人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ヴィッツ

トヨタ新型ヴィッツの評価、口コミ≪本当の実力をチェック≫

更新日:

トヨタの人気コンパクトカー「ヴィッツ」の選択のポイントは何でしょうか?

  • ハイブリッド車とガソリン車があるのでニーズに合わせて選択できる
  • トヨタの販売店4系列のうち「ネッツ店」でしか扱っていない
  • ライバルはホンダフィットなどの他社ではなく同じトヨタのアクアかもしれない
新車値引きマスター
2018年の5月にマイナーチェンジでハイブリッド車を追加したヴィッツ。ルックスもかわいい路線から、ワイルドさが加わり多くのファンを獲得していますが、実際に購入したユーザーの反応はどうなのでしょうか。

その評判と人気のとおりなのか、それとも期待を裏切っているのでしょう?

こちらも人気記事

⇒【2019年6月】トヨタヴィッツの限界値引き最大額は?

 

新型ヴィッツの評価、口コミ

新型ヴィッツの評価、口コミ

扱いやすいボディサイズと実用性の高さで人気のヴィッツですが、3代目となる新型ヴィッツはフロントフェイスはもとより、リヤコンビネーションランプやインテリアに至るまで2018年の5月にマイナーチェンジの域を超えた大幅な改良が加えられました。

このマイナーチェンジでの最大のニュースといえば、待望のハイブリッド車が新たに追加設定されたこと。

このハイブリッド車が加わったことで1.5Lモデルが廃止され、グレード体系も変わりました。

低燃費のコンパクトカーでは同じトヨタのハイブリッド専用車の「アクア」、日産の「ノートe-POWER」なども人気となっていますが、満を持して「ヴィッツハイブリッド」もこの路線に参戦することになります。

 

ヴィッツの外観デザインが大幅にリニューアル

ヴィッツの外観デザインが大幅にリニューアル

まず、新型ヴィッツでは外観のデザインが大幅にリニューアルされています。

フロントフェイスの主な変更箇所は、フロントバンパー・ロアグリル・ヘッドランプ・フォグランプカバーといった内容。

前面から見ると先代よりもダイナミックかつシャープな印象となっており、スポーティーさと躍動感が強調されています。

またリアデザインに至っても全面刷新し、バックドア・バックドアガーニッシュ・リアコンビネーションランプ・リアバンパー・リアワイパーといった部分を変更。

リアコンビネーションランプにはクリアテールを採用し“イマドキ感”を演出しています。

新型ヴィッツの外観のデザインについてはまさに賛否両論で、

「フロントデザインは結構洗練されていてなかなか良いね」「リアからの外観が欧州テイストでカッコ良い」

といった声が挙がっていますが、デザインについてはマイナーチェンジ前と比較するとやはり好みが分かれるようです。

 

ヴィッツのインテリアの口コミ

インテリアに関して、新型ヴィッツでは黒を基調とした落ち着きのある空間となっています。

「内装のチープさだけはトップクラス」と揶揄されていた先代ヴィッツの内装とは異なり、ようやくライバル車とも肩を並べられる質感に近づきました。

ヴィッツのインテリアの口コミ

「以前に比べてそれなりに上質感は醸し出してたと思う」

「オプションでシート周りの内装を選択できるのも良い」

「フィット・ノートほど広くはないが、狭くもなくこんなものなのでしょう」

「派手さはないけど、ヴィッツは基本ができているよね。小物入れなど実用性もあって、とてもいいよ」

「1.5 RS G'sに乗っています。専用のスポーツシートは、もう少しホールド性があって欲しいけど。普段の使い勝手を考えると、丁度いいのかもしれないな」

「質感が、他のコンパクトカーに比べると、1世代前のような気がするね。シンプルで下手にゴチャゴチャしておらず、まとまっているから、これはこれで良いのかと思うよ」

「1.3F2WDに乗っています。Fグレードは標準装備のシートがヘッドレスト一体型のため、安っぽさがあるので、オススメはスマイルシートセットと言うオプションを着けると、ヘッドレスト分離式になるので、後々シートカバーも選びやすくなるよ。またFはアームレストが無いので、欲しい方は、コンソールボックス(アームレスト付き)と言うオプションを着けるといいと思うよ」

