人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

スペーシア【カスタム】のグレード選びはこれで決まり!

スペーシア

スペーシア【カスタム】のグレード選びはこれで決まり!

スペーシアカスタムのグレード選びで注意すべき点は何でしょうか、押えておきたいポイントがいくつかあります。

  • グレードは3種類なので選びやすいが、装備の違いを理解しておこう!
  • スペーシアカスタムの全モデルマイルドハイブリッドはスズキだけ
  • 衝突被害軽減ブレーキを付けないこともできる
新車値引きマスター
パワートレインは全グレードハイブリッドになっており、装備されているアイテムも前モデルと比べてさらにグレードアップしています。

新型スペーシア【カスタム】の辛口評価、口コミ

 

スペーシアカスタムのグレード価格一覧

スズキの人気軽ハイトールワゴン「スペーシア」が新型となりました。

そのカスタムバージョンである「スペーシアカスタム」も同時にフルモデルチェンジを行いさらにクールに生まれ変わっています。

今回のスペーシアカスタムは見ているだけで胸が高鳴る様なデザインと、くつろぎの大空間になっています。

スペーシアカスタムのグレードと価格を見ておきましょう。

グレード名駆動
方式
エンジンミッションJC08
モード
(km/L)
メーカー
希望小売
価格(税込)
ハイブリッドGS2WD水冷
4サイクル
直列
3気筒
CVT28.21,576,800
4WD26.41,697,760
ハイブリッドXS2WD28.21,690,200
4WD26.41,811,160
ハイブリッドXSターボ2WD水冷4サイクル
直列3気筒
インタークーラーターボ
25.61,787,400
4WD24.01,908,360

*衝突被害軽減ブレーキ非装着車は▲59,400円

*全方位モニター用カメラパッケージ装着車は+75,6000円

 

スペーシアカスタムのグレード基本

スペーシアカスタムは全モデルマイルドハイブリッド搭載が一番のウリで、燃費も2WDノンターボで28.2km/Lとかなり低燃費になっています。

マイルドハイブリッドの特徴は様々あり注目度が高いですが、大きくまとめると次の通りです。

マイルドハイブリッドの特徴

  1. モーターの力でクリープ走行
  2. 発進後~加速時のモーターアシストで燃費も向上
  3. 減速時のエネルギーで発電・充電し、低燃費に貢献
  4. 静かでスムーズなエンジン再始動
  5. 居住性に影響を与えない、軽量・コンパクトなシステム

エンジンは水冷4サイクル直列3気筒エンジンでノンターボエンジンのは最高出力は52ps/6,500rpm、最大トルクは6.1kgf・m/4,000rpm

マイルドハイブリッドなのでモーターも併用しており、モーターの最高出力は3.1ps/1000rpm、最大トルクは6.1kgf・m/100rpmとなっています。

ターボ車の最高出力は64ps/6,000rpm、最大トルクは10.0kgf・m/3,000rpmでノンターボよりもかなり余裕があるエンジンとなっています。

低回転からエンジンの持っているポテンシャルを発揮するのはターボ車のメリットです。

スペーシアカスタムの燃費が良いのは、ハイブリッドの特性で、発進時にはガソリンを使わないでモーター力だけでクリープ走行するのでガソリンを節約して低燃費に貢献しています。

今回のスペーシアカスタムのグレード構成は3つになっています。

  • ベースグレードの「ハイブリッドGS」
  • 中間グレードの「ハイブリッドXS」
  • ハイブリッドXSのターボ仕様の「ハイブリッドXSターボ」

スペーシアカスタムはどのグレードでも「衝突被害軽減ブレーキ」が装着されていますが、非装着を選択することも可能です。

また、衝突被害軽減ブレーキを装着している車であれば「全方位モニター用カメラパッケージ」を装着して更に安全機能を向上させることができます。

スペーシアカスタムのグレード別装備かんたんまとめ

 

