人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

スズキソリオ/バンディットの限界値引き情報

ソリオ/バンディット

ソリオ/バンディットの値引き最大額は?スズキ新型ソリオ/バンディットの見積書&マル秘限界値引きテク【2019年6月】

更新日:

人気のスズキソリオ/バンディットを少しでも安くたい!

新車値引マスター
人気のスズキソリオの最大値引き獲得方法を、新車値引マスターが徹底検証するよ

・スズキソリオの限界値引きはいくらなのか?

・スズキソリオの値引きのコツはあるのか?

詳しく調べてわかった値引き相場や値引き交渉のコツを紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

 

ソリオ/バンディットの値引き目標最大額【2019年6月】

■値引き目標令和1年6月■

・目標値引き総額   24万円

・本体値引き     22万円

・オプション値引き  3万円程度

・納   期     1~2か月

人気を集めるコンパクトトールワゴンの中でも、クラスの代名詞的な存在がスズキ『ソリオ/バンディット』です。

軽自動車の販売台数ではトップを誇るスズキにおいて、普通車のトップセールスに食い込む貴重な存在ですが、正攻法で突撃すると値引きはかなり渋い結果になってしまうでしょう。

定番のライバルはトヨタのルーミー/タンク、ダイハツのトールのトヨタ・ダイハツ連合3兄弟です。

「ソリオもいい車だけど、トヨタが気になるので見てみたい」と伝えてあせらせ、ソリオの値引きアップを図ります。

車両本体+オプション合で24万円引き以上をめざしましょう。

ソリオの兄弟車の三菱デリカD:2のほうが値引きは出やすくなっています。

 

ソリオ/バンディットの基本値引き交渉マニュアル

ソリオバンディットの評価口コミ
出典:スズキ公式HP

1.ライバル車種を2車以上選定します。
ライバル車種:トヨタのルーミー/タンク、ダイハツのトールに加え、ソリオの兄弟車の三菱デリカD:2も競合します。

2.それぞれの車種が、近所のどこのディーラーで取り扱っているか確認します。

3.下取り車の年式・グレード・走行距離をチェックします。

その他に車検証で車検満了日自動車税納税証明書があるか確認します。

4.面倒ですが、下取り車の査定額はネットで必ず確認しておきます。
ネットですぐに下取り価格が把握できるので、査定額の目安を頭に入れておきます。

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

 

【第1回目】ソリオ/バンディットの第1回目値引き交渉

  • ショールームで現車を実際の目で確認する
  • ソリオを実際に試乗してフィーリングを確認する
  • 欲しいグレードの選定と見積書の取得
  • 下取車の査定額を出してもらう

商談ではいい人に徹しましょう!初回から 値引きを強く要求したり、無理を言うと営業マンはドン引きです。 「いい人だから助けてあげたい。」と営業マンに思わせると、良い条件も出やすくなります。

  1. 初回商談では、 良い上客、いい人を装いましょう。
  2. 予算の範囲内か聞かれても、 安いとか高すぎて無理だとは言わないように心がけます。
  3. ローンを利用する場合は、準備があるので 早めに営業マンに伝えておきます。
  4. 値引きについて最初からガツガツ行くのはマイナスです。(本性は2回目以降から現しましょう)
  5. 他車も気になっていることを さりげなく伝えます。
    ルーミー/タンクも気になるんだけど、ソリオはスタイルもいいし、燃費も魅力的だよね。
  6. 本命の車が何かは濁しておきます。
    僕はソリオがいいかなと思っているんだけど、妻が(家族が)ルーミー/タンクがいいって言うんだよね。
  7. 値引き額と下取り額は口頭ではなく、 必ず見積書に記載してもらいましょう。

 

