人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ヴォクシー・ノア・ エスクァイアのグレード選びはこれで決まり!

エスクァイア ノア ヴォクシー

ヴォクシー・ノア・ エスクァイアのグレード選びはこれで決まり!

更新日:

国内No.1の販売を続けているトヨタヴォクシー3兄弟のグレード選びポイントは何でしょうか?

  • ヴォクシー3兄弟の基本的な装備やエンジンは同じ構成
  • エスクァイアは高級志向なため、価格設定も少し高め
  • ヴォクシー煌(きらめき)ⅡやノアのSi“W×BⅡ、エスクァイア“Premium Package・Black-Tailored”など特別仕様車が充実
新車値引きマスター
今回はトヨタ3兄弟のヴォクシー・ノア・エスクァイアのベストチョイスグレードはどのグレードなのかを装備の違いや価格設定を見ながら検証していきます。

こちらも人気記事

ヴォクシー・ノア・エスクァイアの評価・口コミ

 

ヴォクシー3兄弟のグレード構成はこうなっている

新車値引マイスター
ヴォクシー3兄弟のグレード構成はシンプル、2.0Lガソリンエンジン3グレード、ハイブリッド3グレードの全6グレードだよ。ベストグレードはどれなのかズバリ選ぶよ!

ヴォシー・ノア・エスクァイアのグレード構成を見ていく前に、エンジンの主要諸元を確認しておきましょう。

ヴォクシー・ノア・エスクァイアのパワートレーンは、ハイブリッドとガソリン車の2種類です。

  • 直列4気筒1.8Lエンジン+モーター(ハイブリッド)
  • 直列4気筒2.0L(ガソリン車)

プリウスのハイブリッドシステムと同じで、エンジンが99PS/5,200rpmで最大トルクが14.5kg・m/4,000rpmです。モーターの最大馬力は82PS、最大トルクは21.1kg・mです。システム最高出力は136PSとなっています。

ガソリン車は最大出力が152PS/6,100rpmで最大トルクは19.7kg・m/3,800rpmです。

ハイブリッドの方が、低回転時から高いトルクや馬力を発揮しやすく、発進からの加速の良さが特徴的です。

また、ハイブリッドとガソリン車のJC08モードの燃費は、

■ハイブリッド 23.8km/L(2WD)

■ガソリン車 16.0km/L(2WD)

となっており、ハイブリッドはモーターでアシストしている分だけ燃費が良い結果となっています。

この差が価格にどの程度違いが出ているかも気になる所ですね。

 

新型ヴォクシーグレード価格構成

新型ヴォクシーの車両価格は、以下の通りです。

<新型ヴォクシー特別仕様車 ZS“煌Ⅱ”の車両価格>

  1. HYBRID ZS“煌Ⅱ” 7人乗り 2WD 3,380,400円
  2. ZS“煌Ⅱ”7人乗り 2WD 2,886,840円(4WD 3,081,240円)
  3. ZS“煌Ⅱ”8人乗り 2WD 2,856,600円(4WD 3,051,000円)

<新型ヴォクシー通常モデルの車両価格>

  1. HYBRID ZS  2WD 3,286,440円
  2. HYBRID V  2WD 3,160,080円
  3. HYBRID X 2WD 3,003,480円 2WD 3,003,480円
  4. ZS 7人乗り 2WD 2,792,880円(4WD 2,987,280円)
  5. ZS 8人乗り 2WD 2,762,640円(4WD 2,957,040円)
  6. V 7人乗り 2WD 2,803,680円(4WD 3,008,880円)
  7. V 8人乗り 2WD 2,773,440円(4WD 2,978,640円)
  8. X 7人乗り 2WD 2,540,160円(4WD 2,745,360円)
  9. X 8人乗り 2WD 2,509,920円(4WD 2,715,120円)
  10. ZS“GR SPORT”  2WD 3,246,480円

 

新型ノアのグレード価格構成

新型ノアのグレードと車両価格は以下の通りです。

<新型ノア特別仕様車 Si“W×B Ⅱ” の価格>

  1. HYBRID Si“W×B Ⅱ”7人乗り 2WD 3,380,400円
  2. Si“W×BⅡ”7人乗り 2WD 2,886,840円(4WD 3,081,240円)
  3. Si“W×BⅡ”8人乗り 2WD 2,856,600円(4WD 3,051,000円)

