スズキソリオの評価と口コミ

ソリオ

ススズキソリオの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫ 

更新日:


スズキ ソリオは1997年に発売が開始されました。

スズキ ソリオは、ワゴンRワイドとして軽自動車ではなく1L自然吸気及びインタークーラーターボ付きの2タイプのエンジンが設定されました。

2代目は1999年に登場しワゴンRソリオと名称が変更されています。また最上級モデルに1.3Lエンジンが追加され、その走りに余裕さえ感じるようになったのです。

2005年にソリオと名称変更され、2012年に派生モデル ソリオ バンディットが発売されてます。

現行モデルは発売より4代目となり2015年に発売が開始されました。TV CMにTOKIOを起用して、広々とした室内空間及び多目的な使用用途に対応できるようメッセージを発しています。

2016年にスズキお得意のマイルドハイブリッドエンジンがラインナップされより幅広い層に支持される車へと進化しています。

スズキ ソリオの評価について調べてみましょう。

【2018年6月】スズキソリオの限界値引き情報

スズキソリオの評価、口コミ

エクステリアの評価

スズキソリオのエクステリア

エクステリアについての声を聞いてみましょう。

『流行りのトールデザインなので、違和感なく所有できます。』

『ソリオ バンデットの若々しい顔付きも捨て難いのですが、トヨタのノアにも似た正統派の風貌が気に入りソリオに決めました。またカラーも最初は様々なカラーを検討しましたが、結局無難なパールホワイトにしました。』

『外観は大きなスペーシア見たいです。リアもスペーシア見たいです。ドアもスペーシアからの流用だそうです。フロントグリルのLEDイルミネーションが格好いいです。進歩しましたね。』

『ソリオ バンデットの若々しい顔付きも捨て難いのですが、トヨタのノアにも似た正統派の風貌が気に入りソリオに決めました。 またカラーも最初は様々なカラーを検討しましたが、結局無難なパールホワイトにしました。 』

『安定のワゴンRのフォルムを継承していて、可もなく不可もなく…無難なデザインです。 鮮やかなカラーリングが増えている中、薄いラベンダーピンクカラーの展開があったのも決め手の中のひとつです。 』

ソリオバンディットの評価口コミ

ソリオ バンディットの評価はどうでしょうか。

『個人的には、かなり好き方です。先代のバンディットと比べるとかなり進化しております。』

『今風のカッコよさです。欠点はボディカラーの少なさと、クリアテールは今時流行らないかと。』

『個人的な好みですが、ルーミーは車体の割にはグリルの押し出し感が強くアンバランスに思え、タンクは口を開けたような形状が好きになれませんでした。ソリオの方がキリッとしてカッコいいと思います。』

『一般的なコンパクトカーよりもさらに一回りミニマムなボディーですが、バンディッドの精悍なフロントマスク等のおかげか、個人的には意外に存在感を発揮できていると思います。パープル色にしましたが。普段は黒っぽく見えますが、日に当たると一気に紫色に輝き、とても気に入っています。この赤ではなく青みがかった色はおすすめです。』

ソリオとソリオ バンディットの好みがわかれるところです。通常スポーツ設定であればノーマル車との差が歴然とするのですが、ソリオも精悍な顔つきであり、ソリオ バンディットとの差が少ないところから好みが分かれているのかもしれません。

それだけソリオのエクステリの完成度が高いのかもしれません。

 

センターメーターの評価は?インテリアの口コミ

ソリオのインテリアの評価

インテリアについての評価はどのようになっているでしょうか。

『価格相応と思います。スズキ車らしく収納が沢山あって便利です。』

『よくセンターメーターの評価が分かれますが、個人的には見やすく違和感はありません。運転視界を遮らない点も気に入ってます。 インテリア全般はコンパクトカー特有の安っぽさもなく、上質な仕上がりだと思います。 収納が多い点も大変便利ですね。 』

『ナビはソリオ標準のものにしました。営業担当からは他社製品と比べてナビ機能が劣っているからお勧めできないと言われましたが、オプションの全方位ディアルカメラの機能を活かすためには標準品が良いとの説明からこれにしました。 標準ナビはスマホとの連携が出来ますが、これが非常に便利です。ナビ機能の不足をスマホのナビや地図が補ってくれます。 』

『質感も先代より高くなってます。 センターメーターはあまり馴染めませんでした。 少し残念なのはGには自発光メーターが採用されない点。 先代より退歩してますね。 リアラゲッジも広くなった上にサブトランクなるものがあって 意外に重宝しそうな予感。 リクライニング角度は多すぎ位です。もしかして君はS-MX? 』

 

ソリオバンディットのインテリアの評価

ソリオ バンディットの評価はどうでしょうか。

『かなり収納スペースがあるので、びっくりしました。今の軽もたくさんありますが。』

『センターメーターは1週間程で慣れます。夜間の助手席ガラスの映り込みはメーター照度調整、シート位置の変更シートの高さ調整でクリアできます。良い点
・IRカットガラス&リアサンシェードでジリジリ感が少ない。
・リアシート前のテーブルは便利!』