【第2回目~最終】ソリオ/バンディットの第2回目~最終値引き交渉

数年に一度の交渉です。最後の仕上げでは粘り強く条件を引き出します。

  1. 最終交渉はディーラーが暇な 平日や休日の夕方以降にセットする。(ディーラーもゆったり対応できるので値引きも出やすい)
    所長決済値引きでお願いします!
  2. 最後に端数を切り捨て、 総額で○○万円になるなら契約しますと言う。
    いちきゅっぱ(198万円)で行きましょう!
  3. 同様に、 現金支払総額が△△万円になるなら契約しますと言う。
  4. さらに納車時ガソリン満タンを要望する。
  5. ボディーコーティングをサービスしてくれたら契約するなど、 好きなオプションを要望する。
  6. 登録手数料のサービス・半額を要求する。
  7. 一般に ローンを利用したほうがディーラーに手数料が入るので、新車値引きは上乗せされやすくなります。
  8. ローンの金利キャンペーン(現在なら1%~2%台がねらい目)がある時に契約する。

 

【見積書公マル秘開】実際のソリオ/バンディットの値引き体験談をマスターが辛口チェック

新車値引きマスター
スズキソリオの商談情報を公開してくれた、Aさんに聞いてみます。
ソリオで狙っているグレードは何ですか?
Aさん
ソリオで欲しいグレードは通常モデルの  HYBRID SX  ですが、カスタムモデルのソリオバンディット  HYBRID SV も気になるので、2車の見積もりを取得して比較したいと思います。

どんな値引き額が飛び出すのでしょうか?それではAさんが商談で取得した見積書をチェックしましょう。

 

【見積書】スズキソリオ 「HYBRID SX」の値引き額

スズキソリオ HYBRID SX の値引き額は?

スズキソリオ HYBRID SX の値引き額は?

グレードスズキソリオ 「HYBRID SX」(税込み)
車両本体価格2,093,040円
オプション価格90,000円
諸費用108,342円
支払総額2,291,382円

まずは通常モデルの HYBRID SX の商談見積書を見てみましょう。

車両本体価格は207万円で、値引き等を考慮した総支払額は約229万円!となっています。

Aさんが選択したオプションの内訳

メーカーオプション(21,600円)

  • ピュアホワイトパール 21,600円

販売店オプション(163,782円)

  • ナビ 119,394円
  • その他ドアバイザー、フロアマット等
Aさん

ナビなどの必要な装備のオプションを選んだら、合計で18万円程となりました。

気になる値引き額は実質11万円と言われました。

値引きの内訳は、オプションからの値引き73,782円、安心メンテナンスパック38,800円(無償サービス)の合計額です。

ソリオの値引きは現在、一般的にこれくらいの数字だとのことでした。

 

【見積書】スズキソリオバンディット「HYBRID SV」の値引き額

スズキソリオバンディット HYBRID SV の値引き額は?

スズキソリオバンディット HYBRID SV の値引き額は?

グレードスズキソリオバンディット「HYBRID SV」(税込み)
車両本体価格2,242,080円
オプション価格90,000円
諸費用109,142円
支払総額2,441,222円
新車値引きマスター
次に気になる本命のバンディット HYBRID SV です。

車両本体価格は通常モデルの HYBRID SX よりも約15万円アップの約222万円となります。

総支払額は約244万円と通常モデルの HYBRID SX  より約15万円のアップとその差額は変わりませんね。

Aさん

オプションは通常モデルの HYBRID SX と全く同じです。

気になるバンディット HYBRID SV  の値引き額ですが、通常モデルの HYBRID SX  と同額の11万円と言われました。

値引きの内訳も HYBRID SX  と同じで、オプションからの値引き73,782円、安心メンテナンスパック38,800円(無償サービス)の合計額です。

バンディットHYBRID SV の方が車両価格が高いので値引きもその分上乗せしてもらいたかったです。

 

実際のソリオ/バンディットの値引き体験談をマスターが辛口チェック

スズキソリオ値引き商談のまとめ

Aさん
スズキの営業マンからは、今日決めてもらえるならすぐに上司に相談してさらなる値引きを提示します、と契約を迫られました。
かなり心が動きましたが、値引きマスターの言う通り「前向きに検討するので少し考えさせてくれ」といって帰りました。
新車値引きマスター
スズキの営業マンがこれ以上の大幅な値引きは無理のようなことを言っても、9割がたウソなので気にしないでください。
初回商談ということですが、車両本体からの値引きとオプションからの値引き額が明確に提示されていないので、オプションからいくら引けるのか確認しましょう。

トヨタのルーミー、タンクやソリオの兄弟車の三菱デリカD:2などのライバル車をぶつけて、もうひとがんばり、総値引き24万円以上を狙いましょう!