<新型ノア通常モデルの価格>

  1. HYBRID Si 7人乗り 2WD 3,286,440円
  2. HYBRID G 7人乗り 2WD 3,160,080円
  3. HYBRID X 7人乗り 2WD 3,003,480円
  4. Si 7人乗り 2WD 2,792,880円(4WD 2,987,280円)
  5. Si 8人乗り 2WD 2,762,640円(4WD 2,957,040円)
  6. G 7人乗り 2WD 2,803,680円(4WD 3,008,880円)
  7. G 8人乗り 2WD 2,773,440円(4WD 2,978,640円)
  8. X 7人乗り 2WD 2,540,160円(4WD 2,745,360円)
  9. X 8人乗り 2WD 2,509,920円(4WD 2,715,120円)
  10. Si“GR SPORT” 2WD 3,246,480円

ヴォクシーとノアにはこの他に、特別仕様車がラインアップされました。

最上級グレードをベースに装備を追加した、ヴォクシーZS“煌(きらめき)”と、ノアSi“W×B”です。

追加される装備と、価格の93,960円アップを比べるとお得感が大きいので、予算が許す方は検討ください。

特別仕様車ヴォクシー煌Ⅱ、ノアW×BⅡの辛口評価

 

エスクァイアのグレード価格構成

エスクァイアのグレードと車両価格は以下の通りです。

<新型エスクァイア特別仕様車 Gi“Premium Package・Black-Tailored” の価格>

  1. HYBRID Gi“Premium Package・Black-Tailored” 2WD 3,397,680円
  2. Gi“Premium Package・Black-Tailored”2WD 3,062,880円(4WD 3,268,080円)

 

<新型エスクァイアの車両価格>

  1. HYBRID Gi“Premium Package” 2WD 3,376,080円
  2. HYBRID Gi 2WD 3,317,760円
  3. HYBRID Xi 2WD 3,140,640円
  4. Gi“Premium Package” 2WD 2,998,080円(4WD 3,203,280円)
  5. Gi 7人乗り 2WD 2,939,760円(4WD 3,144,960円)
  6. Gi 8人乗り 2WD 2,909,520円(4WD 3,114,720円)
  7. Xi 7人乗り 2WD 2,694,600円(4WD 2,899,800円)
  8. Xi 8人乗り 2WD 2,664,360円(4WD 2,869,560円)

 

ヴォクシー3兄弟のグレード詳細を見てみよう

ヴォクシー・ノア・エスクァイアの基本グレードはハイブリッドが3グレード、ガソリンが3グレードの計6グレードです。

ガソリン車にはそれぞれ7人/8人乗りと2WD/4WDの設定があります。

 

ハイブリッド車

  • ベースグレード 「ハイブリッドX」(エスクァイアは「ハイブリッドXi」)
  • 上級装備グレード 「ハイブリッドV」(ノアは「ハイブリッドG」 エスクァイアは「ハイブリッドGi」)
  • スポーティーグレード 「ハイブリッドZS」(ノアは「ハイブリッドSi」 エスクァイアは最上級グレード「ハイブリッドGiプレミアムパッケージ」)

 

ガソリン車

  • ベースグレード 「X」(エスクァイアは「Xi」)
  • 上級装備グレード 「V」(ノアは「G」エスクァイアは「Gi」)
  • スポーティーグレード 「ZS」(ノアは「Si」エスクァイアは最上級グレード「Giプレミアムパッケージ」)

ヴォクシー・ノア・エスクァイアもハイブリッドとガソリンでそれぞれベースグレード・上級装備グレード・スポーティーグレード(エスクァイアは最上級グレード)と分けており、わかりやすいグレード構成になっています。

 

