほど同様に、なお新型タンクは、ブリリアントカッパークリスタルマイカの設定はなく、その代わりにインペリアルゴールドクリスタルメタリックとなります。

ルーミー・タンクの人気色ボディーカラーはこれで決まり!

 

ルーミー/タンクの燃費性能

以下は新型ルーミー/タンクの燃費性能についてまとめたものです。

自然吸気(NA)エンジンターボエンジン
2WD24.6km/L24.6km/L
4WD21.8km/L21.8km/L

燃費に関しては、ハイブリッド車でないことを考えると、家計に負担が小さい燃費であるといえるでしょう。

 

安全装備

新型ルーミー/タンクには、以下のような機能を発揮する「スマートアシストⅢ」が搭載されています。

<新型ルーミー/タンクのスマートアシストⅢの一例>
●衝突警報機能走行中に前方の車両と歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起
●誤発進抑制制御機能約10km/h以下で障害物を認識後、踏み間違い(必要以上にアクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制、ブザー音とディスプレイ表示でドライバーの注意を喚起
●車線逸脱警報機能約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへブザー音とディスプレイ表示で警報し、逸脱回避操作を促す
●オートハイビーム

 

対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを手をわずらわせることなく自動で切り替え
●先行車発進お知らせ機能

 

信号待ちなどで前のクルマが発進したことに気づかないとき、ブザー音とディスプレイ表示でお知らせ

最新のスマートアシストⅢが搭載されていることで、安心して新型ルーミー/タンクに乗ることができますね。

 

新型ルーミー/タンクの対抗車種は??

ソリオとバンディットどちらを選ぶべきか

販売好調なスズキソリオ

新型ルーミー/タンクの対抗車種は、スズキ・ソリオ(兄弟車の三菱デリカD:2)があげられます。

車両本体価格はソリオのほうが安く設定されていますが、新型ルーミー/タンクにはスマートアシストⅢのような最先端の安全装備がついているなど、勝るところはたくさんあります。

両者を比較することで、新型ルーミー/タンクの良さが浮き彫りに出るでしょう。

ボディ諸元表
車名ルーミー/タンクソリオ
乗車定員(名)55
全長(㎜)3,700~3,7253,710
全幅(㎜)1,6701,625
全高(㎜)1,7351,745
ホイールベース(㎜)2,4902,480
車内長(㎜)2,1802,515
車内幅(㎜)1,4801,420
車内高(㎜)1,3551,360
車両重量(㎏)ガソリン2WD1,070~1,100930
ガソリン4WD1,130970
ハイブリッド2WD950~990
ハイブリッド4WD990
最小回転半径(m)4.64.8

幅がルーミー/タンクの方が45mm大きいことと、車両重量が約150㎏重いことが目立ちます。

車重が重いことで高速での安定性は出ますが、それ以上に加速やキビキビ感が失われる方が弱点です。

少なくとも次の改良までには車重の問題の改良が望まれます。

 

新型ルーミー/タンクの強みと弱み

ルーミー/タンクの強みは多様な居住性

ハイトワゴンの居住性や使い勝手が、ルーミーとタンクの強みになります。

600mmと開口部の広い後部スライドドアや、366mmの低い地上高で後席へのアクセス性は良好です。大型のアシストグリップ、夜間に足元を照らすステップランプなど気配りもされています。

前席のシートポジションも高く、腰をずらすだけで乗車できるので年配の方でも乗降が楽です。

後席はリクライニング機構のほか、6:4分割で個別に240mmもスライドが可能です。

前席の背面には、後席乗員用のシートバックテーブルも備わります。シートはフルフラットにもなるうえ、乗員数や荷物の量や大きさに応じて、さまざまなアレンジが可能です。

ラゲッジ容量は後席利用時で205L、後席をダイブイン機構で収納すればフラットな荷室となり容量は958Lにもなります。

荷室行も608mmと低くラゲッジのボードは防汚シートが付き、跳ね上げると高さのある荷物も積載できます。

たたむとスマートフォンの置き場になり、展開すれば紙パックの飲料も置ける回転式カップホルダー、センターコンソールにはゴミ箱にもなる取り外しが可能な大きなボックスや助手席のオープントレイなど、収納にも工夫が凝らされています。

フロントシートはセパレート式で後部座席とウォークスルーができ、後部座席のドアには格納式のサンシェードが付くなど快適で使い勝手の良い室内です。

便利なコックピット

 

ルーミー/タンクの弱みは意外と多い?

