人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

新型シエンタの評価口コミ辛口チェック

シエンタ

【シエンタの真の実力】トヨタ新型シエンタの評価・口コミを辛口チェック!※グレード別の価格表あり

更新日:

発売後約3年でマイナーチェンジした新型シエンタはさまざまな点が変更されています。

新型シエンタについて詳しく調べると、次の点が分かりました。

新型シエンタのポイント

  • エクステリアではフロント、リア、アルミのデザイン変更が行なわれ最新のトレンドを採用
  • カラーラインナップにツートンカラーを新設、また新色を追加
  • 2列シートの5人乗り仕様 FUNBASE を新たに設定した
新車値引きマスター
新型シエンタはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

⇒【2019年8月】トヨタシエンタの限界値引き最大額は?

 

シエンタの評価・評判を辛口チェック

シエンタの評価口コミ辛口チェック

出典:https://toyota.jp

シエンタはコンパクトながら、最大乗車人数が7名も乗れることから人気の高い車種として重宝されてきました。

2014年までは年間で50,000台も売れれば良いほうだったのですが、2015年は63,904台、2016年は125,832台、2017年は96,847台で、2018年は94,048台と安定して多数が販売されています。

シエンタの工場出荷時期目処が1ヶ月程ですので、お客様の手元に新型シエンタが届くのは2~3ヶ月は見ておかなければいけません。

メーカーオプションやディーラーオプションをつけることで、さらに納期にはゆとりをもって待つ必要があります。

では具体的に新型シエンタがどのような車なのかをみていきましょう。

 

新型シエンタの価格

シエンタのグレード価格表

シエンタのグレード価格表

出典:https://toyota.jp

新型シエンタの車両本体価格は以下のようになっています。

<ハイブリッド車>

グレード駆動式車両本体価格
G Cuero2WD2,532,600円
G2WD2,380,320円
FUNBASE G2WD2,340,360円
X2WD2,226,960円
FUNBASE X2WD2,187,000円

 

<ガソリン車>

グレード駆動式車両本体価格
G Cuero2WD2,172,960円
4WD2,314,440円
G2WD2,020,680円
4WD2,162,160円
FUNBASE G2WD1,980,720円
X2WD1,816,560円
4WD1,958,040円
FUNBASE X2WD1,776,600円

 

<車いす仕様車>

グレード駆動式車両本体価格
G 車いす仕様車(タイプⅠ) “助手席側セカンドシート付”2WD2,317,000円
X 車いす仕様車(タイプⅠ) “助手席側セカンドシート付”2WD2,130,000円

出典:トヨタ公式HP

ハイブリッド車・ガソリン車ともに2WDは7人乗り、4WDは6人乗り仕様になります。

またFUNBASEはすべて5人乗りです。

新型シエンタの最上級モデルのG Cueroハイブリッド車で車両本体価格が2,532,600円で、これに法定費用・諸費用を入れたとしても300万円を超えることなく新車を購入することができます。

お手頃な価格で新車を購入できるのも新型シエンタの特徴です。

また新型シエンタはエコカー減税対象車で、例えばG Cueroのハイブリッド車(2WD)では、エコカー減税・グリーン化特例を受けることで111,300円程の優遇を受けることができますよ。

 

シエンタの対抗車種は?

フリードの青

シエンタ最大ライバル、ホンダ・フリード

新型シエンタの対抗車種は、同じ形状の車を例にあげるとホンダ・フリードがあります。

2018年4~2019年3月の累計販売台数では、シエンタは95,933台、フリードが83,670台とシエンタが販売競争には勝っています。

シエンタは居住空間が広いですし、トヨタ・ヴォクシー・ノアのように車高が高くないため重心が高くならず、安定性が優れているのです。

そのうえ車両本体価格がそれほど高くないですので割安感があるうえ、新型シエンタはToyota Safety SenseがXグレード以外に標準装備されていますので安全性を確保。

