人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

トヨタヤリスの評価口コミ

ヤリス

新型ヤリスの評価・口コミを辛口チェック!

新型ヤリスを購入検討するにあたり、注意すべき点は次の通りです。

ヤリスのポイント

  • 1.5Lハイブリッド車は4WDを新しく設定
  • ガソリンエンジンに新開発直列3気筒1.0L・1.5L「ダイナミックフォースエンジン」を採用
  • トヨタ初の高度駐車支援システム「Advanced Park」「ターンチルトシート」など搭載
新車値引きマスター
ヤリスとはどのような車なのか、この記事で隅々までチェックしていきましょう。

こちらも人気記事

ヤリスの値引き最大額は?目標値引きテク【2020年2月】

 

ヤリスの評価口コミ辛口チェック

トヨタヴィッツの後継である、新型ヤリス。

日本の発売日は2020年2月、ガソリン車の4WDは2020年4月の発売です。

新型ヤリスと旧ヴィッツ外観比較

新型ヤリス(左)と旧ヴィッツ(右)外観比較

新型ヤリスのフロントマスクははシエンタに似て、グリル開口部が大きく広い「深海魚」スタイルになりました。

最近のトヨタデザインはただの深海魚ではなく、イケメンな深海魚です。

ヘッドライトも薄くなり釣り目のマスクが特徴です。

特徴的なのが新型のサイドプレスライン。

新型ヤリスでは複雑なプレスラインがアクセントになり、スポーティな印象を高めています。

新型ヤリスと旧型ヴィッツ後ろ姿比較する

新型ヤリス(左)と旧型ヴィッツ(右)後ろ姿比較

後ろ姿を比較しましょう。

新型ヤリスではテールランプデザインに立体感が加えられているのが分かります。

 

新型ヤリスの対抗車種は??

新型ヤリスの対抗車種として挙げられるのは、ホンダ・フィット、日産・ノートe-POWER、スズキ・スイフトでしょう。

まずそれぞれの車両価格を比較してみましょう。

<新型ヤリスの対抗車種の車両価格比較>
車種車両価格
ヤリス1,395,000円~2,493,000円
フィット1,455,300円~2,282,500円
ノートe-POWER1,447,600円~2,689,500円
スイフト1,375,000円~2,053,700円

新型ヤリスの対抗車の車両価格は、ベースグレード価格(最低価格)ではおおむね同水準の価格になっています。

次にスペックについて比較していきましょう。

<新型ヤリスと対抗車のスペック比較>
新型ヤリス現行フィットノートe-POWERスイフト
全長3,940mm3,990mm4,100mm3,840mm
全幅1,695mm1,695mm1,695mm1,695mm
全高1,500mm1,525[1,550]mm1,520mm1,500mm
室内長1,845mm1,935mm2,065mm1,910mm
室内幅1,430mm1,450mm1,390mm1,425mm
室内高1,190mm1,280mm1,255mm1,225mm
ホイールベース2,550mm2,530mm2,600mm2,450mm
最小回転半径5.1m4.7~5.2m5.2m4.8m
車両重量940~1,180kg1,010~1,180kg1,190~1,310kg960kg
燃費性能19.2~36.0km/L19.2~37.2km/L23.4~37.2km/L32.0km/L

新型ヤリスのボディサイズは、全長・全幅・全高ともに大差はありませんが、現行ノートe-POWERは全長が他の車種と比べると長いです。

また室内サイズでは、新型ヤリスは比較的コンパクトになっていますが、ホイールベースをみると対抗車種とあまり変わらないサイズをしており、車内での足の置き場には困りません。

ただ室内高については、対抗車種より低くなっていますので、天井からの圧迫を感じる可能性はあります。

最小回転半径は、対抗車種と比べて大きいですが、ボディサイズと総合的に考えると、運転時の取り回しは良いです。

車両重量は、対抗車種より軽めとなっており、軽快な走りを体感することができるでしょう。

それだけでなく新型ヤリス1.0Lガソリン車・2WDなどのように、車両重量が1,000kgに満たないグレードについては自動車重量税が安くなりお得です。

燃費性能は、対抗車種に負けないほどの高燃費を実現しています。

スペック以外ではエクステリア・インテリアデザインで対抗車種を比較したり、あなたの用途に合った車種を選ぶことが大切です。

 