『全体的には価格相応ではないでしょうか。ルーミーとの違いでは、後部座席が1動作で前に畳めるので非常に簡単です。ルーミーはフルフラットにこだわったからか、格納するのに3動作くらい必要で面倒です。ソリオで気になったのは、後部のフタ下収納スペースです。両サイドかむき出しの発泡スチロールで、長年使っているとボロボロになりそうです。オプションで専用の箱もあるのですが、高いので断念。』

ソリオ、ソリオ バンディットともインテリアレイアウトの差はありません。収納の多さの評価が高いくなっています。また先代と比較すると質感が向上しているようです。ただし素材への不満の声が上がっているのは確かです。

ウォークスルー設計であるため、ファミリーで遠出する際に、座席移動、後部座席の小さなお子様も様子を見るのは非常に便利な設計になっています。

 

走行性能 乗り心地

乗り心地の評価はどうでしょうか。

『荒れた路面ではリアからの突き上げが気になります。改善して欲しいです。』

『街乗りレベルでは全く問題はありません。高速でも100kmなら安定感はあります。但し、慣らし運転中なので120kmとかは確かめていません。 シートのホールド感は前席、後席とも不足気味ですが、そんなに悪くはないと思います。 コンパクトカーにしては足元の広さは秀逸でしょう。特に後席はシートを前にスライドしても足元に余裕があります。 電動スライドドアは

母親の乗降には非常に助かっています。後席は下からの突き上げが大きいという指摘があるようですが、クッションを利用すれば緩和できると思います。 また後席を倒すと巨大なスペースが確保され、26インチの自転車を立てたまま積めるというのは嬉しいですね。 』

『揺れる思いを体中感じます。 突き上げられます。先代より酷いかも。 』

『まだ長時間・遠乗りをしていないので何とも言えませんが、街乗りとしては充分な乗り心地かと思います。助手席に乗った60代の父は「クッションがいい」とボヤいていましたが私はイマイチ分かりません。 後部座席も自分で座っていないので参考になりませんが、前車に比べ座面の奥行きがあるのはゆったり座れるのではないかと思いました。 初めての電動スライドドア、やはり子供の乗り降りには最適です。狭い駐車場でヒヤヒヤする機会が減りました。 』

ソリオ バンディットの評価はどうでしょうか。

『こんなものかと。大人二人、小学生の子2人の4人なら快適。大人4人でもゆったり座れますが、バンブタッチするかも。大人2人プラスαの快適クルーザーと思えばよいです。』

『特に悪いとは思いません。家族も不満はありませんでした。』

『やや路面の凹凸は拾います。運転席では満足できますが、後席だと運転席で感じなかった違和感を感じます。(とは言っても、前車のハスラーよりは全然マシですが)あと、シートの左右のサポートが柔らかいです。これはもう少し固めでもよいかと思いました。』

『コンパクトハイトワゴンということを考えると、乗り心地は良いです。個人的にはシートの良さもあり、ルーミーよりもソリオの方が乗り心地が良かったです。』

ソリオもソリオ バンディットも足回りは共通です。乗り心地は両車種とも同じです。乗り心地は先代よりも向上されている意見が多く上がっています。但しロードノイズを拾うことや突き上げ感は多少あるようです。トールボディであることから横風を受けることによるロール感はしようがないことでしょう。

軽自動車とは違う余裕感が乗り心地評価にも表れているのは確かです。

走るソリオ

 

エンジン性能の評価はまずまず

『普通ですが車体が軽いので力不足は感じません。車体が軽いので軽快に走れます。但し、凍結路面では軽さが災いして後が振られやすいですね。』

『1200cc(実質1300cc)のエンジンにしては静粛性とパワーを兼ね備えていると思います。アイドリングストップのレンジ幅が広く、これが更に静粛性と燃費向上に繋がっています。その一方、EV走行中にグッとアクセルを踏み込んで加速をしようとすると、加速していくまでに若干のタイムラグを感じます。 右折信号で加速したい時にこのタイムラグが不安感に繋がります。 』

『K12BからK12Cへ改良されていますが、あまり変化は感じられませんでした。 先代と同様とても静かでパワフルな加速をしてくれます。 モーターにアシストされている感じはしませんでした(T_T) 』

『センターメーターはヴィッツで慣れていたので違和感はありませんが、次回のフルモデルチェンジでは唯一直して欲しい点です。ハンドル位置に戻せば、ナビやエアコンの操作スイッチの場所が上がり、より見やすいと思います。 ナビは純正のカロッツェリア・サイバーナビを付けましたが、スマートコマンダーというリモコンキーは置き場所がないため使用していません。 ハンドルにあ

るオーディオスイッチも非常に便利ですね。 収納が多い上にダストボックスに使える箇所があったり、サブトランクは思いの外色々なモノが入り、かなり助かっています。 個人的にフリードの室内確認ミラーは欲しい装備。子供が急に静かになり、寝たかな…と見ることが出来るのは安心出来ます。 』

『タンクを試乗しましたが、エンジンをかけたときの音色?が軽自動車のような感じがしました。 また皆さんが仰る通り、アイドリングストップからの復帰は本当に秀逸です。 しかし、右折信号待ち等で徐行する時はアイドリングストップになるかならないかアクセルの踏み加減に迷う時があります。OFFにすればいい話ですが。 』