ハイブリッド車のグレード・装備

新車値引マイスター
まずはハイブリッド車のグレードと装備の違いを詳しく見ていきます

①ハイブリッドのベースグレード

ヴォクシー

ミニバンの正統派ヴォクシー

ベースグレードはヴォクシー・ノア=「ハイブリッドX」、エスクァイア=「ハイブリッドXi」になります。

ベースグレードですが装備は充実しています。主な装備は以下の通りです。

  • 15インチのアルミホイール(ヴォクシー・ノアのみ)
    ベースグレードではスチールを使う車種も多いですが、ハイブリッドのベースはアルミになっています。質感がアルミの方が良くみえます。

    15インチアルミホイール

    15インチアルミホイール

  • ハイブリッドシンボルマーク
    ハイブリッドシンボルマーク(フロント・サイド・リヤ)

    ハイブリッドシンボルマーク(フロント・サイド・リヤ)

  • Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ
    高輝度で点灯が早いのが特徴です。車両の姿勢変化に合わせて照射軸を一定に保つオートレベリング機能付です。

    Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ

    Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ

  • UVカットグリーンガラス+UVカット機能付プライバシーガラス(スライドドアリアクォーター)*ヴォクシー・ノアのみ
    UVカットグリーンガラス&UVカット機能付プライバシーガラス

    UVカットグリーンガラス&UVカット機能付プライバシーガラス

  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー2個
    スマートエントリーシステム

    スマートエントリーシステム

  • ハイブリッド専用オプティロンメーター
    ハイブリッド専用オプティトロンメーター

    ハイブリッド専用オプティトロンメーター

  • エレクトロシフトマチック
    エレクトロシフトマチック

    エレクトロシフトマチック

  • 独立型コンソールボックス
    独立型センターコンソールボックス

    独立型センターコンソールボックス

  • ウレタン3本スポークステアリング
    ウレタン3本スポークステアリングホイール

    ウレタン3本スポークステアリングホイール

  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
    ハイブリッドシステムの作動状況や外気温、時計、エアコン表示。コンテンツ表示と様々な情報をこのディスプレイで表示します。

    マルチインフォメーションディスプレイ

    マルチインフォメーションディスプレイ

  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+S-FLOW+湿度センサー付)
    フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール)

    フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール)

  • リアクーラー
    リヤクーラー

    リヤクーラー

  • ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(デュアルイージークローザー・助手席側)
    パワースライドドアが乗り降りが多い助手席側に付いているので、助かります。運転席側が別途¥61,560で付けることができます。

    ワンタッチスイッチ付パワースライドドア

    ワンタッチスイッチ付パワースライドドア

  • トヨタセーフティーセンスC
    セーフティセンスC

    セーフティセンスC

 

以下の装備はエスクァイア「ハイブリッドXi」にのみ付いている装備になります。

  • スーパーUVカット・IRカット機能+撥水機能付グリーンガラス(フロントドア)&スーパーUVカット機能付プライバシーガラス(スライドドア・リアクォーター)
    スーパーUVカット機能&IRカット機能付ガラス

    スーパーUVカット機能&IRカット機能付ガラス

  • 消臭機能付ファブリック表皮
    消臭機能付シート表皮

    消臭機能付シート表皮

  • 快適温熱シート(運転席・助手席)
    快適温熱シート(運転席・助手席)

    快適温熱シート(運転席・助手席)

  • LEDフォグランプ
    LEDフロントフォグランプ

    LEDフロントフォグランプ

  • 15インチアルミホイール(切削光輝+ダークメタリック)

以上の装備は標準でベースグレードに付いています。ヴォクシー・ノア・エスクァイアはベースグレードでもハイブリッドならば十分満足できる装備内容になっています。

更に上質をウリにしているエスクァイアは価格がヴォクシーやノアよりも137,160円高い設定になっています。消臭機能付ファブリック表皮や快適温熱シートなどのノア・ヴォクシーにはない装備も付いており、室内空間の快適度が高いです。

 

②ハイブリッド車の上級グレード

ノア

マイナーチェンジで精悍になったノア

ヴォクシー・ノア・エスクァイアでベースよりも装備をワンランクアップさせたい方にはヴォクシー=「ハイブリッドV」、ノア=「ハイブリッドG」・エスクァイア=「ハイブリッドGi」がおススメです。