弱みは動力性能と、内装のデザイン質感です。

エンジンは排気量相応のスペックで問題はありませんが、高い車高のボディやスライドドアの採用もあり、車重が1,100kgと重いこと、燃費に振ったCVTのチューニングが加速力不足の原因です。

回さないとパワーが出ないエンジンで、アクセルを踏むと低質なエンジン音が大きく響くこともあり、頑張ってる割には速度が出ないので余計に印象が悪くなります。足回りは柔らかいのですが、タイヤサイズも小さく、サスペンションのストロークが無いので大き目の段差では衝撃がボディに伝わります。

メーターはステアリング前についていますが、カラーマルチインフォメーションディスプレイはセンターコンソールの上に装着されています。

時計やウォーニングはわかりますが、シフトポジションが表示されるのは意味が分かりません。将来的にはハイブリッド用のインジケーターになるのかもしれませんが、現状で表示される情報ではわざわざ専用のディスプレイにする必要性は感じられず、メーター内の表示で十分です。

インテリアのデザインは水平基調で広さは感じますが、9インチの大型画面のナビが入るセンターコンソールは、画面を囲っただけのセンスの悪い多角形で、ナビの下には奥に物が入ったら取り出しにくそうなポケットが2つぽっかりと口を開けています。

さらに追い打ちをかけるのが、プラスチック感丸出しのパネル類です。シボやステッチ状の整形がされていますが質感が低く、パネル同士のつなぎ目もアラが目立ちます。

一昔前の軽自動車を思わせるインテリアで、平板ですぐ底付きする前後シートと合わせてインテリアにはコストがかかっていない印象があります。

また上級グレードでもステアリングはチルト調整のみで、テレスコピック機能が付きません。

ブーンとパッソをベースにしているためステアリング位置とインパネが低く、シートは高めなので、体格によってはテレスコピック機能が無いとドライビングポジションが合わせにくいモデルです。

総額で200万クラスのクルマでもあり、メーカーもコストの振り分けに苦労しているはずですが、購入する側にもある程度の割り切りが必要なモデルです。

 

トヨタルーミー/タンクの評価、口コミまとめ

ルーミータンクの評価口コミ辛口チェック

使いやすさで売れている軽自動車のスーパーハイト系のコンセプトを、コンパクトカーに持ち込んだのがルーミーとタンクです。

トヨタには他にもコンパクトミニバンとして1.5Lで片側スライドドアのポルテ/スペイド、3列シートのシエンタも準備され価格的にもオーバラップします。

軽自動車は嫌だけど、取り回しの気楽さや駐車スペースなどの関係で、ポルテやシエンタよりもコンパクトで室内の大きな車が欲しいユーザーは多くいます。

ターゲットは小さな子供がいるファミリー層ですが、体をかがめずに乗り降りできる良好な乗降性はシニア層にもアピールできます。

先行するスズキソリオは1.2Lのハイブリッドが搭載され、走行性能でも上回りますが、トヨタの販売力でルーミーとタンクがクラストップになるのは間違いありません。

 

トヨタルーミー・タンクの商談に行く前に…

人気の新型ルーミー・タンクを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

【2019年6月】トヨタルーミー・タンクの限界値引き最大額は?

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。 なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
 
新車値引きマスター
どんなに古い車でも必ず査定額はつきます! 「古い車だから」「大きな修理をしているから」と査定額がつかないと自分で決めつけないで、 必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

-タンク, ルーミー

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.