「グレードがジュエラやUになってくると、メッキが施される。Fでもオプションで付けられるのだけど、革巻きシフトノブ・革巻きステアリングなどが標準で付くよ。Fグレードはスピーカーがフロント2つしかないので、物足りない方は、オプションのナビレディセット(バックモニター、オーディオステアリングスイッチ付き)で、スピーカーを6つにするのも良い」

「サイドミラーの幅が広いため、狭い路地や離合の時に気をつかうよ。それと、暗闇でミラー格納のボタンがわかりづらいね。100円均一の蓄光シールを貼って目印にしているくらいだよ・・・。

「メーターのディスプレイや一部にシート生地を使用したドアパネルなど、シンプルで親しみやすいデザインです」

「用途が分からない収納や、特徴のないインパネなど、全体的に実用性や質感の向上が必須だね」

「Fグレードのシートの形状や座り心地はイマイチ。改善のため、新たにサイドエアバッグ対応の純正シートカバーの購入をしてみたい」

「所有している軽自動車と比較しても、収納は不足気味だね。荷室の広さは満足。ちなみにドアの開閉音は、他車にはない重厚感と気密性がありよいです」

という感想もあり、インテリアの質感もぜひディーラーで確かめてみるべきところです。

ヴィッツのシフトノブ

シフトノブの棒部分が長くて操作しずらいという意見も聞かれました。

最近はシフトノブがここまで長い車は少ないので若い世代を中心に操作にさに慣れないのでしょう。

 

ヴィツの走行性能は?

チェックポイントとして外せない走行性能に関して。

エンジンですがハイブリッド車以外のモデルに関しては、1.0Lモデル・1.3Lともにマイナーチェンジ前と同様です。ガソリンエンジンの口コミは

「街中で運転するのがほとんどなので、1.0Lでもそれほど不満は無い」

「1.0Lは軽自動車以上に振動があり非力。加速時も“モッサリ感”があり、上り勾配や高速域では余裕がありません」

「高速を走るならやはり1.3L以上が無難」

「1.3Lならエンジンが唸ること無く、振動もあまり無いのでなめらかに発進します。1.3Lにしておいて良かった」

「トヨタの1.3Lのエンジンは非常によくできたエンジン。パワーと燃費を両立した数少ないエンジンです」

「車体剛性が高いのだろうね、コーナーで気持ち良く曲がれますよ」

「絶対的なスピードや限界性能は本物のスポーツカーにはかなわないけど、車の性能を使い切って運転している実感があるね」

「1.5 RS G'sに乗っています。このボディに1.5Lはいいね。余裕がある」

「ステアリングの感覚・車の挙動はなかなかと思うけど、低速でのブレーキがちょっと違和感ありあり。でも高速ブレーキングとかは特に問題ない」

「1.0Lのヴィッツは必要最低限って印象だけど、1.5Lだと世界が変わりますね。やはりパワーに余裕があると、心にも余裕が出る」

「1.5 RS G's スマートパッケージ (MT)に乗っています。パワフルなエンジンでありませんが、必要十分なパワーはありますね。パワー感ならスズキスイフトの方があります」

「1.5 RS G'sに乗っています。ベースのヴィッツは剛性の高い車ですが、そこへさらにスポット溶接とフロントのパフォーマンスロッドで補強を入れているので、かなりしっかりした感じなのが分かるね」

 

といった声があり、主な使用・用途を踏まえた上で1.0Lと1.3Lのエンジンタイプを選ぶ必要があります。1.3Lの方ですとほぼオールマイティーに走行できるのではないでしょうか。

加えて何よりヴィッツといえば、老若男女に圧倒的な支持を得ているのが操作性の良さです。

新型ヴィッツのボディサイズはマイナーチェンジ前に比べて全長が60mm長くなっていますが、全体的なサイズ感は、パッと見ではさほど変わらない印象です。

「小さくて気軽に運転しやすい」

「普通車なのにコンパクトで小回りの利くところは大きな利点」

「この車なら狭い道で対向車が来ても、すれ違いが楽にできる」

「意外にも作りが質実剛健なのがトヨタらしい」

「平均的にはとてもよく出来た車です」

 

