人気車の値引情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

トヨタの残価設定クレジットの徹底研究!

残クレ

トヨタの残価設定クレジットの徹底研究!トクか損か?

更新日:

新車に乗りたいと思っても、新車は値段が高いため手が出せない方が多いはず。

車は一般的にローンを組んで購入しますが、残価設定クレジット(残クレ)で車を購入する方法もあります。

残クレで車を購入したときの支払い等について調べると、次の3つのことが分かりました。

車購入時にかかる諸費用のまとめ

  • 残クレで車を購入すると次の車に乗りかえやすい
  • 残クレを利用すると月々の支払いがおさえられるため家計のやり繰りがしやすい
  • 残クレで車を購入した場合は年間の走行距離が決められている
新車値引きマスター
新車をお得に購入するためにも、今回の記事をぜひお読みになってくださいね。




 

トヨタの残価設定クレジットの特徴

トヨタの残クレは、新車車両本体価格の一部をあらかじめ残価(3年後・5年後の予想下取り価格)として据え置いて、残りの金額を分割で支払います。

3年後・5年後のプランが終われば、「①同じ販売店で新しい車に乗り換える」「②車を返却する」すれば車の支払いはそれ以上かかりません。

また「③残価分を一括精算もしくは再クレジットで支払って購入する」ことも可能ですので、そのときのライフスタイルに合わせて選択できるのが特徴です。

トヨタの残価設定クレジットの特徴

 

トヨタの残クレは「使ってバック」や「クレジット一体型保険」と組み合わせて利用することもできます。

使ってバック」を利用すると、TS CUBIC CARDのポイントを車のクレジットの支払いに充てることができます。

つまり日々の買い物や車のガソリン代などの支払いで獲得したポイントが使えるということで、TS CUBIC CARDで買い物をすると1ポイント=1.5円でキャッシュバックしてくれます。

キャッシュバックされるタイミングは「月々のクレジット支払いへ毎月充当」「年1回ポイントを振込」でキャッシュバックする方法がありますので、いずれを自分で選ぶことができるのです。

TS CUBIC CARDは公共料金の支払いができるなど、ポイントが貯まる場面が多いですので、残クレを申請するときに組み合わせたいところですね。

「クレジット一体型保険」では、新車を購入と同時にトヨタで加入することができる自動車保険に簡単な手続きで加入できます。

もちろんクレジットも自動車保険も毎月定額ですので計画的に支払うことが可能ですし、万が一の事故の場合も月々の支払額は満期まで変わらないのが特徴です。

こちらも人気記事

残価設定クレジットのメリットデメリットは?

 

トヨタの残クレのメリット・デメリット

3つのメリット

① 安い月々の支払いで新車に乗ることができる

残クレで支払う月の支払額は車の本体価格から残クレを差し引いた金額になりますので、残クレとローンが同じ金利の場合は、残クレのほうがローンより毎月の支払額は安くなります。

また残クレは「頭金なし」「ボーナス払い」などを組み合わせると、月3000円から新車に乗れる車種もありますよ。

月々の支払いが安いと家計のやり繰りがしやすいのが助かりますね。

 

② 新型モデルが出ても新しい車に買い替えられる

車種によりますが、車のモデルチェンジは3~5年周期で行なわれるものがたくさんあります。

トヨタの残クレの契約期間は「3年」「4年」「5年」から選ぶことができます。

もしこの期間内に新車に買い替える計画を立てているのであれば、ローンより残クレのほうが総支払額が安くなるのです。

その理由は、残クレは新車に買い替えるときに、残価を支払う必要がないからです。

例えば新車車両本体価格が300万円の車を5年契約の残クレで購入し、その残価が100万円だとします。

つまり5年後に車を売れば100万円(残価)で売れるということです。

残クレの場合は5年後に新車に買い替える場合は、残価の100万円を支払わなくていいですので、300万円-100万円=200万円分を支払うだけで新車に買い替えることができるのです。

通常ローンと比べても100万円安く新車に乗りかえることができます。

「新型モデルが出るたびに買い替えたい」「短いスパンで買い替えたい」という方は残クレの利用をおすすめします。

 

③ 残クレ期間が終わったあと車の所有も可能

残クレの期間が終わり、そのあとも車を乗り続けたい(所有したい)場合は、車を買取って自分のものにすることが可能です。

ローンの場合は、ローンを完済すると自動的に自分のものになりますが、残クレの場合は買い替えるか所有するのかを選べるところがいいですね。

ただ買取るとなると、ローンを組んで車を購入したときと比べて支払総額が多くなってしまいますのでご注意ください。

 

