ランドクルーザーの限界値引き

ランドクルーザー

ランドクルーザーの値引き最大額は?トヨタ新型ランドクルーザーの見積書&値引きテク【2021年10月】

ランドクルーザーの値引き獲得方法を知りたい!

新車値引きマスター
人気のトヨタランドクルーザーの最大値引き獲得方法を、新車値引マスターが徹底検証するよ

ランドクルーザーの値引きポイント

  • 古くからのファンが多く商談ではランドクルーザーの指名買いが多い
  • 待ち望んだ新型へのフルモデルチェンジで人気再燃、納期がヤバいくらい長い
  • トヨタ同士の競合が値引き獲得への近道、弟分のランドクルーザープラドとの相見積もりも検討する
  • トヨタモビリティ全店で販売しているので旧トヨタ店、旧トヨペット店、旧カローラ店、旧ネッツ店をうまく競合させることがポイント
  • 下取り車があれば、買取査定業者を利用して査定額アップをはかる

 

ランドクルーザーの目標値引き調査情報【2021年10月】

ポイント

  • 目標値引き総額   28万円
  • 本体値引き     26万円
  • オプション値引き  3~5万円程度
  • 納   期     12か月以上

なかなかでない新型車でしたが、2021年の8月にようやくフルモデルチェンジ

ランドクルーザーはSUVで鉄板人気車なので納期はとてつもなく長くなり、しばらく値引き額は期待できなそうです。

このタイプの車はオプション注文が必需品となるので、車両本体+オプションで28万円値引き以上を基準としましょう。

ライバルの助けを借りて値引きをさらに拡大させたいのですが、国内ではランドクルーザーにこれといったライバルがいません。

ベンツやBMWなど外国車SUVよりもランドクルーザーがいいという人も多いのです。

同じトヨタのランドクルーザープラドを競合させるのは効果的です。

新車値引きマスター
ランドクルーザーに首ったけということを営業マンんに気づかれないように商談しましょう。

 

まずはランドクルーザーの基本値引き交渉方法

値引き商談に入る前の準備

1.ライバル車種を2車以上選定します。
ランドクルーザーのライバルは同じトヨタのランドクルーザープラド、それにベンツGLE、BMWのX5あたりの外車勢になります。

2.それぞれの車種が、近所のどこのディーラーで取り扱っているか確認します。

ランドクルーザーはトヨタの販売店4系統すべてで取り扱っている車種です。これらはそれぞれが独立した会社なので、すべてのお店で競合させることが可能です。

3.下取り車の年式・グレード・走行距離をチェックします。

その他に車検証で車検満了日、自動車税納税証明書があるか確認します。

4.面倒ですが、下取り車の査定額はネットで必ず確認しておきます。
ネットですぐに下取り価格が把握できるので、査定額の目安を頭に入れておきます。

⇒ 今すぐ愛車を一括査定する

第1回目値引き商談では

  • ショールームで現車を実際の目で確認する
  • ランドクルーザーを実際に試乗してフィーリングを確認する
  • 欲しいグレードの選定と見積書の取得
  • 下取車の査定額を出してもらう

商談ではいい人に徹しましょう!初回から 値引きを強く要求したり、無理を言うと営業マンはドン引きです。 「いい人だから助けてあげたい。」と営業マンに思わせると、良い条件も出やすくなります。

  1. 初回商談では、 良い上客、いい人を装いましょう。
  2. 予算の範囲内か聞かれても、 安いとか高すぎて無理だとは言わないように心がけます。
  3. ローンを利用する場合は、準備があるので 早めに営業マンに伝えておきます。
  4. 値引きについて最初からガツガツ行くのはマイナスです。(本性は2回目以降から現しましょう)
  5. 他車も気になっていることを さりげなく伝えます。
    プラドもいいんだけど、ランドクルーザーはスタイルもいいし、走行性能も魅力的だよね。
  6. 本命の車が何かは濁しておきます。
    僕はランドクルーザーがいいかなと思っているんだけど、妻が(家族が)ベンツがいいって言うんだよね。
  7. 値引き額と下取り額は口頭ではなく、 必ず見積書に記載してもらいましょう。

 

第2回~最終値引き商談ではこう攻める

数年に一度の交渉です。最後の仕上げでは粘り強く条件を引き出します。

    1. 最終交渉はディーラーが暇な 平日や休日の夕方以降にセットする。(ディーラーもゆったり対応できるので値引きも出やすい)
      所長決済値引きでお願いします!
    2. 最後に端数を切り捨て、 総額で○○万円になるなら契約しますと言う。
      いちきゅっぱ(198万円)で行きましょう!
    3. 同様に、 現金支払総額が△△万円になるなら契約しますと言う。
    4. さらに納車時ガソリン満タンを要望する。
    5. ボディーコーティングをサービスしてくれたら契約するなど、 好きなオプションを要望する。
    6. 登録手数料のサービス・半額を要求する。
    7. 一般に ローンを利用したほうがディーラーに手数料が入るので、新車値引きは上乗せされやすくなります。
    8. ローンの金利キャンペーン(現在なら1%~2%台がねらい目)がある時に契約する。

ランドクルーザーの値引き商談見積書をレポート!