その他の走行性能に関する口コミ

「車重が軽いから、ブレーキは専用のバッドに交換するだけで問題なし。効きもいいね、特に問題なし !」

「1.5 RS G'sに乗っています。専用のサスペンションが入っていて少し硬め。不快な硬さではないよ。同乗者からも文句は言われないしね。このクラスで17インチが装着されていて、乗り心地が悪くならないのは素晴らしい。16インチに変えれば、乗り心地がよくなるのではないかと感じます」

「1.5 RS G'sに乗っています。結構アクセルを踏んでも10km/Lを切らないのは凄いね。普通に走れば15km/Lはいく」

「以前、19年式フィールダーの1.5Lにのっていたけど、パワーはそんなに差を感じない」

「1.3 Fに乗っています。出だしの加速で言ったら、ヴィッツRS、G's、やフィトとかデミオなんかの方がいいね」

「街乗りしている限りでは、急加速せず坂道じゃない平坦な道であれば、2千回転超えることなく、0~80キロぐらいまでスゥ~と加速していく感じだよね。エンジン音も、しっかり抑えられているため、車内でも窓を開けていても、余り気になりませんよ。音が不快な音では無く、おとなしい音なのでエンジンが唸ること無く、振動も余り無いので、なめらかに発進ができる事が、乗って驚いたポイントだね。購入するにあたって、1.0Lか1.3Lかで迷ったが、1.3 Lにしておいて良かった 」

「このグレードに標準装備のアイドリングストップも、再始動の音が車内に余り聞こえず振動も少ないので、思わず感動 !」

「ハンドルが軽いね。街乗りでは非常に扱いやすいです」

「以前乗っていた車が、フィールダー(ステーションワゴン)。この車は路面の凹凸を超えると、振動がドシンと来た後の収まりが悪く、後ろが長い分響く感じがあったが、ヴィッツは収まりが良い」

「1.3 F に乗っています。低速トルクがあまりないけど、静かで非常にスムーズに動きますね。50キロからは順調に加速します」

「1000ccは軽自動車以上に振動があり、非力だと感じる。乗るなら、1300ccをお勧めします」

「スポット打ち増しなどのマイナーチェンジのおかげで、ガッチリとした剛性感がありますね。足回りはスイフトのような「しなやかさ」がない代わりに、落ち着きがあり」

「カーブでは自然なロールを感じるね。あまり踏ん張らずに流れていくので、速度を上げる気になれません」

「渋滞した市街地は苦手のよう。信号のない郊外では、1リットル20kmを超えることが良くあります」

 

新型ヴィッツのグレード構成と性能

ヴィッツのグレードはアクアとは違いたくさんある

ヴィッツ特別仕様車 HYBRID F“Safety Edition Ⅲ”が登場

トヨタは2018年の12月に、ヴィッツ誕生20周年を記念して特別仕様車 HYBRID F“Safety Edition Ⅲ” を設定し追加発売しました。

特別仕様車はガソリンエンジンの「F」とハイブリッドの「HYBRID F」をベースに、実に多くの装備がプラスされます。

  • アウトサイドドアハンドルメッキ加飾
  • Bi-Beam LEDランプ
  • ライト自動点灯・消灯システム/ランプオートカットシステム
  • フロントフォグランプ
  • Toyota Safety Sense
  • 先行車発進告知機能
  • インテリジェントクリアランスソナー(ハイブリッド、1.3L車のみ)
  • ステアリングスイッチ (ガソリン4WD車のみ)
  • スマートエントリー&スタートシステム
  • シート表皮 専用ファブリック(グレー&ブラック)/専用ステッチ(ライトグレー[前席のみ])
  • フロントシート分離式ヘッドレスト
  • インパネオーナメント オーバルドットパターン
  • フロントドアトリムオーナメント表皮 専用ファブリック(ブラック)
  • フロントパワーウィンドゥスイッチベース/シフトレバーベゼル ブラックマイカ塗装
  • メッキ加飾(レジスターノブ、サイドレジスターベゼル、インサイドドアハンドル、マニュアルエアコン ダイヤル部〈ガソリン車〉)
  • イルミネーテッドエントリーシステム