7つのデメリット

残クレのデメリット

① 年間の走行距離が決められている

トヨタの残クレの場合、年間で走行できる距離が1年で12,000kmと決められています。

つまり3年の場合は36,000km、4年の場合は48,000km、5年の場合は60,000kmであり、月々あたりに走行できる距離は平均1,000kmです。

この走行距離を超えると、契約終了時に1km超あたり5円の超過料金が請求されたり、場合によっては車が返却できない場合があります。

年間走行距離が12,000kmを超える可能性がある方は、残クレはおすすめできません。

 

② 車で事故を起こすと追加料金の対象になる

事故を起こさないことはもちろんですが、万が一事故を起こしたり、車にキズをつけてしまうと契約終了時に追加料金が発生したり、場合によっては車が返却できない場合があります。

トヨタの残クレの基準は中古車の査定のときに用いる点数方式で計算します。

1点=1,000円の計算で、査定の減点が100点以内であれば残価が保証されますが、契約終了時に使い料金を支払う必要はありませんが、減点が100点を超えると追加料金や、場合によっては車が返却できません。

 

③ トヨタの残クレを使えるのはトヨタ車のみ

トヨタの残クレを利用できる対象はトヨタ車のみで、次の車に買い替えるとなってもトヨタ車しか選ぶことができません。

 

④ 自分仕様にカスタマイズできない

残クレの場合、オプションなどをつけるのであれば契約の最初にオプションを設定する必要があります。

残クレ期間中にカスタマイズした場合も、契約期間が終了したときは元の状態に戻さなければいけません。

ただし残クレ期間が終了し車を買取る場合は、カスタマイズしているままで大丈夫です。

 

⑤ 車を買取りする場合はローンより支払総額が高い

残クレとローンが同じ期間・同じ金利の場合、残クレ期間が終了し車を買取りする場合は、残クレのほうが支払総額は高くなります。

残クレは残価分も含めて利息を計算するため、毎月の支払金額は少ないですが、ローンより元金が減るペースが遅くなるのです。

例えば新車車両本体価格が300万円を5年契約、残価を100万円とします。

この場合は300万円-100万円=200万円を5年かけて支払うことになりますので、毎月の支払金額を少なくなります。

ただ利息の計算は残価を含めた300万円で計算するのです。

ローンは300万円を自分で設定した回数に応じて分割払いするため、残クレよりも毎月の支払いは高くなります。

先ほどの例ですと、残価の100万円は残クレ期間が終了しても残っており、これも元金になるため、残クレでは元金が減らない理由が分かりますよね。

 

⑥ 車のメンテナンスは自分でやらなければならない

トヨタの残クレはスズキの残クレのようにオイル交換などのメンテナンスなどのサービスは行なってくれません。

つまりオイル交換や洗車といった日頃のメンテナンスは自分で行なう必要があります。

メンテナンスを怠ると、残クレ期間が終了したときの査定に影響する場合があります。

 

⑦ トヨタの残クレは残価が一定

残クレを契約するときに、5年後の残価を100万円に設定したとします。

しかし5年後の中古車相場が下落して、車の価値が80万円になったとしても、残価の100万円は保証されているので、5年後には100万円の価値の車として返却できます。

ところが5年後の中古車相場が上昇して、車の価値が120万円になったとしても、トヨタの残クレの場合は契約するときに決めた100万円の残価が優先されます。

20万円をキャッシュバックしてくれるような制度はないため、トヨタの残クレの場合は中古車相場が上下しても得も損もしませんので注意しましょう。

 

他メーカーの残クレとの比較

ここでそれぞれのメーカーとの残クレと比較していきます。

メーカー 通常金利 期  間 備  考
トヨタ 販売店毎に異なる 3・4・5年 通常金利は3.9~6.5%程度
レクサス 4.1% 1・2・3・4・5年 車両価格が高いため支払利息が多い
日産 4.9% 3・4・5・6年 車種により特別低金利の設定あり
マツダ 2.99% 3・4・5・6年 通常金利が低く利用しやすい
ホンダ 3.5% 3・4・5年 車種により特別低金利の設定あり
スバル 3.9% 3・5年 車種により通常金利が高い場合あり
スズキ 3.9% 3・4・5年 軽自動車以外の通常金利は2.9%
ダイハツ 販売店毎に異なる 3・5年 通常金利は3.9~4.9%程度
BMW 車種毎に異なる 3・4・5年 通常金利は3.95%以下の車種が多い
ベンツ 車種毎に異なる 1・2・3・4・5年 全車種が残クレ対象車