新車値引きマスター
見積り書には下取り車が記載されていませんが下取り車は、買取業者の無料査定サービスを利用して売却するのも一つの方法です。
どんなに古い車でも必ず査定価格はつきます。高値売却をあきらめないでください。

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

 

ソリオ/バンディットを残価設定ローンで購入した場合のシミュレーション

車を買いたい人

スズキにも『残クレ』のプランがあるんですか?

新車値引マスター

もちろん、スズキにも残クレのプランが用意されています。他社の残クレとは少し違う点があるので詳しく解説していきましょう。

いまや車を購入する際の支払いプランとしては常識となった感がある残価設定型クレジット、略して『残クレ』。

スズキの残クレは『かえるプラン』という名称で提供されていますが、あらかじめ車両本体価格の一部を最終回の支払い額として設定し、残りを分割で支払うという基本的な仕組みは他社と同じです。

かえるプランでは、支払い期間を3年・5年に設定することができます。

一部車種では4年という設定も用意されていますが、ソリオ/バンディットは対象外です。

年利は軽自動車が3.9%、登録車(普通車)が2.9%となっているため、ソリオ/バンディットは2.9%が適用されます。

かえるプランが他社の残クレと違う点として挙げられるのは「残価の設定方法」です。

他社の残クレでは、残価の設定方法が明らかになっておらず、車種の違いや販売店によっても差があります。

ところが、かえるプランでは次のように残価設定が明確にされています。

3年プラン5年プラン
軽自動車月々の支払い分 50%

最終回支払い分 50%

月々の支払い分 70%

最終回支払い分 30%

登録車

(普通車)

月々の支払い分 60%

最終回支払い分 40%

月々の支払い分 80%

最終回支払い分 20%

残価の設定方法が明確であるため、支払いのイメージがつきやすく、3年後・5年後のプランを立てやすいという特徴があります。

 

「HYBRID SX」を残クレで購入した場合の月々の支払いをシミュレーション

実際にソリオ/バンディットをスズキの残クレ『かえるプラン』を利用して購入した場合の支払いをシミュレーションしてみましょう。

グレードソリオ/バンディット HYBRID SV
車両本体価格209万3040円
オプション装備価格16万3782円
諸費用10万8342円
支払い総額236万5164円
値引き額7万3782円
値引き後の支払い総額229万1382円
頭金0円
ローン総額229万1382円
残クレのプラン36回払い

(3年)

60回払い

(5年)

金利2.9%2.9%
初回の支払い額4万9087円3万6444円
2回目以降の毎月支払い額4万7100円3万5600円
最終回の支払い額(=残価)77万5200円38万7600円
金利を含むローンの支払い総額255万9992円268万6306円

 

「HYBRID SV」を残クレで購入した場合の月々の支払いをシミュレーション

もうひとつは『ソリオ/バンディット HYBRID SV』です。

グレードソリオ/バンディット HYBRID SV
車両本体価格224万2080円
オプション装備価格16万3782円
諸費用10万9142円
支払い総額251万5004円
値引き額7万3782円
値引き後の支払い総額244万1222円
頭金0円
ローン総額244万1222円
残クレのプラン36回払い

(3年)

60回払い

(5年)

金利2.9%2.9%
初回の支払い額5万0771円3万8335円
2回目以降の毎月支払い額4万9600円3万7600円
最終回の支払い額(=残価)83万0400円41万5200円
金利を含むローンの支払い総額271万0138円284万3666円