ボディカラーは F“Safety Edition Ⅲ” だけの特別設定色、センシュアルレッドマイカ(32,400円アップ)、ジュエリーパープルマイカメタリック、ダークブルーマイカを含む全6 色を設定

通常色のホワイトパールクリスタルシャイン(32,400円アップ)、シルバーメタリック、ブラックマイカも選べて合計6色がラインナップされています。

 

グレード名エンジントランスミッション駆動価格(消費税込み)
 

F“Safety Edition Ⅲ”

1KR-FE(1.0L) 

Super CVT-i

 

2WD

1,385,640円
1NR-FKE(1.3L)1,570,320円
1NR-FE(1.3L)4WD1,710,720円
HYBRID F“Safety Edition Ⅲ”ハイブリッド リダクション機構付のTHSⅡ(1NZ-FXE 1.5L)2WD1,900,800円

気になる価格はグレードによって異なりますが、ベースモデル「F」から6万円~12万円のアップとなっています。

トヨタらしく、追加される装備に比べてリーズナブルな価格設定で、この F“Safety Edition Ⅲ” もヴィッツの販売の主力となっていきそうです。

 

ヴィッツ 通常モデルのグレード価格表

パワートレーングレード駆動方式燃費価格
直列3気筒・1.0L
69PS/92N・m
F(Mパッケージ)2WD(FF)21.6km/L1,181,520円
F21.6km/L1,325,160円
F(SMART STOPパッケージ)24.0km/L1,405,080円
Jewela21.6km/L1,462,320円
Jewela(SMART STOPパッケージ)24.0km/L1,542,240円
直列4気筒・1.3L
99PS/121N・m
F2WD(FF)25.0km/L1,481,760円
Jewela1,692,360円
U1,787,400円
U(Sportyパッケージ)1,941,840円
直列4気筒・1.3L
95PS/119N・m
F4WD18.0km/L1,589,760円
Jewela1,800,360円
U1,895,400円
直列4気筒・1.5L ハイブリッド
74PS/111N・m
(モーター:61PS/169N・m)
HYBRID F2WD(FF)34.4km/L1,819,800円
HYBRID Jewela1,973,160円
HYBRID U2,076,840円
HYBRID U(Sportyパッケージ)2,226,960円

新型ヴィッツのグレードは、

①ベースグレードの「F」
②専用ボディカラーやシートの設定が可能な「Jewela」
上級グレードの「U」

に分かれます。

上記にパワートレーンごとの一覧を掲載してています。

2017年のマイナーチェンジからは各グレードにハイブリッドモデルが加わりました。

このハイブリッドですが、1.5Lエンジンのハイブリッドシステムを採用し、エンジンやモーターは現行アクアと同型を使用しています。

ヴィッツの燃費はJC08モードで34.4km/Lを計測しており、アクアX-URBANモデルの33.8km/Lよりは若干良好な数値となっています。とはいえ僅かな差ですので実走行分にはアクアと同等と考えて良いでしょう。

そしてマイナーチェンジ以前に人気のあったRSシリーズに代わって新しく「スポーティパッケージ」が用意され、Uグレードの1.3Lモデルとハイブリッドモデルに設定されています。

 

安全性能や走行性能も向上

トヨタの安全装備セーフティセンスとは?

