人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

新型スペーシアギアの評価口コミ辛口チェック

スペーシア

スズキ新型スペーシアギアの評価口コミ辛口チェック

更新日:

オフロードデザインを大胆に取り入れた新型スペーシアギアは、ベース車のスペーシアより力強さを感じさせるエクステリアをしています。

新型スペーシアギアについて調べると、次のことが分かりました。

スペーシアギアのポイント

  • スペーシアギアはスペーシアのアウトドア味のハイトールワゴンとしての立ち位置
  • 専用のバンパーやアンダースポイラーなど、アクティブなアウトドア装備が装着されている
  • 室内は防水シートが装備されており、外出先での使い勝手が良い
  • スズキハスラーのハイトワゴンとしての側面もあり
新車値引きマスター
新型スペーシアギアはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

新型スズキスペーシアギア限界値引き情報

 

新型スペーシアギアの立ち位置

スズキの人気ハイトワゴン、スペーシアは単体でも売れていますが、スペーシアカスタムのようなワル顔の高価格モデルも人気があります。

これまでのスペーシアでカバーできなかったアクティブ若年層をターゲットにしたのがこのスペーシアギアです。

新型スペーシアギアのエクステリア・インテリアは遊び心が満載で、アウトドアが好きな方にピッタリの車です。

よく見れば同じスズキのハスラーにも似ているといえます。

新車値引きマスター
新型スペーシアギアはスペーシアの顧客よりも、ハスラーの購入を検討する方向けのための、ハスラーのハイトワゴンバージョンとも言えるでしょう。

そのボディカラーも8種類と豊富で、万人好みのカラーもきっと用意されているはず。

安全性能も、もちろん最新のスズキセーフティサポートが搭載されているので安心です。

 

新型スペーシアギアの価格

新型スペーシアギアの新車車両本体価格は、以下の通りです。

<新型スペーシアギアの新車車両本体価格>
グレード 駆動式 車両本体価格
HYBRID XZ TURBO 2WD 1,695,600円
4WD 1,813,320円
HYBRID XZ TURBO

ガンメタリック2トーンルーフ仕様車

2WD 1,738,800円
4WD 1,856,520円
HYBRID XZ 2WD 1,614,600円
4WD 1,732,320円
HYBRID XZ

ガンメタリック2トーンルーフ仕様車

2WD 1,657,800円
4WD 1,775,520円

※全方位モニター用カメラパッケージ装着車は84,240円高(税込)

新型スペーシアギアの新車車両本体価格は1,614,600円~1,856,520円となっています。

ベース車両のスペーシアの新車車両本体価格が1,274,400円~1,589,760円、スペーシアカスタムは1,517,400円~1,908,360円です。

スペーシアカスタムと同じような価格帯であることから、スペーシアギアは、スペーシアよりもプレミアム層向けで装備が充実している車といえるでしょう。

 

新型スペーシアギアのパワーユニット

新型スペーシアギアのパワーユニットは以下のようになっています。

<新型スペーシアギアのパワーユニット>
●エンジン
HYBRID XZ TURBO HYBRID XZ
種類 R06A型直列3気筒

インタークーラーターボDOHC

R06A型直列3気筒DOHC
総排気量 658cc 658cc
エンジン最高出力 47kW(64PS)/6,000rpm 38kW(52PS)/6,500rpm
エンジン最大トルク 98N・m(10.0kgf・m)/3,000rpm 60N・m(6.1kgf・m)/4,000rpm
●モーター
型式 WA05A
種類 直流同期電動機
最高出力 2.3kW(3.1PS)/1,000rpm
最大トルク 50N・m(5.1kgf・m)/100rpm
●駆動方式・トランスミッション
駆動方式 2WD/4WD
トランスミッション CVT

新型スペーシアギアは、モーター、駆動方式、トランスミッションは同一となっていますが、エンジンがHYBRID XZ TURBOとHYBRID XZでは異なっています。

もちろんのことですが、ターボ車のほうがエンジン最高出力、最大トルクが大きくなっており、快適な走りが可能です(価格は高いですが)。

 

新型スペーシアギアの走り

新型スペーシアギアは、マイルドハイブリッドが採用されているため、停車時からのクリープ走行はモーターで発進するため、静寂さそのものです。

発進してから加速するまでのアクセルは非常に軽く、モーターアシストで加速していくため、ストレスのない加速をしてくれます。

HYBRID XZのノンターボ車でも、加速から巡行に至るまで、快適に走行してくれますが、発進や加速にさらなる力を加えたい場合は、モーターアシスト・パワーモードを利用することで、加速時にはモーターの力でエンジンの出力をアシスト、またエンジン・CVTの制御変更に加えてモーターアシストをトルクアップすることで、坂道や高速道路で力強い加速を演出しているのです。

 

 

エクステリアはスペーシアとハスラーの中間か?