価格差はベースグレードと比べて¥156,600円(エスクァイアは¥177,120)高くなりますが、以下の装備がベースグレードの装備に追加されます。

  • スーパーUVカット・IRカット機能+撥水機能付グリーンガラス(フロントドア)&スーパーUVカット機能付プライバシーガラス(スライドドア・リアクォーター)
    スーパーUVカット機能&IRカット機能付ガラス

    スーパーUVカット機能&IRカット機能付ガラス

  • バックドアイージークローザー
    バックドアイージークローザー

    バックドアイージークローザー

  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(ヴォクシー・ノアのみ)
    本革巻き3本スポークステアリングホイール

    本革巻き3本スポークステアリングホイール

  • リアオートエアコン
    ベースグレードではマニュアルエアコンでしたが、このグレードではオートエアコンになります。

    リヤオートエアコン

    リヤオートエアコン

  • LEDフロントフォグランプ
    LEDフロントフォグランプ

    LEDフロントフォグランプ

  • 消臭機能付シート表皮
    消臭機能付シート表皮

    消臭機能付シート表皮

  • 快適温熱シート(運転席・助手席)
    快適温熱シート(運転席・助手席)

    快適温熱シート(運転席・助手席)

LEDフォグランプと消臭機能付シート表皮、快適温熱シートはエスクァイアのハイブリッドのベースグレードには付いていましたが、ヴォクシー・ノアはこのグレードから装備されます。

ここからはエスクァイア「Gi」にのみついている装備です。

  • ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー付)
    ワンタッチスイッチ付パワースライドドア

    ワンタッチスイッチ付パワースライドドア

  • パワースライドドアは両側
    これだけでも¥61,560円のオプション料金がかかる内容です。
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(黒木目調加飾付+シルバー塗装)
    本革巻き3本スポークステアリングホイール

    本革巻き3本スポークステアリングホイール

  • 昇温降温抑制機能付合成皮革シート表皮

ベースグレードと装備を比較すると、快適なドライブ空間を楽しむ為の装備が充実しています。シートやガラス、エアコンなど全てがワンランク上の装備になっているグレードです。

 

③ハイブリッド車のスポーティグレード

エスクァイア

チョイ悪顔のエスクァイア

ヴォクシー・ノアの外観をスポーティーに見せるエアロ装備が充実しているのがヴォクシー=「ハイブリッドZS」、ノア=「ハイブリッドSi」です。

このグレードの価格差はベースグレードと比較して、¥282,960高くなっていますが、以下の装備が付いています。

  • ハイブリッドZS(Si)専用16インチ鍛造アルミホイール(BBS製)
    BBS製のホイールを採用するとは、何とも贅沢です。デザインや質感は文句のつけようがありません。

    HYBRID ZS専用16インチ鍛造アルミホイール(BBS製)

    HYBRID ZS専用16インチ鍛造アルミホイール(BBS製)

  • 大型サイドマットガード
    リヤ大型バンパー

    リヤ大型バンパー

  • フロント大型バンパー(メッキ加飾付)
    フロント大型バンパー(メッキ加飾付)/フロントフェンダー

    フロント大型バンパー(メッキ加飾付)/フロントフェンダー

  • フロントフェンダー
  • リア大型バンパー
    リヤ大型バンパー

    リヤ大型バンパー

  • リアスポイラー
    大型サイドマットカード~リアスポイラーまでの装備はこのグレードの最大の目玉です。エクステリア重視のこのグレードは、純正エアロの装着でスポーティーな仕上がりです。

    リヤスポイラー

    リヤスポイラー

  • バックドアイージークローザー
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
    本革巻き3本スポークステアリングホイール

    本革巻き3本スポークステアリングホイール

  • 消臭機能付シート表皮
    消臭機能付シート表皮

    消臭機能付シート表皮

  • 快適温熱シート
    快適温熱シート(運転席・助手席)

    快適温熱シート(運転席・助手席)

以上の装備が追加されます。このグレードは主にバンパーの形状やエアロ、アルミホイールにかなり拘ったグレードになっており、アクティブなデザインが好きな方におススメできるグレードです。

これだけの装備がベースグレードとの価格差28万円ほど付いているのは驚きです。エクステリアのエアロ装備だけでも社外品で装着したら、これ以上の金額がかかってしまいます。

