タンクとルーミー

ルーミー/タンク

トヨタルーミー/タンクの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫

更新日:

トヨタのルーミーとタンクは、ハイトワゴンのボディスタイルを持つコンパクトカーです。

ダイハツが開発した「トール」をトヨタにOEM供給しているモデルで、スバルでも懐かしい「ジャスティ」の名前で販売される4兄弟車で生産もダイハツが行います。

トヨタとしてはbBやラクティスの後継となるモデルで、このカテゴリーでは人気のあるスズキ・ソリオがライバルです。

ルーミーはトヨタ店とカローラ店、タンクはトヨペット店とネッツ店とノア/ヴォクシーの様に取り扱いディーラーが異なります。

2016年11月に発売されたばかりですが、販売好調のルーミーとタンクを、徹底的に分析します。

こちらも人気記事

⇒【2018年9月】トヨタルーミー・タンクの限界値引き最大額は?

 

ルーミー/タンクの評価、口コミ

ファミリー向けのルーミー

ファミリー層向けのルーミー

ルーミーとタンクは全長3700mm×全幅1670mm×全高1735mmとコンパクトな5人乗りで、後部ドアには両側スライドドアを採用しています。

サイズや外観のイメージは先行するソリオにそっくりですが、全幅はルーミーとタンクが45mmほど幅広です。

ルーミーとタンクはボディパネルが同一で、ヘッドランプやバンパー、グリルなどで差別化されています。標準モデルの他に、最近の軽自動車の様にルーミーカスタム、タンクカスタムといったカスタムモデルが準備されています。

若者向けのタンク

若者向けのタンクはかつてのbBを連想させます

エクステリアは各モデルで微妙に印象が違うのですが

「フロントはアルファードのミニ版の様でカッコイイ」

「スズキソリオよりもワイドで安定感がある」

「モデリスタの外観に一目ぼれ」

「ツートーンカラーがお洒落で可愛い」

 

と良い評価を与える人が多いです。また

「軽自動車よりも横幅があるので安心感がある」

「居住性も良く、自転車が2台積めそう」

「コンパクトなので取り回しも楽」

「低いフロアと高い車高で乗り降りしやすい」

「スライドドアの乗降口にアシストグリップがついていて、子供やお年寄りでも乗降がラク」

「子供がいるので、前後席のウォークスルーが便利」

「リアシートのスライドとリクライニングが快適で、使いやすい」

 

ちょうどいいサイズ感と、乗降性や室内の使い勝手も多くの人が称賛しています。

一方でインテリアと走行性能には不満コメントが多く見られます。

「久々に見るプラスチック感丸出しの内装」

「平板でつまらないインテリア。収納は多いがしっくりこない」

「価格相応とは思うが、シートも安っぽくコストダウンの跡をアチコチに感じる」

 

とインテリアには残念なコメントが多く見られます。

若者向けのタンク

ルーミーのインテリア

走行性能についても

「1.0リッターのノンターボではまともに走れない。軽自動車にも煽られる」

「CVTがルーズで、加速が鈍くフィーリングが悪い」

「アクセルを踏むとうるさく、音の割にパワーが無い」

 

と評価は高くありません。市街地走行では十分ですが、高速道路の流入や坂道、追越しなどの加速力は不足しています。

 

ルーミー/タンクの性能

パワーユニットは、1リッター直3エンジンの自然吸気(NA)が69ps/6,000rpm、9.4kgm/4,400rpm、ターボ付きは98ps/6,000rpm、14.3kgm/2,400-4,000rpmとなります。

NAがFFと4WD、ターボはFFのみです。

1.0リッターエンジンとしては標準的なスペックで、燃費はNAが24.6km/L(FF)と22.0km/L(4WD)、ターボが21.8km/L(FF)になります。

エクステリアの違いは、ルーミーが大型のフロントグリルと、少し大きめのヘッドランプを装備し、カラータイプのリアコンビランプを装備します。

タンクは切れ長のヘッドランプを採用し、フロントガーニッシュと大きなロアグリルの間にボディ同色のラインが入ります。

リアランプはクリアタイプで、ルーミーよりアクティブなイメージです。

両モデルともカスタムモデルはクロームパーツによる加飾が増え、押し出し感が増します。

グレードはルーミーとタンク共通で価格も同一で、NA車はFFとビスカスカップリング方式のフルタイム4WDが選択でき、ターボ車はFFのみです。

グレード エンジン FF 4WD
X 1.0リッターNA ¥1,463,400 ¥1,636,200
X"S" ¥1,528,200 ¥1,701,000
G ¥1,620,000 ¥1,792,800
G"S" ¥1,684,800 ¥1,857,600
G-T 1.0リッターターボ ¥1,803,600 -
カスタムG 1.0リッターNA ¥1,771,200 ¥1,944,000
カスタムG"S" ¥1,836,000 ¥2,008,800
カスタムG-T 1.0リッターターボ ¥1,965,600 -

安全装備は単眼カメラとレーザーレーダーを使用したダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を採用し、衝突回避支援ブレーキ(歩行者は警報のみ)、車両逸脱警報や前方と後方の誤発進抑制制御、先行車発進お知らせ機能などがセットになります。

G-T と"S"が付くグレードに、標準装備です。X以外のグレードは両側電動スライドドア(Xは助手席側のみ)、オートエアコンが装備され、カスタムではLEDヘッドランプが標準装備になります。

