人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ルーミータンクグレード選びはこれで決まり

ルーミー/タンク

トヨタ ルーミー・タンクの グレード選びはこれで決まり!

更新日:

新型ルーミーとタンクの購入を考えている方が、最後まで迷うグレード選びについて、グレード間の差異や、価格の妥当性について当サイトで検証します。

ルーミー/タンクの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫

 

ルーミーとタンクのグレード構成はシンプル

新車値引マイスター
悩ましいルーミーとタンクーのグレード選定について、ベストグレードはどれなのかズバリ選ぶよ!

ルーミー・タンクは、資本提携するダイハツが製造・販売する「トール」をベースにしたトヨタ向けのOEM供給モデルです。

トヨタ店とカローラ店が「ルーミー」、トヨペット店とネッツ店では「タンク」をデザイン違いの兄弟車として同時に発表・発売されました。

デザインの違いとしては、ルーミーの標準車はSUBARU向けのジャスティと、カスタムはOEM供給元のトールカスタムと、デザインが共通となり、タンクの標準車はOEM供給元であるトールと、カスタムはSUBARU向けの兄弟車であるジャスティ カスタムと、共通デザインとなっています。

カスタムはルーミーならびにタンク、それぞれフロントスポイラーを追加、フロントアッパーグリルを専用デザインに変更するなどとしています。

ルーミー・タンクは、デザインの違い以外は共通であり、グレード構成、価格もシンプルにわかりやすくなています。

新ルーミー・タンクのグレード価格表

グレード名 エンジン 駆動 車両本体価格(消費税込み)
X 1KR-FE(1.0L) 2WD(FF) 1,463,400円
X 1KR-FE(1.0L) 4WD 1,636,200円
X”S” 1KR-FE(1.0L) 2WD(FF) 1,528,200円
X”S” 1KR-FE(1.0L) 4WD 1,701,000円
G 1KR-FE(1.0L) 2WD(FF) 1,684,800円
G 1KR-FE(1.0L) 4WD 1,857,600円
G-T 1KR-VET(1.0L・ターボ) 2WD(FF) 1,803,600円
カスタムG 1KR-FE(1.0L) 2WD(FF) 1,836,000円
カスタムG 1KR-FE(1.0L) 4WD 2,008,800円
カスタムG-T 1KR-VET(1.0L・ターボ) 2WD(FF) 1,965,600円

グレード構成は標準車がベースグレードの「X」、上級装備の「G」、1.0Lターボの「G-T」となり、カスタムは「G」と「G-T」のみとなっています。

ターボ車の「G-T」は2WDのみの設定で、ターボ車以外のすべてのグレードには4WDも設定されています。

価格帯は標準車の「X」2WD1,463,400円から、カスタムG 4WDの2,008,800円までと幅広く、その差額は545,400円。同じグレードの1.0L車と同ターボ車では約12万円、標準車とカスタムの差額は約15万円となっています。

この価格差もルーミー、タンクともに共通です。

 

特別仕様車“G” Cozy Edition”はかなりお得

特別仕様車“G” Cozy Edition”はかなりお得

特別仕様車“G” Cozy Edition”はかなりお得

特別仕様車“G” Cozy Edition”は、Gグレードをベースとして、以下のような装備が施されています。

  • “G” Cozy Edition” 2WD 1,730,160円
  • “G” Cozy Edition” 4WD 1,902,960円
<特別仕様車“G” Cozy Edition”の搭載装備>
●撥水機能付専用シート表皮・特別仕様車用フロアマット ●ナビレディパッケージ

バックカメラ
ステアリングスイッチ

●コンフォートパッケージ

運転席・助手席シートヒーター
シートバックテーブル

●メッキバックドアガーニッシュ

メッキバックドアガーニッシュ

●メッキフロントインサイドドアハンドル

メッキフロントインサイドドアハンドル

●メッキレジスターノブ

メッキレジスターノブ

●センタークラスターパネルピアノブラック塗装(シルバー加飾付)

センタークラスターパネル(ピアノブラック塗装シルバー加飾付)

●ドアアームレストブラック(シルバー加飾)

ドアアームレスト(ブラックシルバー加飾付)

●助手席シートバックポケット オートエアコン(プッシュ式)ピアノブラックパネル

室内のさまざまなところに、ピアノブラック塗装やシルバー加飾が施されており、かなり上質な仕上がりとなっています。

特別仕様車“G” Cozy Edition”とGの価格差は45,360円ですので、少しでも上質感やスタイリッシュ感をお求めの方は、特別仕様車“G” Cozy Edition”を選択することになるでしょう。

ただし、ボディカラーは6色と通常モデルよりも選択肢は少ないので、好みのボディカラーが選べるかチェックしておきましょう。

“G” Cozy Edition”のボディカラー6色

  • レーザーブルークリスタルシャイン(32,400円)
  • プラムブラウンクリスタルマイカ(32,400円)
  • パールホワイトⅢ(32,400円)
  • ファイアークォーツレッドメタリック(新色)
  • ブラックマイカメタリック
  • ブライトシルバーメタリック

※“G” Cozy Edition”では2トーンカラーは選べない

ルーミー・タンクの人気色ボディーカラーはこれで決まり!

