人気車の新車値引き情報と独断評価・格付け!

くるま情報プレミアム

ヴォクシーの限界値引き情報

ヴォクシー

ヴォクシーの値引き最大額は?トヨタ新型ヴォクシーの見積書&マル秘値引きテク【2019年5月】

更新日:

ヴォクシーを少しでも安く買いたい!

新車値引マスター
人気のヴォクシーの最大値引き獲得方法を、新車値引マスターが徹底検証するよ

・ヴォクシーの限界値引きはいくらなのか?

・ヴォクシーの値引きのコツはあるのか?

実際にヴォクシーの値引きに成功した人や、知り合いの車屋にインタビューをしてみました。

そこからわかった値引き相場や値引き交渉のコツを紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

 

トヨタ新型ヴォクシーの値引き目標最大額【2019年5月】

■ヴォクシーの値引目標■

・目標値引き総額  33万円

・本体値引き     30万円

・オプション値引き  3万円程度

・納   期    1~2か月

2019年の1月に一部改良が実施されていますが、改良後の商談でも値引きはそれなりに出ています。

日産セレナ(セレナe-POWER)という強力ライバルに加え、ホンダステップワゴンスパーダという難敵をぶつけて、ヴォクシー3兄弟の値引を勝ち取ります。

ヴォクシー3兄弟同士を競合させる「禁断の兄弟対決」も効果的なので、必ず見積もりを取りましょう。

車両本体とオプションを合わせて、総額値引で33万円以上が合格ラインになります。

同じトヨタのアルファード・ヴェルファイアの納期が恐ろしく長いので、ヴォクシー3兄弟を選択する人が増えています。

 

ヴォクシーの基本値引き交渉マニュアル

1.ライバル車種を2車以上選定する

ヴォクシーのライバルとして日産セレナとホンダステップワゴンをぶつけるのが絶対条件、それにプラスでヴォクシー兄弟同士の対決というのが基本戦略になります。

2.それぞれの車種が、近所のどこのディーラーで取り扱っているか確認する

ヴォクシー3兄弟はトヨタの4つの取り扱いディーラーで分散して販売されているのか。

  • トヨタ店   エスクァイア
  • トヨペット店 エスクァイア
  • カローラ店  ノア
  • ネッツ店   ヴォクシー

3.下取り車の年式・グレード・走行距離をチェックする

その他に車検証で車検満了日、自動車税納税証明書があるか確認します。

4.面倒ですが、下取り車の査定額はネットで必ず確認しておく

ネットですぐに下取り価格が把握できるので、査定額の目安を頭に入れておきます。

⇒ 今すぐ無料で車の査定額を見てみる

 

【第1回目】ヴォクシーの第1回目値引き交渉

初回から値引きを強く要求すると営業マンはドン引きでなので、値引き交渉は2回目からにしましょう。

いい人だから助けてあげたいと営業マンに思わせると、良い条件も出やすくなります。

  1. 他車も気になっていることをさりげなく伝えます。
  2. セレナとかステップワゴンも気になるんだけど、ヴォクシー3兄弟はスタイルもいいし、燃費も魅力的だよね。
  • 本命の車が何かは言わないでおく
    僕はヴォクシーがいいかなと思っているんだけど、妻が(家族が)セレナがいいって言うんだよね。
  • 値引き額と下取り額は口頭ではなく、必ず見積書に記載してもらいましょう。
  • 【第2回目~最終】ステップワゴンの第2回目~最終値引き交渉

    最後の仕上げでは粘り強く条件を引き出します。

    1. 最終交渉はディーラーゆったり値引き対応できる、平日や休日の夕方以降にセットする。
    2. キリのいい数字で、「総額で○○万円になるなら契約します」と頼みましょう。
      200万でお願いします!
    3. 納車時ガソリン満タンを要望する。
    4. 好きなオプションをサービスしてくれたら契約すると駆け引きする。
    5. 登録手数料のサービス・半額を要求する。
    6. ローンの金利キャンペーン(現在なら1%~2%台がねらい目)がある時に契約する。

    【見積書公マル秘開】実際のヴォクシーの値引き体験談をマスターが辛口チェック

    新車値引きマスター
    トヨタヴォクシー の商談情報を公開してくれた、Aさんに聞いてみます。
    トヨタヴォクシーで狙っているグレードは何ですか?
    Aさん
    本当に欲しいグレードはハイブリッド車の HYBRID ZS です。しかし予算的にかなり厳しいので特別仕様車でも安価なガソリン車の ZS  も魅力的な候補です。なるべく大幅な値引き勝ち取りたいと思っています。

    今回Aさんはこの2グレードの見積りを取得しました。どんな値引き額が飛び出すのでしょうか?それではAさんが商談で取得した見積書をチェックしましょう。

     

    【見積書】トヨタヴォクシー「ZS 」(ガソリン)の値引き額

    ヴォクシー ZS (ガソリン)の値引き額は?