安全性能としては、トヨタの最新安全装備である『Toyota Safety Sense C』がFグレード以外の全車で採用されています(Fグレードはオプションで追加可)。

プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

Toyota Safety Sense Cの内容は、

・プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式で警報や自動ブレーキを作動させる衝突回避システム)

・レーンディパーチャーアラート(車線逸脱による事故防止のためブザーとディスプレイ表示で警報作動)

・オートマチックハイビーム(ハイビームとロービームを自動切替)

となっており、他にも坂道での発進をアシストするヒルスタートアシストコントロール、緊急ブレーキシグナル、SRSエアバッグ(運転席・助手席)などは全車で標準装備されています。

安全性能に関する口コミとして次のような意見もあります。

「危険な時は警告音が鳴り、「ブレーキ!」という文字が表示される。その時点でブレーキの操作をすると衝突の回避ができるように、それだけでも事故防止に効果がある。超低速時も作動してくれたら最高なのだけど」

「オートマチックハイビームは暗い夜道で便利な機能なのだが、誤作動を起こし対向車をパッシングしたり、幻惑させる時があるのには困ったもの」

「先行車発進告知機能は非常に便利ですね。信号ばかりの市街地ではあると助かる機能です」

 

ちなみに「F」と「Jewela」グレードの1.0Lモデルには『SMART STOPパッケージ』が設定されています。
こちらにはアイドリングストップ機構、TFTマルチインフォメーションディスプレイを搭載し、従来の1.0Lエンジンよりも燃費が24.0km/Lと少しですが向上しています。

また走行性能においても、ショックアブソーバー(路面からの振動を吸収する装置)を新構造に変更し、ボディ各部のスポット溶接を増し打ちするなどによってボディ剛性が強化され、操縦安定性と乗り心地の改善が図られました。

 

各グレードの主な装備

それでは各グレードの主な装備を紹介します。

グレード①:「F」

Fグレードの“Mパッケージ”は商用車などでの需要に対応した廉価版で、省かれている装備もかなり多いです。

通常のFグレードに標準装備されているのは以下の通りです。

・スーパーUVカット・IRカット機能付フロントドアガラス
・165/70R14タイヤ&スチールホイール
・ワイヤレスドアロックリモコン
・マニュアルエアコン
・ウレタンステアリングホイール
・マルチリフレクター式ハロゲンヘッドランプ

 

グレード②:「Jewela(ジュエラ)」

「ジュエラ」グレードでは専用ボディカラーの設定や、内装もジュエラグレード独自のデザインが施されたブラックに加えて赤茶系色の“マルサラ”をチョイスできます。

装備についてもどちらかというと女性目線を意識したきめ細かさが特長的です。

Fグレードからの変更点や追加された標準装備は以下の通りです。

・165/70R14タイヤ&スチールホイール
・先行車発進告知機能
・メッキ加飾インサイドドアハンドル
・フロント分離式ヘッドレスト
・助手席買い物アシストシート
・助手席シートアンダートレイ
・メッキダイヤル付マニュアルエアコン
・ステンレス製ドアベルとモールディング
・時間調整式間欠ワイパー
・運転席・助手席バニティミラー
・「ナノイー」(1.3Lモデルから)

 

グレード③:「U」

「U」グレードになると内装も含め車内の質感も一段と向上しています。

ジュエラグレードからの変更点や追加された標準装備は以下の通りです。

・175/65R15タイヤ&スチールホイール
・スマートエントリー&プッシュスタートシステム
・オートエアコン
・本革巻ステアリングホイール&シフトノブ
・テレスコピック機能付チルトステアリング
・運転席アームレスト
・快適温熱シート(運転席)
・ハイグレードシート(ダブルステッチ付)・助手席シートバックポケット
・コンライト(ライト自動点灯・消灯システム)

 

特別グレード:U・スポーティパッケージ

「U」グレードのみ設定されているスポーティパッケージでは、ガソリン車・ハイブリッド車ともに下記の装備が追加されています。

・195/50R16 タイヤ&アルミホイール
・サイドマッドガード
・リアルーフスポイラー
・スペアタイヤ

 

各グレード共通:ハイブリッドモデル

ハイブリッドモデルにおいては、エクステリアやインテリア、足回りなども各グレードでの内容を概ね踏襲しています。

但し運転性能においては大きく異なっているため以下の装備が追加されました。

・モードスイッチ(エコドライブモード+EVドライブモード)
・車両接近通報装置
・ドライブスタートコントロール(シフト操作時における急発進の抑制や衝突時の被害軽減に寄与するシステム)
・クルーズコントロール(HYBRID U・HYBRID U“Sportyパッケージ”のみ搭載)
・プロジェクター式ハロゲンランプ(マニュアルレベリング機能付・メッキ加飾)