ヤリスのエクステリア

新型ヤリスのエクステリアは、新世代を漂わせるスポーティなデザインとなりました。

デザインのコンセプトは「B-Dash!」で、大胆・活発で美しく、弾丸のようにダッシュするイメージでデザインされています。

ヘッドライトは、HYBRID ZとZに3灯式フルLEDヘッドライトとLEDターンランプ、LEDクリアランスランプを標準装備。

3灯式フルLEDヘッドライトには「おむかえ照明機能」もついています。

新型ヤリスの前モデルであるヴィッツと比べると、新型ヤリスはLEDライトが多数採用されているのが特徴。

前後のフェンダーはどっしりと重厚感のあるデザインになっており安定さを感じさせます。

さらにスポーティ・スタイリッシュに決めたい方は、カスタムパーツの「GRパーツ」「MODELLISTA CUSTOMIZE」がおすすめ。

GRパーツは、ブラックのエアロパーツを基調として、そこにレッドラインのデザインが施されることでスポーティさを演出。

MODELLISTA CUSTOMIZEは、メッキ加飾が上質さを漂わせます。

新型ヤリスのボディサイズは以下のようになっています。

<新型ヤリスのボディサイズ>
全長3,940mm
全幅1,695mm
全高1,500mm
ホイールベース2,550mm
車両重量940~1,090kg

新型ヤリスのボディサイズは5ナンバーサイズのコンパクトカーですので、取り回しが効きやすいです。

都心にある機械式駐車場でも難なく入庫できるボディサイズですので、新型ヤリスに乗って色々なところへ出かけることができるでしょう。

 

ヤリスのインテリア

新型ヤリスのインテリアは、無駄のないシンプルなデザインとなっていますが、広さや快適さを実現し、運転に集中できるようになっています。

インパネ断面はワイドで薄いデザインとなっているほか、ステアリングホイールを365mmに小径化したことでインパネがすっきりしただけでなく、運転席からの視界もよくなりました。

新世代を感じることができるのがフードレス双眼デジタルTFTメーターで、ソフトインストルメントパネルを搭載。

全車に「カラーヘッドアップディスプレイ」が標準装備され、ドライバーの目線の移動を少なくしていますので、運転中も前方に集中することができるでしょう。

HYBRID ZとZには、イージーリターンシートを採用。

これはトヨタで初めて採用された装備で、シートの前後の位置を保ちながら、専用レバーでロックを解除することでシートを一番後ろまでスライドさせることが可能です。

パワーシートを採用している仕様にはメモリー機能がついており、車内でのシートの位置を記憶させたり、乗降性を高めることに成功しました。

乗車後はレバーを引きながらシートを前にスライドさせることで、あらかじめ設定していたシートポジションで止まるようになっています。

HYBRID ZとZ以外のグレードのオプションには「ターンチルトシート」が設定され、運転席・助手席のシートが回転・チルトしますので、乗り降りが非常に楽です。

車内にはさまざまなところに収納スペースがあるため、使い勝手がいいでしょう。

新型ヤリスの室内は、以下の大きさになっています。

<新型ヤリスの室内サイズ>
室内長1,845mm
室内幅1,430mm
室内高1,190mm

新型ヤリスハイブリッド車は、駆動用バッテリーがリアシートの下に置かれたことで、ガソリン車同等の居住空間を実現。

荷室の広さも、荷室長630mm×荷室幅1,000mm×荷室高692mmの広さを保有しています。

 

パワーユニット

新型ヤリスのパワーユニットは以下のようになっています。

<新型ヤリスのパワーユニット>
ハイブリッド車ガソリン車
パワートレイン直列3気筒1.5Lエンジン直列3気筒1.5Lエンジン直列3気筒1.0Lエンジン
総排気量1,490cc1,490cc996cc
エンジン最高出力67kW[91PS]/5,500rpm88kW[120PS]/6,600rpm51kW[69PS]/6,000rpm
エンジン最高トルク120N・m[12.2kgf・m]/3,800~4,800rpm145N・m[14.8kgf・m]/4,800~5,200rpm92N・m[9.4kgf・m]/4,400rpm
モーター最高出力59kW[80PS]
モーター最高トルク141N・m[14.4kgf・m]
トランスミッションE-CVTDirect Shift-CVTSuper CVT-i