    ヴォクシー ZS (ガソリン)の値引き額は?

    グレードトヨタヴォクシー ZS (ガソリン)(税込み)
    車両本体価格2,762,640円
    車両本体値引き▲150,000円
    オプション価格265,580円
    諸費用263,220円
    支払総額3,141,440円

    それでは ZS(ガソリン8人乗り)の商談見積書を見てみましょう。

    車両本体価格は約276万円で、値引き等を考慮した総支払額は約314万円!となっています。

    Aさんが選択したオプションの内訳

    メーカーオプション(32,400円)

    ホワイトパールクリスタルシャイン(32,400円)

    販売店オプション(333,180円)

    • ボディーコーティング 66,960円
    • ナビ 159,840円
    • バックモニター 20,520
    • フロアマット等

    メンテパック(47,200円)

    Aさん

    ナビなどの必要な装備のオプションを選んだら、車両価格以外に合計で32万円程!となりました。

    セール中ということで、ディーラーオプションから10万円値引きしてもらえました。。

    気になる値引き額は、車両本体から15万円に加えてオプションからの値引き10万円とあわせて25万円!ということでした。

    初回から結構引いてもらえたので、ここで決めてしまおうか心が揺らぎました。

     

    【見積書】トヨタヴォクシー 「HYBRID ZS」の値引き額

    ヴォクシー HYBRID ZS の値引き額は?

    ヴォクシー HYBRID ZS の値引き額は?

    グレードトヨタヴォクシー HYBRID ZS(税込み)
    車両本体価格3,286,440円
    車両本体値引き▲150,000円
    オプション価格2323,180円
    諸費用157,520円
    支払総額3,527,140円

    【車両本体値引きとオプション値引き】

    新車値引きマスター
    次に気になる本命の HYBRID ZS(7人乗り)です。

    車両本体価格は ZS(ガソリン)よりも約52万円アップの約329万円となります。

    総支払額は約353万円と ZS(ガソリン)より約39万円のアップとその差額は縮小していますね

    Aさん

    オプションはガソリン車 ZS とほぼ同じ内容です。

    ハイブリッド車は自動車取得税と重量税が減免されていますので、その分総支払額が縮まります。

    それでも支払う際にガソリン車とハイブリッド車の39万円の差はまだ大きいですね。

    気になる HYBRID ZS の値引き額ですが、 ZS(ガソリン)と同様にオプションからの値引き合計で25万円と言われました。

      HYBRID ZS の方が車両価格が少し高いので、値引きもその分少し上乗せしてもらいたかったですね。

     

    トヨタヴォクシーの残価設定クレジット利用時の支払額は?

    最近利用が増えている残価設定クレジットを利用した場合の支払額を検討しましょう。

    トヨタヴォクシー残価設定クレジット利用時の支払額(単位:円)
    グレードZS(ガソリン)   HYBRID ZS 
    頭金1,440円1,440円27,140円27,140円
    支払回数36回60回36回60回
    初回58,443円45,165円62,869円48,787円
    2回目以降56,600円41,000円60,300円44,500円
    分割手数料
    最終回支払1,353,690円1,022,170円1,610,350円1,215,980円
    利息2.90%2.90%2.90%2.90%

    頭金ほぼなしで計算しているので月々の支払額は多めになっています。頭金を入れる予算があれば月々の支払いは楽になります。

    2回目以降の支払額で ZS(ガソリン)HYBRID ZS の違いは、36回払いで3,700円、60回払いで3500円です。

    現金払いと違い、残価設定クレジットで買うなら HYBRID ZS でも負担感は少なくなりますね。

    トヨタの残価設定クレジットの徹底研究!トクか損か?

     

    トヨタヴォクシー値引き商談のまとめ

    トヨタヴォクシー 値引き商談のまとめ

     

    Aさん
    トヨタの営業マンからは、今日決めてもらえるならすぐに上司に相談してさらなる値引きを提示します、と契約を迫られました。
    かなり心が動きましたが、値引きマスターの言う通り「前向きに検討するので少し考えさせてくれ」といって帰りました。
    新車値引きマスター
    トヨタの営業マンがこれ以上の大幅な値引きは無理のようなことを言っても、9割がたウソなので気にしないでください。
    初回商談ということですが、車両本体からの値引きとオプションからの値引き額が明確に提示されていないので、オプションからいくら引けるのか確認しましょう。

    日産セレナやホンダステップワゴンなどのライバル車をぶつけて、もうひとがんばり、総値引き33万円以上を狙いましょう!