それに対してホンダ・フリードはホンダ・センシングで安全性能が確保されていますし、ハイブリッド車も用意されています。

また7人乗り仕様も用意されているとなると、まさに新型シエンタと良きライバルになるわけです。

お互いに比較すると、より新型シエンタの良いところがみえてきますので、ぜひ比較してみてくださいね。

関連記事

⇒ スコンパクトミニバン5番勝負 シエンタvsホンダ フリード

 

新型シエンタのパワーユニット

新型シエンタのエンジンやハイブリッドモーターについてみてみましょう。

<ハイブリッド車>

G Cuero
G
FUNBASE G
X
FUNBASE X

<ガソリン車・2WD>

G Cuero、G、FUNBASE G
X、FUNBASE X
<車いす仕様車>
G (タイプⅠ) 、X (タイプⅠ)
“助手席側セカンドシート付”

<ガソリン車・4WD>

G Cuero
G
X

 

 

エンジン型式1NZ-FXE2NR-FKE1NZ-FE
エンジン種類直列4気筒直列4気筒直列4気筒
総排気量1,496cc1,496cc1,496cc
エンジン最高出力54[74]/4,800

kW[PS]/rpm

80[109]/6,000

kW[PS]/rpm

76[103]/6,000

kW[PS]/rpm

エンジン最大トルク111[11.3]/3,600~4,400

N・m[kg・m]/rpm

136[13.9]/4,400

N・m[kg・m]/rpm

132[13.5]/4,400

N・m[kg・m]/rpm

モーター型式2LM
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力45[61]kw[PS]
モーター最大トルク169[17.2] N・m[kg・m]

出典:トヨタ公式HP

パワーユニットはハイブリッド車と、ガソリン車の2WD・4WDに大別できます。

エンジンの種類は総排気量1,496ccのものがすべてのグレードに使われていますね。

ただハイブリッド車、2WD、4WDによって燃費性能は大きく変わってきます。

燃費性能に関しては後述していますのでそちらをご覧ください。

 

新型シエンタの走り

新型シエンタの走り

出典:トヨタ公式HP

新型シエンタは大きいわけでもなく、小さいわけでもないため、普段は送迎に使うこともできますし、遠出するときにも十分に活用することができます。

最小回転半径は5.2mですので、Uターンや車庫入れのときの取り回しが十分に行なえるところが嬉しいですね。

ハイブリッド車では、アクセル操作に対する駆動力とエアコンの消費電力などを抑え燃費優先の走りに貢献する「エコドライブモード」と、モーターのみで静かに走行できる「EVドライブモード」の2種類の走りを楽しむことができます。

発進時は柔らかくアクセルを踏むだけでもスーッと軽やかに発進。

一定の速度で走ることができる状態になればエコドライブモードで効率よく燃費を維持しながら走行することができますし、走行の状態によってはEVドライブモードで走ることでさらに燃費を向上させることができますよ。

コックピットからの目線も低いわけではないので視界も広いです。

総排気量が1,496ccですが、大人5名が乗っても走りに苦しさを感じさせることはないでしょう。

 

シエンタのエクステリア

新型シエンタの走り

出典:トヨタ公式HP

新型170シエンタはマイナーチェンジされたことにより、さらにアクティブなスタイルになりました。

フロントバンパーが大きいものに変更され、前から見るとどっしりとワイドなボディにみえます。

フロントマスクはグリル部分が水平のデザインのものから3Dを演出した立体的なものへ変更。

ヘッドライトは最上級グレードのG CueroではLEDヘッドライトが標準装備され、全グレードでスタイリッシュな表情を演出した形のヘッドが採用されています。

リアはテールランプが立体的な構造になっておりブレーキランプ部分の形状が変更されていますね。

全グレードでホイールはスチールホイールが採用されていますが、ホイールキャップのデザインにもこだわりを感じることができます。

メーカーオプションでホイールを16インチアルミホイールに変更することができますので、よりスタイリッシュな新型170シエンタに仕上げることが可能です。

新型170シエンタのボディサイズは以下のようになっています。

全長4,260mm全幅1,695mm
全高1,675mm・1695mmホイールベース2,750mm
車両重量1,320~1,380kg乗車定員5/6/7名

出典:https://toyota.jp

新型シエンタはマイナーチェンジによりフロントバンパーが変更されたため、全長は35mm延長され今回の4,260mmに変更となりました。

全高は4WDが1,695mmとなります。

 