新車値引きマスター
ランドクルーザーの商談情報を公開してくれた、Aさんに聞いてみます。ランドクルーザーで狙っているグレードは何ですか?
お客 A さん
本気で欲しいのは300ZXのディーゼルですが、売れ筋の300ZXガソリンも気になります。

Aさんが商談で取得した見積書をチェックしましょう。

 

【見積もり書】ランドクルーザー300ZXガソリンの値引き額は?

 

3ランドクルーザー300ZXガソリン見積書

まずは300ZXガソリンの見積書をチェックします。支払総額は878万円!さすが国産SUVの最高峰!お高いんですね。

グレード300ZXガソリン(税込み)
車両本体価格7,300,000円
車両本体値引き▲157,960円
オプション価格1,172,050円
諸費用465,910円
支払総額8,780,000円
お客 A さん
ナビはもちろんボディコートや、LEDヘッドランプなどほとんどフルオプションを付けたものです。

Aさんが選択したオプションの内訳

オプション名金 額
特別色 プレシャスホワイトパール55,000円
ナビゲーションシステム482,900円
ルーフレール33,000円
タイヤ空気圧警報システム22,000円
クールボックス71,500円
ドライブレコーダー64,020円
フロアマット71,500円
プレミアムコート275,000円
スカット36033,000円
抗菌防臭19,800円
バイザー等44,330円
合計1,172,050円
お客 A さん

必要な装備のオプションを選んだら、車両価格以外にオプション合計で約117万円!となりました。

営業マンの裁量で引けるのは、値引き額約16万円ということですが、人気のランドクルーザーにしてはそこそこの値引き額です。

 

【見積もり書】ランドクルーザー300ZXディーゼルの値引き額は?

ランドクルーザー300ZXディーゼル

 

新車値引きマスター
続いて本命の 300ZXのディーゼル の見積書をチェックします。
こちらも880万円とかなり高めの総支払額が出てきました。
グレード300ZXディーゼル(税込み)
車両本体価格7,600,000円
車両本体値引き▲152,340円
オプション価格1,102,750円
諸費用249,590円
支払総額8,800,000円
お客 A さん

300ZXのディーゼルのオプションはガソリン車とほぼ変わりません。

気になる ディーゼルの値引き額ですが、ガソリンモデルより少ない約15万円が提示されました。

ディーゼル は車両価格が高いので、ガソリンよりも値引き額UPを期待していたので残念です。

新車値引きマスター
ディーゼル車は自動車重量税等が免税となるため、総支払額はガソリン車と2万円だけの違いとなります。かなりお得ですね

 

実際のランドクルーザーの値引き体験談をマスターが辛口チェック

トヨタモビリティ東京

お客 A さん
トヨタの営業マンからは、今日決めてもらえるならすぐに上司に相談してさらなる値引きを提示します、と契約を迫られました。
かなり心が動きましたが、値引きマスターの言う通り「前向きに検討するので少し考えさせてくれ」といって帰りました。
新車値引きマスター
トヨタの営業マンがこれ以上の大幅な値引きは無理のようなことを言っても、9割がたウソなので気にしないでください。
初回商談ということですが、車両本体からの値引きとオプションからの値引き額が明確に提示されていないので、オプションからいくら引けるのか確認しましょう。

ベンツやBMWなどのライバル車をぶつけて、もうひとがんばり、総値引き28万円を狙いましょう!

新車値引きマスター
見積り書には下取り車が記載されていませんが下取り車は、買取業者の無料査定サービスを利用して売却するのも一つの方法です。
どんなに古い車でも必ず査定はしましょう。あきらめないでください。

 

ランドクルーザーを残価設定ローンで購入した場合のシミュレーション

最近利用が増えている残価設定クレジットを利用した場合の支払額を検討しましょう。

ランドクルーザー 残価設定クレジット利用時の支払額
グレード300ZXガソリン300ZXのディーゼル
頭金0円0円0円0円
支払回数36回60回36回60回
初回133,698円107,126円134,477円107,723円
2回目以降130,500円103,200円131,600円104,500円
分割手数料900,698円1,400,726円900,877円1,396,723円
最終回支払5,110,000円4,088,000円5,092,000円4,028,000円
残価率58.2%46.6%57.9%45.7%
利息4.3%4.3%4.3%4.3%