 

新型ヴィッツの強みと弱み

新型ヴィッツの強みと弱み

 

■強みはやはり選択肢の多さ

トヨタでも長年支持されているヴィッツの特長として、グレードも含めて充実したラインナップの中から選択できるのは何よりの強みでしょう。

ボティカラーについても新色を含めて全17色を用意しており、自分好みのカラーも見つかるのではないでしょうか。

また今回のマイナーチェンジから投入されたハイブリッドモデルは、以前からのヴィッツユーザーにとっても嬉しい選択肢ではないでしょうか。同社のアクアとさほど変わらない価格帯で販売されていますが、ヴィッツの方が室内空間の広さや使い勝手においては定評があります。

実用的なハイブリッド車を求めていたユーザーであれば、ヴィッツハイブリッドも十分に検討の余地があると思います。

 

■弱みは価格面?

まず価格において、マイナーチェンジ前に比較して約3万~5万円程度の値上げとなっています。

安全性能やインテリアの向上が図られていますので納得の範囲内ではありますが、ヴィッツといえば低価格ベースなのも売りの一つだっただけに、若干敷居が高くなったような印象は否めないかもしれません。

しかも新型ヴィッツがリリースされてまだ日が浅いため、現時点では“値引きも渋い”という噂もチラホラ。

そして、全車メーカーオプション設定となっている装備が多いことにも驚きます。

SRSサイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグは43,200円(税込)、LEDヘッドライトはリヤコンビネーションランプとのセットになっておりグレード別で86,400円~95,040円(税込)、フォグランプは10,800円(税込)。

ユーザーの必要に応じて選べるとはいえ、さすがに上位グレードにはあってもよさそうな装備の数々が省かれているのはいただけません。

これらを追加していくとあっという間に車両価格が上がってしまうため、逆にこれらを装備した競合車種を提示して値引きの突破口にしていくのも一手かもしれません。

 

トヨタ新型ヴィッツの評価、口コミのまとめ

「値段だけを見ると、このクラスでは高い車だよね。しかし、専用品を含めて考えると、かなりお買い得な仕様だと思うよ」

「1.5 RS G'sに乗っています。現在、MTを新車で買える数少ない貴重な車種だと思う。MTでもセイフティセンスC対応なところもポイントだよね。標準車にもRSでMTを選べるが、ボディ補強など後から手を入れていくなら、初めからこのG'sを買った方がいいと思うよ。追加パーツもメーカー純正品扱いで補償の対象になるものいいよね」

「荷室はフィット未満、スイフト以上。室内はデミオ以上、フィット未満。この車のメリットは、飾り気のない車だけあって、その分気兼ねなく乗れること。そして、作りが質実剛健であること。」

新型ヴィッツの特長として、今回のマイナーチェンジではさらに洗練されて躍動感のあるデザインになりました。

コンパクトカーの必須条件でもある“気軽に運転できる親しみやすさ”は変わらず、さらに走行性能も一段と上がったことにより、従来モデルよりもトータルバランスは良くなった印象です。

新たに投入されたハイブリッドモデルにもかなりの注目が集まっています。コンパクトカーにおいては、トヨタのアクアや他社で展開されているハイブリッドと比べてもそれほど高い金額ではなく、ハイブリッド戦線にも大きな動きがありそうです。

一方ハイブリッドに大きな魅力を感じないという方でも、質感の上がったガソリンモデルを一度はチェックしてみてはいかがでしょうか。

幅広い年齢層からの支持があるヴィッツですが、その人気は今後もしばらく続くでしょう。

 

トヨタヴィッツの商談に行く前に…

人気の新型ヴィッツを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

⇒【2019年6月】トヨタヴィッツの限界値引きテクニック

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。 なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
 
新車値引きマスター
どんなに古い車でも必ず査定額はつきます! 「古い車だから」「大きな修理をしているから」と査定額がつかないと自分で決めつけないで、 必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

 

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

-ヴィッツ

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.