新型シエンタのインテリア

シエンタのインテリアは質の向上が図られた

出典:トヨタ公式HP

新型シエンタのインテリアは質の向上が図られたことがうかがえます。

例えばシートは最上級グレードのG Cueroでダブルステッチが付いた合成皮革×スエード調を採用。

G Cueroでダブルステッチが付いた合成皮革×スエード調

G Cueroでダブルステッチが付いた合成皮革×スエード調

出典:トヨタ公式HP

Gグレードでは上級ファブリックが使われているように、シート1つをとっても質の向上が図られたことが分かります。

メーターはベースグレードであるX以外はオプティトロンメーターが採用されています。

インパネは操作しやすいシンプルな構造になっており、配色も無駄にさまざまな色が使われていないため落ち着いた雰囲気あ漂っていますね。

6人・7人乗りの新型シエンタでは、3列シートならではの座席数とシートアレンジが可能。

アレンジのやり方次第では収納スペースも確保できるため、さまざまな用途で活用することができます。

5人乗りの新型シエンタでは、後席スペースを最大限に利用できるラゲッジスペースがありますので、たくさん荷物を積むことができますし、車内泊をしながらの遠出に使うことも可能です。

普段どのようなスタイルで新型シエンタを活用するのか考えてからシエンタを購入しましょう。

 

新型シエンタのグレード

新型シエンタは、以下の5つのグレードが設定されています。

①G Cuero④X
②G⑤FUNBASE X
③FUNBASE G

新型シエンタは全グレードに以下のような高機能な標準装備がついています。

<外装>
●スタビライザー●電気式バックドアハンドル●UVカットプライバシーガラス
<安全装備>
●緊急ブレーキシグナル●衝突安全ボディGOA●歩行者傷害軽減ボディ
<操作性>
●キー忘れ防止ブザー●チャイルドプロテクター●ゲート式シフトレバー
<内装>
●回転式買い物フック●助手席オープントレイ●サンバイザー

出典:トヨタ公式HP

ベースグレードが④・⑤のXグレードで、①のG Cueroが最上級グレードになります。

G CueroにはLEDフロントフォグランプなどのエクステリアやクルーズコントロールが標準装備されているなど、機能さでいうと十分な装備が施されています。

それにともない車両本体価格も高くなりますので、そこまで高機能な装備はいらないという方は②・③のGグレードを選ぶのもいいでしょう。

関連記事

⇒ トヨタシエンタのグレード選びはこれで決まり!

 

シエンタのカラーラインナップ

新型シエンタのボディカラーは、次の10種類が準備されています。

カラーカラーNo.
スーパーホワイトⅡ040
ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)070
シルバーメタリック1F7
ブラックマイカ209
センシュアルレッドマイカ3T3
ベージュ4V6
ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン4X4
エアーイエロー5B6
ラディアントグリーンメタリック6W9
ブルーメタリック8T7

次に2トーンカラーも用意されていますので、そのバリエーションをみてみましょう。

カラーカラーNo.
ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ209×3T3
ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン×ホワイトパールクリスタルシャイン4X4×070
ブラックマイカ×ベージュ209×4V6
ブラックマイカ×エアーイエロー209×5B6
ブラックマイカ×ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン209×4X4
ブラックマイカ×ラディアントグリーンメタリック209×6W9

出典:トヨタ公式HP

最近では天井部分とボディの色が異なる2トーンカラーが流行っています。

ボディカラーが1色より見飽きることが少なく、遊び心をもつことができることから2トーンカラーを選ぶ方が増えているのです。

関連記事

⇒ トヨタシエンタの人気色ボディーカラーはこれだ!