ベースグレードの「HYBRID GS

スペーシアカスタムGS_ZVR

スペーシアカスタムはベースグレードでもエクステリアのデザインは抜群にクールです。

フロントは「エアロ形状バンパー」と「メッキフロントグリル&ブラックメッキグリル」「メッキフロントアンダーグリル」でクールにまとめ上げられています。

ボディーサイドは「サイドアンダースポイラー」、リアには「エアロ形状バンパー」と「ルーフエンドスポイラー」で圧倒的な存在感を放っています。

ベースグレードでも「14インチアルミホイール」や「LEDヘッドランプ」「LEDフォグランプ」が付いているのはさすがカスタムです。

左がGS 右がXS ホイール以外の外観はほとんど変わらない

左がXS、右がGS ホイール以外の外観はほとんど変わらない

後席のスライドドアも「左側ワンアクションパワースライドドア」になっており、両手がふさがっていてもスイッチ一つで開け閉めができるのが嬉しい装備です。

インテリアでは「メッキインサイドドアハンドル」やドアアームレストの「ブラックパール加飾」、「ドアトリムクロス」で室内空間をさらに上質に仕上げています。

インテリア装備も「フルオートエアコン」が標準装備になっている他、「ロールサンシェイド」や「運転席シートヒーター」も標準装備になっています。

スペーシアカスタムのインテリア

他の車種ではオプションや上級グレードに付いている装備がスペーシアカスタムならばベースグレードで装備されています。

スペーシアカスタムは全グレードで安全装備(スズキセーフティサポート)が完備されています。フロントガラスに設置された単眼カメラとレーザーレーダーによるデュアルセンサーが前方の車や人を検知して、万一の危険を察知し、自動ブレーキなどで衝突回避をサポートします。(衝突被害軽減ブレーキ非装着車は除く)

「車線逸脱警報機能」や「誤発進抑制機能」「ハイビームアシスト」を含めた9つの機能が搭載されているのは魅力的です。

スズキ セーフティ サポート

GSからスズキ セーフティ サポート装備

スペーシアカスタムは小さなお子様が乗るファミリー向けの軽自動車なので、低床フロア設計になっており、低いリアステップとゆとりがある開口部でスムーズな乗り降りが可能です。

リアのステップは地上高345mmなので、小さな子供や高齢な方でも安心して乗り降りすることができます。

ドア開口部も大きいのでお子さんをチャイルドシートに乗せるのも楽です。乗降グリップをリア両側に付けているのも気配りが光ります。

ラゲッジスペースは荷物量に応じたシートアレンジをラゲッジルーム側からも操作して作ることができます。
リヤシートは、荷室側からも操作可能

「ワンタッチダブルフォールディング式リアシート」を採用していることで荷室側からでもワンタッチでシートを折りたたむことができ、軽い力で操作することができるのが特徴です。女性でも簡単に荷室を広げることができるのが嬉しいですね。

荷室開口地上高は510mmと低床で大開口の荷室開口部になっています。それに加えて自転車の積み下ろしをサポートするガイドも付いているので、27インチの自転車でも楽に積むことが可能になっています。

これだけの装備内容が備わったスペーシアカスタム「ハイブリッドGS」の車両本体価格が1,576,800円(2WD)なのはスズキもなかなかやります。

上級グレードを見ずにしてもこのGSで十分と思う方もたくさんいるはずです。

 

中間グレード「HYBRID XS

スペーシアカスタムの強み

ハイブリッドGSでも充実した装備内容でかなりの実力を見せつけられましたが、中間グレードの「ハイブリッドXS」の装備は更に充実しています。

エクステリアでは「LEDイルミネーション」がフォグランプ周りに追加されラグジュアリー感が増しています。

足回りは14インチから「15インチアルミホイール」にランクアップしており、後席のスライドドアは「両側ワンアクションパワースライドドア」になっています。

この装備差だけでもハイブリッドGSとの差額113,400円分を賄っていそうな装備内容ですが、インテリアでの装備も更に充実しています。

ステアリングは「本革巻きステアリングホイール」で「ステアリングオーディオスイッチ」も追加されます。当然ステアリングと同様にシフトノブも「本革巻きシフトノブ」にグレードアップしています。

