人気車の値引情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ダイハツトールの評価口コミ辛口チェック

トール/カスタム

ダイハツ トール/カスタムの評価口コミを辛口チェック!

投稿日:

軽自動車に力を入れているダイハツですが、普通車のトールも幅広いユーザーにアピールしていく方向です。

新型トール/カスタムについて調べると、次のことが分かりました。

トール/カスタムのポイント

  • ダイハツが製造するリッターカー、トールはトヨタではルーミー/タンクとして販売されている
  • 最新の安全装備である「スマートアシストⅢ」を搭載
  • 特別仕様車「リミテッド」が設定されている
新車値引きマスター
マイナーチェンジされたトールはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

 

 

トールの価格をルーミー/タンクと比較する

新型トール/カスタムの車両本体価格は、以下のように発表されました。

新型ルーミー/タンクと比較しながらみていきましょう。

<新型トール/カスタム特別仕様車>
グレード 駆動式 車両本体価格
G”リミテッドSAⅢ” 2WD 1,738,800円
4WD 1,911,600円
カスタムG”リミテッドSAⅢ” 2WD 1,884,600円
4WD 2,057,400円

 

<新型ルーミー/タンク特別仕様車>
グレード 駆動式 車両本体価格
“G” Cozy Edition” 2WD 1,730,160円
4WD 1,902,960円

 

特別仕様車で比較すると、新型ルーミー/タンクが僅差ですが、最安値の設定になっています。

新型トール/カスタムの中では、カスタムG“リミテッドSAⅢ”が一番高いです。

続いて、ベースモデルの車両本体価格を比較してみましょう。

<1.0L自然吸気エンジン>
新型トール/カスタム 新型ルーミー/タンク 駆動式 車両本体価格
X X 2WD 1,463,400円
4WD 1,636,200円
X”SAⅢ” X “S” 2WD 1,528,200円
4WD 1,701,000円
G“SAⅢ” G 2WD 1,684,800円
4WD 1,857,600円
カスタムG”SAⅢ” カスタムG

 

2WD 1,836,000円
4WD 2,008,800円
<1.0Lターボエンジン>
新型トール/カスタム 新型ルーミー/タンク 駆動式 車両本体価格
Gターボ”SAⅢ” G-T 2WD 1,803,600円
カスタムGターボ”SAⅢ” カスタムG-T 2WD 1,965,600円

ベースモデルでは、新型トール/カスタムと新型ルーミー/タンクは、車両本体価格はすべて同じです。

新型トール/カスタム特別仕様車である「リミテッド」では、以下のような装備が施されています。

 

<新型トール/カスタム特別仕様車「リミテッド」の搭載装備>
●パノラマモニター ●コンフォータブルパック
●メッキバックドアガーニッシュ ●メッキフロントインサイドドアハンドル
●メッキレジスターノブ

カスタム車は、やはりスタイリッシュさが人気の理由で、実際にリミテッドをみるとそのカッコよさに魅かれるでしょう。

ベースグレードを購入したあとに、特別仕様車のパーツを搭載することはできませんので、後悔しないためにもベースモデルと特別仕様車をしっかり比較してくださいね。

 

トールのパワーユニット

新型トール/カスタムのパワーユニットは以下のようになっています。

自然吸気(NA)エンジン ターボエンジン
エンジン 直列3気筒1.0L「1KR-FE」 直列3気筒1.0Lターボ「1KR-VET」
出力 69ps/9.4kgm 98ps/14.3kgm

このパワーユニットも、新型ルーミー/タンクとまったく同じものです。

ターボエンジンの直列3気筒1.0Lエンジンは、1.0Lの排気量を思わせないスムーズな走りをみせてくれます。

近場での使用が中心であれば1.0Lエンジンで充分です。

1.0Lエンジンは最低限なので、遠距離の走行や積載物が多い場合は1.0Lターボエンジンを選択した方が良さそうです。

 

走り

新型トール/カスタムは、路面が悪いところではしっかり揺れを吸収した走行をしてくれますし、コーナリングでも快適な乗り心地をしています。

ただトールワゴンは車高が高い分、車の表面積が大きく、横風の影響を受けることは否定できません。

とくに高速道路で横風がきついときやトンネルの出口では、横風の影響を受けますので、慎重な操作が必要です。

ターボエンジン搭載車では、心地の良い走りをみせてくれることはもちろんのこと、自然吸気エンジンでもスーッとした加速は、運転者と同乗者にストレスを感じさせません。

 