 

残クレでやはり気になるのは金利ですが、金利の相場が4%前後であるなか、トヨタは他のメーカーと比較すると金利は高めに設定されています。

ただこの比較表は2018年11月現在のものですので、販売店や車種によって金利が異なる場合があります。

またメーカーによっては特別低金利のようなキャンペーンを実施しているところもありますので、購入を検討する際はディーラーに問い合わせてくださいね。

 

実際のトヨタ車でのローンと残クレの比較

実際にローンと残クレではどれだけ支払金額の負担に差がでてくるのでしょうか。

 

<トヨタ・ハリアー、2018年11月登録新車、グレード;ELEGANCE、ボディカラー;黒>

①新車車両本体価格 300万円 ②頭金 0円
③購入にかかる諸費用 30万円 ④借入額(①+②+③) 330万円
⑤残価設定金額 100万円 ⑥3年間の支払額(④-⑤) 230万円
ボーナス時支払額 0円 借入期間 3年
残クレ金利 3.9% ローン金利 3.9%

 

上記の車を同じ返済年数、同じ金利でシミュレーションしてみました。

(1)ローン (2)残クレ <(1)-(2)>
借入期間 3年 3年  -
毎月の返済額 97,282円 71,051円 26,231円
ボーナス月返済額 0円 0円 0円
年間返済額 1,167,384円 852,612円 314,772円
3年間の返済総額 3,502,152円 2,557,836円 944,316円
3年後一括返済額 0円 1,000,000円 ▲1,000,000円
返済総額 3,502,152円 3,557,836円 ▲55,684円

それに応じて年間の返済額、3年間の返済総額も少なくなっています。毎月の返済額は、残価設定金額の100万円を差し引いた230万円を返済する残クレのほうが負担が小さいですね。

ただ残クレで車を買取る場合は、残クレ期間が終了したときの残価分を一括して支払わなければいけませんので、3年後に100万円を支払うことになります。

もちろん車を返却する場合はこの金額を支払う必要はありません。

また残クレで車を買取る場合は、ローンで購入するより返済総額が多いことが分かります。

やはり最終的に車を購入する場合は、残クレは大きく損することが分かりますね。

 

 

トヨタの残価設定クレジットの徹底研究!まとめ

トヨタの残価設定クレジットの徹底研究!

今回はトヨタの残価設定クレジットについて細かくみていきました。

残クレは新型モデルを乗り継ぎたいという方や、安く新車に乗りたいという方が利用しています。

他のメーカーとの残クレを比較しましたが、トヨタの残クレは通常金利が高く、特別低金利キャンペーンなどもあまり実施していない傾向にありますが、それはトヨタが自社の車に自信をもっているあらわれでしょう。

すこし高い通常金利であってもお客様がトヨタの車を残クレで利用しているのも事実です。

今回の記事を参考に、トヨタの残クレを利用して新車購入を検討してみてはいかがでしょうか。




当サイトの人気車買取サイトランキング

新車値引きマスター
今はネットで簡単に、無料で愛車の査定ができます。面倒でも商談の前に必ず下取り車の査定額を把握しておきましょう!

車買取査定に申し込む際、下取車の年式、走行距離、グレードを調べてください。

  1. 車検証で年式を確認
  2. インパネを見て走行距離の確認
  3. 愛車のグレード

※グレードがどうしてもわからない場合はとりあえず仮の入力でもOKです。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、最大10社の見積もりを比較し、最高額がわかるサイト。

  1. 入力は簡単、たった数分でOK
  2. 最大10社の見積もり比較が可能
  3. JADRI(日本自動車流通協会)加盟の優良業者のみが買取

カーセンサー

中古車に実績のあるカーセンサーが主催する買取サイト

  1. 電話ではなくメールの連絡のみも可能なのでお手軽
  2. 最大何と30社の見積もりが可能
  3. 画面を見ながら簡単入力
  4. 査定業者を選択することが可能

ズバット車買取比較

分かりやすい入力画面が人気のズバットの特徴

  1. 累計利用者数100万人の安心実績
  2. カスタマーサポートが年中無休で問い合わせ対応
  3. 有名業者から地元業者まで幅広く紹介

-残クレ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2018 All Rights Reserved.