どちらも頭金なしというキツめのプランでシミュレーションしたので、月々の支払い額は少々高めで、残クレの魅力である「月々の支払が楽」というメリットが活かされていない状況です。

月々の支払いだけでは返済額が高すぎる場合は、年に1回または2回のボーナス月併用で多めに返済すると良いでしょう。

また、スズキの残クレ『かえるプラン』では3年後・5年後の残価がそれぞれ40%・20%と決められています。

3年後で40%、5年後で20%という残価設定はかなり厳しめな印象で、残価が低いぶんだけ月々の負担が重くなります。

もし『かえるプラン』を賢く利用したいのであれば、3年後・5年後には車の返却や下取りをせずに、中古車の買取業者に売却することをおすすめします。

スズキの設定とくらべると、実際の中古車市場ではもっと高値で取り引きされているので、売却金で一括返済をしてもかなりの金額のおつりが発生するでしょう。

また、スズキの『かえるプラン』では年に何度かの「1.9%特別キャンペーン」を実施しています。

キャンペーン中にソリオ/バンディットを残クレで購入した場合は実質1%引きとなるので、通常期よりもお得に購入できることになります。

「たった1%」と思うかもしれませんが、月々の支払いは2000~4000円ちかく軽減されるので、ぜひキャンペーンを活かすべきでしょう。

 

オプションは純正ではなく社外品にして安く済ませた場合の値引き効果

車を買いたい人
見積もりでは、営業マンからは車両本体の値引きが引き出せずにオプションのみの値引きになってしまいました。
新車値引マスター
それなら、いっそのこと「純正ディーラーオプションは全部外してくれていいから、同じ価格分だけ車両本体を値引きして!」と交渉してみましょう。
車を買いたい人
え?でも、カーナビとかは欲しいし…
新車値引マスター
カーナビなどの純正ディーラーオプションは、社外品を導入すれば同等以上の性能でもっと安く済ませられますよ。

スズキは車両本体価格の値引きに対してかなりシビアな姿勢を持っています。

日ごろから利益率が低く車両本体の値引きが難しい軽自動車をメインに販売しているので、仕方がないでしょう。

「本体では値引きできないので、オプションで値引きします」というセールストークを聞かされることにもなりますが、これは営業マンのウソです。

在庫品やキャンセル品が片付くオプションを外されたくないので「オプションで値引き」といっているだけで、本来はどちらから値引きしてもかわりません。

もし「オプションで値引きを」と言われたら「じゃあ純正オプションは全部外していいから、その分を本体から値引きして」と交渉してみましょう。

新車の純正ディーラーオプションに設定されているものをすべて社外品に置き換えれば、同等以上の性能があるものを安く導入することができます。

社外オプションの導入でターゲットになるのは次の3つです。

・カーナビ
・フロアマット
・ドアバイザー

それぞれのオプションについて比較していきましょう。

 

カーナビは社外のほうが高性能で安い

ソリオ/バンディットに装備されるカーナビは、エントリーモデルでパナソニックまたはケンウッド、スタンダードモデルでパイオニア、ハイグレードモデルではアルパインが採用されています。

おすすめのナビは200㎜ワイドのものなので、エントリーモデルでは純正がパナソニックのCA2Qモデル11万4480円になります。

こちらをイクリプスの最新ナビAV-ND9W:9万4800円に交換すれば、1万6980円の値引き効果です。

今や必須のドライブレコーダーも内蔵のモデルなので、安心度も高いですね。

 

フロアマットも社外品で十分!

ソリオ/バンディットの純正フロアマットは1台分のセットで1万7982円。

正直いってかなり高いですね。

純正と同等の社外品であれば、なんと税込み4800円で販売されています。

どうしても『SOLIO』や『SUZUKI』のタグやエンブレムにこだわりたいわけじゃなければ、社外品でも十分すぎます。

これだけでも1万3182円の値引き効果です。

 

ドアバイザーも社外品のほうが同等の性能で安い

ソリオ/バンディットのドアバイザーは純正で1万9386円。

ドアバイザーがないと雨の日に水が車内に入り込んでくるので「あって当然」のオプションですが、こちらも営業マンに言われるがままにならず、社外品に交換してしまいましょう。

ソリオ/バンディットに対応しているドアバイザーは、純正と比べてもまったくそん色のない社外品が5880円で販売されています。

純正品と社外品の差は1万3506円。

これだけでもかなりの値引き効果があります。

 

純正を断って社外品を導入すると値引き効果はいくら?