キーフリーシステム、UVカットガラス、オートライトやリアスポイラーは全車標準装備、ナビゲーションやオーディオはオプションになります。

 

ルーミー/タンクの強みと弱み

ルーミー/タンクの強みは多様な居住性

ハイトワゴンの居住性や使い勝手が、ルーミーとタンクの強みになります。

600mmと開口部の広い後部スライドドアや、366mmの低い地上高で後席へのアクセス性は良好です。大型のアシストグリップ、夜間に足元を照らすステップランプなど気配りもされています。

前席のシートポジションも高く、腰をずらすだけで乗車できるので年配の方でも乗降が楽です。

後席はリクライニング機構のほか、6:4分割で個別に240mmもスライドが可能です。

前席の背面には、後席乗員用のシートバックテーブルも備わります。シートはフルフラットにもなるうえ、乗員数や荷物の量や大きさに応じて、さまざまなアレンジが可能です。

ラゲッジ容量は後席利用時で205L、後席をダイブイン機構で収納すればフラットな荷室となり容量は958Lにもなります。荷室行も608mmと低くラゲッジのボードは防汚シートが付き、跳ね上げると高さのある荷物も積載できます。

たたむとスマートフォンの置き場になり、展開すれば紙パックの飲料も置ける回転式カップホルダー、センターコンソールにはゴミ箱にもなる取り外しが可能な大きなボックスや助手席のオープントレイなど、収納にも工夫が凝らされています。

フロントシートはセパレート式で後部座席とウォークスルーができ、後部座席のドアには格納式のサンシェードが付くなど快適で使い勝手の良い室内です。

便利なコックピット

 

ルーミー/タンクの弱みは意外と多い?

弱みは動力性能と、内装のデザインと質感です。エンジンは排気量相応のスペックで問題はありませんが、高い車高のボディやスライドドアの採用もあり、車重が1,100kgと重いこと、燃費に振ったCVTのチューニングが加速力不足の原因です。

回さないとパワーが出ないエンジンで、アクセルを踏むと低質なエンジン音が大きく響くこともあり、頑張ってる割には速度が出ないので余計に印象が悪くなります。足回りは柔らかいのですが、タイヤサイズも小さく、サスペンションのストロークが無いので大き目の段差では衝撃がボディに伝わります。

飛ばす車ではなく、信号の多い街中では十分な動力性能ですが、高速道路などを含めたロングツーリングではドライバーをはじめ、乗員全員にドライブの疲れが出るクルマです。

メーターはステアリング前についていますが、カラーマルチインフォメーションディスプレイはセンターコンソールの上に装着されています。

時計やウォーニングはわかりますが、シフトポジションが表示されるのは意味が分かりません。将来的にはハイブリッド用のインジケーターになるのかもしれませんが、現状で表示される情報ではわざわざ専用のディスプレイにする必要性は感じられず、メーター内の表示で十分です。

インテリアのデザインは水平基調で広さは感じますが、9インチの大型画面のナビが入るセンターコンソールは、画面を囲っただけのセンスの悪い多角形で、ナビの下には奥に物が入ったら取り出しにくそうなポケットが2つぽっかりと口を開けています。

さらに追い打ちをかけるのが、プラスチック感丸出しのパネル類です。シボやステッチ状の整形がされていますが質感が低く、パネル同士のつなぎ目もアラが目立ちます。

一昔前の軽自動車を思わせるインテリアで、平板ですぐ底付きする前後シートと合わせてインテリアにはコストがかかっていない印象があります。

ルーミーのシート

ルーミーの内装・シート

また上級グレードでもステアリングはチルト調整のみで、テレスコピック機能が付きません。

ブーンとパッソをベースにしているためステアリング位置とインパネが低く、シートは高めなので、体格によってはテレスコピック機能が無いとドライビングポジションが合わせにくいモデルです。

総額で200万クラスのクルマでもあり、メーカーもコストの振り分けに苦労しているはずですが、購入する側にもある程度の割り切りが必要なモデルです。

 

トヨタルーミー/タンクの評価、口コミまとめ

家族向けのルーミー

使いやすさで売れている軽自動車のスーパーハイト系のコンセプトを、コンパクトカーに持ち込んだのがルーミーとタンクです。

トヨタには他にもコンパクトミニバンとして1.5Lで片側スライドドアのポルテ/スペイド、3列シートのシエンタも準備され価格的にもオーバラップします。

微妙に魅力が異なるのでモデル同士で食い合うこともなく、発売1ヵ月で35,000台以上を販売するなど好調です。

軽自動車は嫌だけど、取り回しの気楽さや駐車スペースなどの関係で、ポルテやシエンタよりもコンパクトで室内の大きな車が欲しいユーザーは多くいます。

ターゲットは小さな子供がいるファミリー層ですが、体をかがめずに乗り降りできる良好な乗降性はシニア層にもアピールできます。

先行するスズキソリオは1.2Lのハイブリッドが搭載され、走行性能でも上回りますが、トヨタの販売力でルーミーとタンクがクラストップになるのは間違いありません。

トヨタルーミー・タンクの商談に行く前に…

人気の新型ルーミー・タンクを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2018年9月】トヨタルーミー・タンクの限界値引きテクニック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。 なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
 
新車値引きマスター
どんなに古い車でも必ず査定額はつきます! 「古い車だから」「大きな修理をしているから」と査定額がつかないと自分で決めつけないで、 必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-ルーミー/タンク

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.