 

④ハイブリッドエスクァイアの最上級グレード

エグい顔が人気のエスクァイア

ヴォクシー・ノアはスポーティーなエクステリアのグレードを設定していますが、エスクァイアのエクステリアはそのままに装備面でハイブリッドGiの上を行く、「ハイブリッドGiプレミアムパッケージ」というグレードを設定しています。

価格はハイブリッドGiよりも¥58,320円高くなっていますが、以下の装備がハイブリッドGiに追加されます。

  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(ブラウンバイザーカーボン調加飾+ダークシルバー塗装)
  • ブランノーブ+合成皮革シート表皮
    ブランノーブ®+合成皮革シート表皮

    ブランノーブ®+合成皮革シート表皮

  • ステアリングヒーター
    ステアリングヒーター

    ステアリングヒーター

ハイブリッドGiでも装備面でみればかなり充実していますが、ハイブリッドGiプレミアムパッケージはさらにアルファード級の最上な装備を盛り込んできています。

 

ガソリン車のグレード・装備

新車値引マイスター
次にガソリン車のグレードと装備の違いを詳しく見ていきます。ハイブリッド車の同級グレードより若干装備が簡略化されています

①ガソリン車のベースグレード

ブラキッシュアゲハガラスフレーク

ヴォクシー

ここからはガソリン車のグレード比較をしていきます。まずベースとなるグレードをみておきましょう。ヴォクシー=「X」、ノア=「X」、エスクァイア=「Xi」になります。それぞれ以下の装備が付いています。

  • 15インチスチールホイール(ヴォクシー・ノアのみ)
    ハイブリッドのベースグレードではアルミホイールを採用していましたが、ガソリン車のベースグレードはスチールになります。

    15インチスチールホイール

    15インチスチールホイール

  • Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ
  • UVカットグリーンガラス+UVカット機能付プライバシーガラス(スライドドアリアクォーター)
  • ワイヤレスドアロックリモートコントロール+ワイヤレスキー1本
    このグレードのみスマートエントリー&プッシュスタートシステムが付いておらず、鍵で始動するタイプです。
  • オプティロンメーター
    オプティトロンメーター

    オプティトロンメーター

  • シフトノブ
    シフトノブ

    シフトノブ

  • ウレタン3本スポークステアリング
  • マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチモノクロ)
    このグレードのみサイズの小さい3.5インチモノクロディスプレイになります。

    マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチモノクロ)

    マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチモノクロ)

  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+蓄冷エバポレーター付)
  • リアクーラー
  • ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(デュアルイージークローザー・助手席側)

ここからはエスクァイアXiに装備されている内容です。

  • トヨタセーフティーセンスC
  • 消臭機能付ファブリック表皮
  • LEDフォグランプ
  • 15インチアルミホイール(切削光輝+ダークメタリック)

ヴォクシー・ノア・エスクァイアのベースグレードを見てみると、内容は充実しています。しかしハイブリッドと比べると、プッシュエントリーシステムが付いていなかったり、ホイールがスチールなど安価なグレードの象徴の様な装備がついているのも否めません。

しかしながら、高級路線をとるエスクァイアは一線を画します。価格はヴォクシー・ノアよりも同じベースグレードなのに¥154,440も高いですが、その価格分以上の装備が付いており、充実しています。

大きな違いはトヨタセーフティーセンスCが標準で装備されることです。プリクラッシュセーフティーシステムやレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなどの安全装備が付いてくるのはありがたいです。

また15インチ切削光輝のアルミホイールやフォグランプが付いていることでエクステリアの高級感もアップします。15万円高くても、これだけの装備が充実していたら文句ありませんね。

 

②ガソリン車の上級グレード

ノア

ノア

ハイブリッドと同様にガソリン車でも室内装備を充実させた上級グレードがあります。ヴォクシー=「V」、ノア=「G」、エスクァイア=「Gi」です。ベースグレードに¥263,520(エスクァイアは¥245,160)追加すると以下の装備がついています。