新型ヤリスのパワーユニットは、新開発された直列3気筒ガソリンエンジンを搭載。

新型ヤリスにはトヨタ・カムリに導入されている「ダイナミックフォースエンジン」の排気量を縮小。

1.5Lガソリンエンジン車ではロングストロークなど高速燃費技術を搭載しており、低燃費はもちろんのこと高出力も実現しました。

1.5Lハイブリッドシステムでは、リチウムイオンバッテリーや高出力モーターを採用するなど、ハイブリッドシステム出力や燃費を大幅に向上させているのです。

オプション設定では、1,500Wの外部給電機能を持つアクセサリーコンセントがありますので、家庭用コンセントで電化製品を使うことができ、災害などの非常時には発電機として使用することもできます。

 

ヤリスの走り

新型ヤリスは試乗会も開催されました。

1.5Lガソリンエンジンに採用されている「Direct Shift-CVT」は、発進・加速フィーリングに不満を感じさせません。

1.0Lエンジンには、高タンブル流や高EGR(排気再循環)率、フリクション低減などが改良されたことで軽快な走りを感じることができます。

足回りにはフロントにマクファーソンストラット式を採用。

リアでは、FF車にトーションビーム式、4WD・E-Fourに2リンクダブルウィッシュボーン式が採用されており、軽快で滑らかな乗り心地でドライブを楽しむことができます。

 

カラーラインナップ

新型ヤリスのボディカラーは、モノトーンカラーが12種類用意されています。

<新型ヤリスのモノトーンカラーラインナップ>
●スーパーホワイトⅡ
●ホワイトパールクリスタルシャイン※1
●シルバーメタリック
●ブラック
●ボルドーマイカメタリック
●センシュアルレッドマイカ※1
●アイスピンクメタリック
●コーラルクリスタルシャイン※1
●アバンギャルドブロンズメタリック
●サーモテクトライムグリーン※2
●ダークブルーマイカメタリック
●シアンメタリック

※1は33,000円、※2は44,000円の追加料金が必要な有償カラーです。

また新型ヤリスには6種類の2トーンカラーがあります。

<新型ヤリスの2トーンカラーラインナップ>
●ホワイト×ブラック※3
●ホワイト×センシュアルレッドマイカ※4
●ブラック×シアンメタリック※3
●ブラック×アバンギャルドブロンズメタリック※3
●ブラック×コーラルクリスタルシャイン※4
●ブラック×アイスピンクメタリック※3

※3は55,000円、※4は77,000円の追加料金が必要な有償カラーです。

モノトーンカラー、2トーンカラーともに、豊富なカラーラインナップとなっていますので、あなた好みのボディカラーを見つけることができるでしょう。

ボディカラーは自分の好きな色を選ぶのはもちろんのことです。

ただ将来的に新型ヤリスを売却することまで考えるのであれば、ホワイト系やボディカラーや、メタリック系のボディカラーを選ぶと、売却するときに高く買取りしてくれる可能性が高くなります。

 

新型ヤリスの商談に行く前に…

トヨタヤリスの評価口コミ

人気の新型ヤリスを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか?

一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。

そこで、どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます!

値引きテクニック

ヤリスの値引き最大額は?目標値引きテク【2020年2月】

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません。面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

商談での一コマ

営業マン
田中さん、お車の査定が完了しました
営業マン
田中さんの愛車の下取り査定額は57万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
田中さん夫
57万円・・・。 なるほど・・・
田中さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定57万円って、高いの?安いの?どっちよ
田中さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
 
新車値引きマスター
どんなに古い車でも必ず査定額はつきます! 「古い車だから」「大きな修理をしているから」と査定額がつかないと自分で決めつけないで、 必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

 

 

-ヤリス

Copyright© くるま情報プレミアム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.