エクステリアは、軽自動車のクロスオーバーとして人気車種となったハスラーを連想させる、丸い形のヘッドライトを採用。

ボディの下部を守るために専用のガードを搭載しているため、オフロードを走行したときに付くキズにも強くなっています。

ルーフ、フロントマスク、足回りなど、さまざまなところにガンメタリック塗装が施されているためワイルドな感じに。

ハイトールワゴンであるため、その存在感が強く、街なかを走っていても目立つこと間違いなしでしょう。

新型スペーシアギアのボディサイズは以下のようになっています。

<新型スペーシアギアのボディサイズ>
全長×全幅×全高 3,395mm×1,475mm×1,800mm
室内長×室内幅×室内高 2,155mm×1,345mm×1,410mm
ホイールベース 2,460mm
最低地上高 150mm
車両重量 880~940kg
乗車定員 4名

新型スペーシアギアはハイトールワゴンですので、軽自動車の中でも大きなボディサイズを有していることはもちろんのこと、車内も広々していてゆったり過ごすことが可能です。

 

新型スペーシアギアのインテリア

新型スペーシアギアのインテリア

新型スペーシアギアのインテリア

出典:スズキ公式HP

新型スペーシアギアのインテリアには、オレンジのステッチが施工された撥水加工のブラックシートがまず目に入ります。

撥水仕様、防汚仕様のシートは、荷室フロアとリアシート背面にも採用。

マリンスポーツのあとや、ゲレンデで遊んだあとのスノーボードやスキー板も、そのまま載せてもサッとふき取れるだけで大丈夫。

オレンジのステッチが施工された撥水加工のブラックシート

オレンジのステッチが施工された撥水加工のブラックシート

ツールボックスをモチーフにした助手席アッパーボックス、また助手席背面にはメッシュポケットを備えるなど、使い勝手の良さを重視したインテリアになっており、大人の遊び心を刺激します。

ハイトールワゴンで室内が広く、フロアは地上から345mmと低いため、着替えや靴の履き替えも楽々可能です。

またすべてのシートに、前後の位置を各々に調節できる独立型のシートスライドを採用しているため、自分の体勢に合わせて広々とした空間をつくることができます。

運転席・助手席をフルフラットにすることで、みんなでゆっくりくつろぐことができる空間が出現。

シートを倒してフルフラットに

シートを倒してフルフラットに

4つのシートをそれぞれで折りたたむことが可能ですし、スライドさせることも可能ですので、人と荷物に合わせて自由にアレンジしましょう。

バックドアネットもスペーシアギアならではの装備で、リアゲートをフルオープンにした状態で装備されたネットを装着することで、大自然の空気を味わいながら、より快適に車中泊を楽しむことができます。

スペーシアギアのバックドアネット

スペーシアギアのバックドアネット

 

カラーラインナップ

新型スペーシアギアのボディカラーは、以下の8つが用意されています。

<新型スペーシアギアのカラーラインナップ>
●ピュアホワイトパール※
●スチールシルバーメタリック※
●ブルーイッシュブラックパール3
●オフブルーメタリックガンメタリック2トーンルーフ
●ツールグリーンパールメタリックガンメタリック2トーンルーフ
●フェニックスレッドパールガンメタリック2トーンルーフ
●アクティブイエローガンメタリック2トーンルーフ
●ブリスクブルーメタリックガンメタリック2トーンルーフ

※は、21,600円の追加料金が必要です。

新型スペーシアギアは、標準カラーが3つ、2トーンカラーが5つ用意されています。

2トーンカラーはルーフ部分がガンメタリックになっており、ワイルドさやインパクトの強さを示していることが分かります。

3つの標準カラーも、2トーンカラーとは違った統一感があります。

 

新型スペーシアギアの燃費性能

新型スペーシアギアのJC08モード燃費性能は、以下のようになっています。

<新型スペーシアギアのJC08モード燃費>
HYBRID XZ TURBO HYBRID XZ
2WD 25.6km/L 28.2km/L
4WD 24.0km/L 26.4km/L

ターボ車は、ノンターボ車より走行性能に優れている分、燃費性能が若干劣ります。

また同じグレードでも2WDのほうが燃費性能が高いです。

総合的に新型スペーシアギアの燃費性能は、24.0~28.2km/Lですので、燃料タンクに27Lのガソリンを満タンにして走行すると、648.0~761.4km走る計算になります。

新型スペーシアギアは、減速時のエネルギーで発電・充電するため、低燃費に貢献していますし、新アイドリングストップシステムが搭載されているため、燃費性能の向上に成功しているのです。

新アイドリングストップシステムは、約10km/h以下になると自動でエンジンを停止。

エンジン再始動までのガソリン消費をカットするのです。

このような燃費性能を向上するための技術が採用されていることから、新型スペーシアギアは燃費性能が良いといえるでしょう。

 