  • スーパーUVカット・IRカット機能+撥水機能付グリーンガラス(フロントドア)&スーパーUVカット機能付プライバシーガラス(スライドドア・リアクォーター)
  • バックドアイージークローザー
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー2個
  • オプティロンメーター(ハイグレード)
  • 本革巻きシフトノブ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(ヴォクシー・ノアのみ)
  • 消臭機能付シート表皮
  • 快適温熱シート(運転席・助手席)
  • マルチインフォメーションディスプレイ(2インチTFTカラー)
  • LEDフロントフォグランプ

ここからはエスクァイアGiにのみ装備されている内容です。

  • 独立型センターコンソールボックス
  • 快適温熱シート
  • ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー付)
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(黒木目調加飾付+シルバー塗装)
  • 昇温降温抑制機能付合成皮革シート表皮

このグレードからスマートプッシュスタートシステムがついていたり、バックイージークローザーがついて操作面が向上します。

また安全面ではベースでエスクァイアにしか付いていなかったトヨタセーフティセンスCがヴォクシーとノアにも装備されます。

エスクァイアはパワースライドドアがデュアルになっており、快適温熱シートが付くなどヴォクシーとノアの先を走っている様なリード感です。

 

③ガソリン車のスポーティグレード

エスクァイア

エスクァイア

ヴォクシー・ノアのガソリン車も見た目重視のスポーティーなグレードの設定があります。

ヴォクシー「ZS」、ノア「Si」というグレードで、ベース車と比較すると¥252,720円高くなります。ベースグレードに追加される装備は以下の通りです。

  • 16インチアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック)
    16インチアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック)

    16インチアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック)

  • 大型サイドマットガード
  • フロント大型バンパー(メッキ加飾付)
  • フロントフェンダー
  • リア大型バンパー
  • リアスポイラー
  • バックドアイージークローザー
  • オプティロンメーター(ハイグレード)
    オプティトロンメーター(ハイグレード)

    オプティトロンメーター(ハイグレード)

  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • 本革巻きシフトノブ
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • 消臭機能付シート表皮

以上の様に大型バンパーやサイドマッドガード、リアスポイラーなど見た目のデザインを重視したスポーティーなグレードです。何も手を加えることなくアクティブなデザインになっているので、+¥278,640で購入できるなら、かなりコストパフォーマンスが良いです。

 

ガソリンエスクァイアの最上級グレード

エスクァイア

エスクァイア

最後にガソリン車のエスクァイアの最上級グレードを見てみましょう。エスクァイア「Giプレミアムパッケージ」というグレードです。価格は中間グレードのGiにプラス¥58,320で購入できます。Giに追加される装備は以下の通りです。

  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(ブラウンバイザーカーボン調加飾+ダークシルバー塗装)
  • ブランノーブ+合成皮革シート表皮
    ブランノーブ®+合成皮革シート表皮

    ブランノーブ®+合成皮革シート表皮

  • ステアリングヒーター
    ステアリングヒーター

    ステアリングヒーター

エスクァイアはGiグレードでも装備はかなり充実しています。

Giプレミアムパッケージにすることで最上級の装備を得ることができますが、追加装備の3点はそこまで必要性を感じる装備ではないと思います。

 

ヴォクシー、ノア、エスクァイアを買うならズバリこのグレード

新車値引マイスター
お勧めグレードはズバリガソリン車のヴォクシーZS、ノアSi、エスクァイアGiです。エスクァイアのプレミアムパッケージは選ばなくてもOKです!

 

ヴォクシー・ノア・エスクァイアはベースグレードでも装備が充実しており、特にエスクァイアは車のコンセプトを高級路線に乗せているので、価格もヴォクシー・ノアよりも高くしていますが、装備も一歩先を行っています。

 

ハイブリッドよりも、ガソリンモデルをすすめる理由はコレ!