居住空間の向上面ではエアコンはフルオートエアコンがベースグレードでも付いていますが、空気を循環させてエアコン効率を無駄なく行きわたらせる為に「スリムサーキュレーター」を装備しています。

「スリムサーキュレーター」は空気を効率よく循環させて前席と後席の温度差を無くしてくれます。

スリムサーキュレーター

スリムサーキュレーター

収納面では後席に「パーソナルテーブル」が追加されるので、ファストフードなどを置いたりするのに丁度良いスペースです。
パーソナルテーブル

他にも様々な装備が追加されますが、これだけ充実した装備内容で1,690,200円(2WD)と言うのはハイブリッドGSに劣らずコストパフォーマンスの高いグレードです。

 

上級グレード「HYBRID XSターボ」

黄色いスペーシアカスタム

ハイブリッドXSのターボ仕様という位置づけで、スペーシアカスタムで最上級のグレードとなる「ハイブリッドXSターボ」はインタークーラーターボを搭載したことで最高馬力はノンターボよりも12psも高くなっています。

低回転から最大トルクを発揮するので、軽自動車でありながら力強い走りを楽しむことができるのが特徴です。

エクステリアをはじめとした基本装備はハイブリッドXSと同じですが、2つだけ装備が追加されています。

1つ目は「パドルシフト」です。ターボ仕様になってスポーツ走行にも対応できるようにパドルシフトを採用しています。7速マニュアルモードに切り替えればスポーツドライブの爽快感を楽しむことができます。

パドルシフト

パドルシフト

2つ目は「クルーズコントロールシステム」です。走行中にスイッチを押すだけで設定した速度を自動的にキープして走行します。アクセルを踏み続ける必要がないので高速道路や長距離走行で疲労軽減につながります。

クルーズコントロールシステム

クルーズコントロールシステム

ターボエンジンに2つの装備が追加された「ハイブリッドXSターボ」の車両価格は1,787,400円(2WD)となっており、ハイブリッドXSと比べると97,200円の価格差になっています。

この価格差も驚きで、97,200円でこれだけの装備内容+ターボエンジンであれば、メチャクチャおススメしたくなります。

 

衝突被害軽減ブレーキ非装着車や全方位モニター用カメラパッケージは選ぶべきか?

スペーシアカスタムには「衝突被害軽減ブレーキ非装着車」や「全方位モニター用カメラパッケージ」を選択することができますが、これらのパッケージは選択する必要があるのでしょうか?

衝突被害軽減ブレーキ非装着車で減らされる装備

「衝突被害軽減ブレーキ非装着車」ですが、非装着にすることでの価格差は▲59,400円です。

結論からいうとこれは装着しておきましょう!非装着車にすることにより、9個の安全装備が減ってしまいます。減らされる装備は以下です。

▲59,400円で減る装備

  • デュアルセンサーブレーキサポート
    デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
    誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
    車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
    ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
    先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシストハイビームアシスト
  • 後退時ブレーキサポート
    後退時ブレーキサポート
  • 後方誤発進抑制機能
    後方誤発進抑制機能
  • リアパーキングセンサー

 

ブレーキが遅れてしまう、アクセルとブレーキを踏み間違えたりすることは誰でも失態する可能性があるのです。

スペーシアカスタムの安全装備を装着しておくことにより、万が一の事故を防ぐ可能性が高くなるので装着しておくことをおススメします。

 

全方位モニター用カメラパッケージ

全方位モニター用カメラパッケージは専用のナビを装着することと衝突被害軽減ブレーキを装着していることが前提です。パッケージ内容は以下の通りです。

全方位モニター用カメラパッケージ

  • フロントカメラ
  • サイドカメラ
  • バックカメラ
  • ヘッドアップディスプレイ
    ヘッドアップディスプレイ
  • 標識認識機能
    標識認識機能