頭金0円で計算しているので月々の支払額は多めになっています。

2回目以降の支払額で 300ZXガソリン とディーゼルの違いは、36回払いで1,100円(130,500円と131,600円の差額)です。頭金を入れる予算があれば月々の支払いは楽になります。

1,100円/月程度の差額であれば、自分のフィーリングにあったランドクルーザーを選びましょう

 

ランドクルーザーの未使用車・中古車情報

トヨタランドクルーザーの未使用車はほとんど流通していません。

高年式で程度の良いランドクルーザーをていねいに探して、それを購入して長期保有するのもおススメできます。

好みの色やグレードが見つかれば、新車のように納車まで数か月待つことなく、かつ安い値段で、高年式の1台に巡り合えるかもしれません。

 

ライバル車種との競合で値引きアップ作戦

新車値引マスター
商談では面倒くさがらずに、に必ずライバル車を最低2、3車ぶつけて値引きを引き出すことは必須です。

ライバル車 ランドクルーザープラド

プラドも人気

弟分のプラドもランドクルーザーと商談で比較される車です。

プラドもランドクルーザーと同じくトヨタ店(大阪ではトヨペット店)でのみ販売となっているので、商談でこの2車を競合させて条件のよい法を選ぶのも作戦です。

ランドクルーザープラドの目標値引き情報

 

その他のライバルはベンツGLEBMWのX5あたりですが、これらの外国勢は車格的にワンサイズ下のクラスなので、やっぱりフルサイズSUVのランドクルーザーがいいという声が多くなっています。

 

ランドクルーザーの目標値引きマル秘テクニック

トヨタランドクルーザーを少しでも安く買うために、商談にあたり知っておくと有利なことが3つあります。

値引テク①トヨタのディーラー同士で競合させる

トヨタの販売店4系統

ランドクルーザーはトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店のトヨタ4チャンネル(東京都はトヨタモビリティ東京)すべてで販売しているのでうまく競合させることがポイントです。

この販売店の違いを逆手にとって、それぞれの店で見積もりを取ることも値引き拡大のための基本中の基本作戦となります。

 

新しいトヨタモビリティの動きに注目!

2020年から、トヨタ系の4販売会社が統合して「トヨタモビリティ」という1つのディーラーになります。 具体的には「トヨタモビリティ○○(都道府県名)」となります。(東京は一足早く2019年から実施済み) これまでの4系列販売では販売車種が限られており、例えばカローラは「トヨタカローラ店」でしか買えませんでした。 これからはトヨタモビリティで、すべてのトヨタ車を買うことが可能です。

トヨタモビリティのメリット

いちいち離れたディーラーに行かないでもトヨタの全車種を1カ所で商談できる ディーラーが増えるので、突然の車の故障などの時に便利
 

トヨタモビリティのデメリット

オンラインで商談情報が管理されるので、トヨタ車同士の値引き競合がしにくくなる 同じトヨタモビリティでも経営会社により購入時のオプションや購入後のアフターサービスなどが異なる
 
新車値引きマスター
看板はトヨタモビリティでも、中身は元トヨタカローラ○○(都道府県名)、元トヨペット○○(都道府県名)という別会社です。 経営母体をしっかり調べて、トヨタ車同士を競合させることも検討しましょう!

 

値引きテク②営業マンが成績達成にあせりだす決算時期に商談する

自動車会社には決算という成績の締切が定期的にあり、その季節は3月(本決算)、9月(中間決算)、12月(暦年登録最終月)です。

それぞれの期末までに何台新車を「登録」するか、ディーラーは本社から厳しいノルマが課されているのです。

この時期はディーラーでも社外秘の特別な値引きキャンペーンを実施していて、通常時期よりも特別な値引きが出やすくなります。

 

値引きテク③愛車を高く売る!ディーラーに行く前に買取査定をしよう

新車ディーラーの下取り査定価格は、買い取り専門の業者より低くなる可能性が高いと考えられます。

ディーラーに行く前に、ネットで車の無料一括査定で今すぐ査定してもらい、愛車の下取り価格が適正かどうか判断できるようにしましょう。

 

【新車値引き裏ワザ】面倒でもディーラーに行く前に車の査定額を出しておく

ディーラーへ商談に行く前に面倒でも下取り価格の調査をして行きましょう! ネットで手軽に査定できるので商談前に査定して、ディーラーの下取り価格が適正なのかどうか判断ができるようにします。 事前に査定をしなかった場合の失敗例 画質90%
新車値引きマスター
自分の車の適正な下取り価格が分からないと、新車商談で良い結果が得られません面倒でも商談の前に、必ずネットで愛車の下取り価格を把握しておきましょう!

 

簡単な入力ですぐ査定

軽自動車から外車までOK

今すぐ愛車を一括査定する

 

-ランドクルーザー

© 2021 くるま情報プレミアム Powered by AFFINGER5