 

シエンタの燃費性能

新型170シエンタはハイブリッド車とガソリン車では、以下のように燃費性能に差があります。

グレード燃費
<ハイブリッド車2WD>

G Cuero
G
FUNBASE G
X
FUNBASE X

28.8km/L
<ガソリン車2WD>

G Cuero
G
FUNBASE G
X
FUNBASE X

20.2km/L
<ガソリン車4WD>

G Cuero
G
X

15.4km/L
<ガソリン車2WD>
<車いす仕様車>G (タイプⅠ)
X (タイプⅠ)
“助手席側セカンドシート付”
19.6km/L

出典:トヨタ公式HP

同じ2WDでもハイブリッド車とガソリン車では、28.8km/L-20.2km/L=8.6km/Lの燃費差が出ていますね。

2WDの燃料タンクは最大42Lですので、ハイブリッド車は28.8km/L×42L=1209.6km、ガソリン車は20.2km/L×42L=848.4kmの走行が可能ですので、走ることができる距離の差は361.2kmです。

この距離はおおよそ東京―名古屋間に匹敵する距離ですので、ハイブリッド車とガソリン車では日常にかかるガソリン代が大きく異なることが分かります。

例えばG Cuero 2WDの新車車両本体価格は、ハイブリッド車で2,532,600円、ガソリン車で2,172,960円ですので、差額は359,640円。

この差額は大きいように見えますが、それは年間の積算走行距離数によっては日常のガソリン代で取り戻すことができる場合がありますよ。

新型シエンタを選ぶときは燃費性能もしっかりみることをおすすめします。

 

シエンタの安全装備

新型シエンタは、ベースグレードのXを除いてToyota Safety Senseが標準装備されています。

XグレードにToyota Safety Senseをつける場合は、ハイブリッド車で43,200円、ガソリン車で81,000円が必要です。

ちなみに車いす仕様車のXグレードの場合は75,000円が必要になります。

●プリクラッシュセーフティ進路上の車や歩行者(昼間)をレーザーレーダーと単眼カメラで検出、衝突の可能性があると判断した場合には警報を発して回避操作を促す
●レーンディパーチャーアラート道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行なわずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせ
●オートマチックハイビーム

 

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート、切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減
●先行車発進告知機能

 

信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ

出典:トヨタ公式HP

これら以外にG Cueroでは、インテリジェントクリアランスソナーなど高機能が標準装備しています。

マイナーチェンジ前の170シエンタはToyota Safety Senseが特別装備になっていましたので、今回の新型170シエンタは大きく進化したといえるでしょう。

 

トヨタシエンタの評価・評判を辛口チェックのまとめ

新型シエンタの評価口コミ辛口チェック

新型シエンタは、エクステリアはもちろんのこと、インテリアも上質な仕様に変更されていましたね。

何よりも嬉しいのがベースグレードのXを除いてToyota Safety Senseが標準装備されたことでしょう。

カラーラインナップも多彩ですので、あなた仕様のシエンタを作り上げることができますね。

対抗車種としてホンダ・フリードをあげましたが、2つの車種を比較すると、今回進化した新型シエンタの良さがよりご理解いただけるでしょう。

今回の記事を参考に、新型シエンタついて知っていただき、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

トヨタシエンタの商談に行く前に…

人気の新型シエンタを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年8月】トヨタシエンタの限界値引きテクニック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。 なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
 
新車値引きマスター
どんなに古い車でも必ず査定額はつきます! 「古い車だから」「大きな修理をしているから」と査定額がつかないと自分で決めつけないで、 必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

 

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

-シエンタ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.