全方位モニター用カメラパッケージに対応している専用ナビは8インチで約17万円となり、かなり高額です。装着するか否かは良く検討すべきでしょう。

後進や車庫入れが苦手と言う方には有って便利な機能ですが、車庫入れに全く抵抗が無い方には必要性はあまり無いと思います。自分にとって本当に必要なのか冷静に考えてから装備するべきでしょう。

 

スペーシアカスタムを選ぶならこのグレード

スペーシア【カスタム】のグレード選びはこれで決まり!

今回スペーシアカスタムの3グレードとパッケージの説明をしてきましたが、これらを総合しておススメするスペーシアのベストチョイスグレードは「ハイブリッドXSターボ」です。

スペーシアカスタムはエクステリア装備はどのグレードでもクールに仕上がっているので満足を得られると思います。

しかしクールなデザインだからこそ、「15インチアルミホイール」と「LEDイルミネーション」の存在は大きいと感じています。

またインテリア装備に関してもベースグレードのハイブリッドGSでも不満はありませんが、「ワンアクションパワースライドドア」は両側につけておきたいですね。

「本革巻きステアリングホイール&シフトノブ」もクールに決めるカスタムユーザーには欲しい装備です。

そして何より大きな決め手は「インタークーラーターボ」を搭載しているということ、「パドルシフト」や「クルーズコントロールシステム」はどちらでも良いですが、クールに決めたスペーシアカスタムだからこそ、走行は力強く軽快な走行で爽快感を得て欲しいと思います。

価格差で見てもハイブリッドXSとは97,200円、ハイブリッドGSと比べても210,600円であれば、ハイブリッドXSターボの追加装備内容はかなりコストパフォーマンスが高いと思います。

クールなスペーシアカスタムを購入するのであれば、是非「ハイブリッドXSターボ」を購入して欲しいと思います。

 

スペーシアの商談に行く前に…

これからスペーシアの購入を考えている人が気になるのは、やはりスペーシアの値引き情報です。

人気の新型スペーシアを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

【2019年10月】スズキスペーシアの目標値引き情報

 

スペーシアカスタムのグレード別装備かんたんまとめ

安全装備の違い

全車標準装備
●頚部衝撃緩和フロントシ一ト
頚部衝撃緩和フロントシート●フロントシ一トベルト可変フォースリミッタ一

●フロントシ一トベルトプリテンショナ一

●フロントELR3点式シ一トベルト[ショルダーアジャスタ一付]

●リヤELR3点式シ一トベルト

●運転席シートベルト警告灯

●助手席シートベルト警告灯

●運転席シートベルトリマインダー

●助手席シートベルトリマインダー

●半ドア警告灯

●リヤドアチャイルドプルーフ

●フロント間欠ワイパー[ミスト付]

●リヤワイパー&ウォッシャー

●熱線入りバックウインドーガラス

●ヒーテッドドアミラー(4WD車)

●サイドドアビーム

●ISOFIX対応チャイルドシート固定用アンカー(リヤ左右2名分)

●チャイルドシート固定用テザーアンカー(リヤ左右2名分)

●ハイマウントストップランプ[LED]

●ブレーキペダル後退抑制機構

●エマージェンシーストップシグナル
エマージェンシーストップシグナル

●ESP

●ヒルホールドコントロール
ヒルホールドコントロール

●4輪ABS[EBD・ブレーキアシスト付]

●車両接近通報装置

 

HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

 

●軽量衝撃吸収ボディー TECT(テクト)
軽量衝撃吸収ボディーTECT

●歩行者傷害軽減ボディー

●頭部衝撃軽減構造インテリア

●運転席・助手席SRSエアバッグ
SRSエアバッグ

●フロントシートSRSサイドエアバッグ

●サイドアンダーミラー

●後方視界支援ミラー

●LEDヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
LEDヘッドランプ

●LEDポジションランプ

●LEDフロントフォグランプ

●オートライトシステム

●ライト自動消灯システム

●フロントベンチレーテッドディスクブレーキ

HYBRID GS

 