 

エクステリア

新型トール/カスタムは、ファミリー層からの支持が高いのですが、家族で出かけるのにもってこいの大きさをしていますし、平日はママさんが近くに買い物へ行くのにもちょうどいいサイズをしています。

後部座席にはスライドドアが採用されていますので、乗り降りしやすくて便利です。

新型トール/カスタムのボディサイズは以下の通りです。

新型トールベースモデル 新型トールカスタム
全長×全幅×全高 3,700mm×1,670mm×1,735mm 3,725mm×1,670mm×1,735mm
室内長×室内幅×室内高 2,180mm×1,480mm×1,355mm 2,180mm×1,480mm×1,355mm
ホイールベース 2,490mm 2,490mm
最低地上高 130mm 130mm
車両重量 1,070kg 1,080kg
乗車定員 5名 5名

カスタムモデルはエアロパーツの関係で全長が25mm伸びています。

新型トールは、大きすぎず小さすぎないボディサイズをしているため、せまい道であっても難なく通ることができます。

このボディサイズは、新型ルーミー/タンクとまったく同じです。

新型トールのエクステリアは、ベースモデルでは女性にもピッタリなかわいさを感じるフロントマスクをしています。

それに対して新型トールカスタムは、大きなメッキフロントグリルが特徴で、ヘッドライトもLEDヘッドライトが採用されており、スタイリッシュな仕上がりに。

サイズはコンパクトながらも、その存在感や迫力は満点です。

新型トール/カスタムは、新型ルーミー/タンクと同じエクステリアをしていて、区別するためにはフロントグリルのエンブレムを見る必要があります。

 

 

インテリア

新型トール/カスタムのインテリアは、前方の視界をしっかり確保するために、水平基調をモチーフにしたインパネを採用。

運転席・助手席をフルリクライニングにして、後部座席は最大角度の70度まで傾けると、足を伸ばしてゆったりくつろぐことも可能です。

さまざまなところに小物を収納するスペースが設けられているため、車内にものが散乱することはないでしょう。

防汚シートが装着されている後部座席を前に倒すことで、リアゲートからは自転車を積むことができるほどの積載空間が生まれます。

インテリアカラーは、ベースモデルとカスタムで差別化が図られており、ベースグレードは落ち着いたデザインに、カスタムはスポーティなデザインに。

これらの新型トール/カスタムのインテリアは、新型ルーミー/タンクにも同じものが採用されています。

 

 

カラーラインナップ

新型トール/カスタムのカラーラインナップは以下の9色となっています。

<新型トール/カスタムのカラーラインナップ>
●ブリリアントカッパークリスタルマイカ※1 ●プラムブラウンクリスタルマイカ
●レーザーブルークリスタルシャイン※1 ●ブラックマイカメタリック
●マゼンタベリーマイカメタリック ●ブライトシルバーメタリック
●ファイアークォーツレッドメタリック ●パールホワイトⅢ※1
●ファインブルーマイカメタリック

※1は32,400円の追加料金が必要です。

新型ルーミーは、新型トール/カスタムと同じボディカラーの設定となっています。

新型タンクには、ブリリアントカッパークリスタルマイカの設定はありませんが、その代わりにインペリアルゴールドクリスタルメタリックを設定。

新型トールカスタムには、以下の5つの2トーンカラーの設定も用意されています。

<新型トール/カスタムの2トーンカラーラインナップ>
●ブラックマイカメタリック× ●ブリリアントカッパークリスタルマイカ※2
●レーザーブルークリスタルシャイン※2
●マゼンタベリーマイカメタリック※3
●ファイアークォーツレッドメタリック※3
●パールホワイトⅢ※2

 

※2は75,600円、※3は54,000円の追加料金が必要です。

新型トール/カスタム2トーンカラーの設定は、新型ルーミーと同じですが、先ほどと同様に、新型タンクは、ブリリアントカッパークリスタルマイカの設定はなく、その代わりにインペリアルゴールドクリスタルメタリックが設定されています。

 

 

燃費性能

以下は新型トール/カスタムの燃費性能についてまとめたものです。

自然吸気(NA)エンジン ターボエンジン
2WD 24.6km/L 21.8km/L
4WD 22.0km/L

燃費性能についても、新型ルーミー/タンクと燃費は変わりません。

同じエンジンが搭載されていますし、車両重量も同じですので、当然の結果ですね。

ガソリンタンク容量は、2WDで36L、4WDで38L給油することができます。

例えば自然吸気エンジンの2WDの場合は、24.6km/L×36L=885.6km走ることができますので、東京からだと広島付近まで給油せずに走ることができるのです。