ソリオ バンディットの評価はどうでしょうか。

『コンパクトエンジンながら、パワーあります。アイドリングストップからの復帰はセルモーターじゃないので静かにスタート、信号でのスタートでは快適です。(但し冬は5度以下ではアイドルストップしません)』

『思った以上にパワフルに加速してくれます。エンジンの静粛性も高いと思います。ルーミーはやはり多く方がおっしゃっているように、NAは、車重が重い割にエンジンが非力なので、走りが非常に重かったです。』

『加速は若干のもたつきを感じますが、私にはまあ許容範囲です。(あまり走り屋タイプではないので・・・)

ハンドルが遊びが多いのか、もう少し重く(固く?)ても良いかもと感じました。でも直進安定性は十分です。』

ソリオ、ソリオバンティットのエンジンスペックは

水冷4サイクル直列4気筒 DOHC16バルブVVT ハイブリットシステム

最大馬力91PS/6,000rpm 最大トルク12.0kg・m/4,000rpm

モーター部は最大馬力13.6PS/3,185rpm~8,000 rpm 最大トルク3.1kg・m/1,000rpm~3,185 rpm

 

水冷4サイクル直列4気筒 DOHC16バルブVVT マイルドハイブリットシステム

最大馬力91PS/6,000rpm 最大トルク12.0kg・m/4,000rpm

モーター部は最大馬力3.1PS/1,000rpm 最大トルク5.1kg・m/100rpm

 

以上の2タイプ設定になっています。

ハイブリッドエンジンは1.2Lエンジンでありながら1.6L以上のパワースペックを秘めています。4人乗車でも余裕のある走りが期待できます。

ソリオバンディット

 

燃費:タンク容量に不満も

ソリオの燃費評価はどうでしょうか。

『良いと思います。』

『納車から300kmほど乗った時点で平均22km位ですが、慣らし運転が終われば更に向上するものと思います。

EV走行も全社のフルハイブリッドよりも多用出来ているように感じます。 32Lタンクで不足がないか不安もありましたが、燃費が22km前後なので満タンなら600km以上無給油で走れるのは有難いですね。』

『納車から500kmほど乗った時点で平均18km位です。前車が40Lに対し、32Lタンクなのでガソリン給油の間隔が短い気もしますが。 』

カタログ値は

  • ハイブリッドエンジン 32.0Km/L
  • マイルドハイブリッドエンジン 27.8Km/L

両エンジンとも走行事情によりますが、実燃費はカタログ値よりマイナス10km/Lほどと考えておきましょう。

 

スズキソリオの強みと弱み

ソリオの強み、弱みはなんでしょうか。

『正直、スズキ車は初めてであり、軽の延長線で考えていましたが、想像以上に完成度の高い車だと感じています。また販売店もレクサスの様な高級感はありませんが、逆に敷居が低く、アットホームに雰囲気は好感度大です。営業マン、整備スタッフの応対も良く、長いお付き合いになりそうです。』

『自動ブレーキ、全方位カメラ等、安全装備が充実しているので、オススメできる車です。』

『やはり進化したてんもありますが、退歩した所も。まあ売れてるので街中でよく見る車だし、売れているのは確実です。』

 

強みは

  • 室内空間が広い
  • エンジンバリエーションが2タイプからチョイスできる。
  • スズキ車であるが軽自動車の延長線上のような車ではない。
  • エクステリアの評価がたかい。

弱みは

  • ロードノイズ、路面の突き上げが気になる。
  • トールボディのため横風をうけやすい。

 

ススズキソリオの評価、口コミまとめ

ソリオまとめ

スズキ ソリオ、ソリオ バンディットについて調べてきましたが、購入に際して参考になりましたでしょうか。

スズキの普通自動車のポテンシャルが確実にあがっていることを感じることができました。コンパクトミニバンとしてライバル車はトヨタポルテ、スペイドなどが上げられます。

軽自動車のランニングコストは普通自動車よりはるかに安いのですが、車体価格が軽自動車は安価でない点があります。また走りに不満を持つ方も少なくなりません。

そんな方にはスズキ ソリオ、ソリオバンディットはお勧め車と言えるでしょう、さああなたもソリオをその目で確かめに行きましょう。

 

人気のソリオを安く購入するには?

これからソリオの購入を考えている人が気になるのは、やはり値引き情報だと思います。

この記事を見てくれた方にとっておきの値引き情報をお届けします!

一般の方は慣れない価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうことが多いのが実際です。

実際にどのように限界値引きを引き出すのか、次の記事でチェックしてからディーラーに商談へ行きましょう‼

【2018年6月】スズキソリオの限界値引き情報

 

面倒でも商談前には、車の査定額を出しておく

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です
今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。
なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼
査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ!
田中さん夫
やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべき

 

自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

実際のネット査定例で、ディーラーの下取り査定価格が安かったことが確認できました!

下取りで得した

低年式車でも必ず下取り価格は出ます!

 

かんたん車査定ガイド(無料)で実際の査定額を見てみる

 

 

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-ソリオ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.