 

 

【HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]に加えて】

●デュアルセンサーブレーキサポート
デュアルセンサーブレーキサポート

●誤発進抑制機能
誤発進抑制機能

●車線逸脱警報機能
車線逸脱警報機能

●ふらつき警報機能
ふらつき警報機能

●先行車発進お知らせ機能
先行車発進お知らせ機能

●ハイビームアシスト
ハイビームアシスト

●後退時ブレーキサポート
後退時ブレーキサポート

●後方誤発進抑制機能
後方誤発進抑制機能

●リヤパーキングセンサー

HYBRID XS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]【HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]と同じ】

 

HYBRID XS【HYBRID GSと同じ】

 

HYBRID XSターボ[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID XSターボ

【HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]に加えて】

●SRSカーテンエアバッグ
SRSエアバッグ

【HYBRID GSに加えて】

●SRSカーテンエアバッグ

 

快適装備の違い

全車標準装備
●パワーステアリング

●パワーウインドー[ロック機構/運転席オート・挟み込み防止機構付]

●パワードアロック[バックドア連動]

●スライドドア(後席両側)

●スライドドアストッパー(後席両側)

●ルーフアンテナ

●エコクール

●リヤヒーターダクト

●車速連動式オートドアロック

●オーディオレス仕様

●電波式キーレスエントリー[アンサーバック付]

 

HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

 

HYBRID GS

●フルオートエアコン[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]

●フロント2スピーカー

●キーレスプッシュスタートシステム[エンジンスイッチ、携帯リモコン、リクエストスイッチ(フロントドア、バックドア)] ※携帯リモコン[ブルー]

●ロールサンシェード
ロールサンシェード(HYBRID X)

●後席左側ワンアクションパワースライドドア[予約ロック機能/挟み込み防止機構付]
パワースライドドア予約ロック機能

●スライドドアクローザー(後席両側)

●エアコンルーバー[風量調整機能付]
エアコンルーバー[風量調整機能付]

●運転席シートヒーター

●助手席シートヒーター(4WD車)

●電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]

HYBRID XS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID XS

【HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]に加えて】

●フロント2ツイーター&リヤ2スピーカー

●後席右側ワンアクションパワースライドドア[予約ロック機能/挟み込み防止機構付]

●スリムサーキュレーター
スリムサーキュレーター

HYBRID XSターボ[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID XSターボ

【HYBRID XS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]に加えて】

●クルーズコントロールシステム
クルーズコントロールシステム

 

インストルメントパネルの違い

全車標準装備
●インパネシフト

●盤面発光メーター[常時照明式]

●燃料残量警告灯

●アクセサリーソケット

●マルチインフォメーションディスプレイ[エネルギーフローインジケーター/アイドリングストップ節約燃料/アイドリングストップ時間/エコスコア/瞬間燃費/平均燃費/航続可能距離/外気温計/シフトインジケーター/オドメーター/トリップメーターなど]

 

HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID GS

●ウレタンステアリングホイール

●ステアリングオーディオスイッチ

●チルトステアリング

●インパネカラーパネル[ブラックパール]

●ステータスインフォメーションランプ

●タコメーター

HYBRID XS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID XS

【HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]に加えて】

●本革巻ステアリングホイール

●本革巻シフトノブ

HYBRID XSターボ[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

 

HYBRID XSターボ

【HYBRID XS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]に加えて】

●パドルシフト
パドルシフト

 

 

インテリア・シートの違い

全車標準装備
●残照式3ポジションルームランプ(フロント、センター)

●バックドアインサイドグリップ

●可倒式アシストグリップ(助手席、リヤ両側)

●乗降グリップ(リヤ両側)