かなりお財布に優しい車であることが分かりますね。

 

 

安全装備

新型トール/カスタムは、新型ルーミー/タンクと同様に、以下のような機能を発揮する「スマートアシストⅢ」が搭載されています。

<新型トール/カスタムのスマートアシストⅢの一例>
●衝突警報機能 走行中に前方の車両と歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起
●誤発進抑制制御機能 約10km/h以下で障害物を認識後、踏み間違い(必要以上にアクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制、ブザー音とディスプレイ表示でドライバーの注意を喚起
●車線逸脱警報機能 約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへブザー音とディスプレイ表示で警報し、逸脱回避操作を促す
●オートハイビーム

 

対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを手をわずらわせることなく自動で切り替え
●先行車発進お知らせ機能

 

信号待ちなどで前のクルマが発進したことに気づかないとき、ブザー音とディスプレイ表示でお知らせ

これらの装備が搭載されていると、「ひやっ」とする場面でも、事故を回避することができ、あなただけでなく、同乗者の安全をサポート。

ただしスマートアシストⅢが標準装備されているのは、新型トールのXグレード以外です。

 

 

新型トール/カスタムの対抗車種は??

新型トール/カスタムの対抗車種としてあげられるのは、スズキ・ソリオです。

全長は新型トール/カスタムとソリオではほぼ同じですが、全幅はソリオが45mmせまくなっています。

運転席からみた視界は、新型トール/カスタムもソリオも水平基調をベースにしており、すっきりとした視界が確認できることから、車の取り回しはソリオのほうがいいといえるでしょう。

インテリアデザインは、新型トール/カスタムのほうが工夫されていることが伝わってきます。

インパネ中央をみても、新型トール/カスタムのほうがすっきりしていることが分かるでしょう。

乗降性については、新型トール/カスタムもソリオも、運転席・助手席が横開き式で、後部座席はスライドドア式です。

乗降性については、それほど大差がないように思えますが、スライドドアの開口幅は新型トール/カスタムが600mm程、ソリオは640mm程ですので、ソリオのほうが乗降性に優れているといえるでしょう。

わずか40mmですが、車を利用していて「あと数センチ入口が広ければ…」という場面に遭遇した方もいるはず。

しかしリアゲートの高さは、新型トール/カスタムが1,080mmあるのに対して、ソリオは960mmしかありません。

新型トール/カスタムもソリオも、後部座席を前に倒してラゲッジスペースを広げることは可能ですが、大きな荷物を積むときは、新型トール/カスタムのほうが積みやすいことは間違いありません。

車両本体価格を比べると、新型トール/カスタムよりもソリオのほうが70,000円程高い設定になっていますので、お買い求め安いのは新型トール/カスタムでしょう。

このように、新型トール/カスタムとソリオは良きライバル車として、それぞれの特徴をもっていますので、新型トール/カスタムを購入するときにソリオともしっかり比較してください。

ソリオと比較することで、新型トール/カスタムの優れたところが見つけられますよ。

 

トール/カスタムの評価口コミを辛口チェック!まとめ

ダイハツトールの評価口コミ辛口チェック

兄弟車である新型ルーミー/タンクと比較していきながら、さまざまなテーマをみていきましたが、さすがは兄弟車といえるくらい、ほとんど仕様は同じでした。

車両本体価格もベースモデルでは同じでしたので、新型トール/カスタムと新型ルーミー/タンクのどちらを購入すればいいか迷うでしょう。

そのときにリセールバリューを見る方法があるのですが、リセールバリューではトヨタのルーミー/タンクのほうが少し高くなっています。

「トヨタ」と「ダイハツ」のブランドの差によるものですが、エンジンまで同じものを搭載しているわけですから、もしこれまで今乗っている車がダイハツの車で、それから買い替えるのであれば新型トール/カスタムを選んでも問題ないでしょう。

新型トール/カスタムの購入を検討しているときは、対抗車種であるスズキ・ソリオとしっかり比較してくださいね。

 

ダイハツトールの商談に行く前に…

人気のトールを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。 そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

 

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-トール/カスタム

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.