トヨタセーフティセンス

トヨタ

最新安全装備トヨタセーフティセンスとは?

更新日:


トヨタに限らずどのメーカーも安全装備を売りにする時代になっています。

でもトヨタセーフティセンスって、色々装備がいっぱいありすぎてどんな内容なのかよく分からないという声を多く聞きます。

ここではトヨタの安全装備セーフティセンスを、超簡単に解説していきます。

この記事のポイント

  • これまでは機能によりベーシックなセーフティセンスCとアッパーなセーフティセンスPの2区分だった
  • 2018年から最新の第2世代に移行し「トヨタセーフティセンス」として呼び方が統一された
  • 同じトヨタセーフティセンスでもクラウンなどの高級車と小型車では内容が違っているので注意が必要
  • 「トヨタセーフティセンス」と言っても車種・グレードによりついていない装備があるので混乱する
  • ダイハツからOEM販売しているタンク・ルーミー、パッソと軽自動車はスマアシⅡ・Ⅲが装備される




第2世代トヨタセーフティセンスになって混乱

トヨタはこれまでベーシック車に搭載している「セーフティセンスC」と上級タイプの「セーフティセンスP」と呼ばれる、予防安全パッケージを提供してきました。

また、ダイハツからOEMにより調達して販売しているルーミー/タンク、パッソと軽自動車についてはダイハツのスマアシⅡ・Ⅲの名称の安全装備となっています。

ダイハツスマートアシストⅢの評価・口コミ、辛口チェック

 

今回トヨタセーフティセンスCとPが第2世代に移行することで呼称が「トヨタセーフティセンス」一本となりました。

新車値引きマスター
呼び方がトヨタセーフティセンスに統一されていますが、実際の装備内容は車種によって異なるため、ユーザーは逆に混乱しています。

 

第2世代トヨタセーフティセンス

第2世代のトヨタセーフティセンス、2018年月の最上級ミニバンアルファード・ヴェルファイアで初めて搭載されました。

トヨタセーフティセンスPと第2世代トヨタセーフティセンスの装備の違いは次の通りです。

項  目 トヨタセーフティセンスP 第2世代トヨタセーフティセンス
プリクラッシュセーフティ
検知センサー 車両
検知センサー 歩行者(昼)
検知センサー 歩行者(夜) ×
検知センサー 自転車 ×
プリクラッシュブレーキ 対車両 約10~180km/h 約10~180km/h
プリクラッシュブレーキ 対歩行者 約10~80km/h 約10~80km/h
プリクラッシュブレーキ 対自転車 × 約10~80km/h
レーントレーシングアシスト(LTA) ×
レーンディパーチャーアラート(LDA)
レーダークルーズコントロール
(全車速追従機能付)
アダプティブハイビームシステム(AHS)
またはオートマチックハイビーム(AHB)
ロードサインアシスト(RSA) ×
先行車発進告知機能(TMN)<付帯機能> ×

トヨタセーフティセンステクノロジー(トヨタ公式HP)

 

トヨタのセーフティセンスの強みと弱み

自動ブレーキでは出遅れたトヨタでしたが、第2世代トヨタセーフティセンスでは機能面や性能でも各社に見劣りしない内容になっています。

旧セーフティセンスPを搭載したプリウスが2016年の国土交通省発表の自動ブレーキによる衝突防止実験で、アイサイトVer3を搭載するスバル車とほぼ同等の得点になるなど、確実にキャッチアップしています。

一方で旧セーフティセンスCは安価な反面、簡易的なシステムで歩行者検知ができず対応速度域も低速域に限られます。旧セーフティセンスPでも、アイサイトでは可能な自転車の検知ができないなど、弱い部分も残っています。

また、コストに厳しいコンパクトカー向けに旧セーフティセンスCを準備しているのは理解できますが、300万を超えるミニバンなどにも旧セーフティセンスCを搭載しているのは納得できません。

 

最先端の安全装備がセールスポイントになる高級車の安全装備として、旧セーフティセンスPは力不足です。

第2世代トヨタセーフティセンスになってようやく、メルセデスベンツなどの先端メーカーの背中が見えてきたに過ぎません。

 

最新安全装備トヨタセーフティセンスまとめ

トヨタセーフティセンス

現在はトヨタセーフティセンスの全車種装備(オプションを含む)がやっと実現できた段階です。

全モデル安全装備設定の方針は素晴らしいものです。ただ、既に平均点以下の性能ともいえる「旧セーフティセンスC」の採用車種も多く、全機能を標準装備としているモデルが少ないのは気になります。

車に詳しい人でないと、自分の車に予防安全の全機能が装備されていると勘違いする場合もあるかもしれません。

皆さんも自分の車にどこまで安全装備がついているのか確認したほうがよさそうです。

 

当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-トヨタ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.