純正のオプションを社外品にすることで、どれくらいの値引き効果を得ることができたのかを検証してみましょう。

純正品の価格社外品の価格差額
カーナビ11万4480円9万4800円1万6980円
フロアマット1万7982円4800円1万3182円
ドアバイザー1万9386円5880円1万3506円
合計4万3668円

ご覧のとおり、純正オプションではなく社外品にするだけで、同等または同等以上の性能のものを導入しても見積もりから4万円以上は値引き効果を引き出すことができました。

ひと昔前では「ナビは純正じゃないと安全装置の全方位型のモニターが使えない」といわれていましたが、現在販売されているモデルはこの問題を解決済みです。

純正オプションのナビにアドバンテージはないので、遠慮せずに社外品のナビを導入しましょう。

 

ソリオ/バンディットの価格とグレード別の下落率

ソリオはワゴンRワイドの発展形で、ソリオの派生車種としてバンディットが存在します。

つまり、ソリオとバンディットは兄弟車種にあたることになりますが、グレード展開には大きな差があります。

まず、ソリオにはガソリン車のほか、マイルドハイブリッドとフルハイブリッドの合計3種類があり、5つのグレードが存在します。

一方、バンディットにはガソリン車が存在せず、マイルドハイブリッドとフルハイブリッドの2つのグレードのみが存在しています。

では、ソリオ/バンディットの各グレードの価格と、それぞれの3年後・5年後の買取価格の下落率を見ていきましょう。

ソリオのグレード一覧と下落率

まずはご本家となるソリオのグレード一覧と下落率をみていきましょう。

ソリオには、ガソリン車とマイルドハイブリッド車にはFFと4WD車が設定されています。

さらに各グレードに「セーフティーサポート装備車」や「全方位カメラパッケージ車」などの細かい価格設定がありますが、ここではベースとなるモデルを紹介します。

グレード新車価格3年後5年後
買取相場下落率買取相場下落率
G(ガソリン)195万4800円125万円36.1%71万円63.7%
HYBRID MX(マイルド)170万3160円132万円22.5%2016年登場のため

データなし

HYBRID MZ(マイルド)195万4800円136万円30.4%
HYBIRD SX(フル)201万6900円142万円29.4%
HYBRID SZ(フル)217万9440円144万円34.0%

現行のソリオは2016年に登場したモデルなので、5年後の下落率は今のところデータがありません。

各グレードの下落率をみてみると、3年後の下落率は20~30%台に収まっており、スズキの残クレ『かえるプラン』で設定している残価40%=下落率60%と比較すると予想をはるかに上回る価値を持っていることがわかります。

ガソリン車のGに関しては、2015年以前のGの買取相場と下落率を表示しましたが、おそらく実際に5年経ったころにはもっと良い数値になっているでしょう。

3年後・5年後の下落率を考えると、ソリオは非常に優秀な車であることがわかります。

コンパクトな軽トールサイズというライバル車が少ないジャンルで勝負したことが功を奏しているのかもしれませんね。

 

バンディットのグレード一覧と下落率

ソリオの派生車種であるバンディットも、同じように見ていきます。

グレード新車価格3年後5年後
買取相場下落率買取相場下落率
HYBRID MV(マイルド)195万4800円142万円27.4%2015年登場のためデータなし
HYBRID SV(フル)216万8640円167万円23.0%2016年登場のためデータなし

現行のバンディットは、各グレードともに3年後の下落率が20%台という優秀な車です。

マイルドハイブリッドのMVは2015年、フルハイブリッドのSVは2016年の登場で、2019年3月現在では市場に「5年落ち」のデータがありませんが、間違いなく5年落ちが市場で流れ始めても高価買取となるでしょう。