    新車値引きマスター
    見積り書には下取り車が記載されていませんが下取り車は、買取業者の無料査定サービスを利用して売却するのも一つの方法です。
    どんなに古い車でも必ず査定価格はつきます。高値売却をあきらめないでください。

     

    ヴォクシーを残価設定ローンで購入した場合のシミュレーション

    ヴォクシーの新車価格はもっとも安価なベースグレードの『X』で250万9920円からとなっており、さすがに「楽々に購入できる」といった印象はありません。

    そこでヴォクシー購入を検討しているお客さまに対してトヨタの営業マンがすすめるのが『残価設定型クレジット』、いわゆる『残クレ』を利用した購入です。

    トヨタの『残価設定型プラン』では、車両本体価格の一部をあらかじめ3年後・5年後の予想下取り価格として据え置いて「下取りを前提」として残金を分割で支払うプランとなります。

    では、ヴォクシーのグレード展開の中でも人気が高い『ZS』と『HYBRID ZS』について、残クレを利用して購入した場合の支払いイメージをシミュレーションしてみましょう。

    ヴォクシーZSの残クレシミュレーション

    ヴォクシーZSを残クレで購入した場合の支払いシミュレーション結果を見てみましょう。

    グレードVOXY ZS(8人乗り)
    車両本体価格276万2640円
    オプション装備価格36万5580円
    諸費用26万3220円
    値引き25万円
    支払い総額314万1440円
    頭金1440円
    ローン総額314万円
    残クレのプラン36回払い

    (3年)

    60回払い

    (5年)

    金利6.5%6.5%
    初回の支払い額5万8860円5万0112円
    2回目以降の毎月支払い額5万8700円4万4800円
    最終回の支払い額(=残価)154万7078円121万5562円
    金利を含むローンの支払い総額369万0938円395万3274円

    このシミュレーションで注目したいのが金利と最終回の支払い額です。

    このシミュレーションはネッツトヨタ東京のホームページに掲載されているウェブ見積もりを利用しましたが、金利は6.5%、最終回の支払い額=残価は3年プランで154万7078円、5年プランでは121万5562円になりました。

    ところが、これをまったく同じ条件でネッツトヨタ札幌のホームページからシミュレーションすると、次のようになります。

     

    【VOXY ZSをネッツトヨタ札幌で購入した場合の残クレシミュレーション】

    残クレのプラン36回払い

    (3年)

    60回払い

    (5年)

    金利5.0%5.0%
    初回の支払い額5万4084円4万5858円
    2回目以降の毎月支払い額5万3100円4万0200円
    最終回の支払い額(=残価)164万1794円133万0420円
    金利を含むローンの支払い総額365万8518円386万5118円

    このとおり、東京と札幌の間では、金利と最終回の支払い額に大きな差があります。

    この違いは、同じネッツトヨタの冠を持っていても東京と札幌では別の法人であるために生じています。

    会社が違うのですから、金利などの設定も独自の裁量によって決められています。

    また、残価の設定にも大きな差があります。

    36回プランでは、東京では154万7078円、札幌では164万1794円ですから、札幌のほうが9万4716円も下取り価格を高く保証していることになります。

    さらに、シミュレーション結果には掲載しませんでしたが、札幌では東京にはない2年の返済プランも存在しています。

    トヨタの残クレプランでは、このように法人の違いによって差が生じるで、たとえば県境エリアにお住まいの方なら隣県のネッツも攻めてみると意外にもお得な買い物になる可能性があります。

     

    ヴォクシーハイブリッド ZSの残クレシミュレーション

    次に、ヴォクシーハイブリッド ZSを残クレで購入した場合の支払いシミュレーション結果を見てみましょう。

    グレードVOXY HYBRID ZS(8人乗り)
    車両本体価格328万6440円
    オプション装備価格33万3180円
    諸費用15万7520円
    値引き25万円
    支払い総額352万7140円
    頭金2万7140円
    ローン総額350万円
    残クレのプラン36回払い

    (3年)

    60回払い

    (5年)

    金利6.5%6.5%
    初回の支払い額6万3630円5万0488円
    2回目以降の毎月支払い額6万2400円4万8700円
    最終回の支払い額(=残価)184万0406円144万6034円
    金利を含むローンの支払い総額415万1196円444万6682円

    さすが、ミニバンサイズのハイブリッド車になると「月々の負担が軽くなる」といわれている残クレを利用してもかなり負担が重くなりますね。

    値引きもかなり渋いので、なんとかしてもっと負担を軽くしたいものですが、ここで『ZS』と『ハイブリッドZS』を見比べて何か気づきませんか?