安全装備はスズキセーフティサポート搭載

新型スペーシアギアには、最新の「スズキセーフティサポート」が搭載されており、以下のような安全装備がありますので、安心して乗ることができるでしょう。

<新型スペーシアギアのスズキセーフティサポートの一例>
●車線逸脱警報機能 走行中に左右の区画線を検知して進路を予測。前方不注意などで車線をはみ出しそうになると、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促す。
●ふらつき警報機能 走行中に左右の区画線を検知して、自車の走行パターンを計測。車両が蛇行するなど、システムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促す。
●ハイビームアシスト ヘッドランプをハイビームにして走行中、前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所を走行すると自動でロービームに。対向車や先行車がいなくなったり、周囲が暗くなると自動でハイビームに戻す。
●標識認識機能[進入禁止] 走行中に進入禁止の標識を検知すると、ヘッドアップディスプレイに進入禁止マークを表示してドライバーに知らせる。
●先行車発進お知らせ機能 停車中、前のクルマが発進して約5m以上離れても停車し続けた場合、ブザー音やメーター内の表示によって、ドライバーに先行車の発進を知らせる。

これらの装備は、万が一の事故に遭遇しそうになったときや、運転操作を誤ったときに作動するシステムです。

もちろん新型スペーシアギアには、運転しやすく安心して乗れる技術が組み込まれています。

右左折時の横断歩行者や交通状況を把握しやすいピラーやドアミラー位置、ピラー断面とピラートリム形状の最適化などにより、視認性を確保しているのです。

それ以外に、運転しやすく、疲れにくいポジションを維持するためのシート、操作しやすく見やすいレイアウトをしたインパネへの工夫もされています。

新型スペーシアギアは、安全性能にとことんこだわっていることが分かります。

 

新型スペーシアギアの対抗車種は??

新型スペーシアギアの対抗車種は??

新型スペーシアギアの対抗車種は??

新型スペーシアギアは、今人気のハイトールワゴン軽自動車ということもありたくさんのライバル車があります。

ダイハツではウェイクタント、ホンダではN-BOX、日産ではデイズルークスがあげられます。

例えばウェイクは、新型スペーシアギアより全高が約3cm高く、地上高が低いことから、外から見ても中から見ても圧倒的な大きさを感じることができるでしょう。

またウェイクの燃費性能は23.2~25.4km/Lなのに対して、新型スペーシアギアの燃費性能は24.0~28.2km/Lですので、新型スペーシアギアのほうが燃費性能が良いです。

このように、新型スペーシアギアにはたくさんの対抗車種があり、ハイトールワゴン軽自動車の競争は激しいといえます。

ハイトールワゴン軽自動車で絶大な人気を誇っているホンダN-BOXは、エクステリア・インテリアのデザイン性に加えて、Honda SENSINGが搭載されたことで、安全性にも配慮されていることが分かるでしょう。

この記事をお読みになっている方の多くは、新型スペーシアギアの購入を検討されている方だと思いますが、先ほどご紹介した対抗車種とともに、新型スペーシアギアを比較すると、それぞれの車の特徴がつかめます。

新型スペーシアギアと比較する際は、今回の記事でご紹介しているように、新車車両本体価格だけでなく、エクステリア・インテリア、走行性能、安全性能、燃費性能など、さまざまなところを見比べてください。

またカタログやネットに掲載されている情報だけではなく、新型スペーシアギアはスズキディーラーへ出向けば試乗することも可能です。

実際に試乗すると、新型スペーシアギアを体感することができますので、車を購入する前の試乗は欠かさずに行なうようにしましょう。

 

新型スペーシアギアの評価口コミ辛口チェック まとめ

新型スペーシアギアの評価口コミ辛口チェック

新型スペーシアギアは、スペーシアカスタムと同じような価格帯ですが、エクステリアやインテリアはスペーシアカスタムとは大きく異なる車種です。

新型スペーシアギアは、マイルドハイブリッドが採用されているため、燃費性能も24.0~28.2km/Lとかなり良く、ガソリンを満タンの状態にした場合は648.0~761.4kmも走りますので、東京から神戸までは給油なしで走行できる余裕があります。

新型スペーシアギアのようなハイトールワゴン軽自動車は、各自動車メーカーで競うように販売しています。

カタログやネットで車両の情報を確認するだけでなく、実際に試乗してから新型スペーシアギアを購入するかを決めましょう。

 

スズキスペーシアギアの商談に行く前に…

人気の新型スペーシアギアを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒新型スズキスペーシアギア限界値引き情報

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。 なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
 
新車値引きマスター
どんなに古い車でも必ず査定額はつきます! 「古い車だから」「大きな修理をしているから」と査定額がつかないと自分で決めつけないで、 必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

 

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-スペーシア

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.