元祖ソリオと同じく、ここまで下落率を抑えることができる優秀な車だとは、スズキ側も予想していなかったかもしれませんね。

 

ソリオの未使用車・中古車情報

ソリオの未使用車・中古車情報

ソリオ未使用車の市場流通量 「少ない」

意外なことにソリオの未使用車は市場ではあまり出ていません。

アルトやワゴンRといった普及モデルに比べ、ハイトワゴンのソリオは未使用車が少ないのが特徴です。

未使用車をこまめにチェックするか、ソリオの高年式の低距離走行車も視野に入れて探してみるのもよい選択です。

⇒ ソリオの未使用車・中古車を探す【無料】

※ズバット車販売 中古車無料お探しサービスは、プロが非公開車両を含む膨大な車両情報から、希望の中古車を探してくれるサービスです。

 

ライバル車種との競合で値引きアップ作戦

新車値引マスター
商談では面倒くさがらずに、に必ずライバル車を最低2、3車ぶつけて値引きを引き出すことは必須です。

値引き交渉ではソリオ/バンディットのライバル車となる他社の車を引き合いにしてぶつけるのが有効です。

ここで紹介するライバル車の情報をしっかりチェックして、ソリオ/バンディットが本命でもまずは他社のディーラーをまわって見積書をゲットしておくことをおすすめします。

もちろん、他社のディーラーでは「本命はソリオ/バンディット狙い」というエサ情報をばらまいて限界まで値引きを引き出しておきましょう。

ソリオのライバル車①トヨタルーミー/タンク

ルーミータンク限界値引き

コンパクトハイトワゴンの中で国内ナンバー1の売り上げを誇るのがトヨタ『ルーミー/タンク』です。

トヨタ店とカローラ店ではルーミー、トヨペット店とネッツ店ではタンクとして販売されています。

そもそもはダイハツ『トール』をベースにOEM供給されている車種ですが、ご本家よりもルーミー/タンクのほうが売れています。

実はさらにスバルでも『ジャスティ』の名で販売されているため、トヨタ・ダイハツ・スバルの3社にアタックして見積もりをゲットすることができます。

ルーミーの値引き情報

タンクの値引き情報

 

ソリオのライバル車②三菱デリカD:2

三菱デリカD:2
出典:三菱公式HP

スズキと三菱のOEM契約によって三菱で販売されているのが『デリカD:2』です。

OEM契約ですから、つまりはエンブレムなど若干の仕様が異なるだけでスズキの工場でソリオと一緒に作られている、まさに兄弟車種。

ディーラーオプションにデリカD:5を彷彿とさせるメッキグリルが存在しますが、これを装備しなければソリオと見分けることはできません。

三菱のディーラーで限界まで値引きを引き出してスズキでぶつけるのが正攻法ですが、特にスズキへのこだわりがなければサービスが良いほうを選ぶのもアリです。

 

ソリオのライバル車③ホンダ『フリード』

イメージとしてはワンランク上の車種に感じられるホンダ『フリード』ですが、実はソリオ/バンディットのライバル車です。

フリードは大容量で走りも良いという面があり、ソリオには無理に3列目を設定していないだけ広々としていて低燃費という面があります。

価格帯はフリードのほうが40万円近く高めですが、フリードで値引きを引き出しておけば「ホンダの営業マンはもっと頑張ってくれた」と値引き交渉の材料になります。

⇒ フリードの値引き情報

 

【ディーラー同士の競合で値引きアップ】別会社のスズキディーラー同士で競合させる

スズキディーラー

県をまたげばスズキの外見は一緒でも、それぞれは別会社なのでソリオ同士を競合させることが可能です。

また、1都道府県に複数のディーラーが多いのもスズキの特徴です。

東京都を例にとっても、㈱スズキ自販東京、㈱スズキ自販南東京、スズキ城西販売、スズキ府中販売㈱、㈱スズキ町田販売など販売店の数が多く、小規模ディーラーも多いのが特徴です。