ヴォクシーにするかノアにするかエスクァイアにするかは皆さんの好みですが、ハイブリッドかガソリンで迷うのであれば、当サイトはあえてガソリン車をおススメします。

その最大の理由は価格差です。ヴォクシー・ノアのハイブリッドとガソリンのベースグレードの価格差は約50万円です。JC08モードの燃費はハイブリッドが23.8km/L、ガソリンが16.0km/Lでした。

この燃費差7.8km/Lで価格差を埋めるとすれば約20万km走行しないと燃費差では元はとれません。ハイブリッドの諸費用の減税分を加味しても10万kmは走行しないとダメですね。

ハイブリッドのリセールの価値も高いので一概には言えませんが、走行は多い方にはおススメできますが、年に数千キロしか走行しない方にはおススメできません。

 

ヴォクシーはZS、ノアはSiがベストグレード

ノアのエクステリア

ノア

実際購入するならば、どのグレードがおススメかと聞かれれば次の通りにおススメします。

ヴォクシーはZS・ノアはSiを選択すべし。これはスポーティーな最上級グレードで、とにかく純正エアロパーツが豊富に組まれており、見た目は申し分なく格好良いです。

オプションで買うとエアロが主張しすぎてしまうことが良くありますが、この純正エアロならば車のデザインの良さを潰さずアクティブな印象を与えてくれます。

装備面でみてもベースグレードより充実しているので、全てにおいてバランスがとれたグレードです。

 

エスクァイアはGiがお得

エスクァイア

エスクァイア

エスクァイアが好みの方はGiがおススメです。パワースライドドアはデュアルになっており。プッシュスタートシステムや快適温熱シートなどのあったらいいなと思う装備がしっかり付いています。

Gi プレミアムパッケージにこだわらずとも最上級の室内空間と、アルファードに通じるチョイ悪顔を得ることができます。

 

新車値引きの基本記事


新車値引きテクで30万得した!元営業マンが教える新車値引き交渉の裏ワザ

 

ところで、これからヴォクシー・ノア・エスクァイアの購入を考えている人が気になるのは、やはりの値引き情報です。

人気のヴォクシー・ノア・エスクァイアを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって限界値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

新型ヴォクシーの評価口コミ辛口チェック

新型ヴォクシーの評価口コミ辛口チェック!トヨタヴォクシーの本当の実力 

5ナンバーサイズミニバン市場で圧倒的な影響力があるのが、ヴォクシー、ノア、エスクァイアの3兄弟です。ヴォクシーの商談にあたり注意すべき点は何でしょうか? ヴォクシーのポイント 取扱店に注意する。ヴォクシー:ネッツ店、ノア:カローラ店、エスクァイア:トヨタ店/トヨペット店 3車とも専用ボディーカラーが1色あるので見比べてみること Toyota Safety Senseに、昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティを採用 安全装備にインテリジェントクリアランスソナーを設定特別仕様車「ヴォクシーZS ...

ReadMore

トヨタ新型エスクァイアの評価口コミ辛口チェック

新型エスクァイアの評価口コミ辛口チェック!エスクァイアの本当の実力

新型エスクァイアは、これまでと同じように、トヨタ・ヴォクシー、ノアよりも高級感を実現したミニバンです。 新型エスクァイアについてのチェックポイントは次のとおりです。 エスクァイアのポイント 取扱店に注意する。ヴォクシー:ネッツ店、ノア:カローラ店、エスクァイア:トヨタ店/トヨペット店 エスクァイアの兄弟車のヴォクシーとノアと比べワル顔で少しだけ高級路線 特別仕様車「エスクァイアGi“Premium Package・Black-Tailored”」が新設定されている Toyota Safety Senseに ...

ReadMore

新型ノアの評価口コミ

【ノアの真の実力】日産新型ノアの評価・口コミを辛口チェック!※グレード別の価格表あり

ノア2019年の1月にマイナーチェンジして販売を開始しました。新型ノアについて調べると次のことが分かりました。 新型ノアのポイント 取扱店に注意する。ヴォクシー:ネッツ店、ノア:カローラ店、エスクァイア:トヨタ店/トヨペット店 トヨタヴォクシーとエスクァイアはノアの兄弟車 2019年の1月に一部改良を実施した Toyota Safety Senseに、昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティを採用 安全装備にインテリジェントクリアランスソナーを設定 早くも特別仕様車「ノアSi W×B2」が新 ...

ReadMore

 

 

-エスクァイア, ノア, ヴォクシー

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.