●サイド兼用サンバイザー

●運転席バニティーミラー[チケットホルダー付]

●助手席バニティーミラー[チケットホルダー付]

●フロントベンチシート[センターアームレスト付]

●ヘッドレスト(フロント、リヤ)

●フルフラットシート
フルフラット

●助手席前倒し機構

 

HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID GS

 

 

●メッキインサイドドアハンドル

●ドアアームレスト加飾[ブラックパール]

●ドアトリムクロス

●アクセサリーソケット(後席右側)

●ラゲッジルームランプ

●ファブリックシート表皮

●運転席シートリフター

●左右独立リヤシートスライド&リクライニング機構

●ワンタッチダブルフォールディングリヤシート[分割可倒式]

●後席スライド用ストラップ(ラゲッジフロア)

HYBRID XS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID XS

HYBRID XSターボ[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID XSターボ

【HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]に加えて】

●パーソナルテーブル[ドリンクホルダー各2個、ショッピングフック各3個、折りたたみ格納式](後席左右)
パーソナルテーブル

●フルファブリック表皮[一部レザー調]

 

収納スペースの違い

全車標準装備
●フロントドアポケット[ペットボトルホルダー付]

●フロントドアミドルポケット

●リヤドアペットボトルホルダー

●ショッピングフック(インパネ/ラゲッジサイド左側)

●インパネアンダートレー(運転席)

●ラゲッジアンダーボックス

●リヤクォーターポケット(右側)
リヤクォーターポケット+アクセサリーソケット(後席右側)

●グローブボックス

 

HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID GS

HYBRID XS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID XS

HYBRID XSターボ[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID XSターボ

●インパネドリンクホルダー(運転席、助手席)

●インパネアッパーボックス(助手席)

●インパネボックス(助手席)

●インパネセンターポケット

●助手席シートアンダーボックス
助手席シートアンダーボックス

●フロントアームレストボックス

●助手席シートバックポケット

●ユーティリティナット(4ヶ所)

 

 

エクステリア・その他の違い

全車標準装備
●IRカット機能付フロントガラス

●スモークガラス(リヤドア、リヤクォーター、バックドア)

●全面UVカット機能付ガラス

●熱線吸収グリーンガラス(フロント、フロントクォーター、フロントドア)

●カラードドアミラー

●ピラーブラックアウト

●リヤコンビネーションランプ[LEDストップランプ]

●マイルドハイブリッドエンブレム(左右フロントフェンダー、バックドア)

●イモビライザー(国土交通省認可品)

●セキュリティアラームシステム

●タイヤパンク応急修理セット

●ライト消し忘れ警告ブザー

●フットレスト

●フットパーキングブレーキ

 

HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID GS

 

 

●フロントバンパー[エアロ形状]
フロントバンパー[エアロ形状]●リヤバンパー[エアロ形状]

●サイドアンダースポイラー

●ルーフエンドスポイラー

●メッキフロントグリル

●ブラックメッキフロントグリル

●メッキフロントアンダーグリル

●カラードドアハンドル

●メッキバックドアガーニッシュ

●LEDサイドターンランプ付ドアミラー

●マイルドハイブリッド

●アイドリングストップシステム

●フロントスタビライザー

●リヤスタビライザー(2WD車)

●14インチアルミホイール

●ラジアルタイヤ155/65R14

HYBRID XS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID XS

HYBRID XSターボ[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]

HYBRID XSターボ

【HYBRID GS[衝突被害軽減ブレーキ非装着車]に加えて】

●LEDイルミネーション(フロントバンパー)

●メッキドアハンドル

●プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)プレミアムUV&IRカットガラス

●15インチアルミホイール

●ラジアルタイヤ165/55R15

 

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。 なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
 
新車値引きマスター
どんなに古い車でも必ず査定額はつきます! 「古い車だから」「大きな修理をしているから」と査定額がつかないと自分で決めつけないで、 必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

-スペーシア

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.