 

【決算時期に値引きアップ】営業マンが成績達成にあせりだす決算時期に値引き交渉する

自動車会社には決算という成績の締切が定期的にあり、その季節は3月(本決算)、9月(中間決算)、12月(暦年登録最終月)です。

それぞれの期末までに何台新車を「登録」するか、ディーラーは本社から厳しいノルマが課されているのです。

この時期はディーラーでも社外秘の特別な値引きキャンペーンを実施していて、通常時期よりも特別な値引きが出やすくなります。

 

【買取査定で値引きアップ】ディーラーに行く前に買取査定をして愛車を高く売ろう

新車ディーラーの下取り査定価格は、買い取り専門の業者より低くなる可能性が高いと考えられます。

ディーラーに行く前に、ネットで車の無料一括査定で今すぐ査定してもらい、愛車の下取り価格が適正かどうか判断できるようにしましょう。

 

軽自動車から外車までOK

無料で今すぐ査定額をチェック

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

 

面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

新車値引きマスター
交渉で自分の車の査定額が頭に入っていないと、ディーラーの値引き交渉もうまく進められません! ちょっと面倒ですが、商談に行く前にネットで必ず現在の車の査定価格を調査しておきましょう。

商談での一コマ

営業マン
高橋さん、お車の査定が完了しました
営業マン
高橋さんの愛車の下取り査定額は48万円です 今キャンペーン中で通常よりも3万円査定アップで下取りますよ。
高橋さん夫
48万円・・・。 なるほど・・・
高橋さん妻
ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定48万円って、高いの?安いの?どっちよ
高橋さん夫
高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
新車値引きマスター
過去に修理をしている車、かなり古い車でも必ず下取り額がつきます。 自己判断で下取り金額はきっとゼロ円だからと決めつけるのは危険です。

 

 

⇒【完全版】元ディーラー営業マンが教える新車値引きテクニック

 

ソリオ/バンディットのおすすめグレード

3年後・5年後の下落率の低さをみると、いちおしのグレードはやはりバンディットの『HYBRID SV』です。

全方位モニター用のカメラパッケージを追加したモデルでも4万8000円を上乗せするだけなので、オプションを純正から社外品にかえるだけでも上乗せ分は捻出できます。

元祖ソリオから選ぶのであれば、上位モデルのHYBRID SZよりも下落率が低い『HYBRID SX』のほうがおすすめでしょう。

車両本体価格が安いのに下落率も低く、SZとの大きな差といえばディスチャージヘッドランプがあるか、ないかくらいでしかありません。

基本的にはハイブリッドモデルをおすすめしたいところですが、ただし、ガソリン代の差だけでガソリン車を排除するのは不可能です。

そもそもソリオは燃費が軽自動車なみの高性能を誇っているので、購入予算をおさえめにするならガソリン仕様のGを狙うのも間違いではありません。

 

ソリオ/バンディットのおすすめカラー

カラーバリエーションが豊富なのもソリオ/バンディットの特徴です。

ソリオは全9色、バンディットは全8色のカラーが用意されているので、個性にフィットしたお好みのカラーを選ぶことができます。

また、バンディットにはルーフ部分をブラックで仕上げた2トーンルーフ仕様が5パターン用意されているので、実質的に全13色の中から選ぶことが可能です。

長く乗り続けるのであれば2トーンでも問題はありませんが、3年後に新車への乗り換えや売却を考えているのであれば、査定額がアップするピュアホワイトパールやスーパーブラックパールがおすすめです。

 

ソリオ/バンディットのおすすめオプション

ソリオ/バンディットでぜひ導入したいおすすめのオプションは、なんといっても『全方位モニター用カメラパッケージ』です。

トヨタの『パノラミックビューモニター』や日産の『アラウンドビューモニター』と同じく、スズキも車両の各所に設置されたカメラによって「車両を真上から見ている」かのようにモニターに投影することができます。

ソリオ/バンディットではメーカーオプションとなっている全方位カメラですが、なんとお値段は破格の4万8000円。

他社ではパッケージ化されているものが多く単体での価格設定は不明ですが、リーズナブルな設定であることは間違いありません。

ただし、ソリオ『G』については全方位カメラがオプションでも選択できないので要注意!