 

ルーミー・タンクのグレード間の装備差と価格差

ボディカラーにおいて、ルーミーの「ブリリアントカッパークリスタルマイカ」はタンクには設定されないルーミー専用色ですが、逆にタンクで設定のある「インペリアルゴールドクリスタルメタリック」がルーミーには設定されていません。

ベースグレード XとX”S”

タンクX インペリアルゴールドクリスタルメタリック(32,400円)

タンクX インペリアルゴールドクリスタルメタリック(32,400円)

XとX”S”の違いは、衝突回避支援システム、スマートアシストⅢ の有無だけです。Xにはメーカーオプション設定はないため、事実上Xにメーカーオプションで64,800円の スマートアシストⅢを装着したのがX”S”ということになります。

今や軽自動車でもダイハツでにはスマートアシストⅢがついているため、普通車のタンクが劣る状況です。

家族を乗せるのが目的となるルーミーとタンクですから、最低限の備えとして、X”S”以上のグレードを選ぶ必要があるでしょう。

 

上級グレード G

タンクG レーザーブルークリスタルシャイン(32,400円)

タンクG レーザーブルークリスタルシャイン(32,400円)

Gグレードには、X”S”の装備に加えて次の装備がプラスされます。

  • スーパーUVカット・IRカット機能付グリーンガラス
  • マルチインフォメーションディスプレイが、ステアリングスイッチ付きのTFTカラー
  • クルーズコントロール
  • ドアミラー(サイドターンランプ付き)
  • フロントワイパー(車速感応式)
  • 両側パワースライドドア
  • オプティトロンメーター(2眼)
  • 運転席上下シートアジャスター
  • フロントセンターアームレスト
  • メッキ加飾シフトレバーボタン
  • センタークラスターパネルピアノブラック調
  • 助手席オープントレー
  • 助手席シートアンダートレー
  • オートエアコン
  • 4スピーカー

X”S”とGの156,600円の価格差は大きいですが、追加される装備内容を考えると妥当と言えます。

 

ターボモデル G-T

タンクG-T マゼンダベリーマイカメタリック

タンクG-T マゼンダベリーマイカメタリック

当然ながらエンジンが違います。ターボモデルの最高出力は98PS (通常モデルは69PS)と余裕の走りが手に入ります。

G-Tはリアにもスタビライザーが付く以外はG”S”と共通の装備内容となります。

他にはカスタムG-Tに標準装備される175/55R15タイヤ&15×5Jアルミホイール がメーカーオプション(58,320円)で設定されています。

 

イケてる感を演出 ルーミー/タンクのカスタム

ルーミー/タンクのカスタム

ルーミーのカスタム

上級グレードのGに、フロントスポイラーを追加し、フロントアッパーグリルを専用デザインとしたことで、スポーティー感を演出したのがカスタム。

Gから151,200円(カスタムG-Tは162,000円)アップの装備内容は次の通り。

  • フロントスポイラー
  • フロントバンパー・アッパーグリルメッキ専用デザイン
  • メッキフロントグリル
  • メッキバックドアガーニッシュ
  • LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付き)
  • LEDフロントフォグランプ+LEDイルミネーションランプ
  • LEDリアランプ(3D)
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • 専用シート表皮(ファブリック/撥水機能付)
  • ドアトリムオーナメント表皮
  • フロントインサイドドアハンドル・レジスターノブメッキ
  • センタークラスターパネルピアノブラック塗装(シルバー加飾付き)
  • シルバー加飾ドアアームレスト・シフトレバー
  • 助手席シートバックポケット
  • デッキサイドランプ右側(スイッチ付き)
  • オートエアコン(ピアノプラックパネル)
  • 6スピーカー
  • 165/65R14タイヤ&14×5Jアルミホイール(カスタムG)
  • 175/55R15タイヤ&15×5Jアルミホイール(カスタムG-T)

カスタムGとターボ車のカスタムG-Tの違いは、カスタムG-Tにワンサイズ上の175/55R15タイヤ&15×5Jアルミホイールが標準装備されることだけです。

 

ルーミー・タンクに必要なオプション 

ルーミーとタンク両車に言えるのは、SRSサイドエアバッグ& SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席) をメーカーオプション(49,680円~55,080円)で加えること。

家族を後席に乗せる機会の多いトールワゴンに、はぜひ装備していただきたい。全車にオプションとなっているのは残念です。

また、スマートアシストⅢはせめて全車標準装備してほしかったところです。

また、イルミネーションパッケージ 16,200円(X系以外のグレードで選択可能)は比較的安価で、ナイトドライブの気分も上がるため選択を検討しましょう。

 

ルーミー・タンクのベストチョイスグレード まとめ

ルーミータンクグレード選びはこれで決まり

ルーミーおよびタンクの購入を考えている方は、その広い室内と、ミニバンのように大きくないちょうどいい大きさで、取り回しの良いトールワゴンということが理由のはずです。

そして、重要なのが価格。

一つ上のクラスにシエンタがあり、あまり装備にこだわりすぎると、ワンサイズ上の1.5Lのシエンタを超えてしまい、ルーミーおよびタンクを選ぶ意味がなくなってしまいます。

 そこで、ぎりぎりの選択肢として標準車のX”S”1,528,200円がベストチョイスではないかと思います。

これ以上の装備を望むなら、シエンタも同時に検討すべきでしょう。

 

ところで、これからルーミー・タンクの購入を考えている人が気になるのは、やはり値引き情報です。

人気の新型ルーミーおよびタンクを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

トヨタ新ルーミー/タンクの限界値引き情報【2018年11月】

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

-ルーミー/タンク

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.