Gへの導入を求める声も多いので、マイナーチェンジによって追加される可能性はありますが、現状では装備不可能だと考えておきましょう。

 

ソリオ/バンディットの実燃費

ワゴンRを源流に持つソリオ/バンディットは、低燃費車であることでも人気を集めています。

各グレードのカタログ燃費と口コミをもとにした実燃費を見てみましょう。

カタログ燃費(JC08モード)実燃費
24.8㎞/L12~19㎞/L
HYBRID MX・MZ27.8㎞/L19~21㎞/L
HYBRID SX・SZ32.0㎞/L19~23㎞/L
HYBRID MV32.0㎞/L19~23㎞/L
HYBRID SV32.0㎞/L19~23㎞/L

「ハイブリッドモデルで30㎞/L以上はちょっと大げさだったか?」という印象はありますが、カタログ燃費にとらわれず実燃費だけを見てみるとかなり優秀な部類に入るはずです。

特に気になるのは、ガソリン・マイルドハイブリッドの両モデルの燃費の良さです。

フルハイブリッドでは良くも悪くも無難な実燃費をマークしていますが、ガソリン・マイルドハイブリッドに関してはかなりの低燃費性能だといえるでしょう。

<h2ソリオ/バンディットの最新モデルチェンジ情報

現行で4代目となるソリオ/バンディットですが、前回のフルモデルチェンジが2015年でした。

おおむね5年に一度のペースで定期的なフルモデルチェンジがおこなわれているので、次回のフルモデルチェンジは2020年になるものと予想されています。

いまのところ具体的な情報はありませんが、2019年中にはテストショットなどの情報が届くでしょう。

フルモデルチェンジの情報があれば、ディーラーで値引き交渉をするときの強力な後押しになります。

カー情報誌などはこまめにチェックして、ソリオ/バンディットのフルモデルチェンジ情報をしっかりと押さえておきたいですね。

 

ソリオ/バンディットのモデルチェンジ推移

ソリオ/バンディットのモデルチェンジの推移を表にまとめてみました。

ソリオバンディット
1997年2月ワゴンRワイド登場
2005年8月ワゴンRのモデルチェンジに伴い『ソリオ』が誕生(2代目ソリオ)
2010年12月フルモデルチェンジした3代目ソリオが登場
2012年6月派生モデル『バンディット』誕生
2015年8月・4代目ソリオ、2代目バンディットへのフルモデルチェンジ

・Gを除く全車にSエネチャージのマイルドハイブリッドモデルを追加

2016年11月フルハイブリッドモデルを追加

ワゴンRワイドから数えると現行で4代目となるソリオ。

3代目ソリオから派生し、現行で2代目となるバンディット。

そもそもは「排気量が大きい、少し大きなワゴンR」という印象だったソリオですが、モデルチェンジや派生車種の誕生によって『軽ハイトワゴン』というジャンルを確立したパイオニア的な名車なのです。

 

ソリオ/バンディットの納期

ソリオ/バンディットは、静岡県にある相良工場において生産されています。

各販売店から発注を受けて相良工場で生産し納車されるため、オーダーからの納期はおおむね1か月程度です。

特別に販売成績が好調で生産が追い付いていない、などの状況はない堅調な販売状況なので、1か月という納期は標準的だと考えましょう。

もっと納期を早めたいという場合は、キャンセル車や販売店の在庫車があることに期待するのも手です。

特にスズキの販売店は窓口が多く、小規模な販売店では見込み発注した在庫車などがある場合も多いので、グレード次第では在庫車を探すと良いでしょう。

在庫車であれば値引き交渉の材料にもなりますよ。

 

-ソリオ/バンディット

Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.