    なんと、支払い総額は約40万円も差があるのに、毎月の支払い額の差は3年では3700円、5年では3900円しかありません。

    残クレを利用して新車を購入する場合、グレードが高いほうがよりお得感が強くなります。

     

    オプションを純正⇒社外品にした場合の値引き効果

    ヴォクシーは車両本体のお値段自体がかなり高めなので、できれば本体+オプションで合計30万円の値引きを引き出したいところです。

    しかし、ネッツトヨタの営業マンは値引きを渋りがちなので、正攻法で値引きを求めても30万円の大幅値引きはなかなか引き出せません。

    そこでおすすめしたいのが、メーカー・ディーラーの純正オプションを装備せずに社外品で済ませるというテクニックです。

    通常は純正を装備しそうなところを社外品にして安く済ませるのに効果的なオプションは次の3つです。

    ・カーナビ
    ・フロアマット
    ・ドアバイザー

    なんと、この3点のオプションを社外品にするだけで総額11万円以上もの値引き効果が得られるのですから見逃せません。

     

    カーナビの社外品は安くて高性能

    ヴォクシーに装備する純正カーナビの一番人気はT-Connectナビ10インチモデルです。

    2018年に登場した新型クラウンから導入されたコネクティッドサービスが利用できる最新モデルですが、肝心のナビゲーションやオーディオ性能などについてはお世辞にも最上級とはいえません。

    カロッツェリアのAVIC-CE902VOなら10インチモニターに安定感のあるナビゲーション、上質なオーディオ性能と完全に純正を出し抜くスペックを備えています。

    にもかかわらず、お値段のほうは純正よりも6万9520円もお安くなっているのですから、よほどのトヨタファンかコネクティッドサービスに興味がある人でない限り、社外品のほうが優秀です。

     

    フロアマットも社外品で十分!

    標準装備だと勘違いしている方も多いフロアマットですが、実は純正品は驚くほどに高価。

    ・ベーシック:5万0760円
    ・ラグジュアリー:6万2640円
    ・特別仕様車『煌(きらめき)』専用;6万4800円

    本当にこれがフロアマットのお値段なのかと疑いたくなるほど高価ですよね。

    社外品であれば税込みで1万9116円で売られていて、しかも車種専用に設計されているからジャストフィットします。

    純正と社外品の差はなんと3万1644円。

    この差は非常に大きいですね。

    社外品には『VOXY』のロゴがついていませんが、ヴォクシーの熱烈なファンでなければ特に問題はないはずです。

     

    ドアバイザーも社外品で済ませて節約!

    これもまたオプションだとは知らない方が多いのがドアバイザーです。

    雨風が車内に入り込まないためには必須のドアバイザーですが、実は純正で2万3760円もします。

    これも社外品で済ませてしまえばたった9612円で純正の半額以下です。

    自分で装着させるのは大変にみえますが、取り付けは意外にもカンタンで固定のための安全金具も付属しています。

     

    オプション3点を社外品にした結果は?

    カーナビ・フロアマット・ドアバイザーの3点を社外品で済ませた結果はご覧のとおりです。

     

    純正品価格社外品価格値引き効果
    カーナビT-Connectナビ

    10インチモデル

    30万6720円carrozzeria

    サイバーナビ

    23万7200円-6万9520円
    フロアマットベーシック5万0760円Aviles1万9116円-3万1644円
    ドアバイザー純正ドアバイザー2万3760円K CUSTOM9612円-1万4148円
    合計-11万5312円

    車両本体とオプション品の値引きですでに合計20万円以上を引き出していれば、目標の30万円値引きが達成です。なんと、合計で11万5312円もの値引き効果を得ることができました。

    当然のように追加していた純正オプションを社外品にするだけでこれだけの値引き効果があるのですから、営業マンの口車に乗せられずにしっかりと交渉したいですね。

     

    ヴォクシーの価格とグレード別の下落率

    ヴォクシーのグレード構成は、ガソリン車4グレード、ハイブリッド車3グレードの合計7グレードです。

    さらに特別仕様車として『煌(きらめき)Ⅱ』が存在するため、現行のヴォクシーは事実上9グレードで展開しています。

    ここでは、各グレードの価格と3年後・5年後の買取相場の下落率を見ていきましょう。

    グレード新車価格3年後5年後
    買取相場下落率買取相場下落率
    X250万9920円175万円30.6%87万円65.2%
    V277万3440円180万円35.1%111万円60.0%
    ZS276万2640円193万円30.1%124万円55.1%
    ZS”GR SPORT”324万6480円
    特別仕様車ZS“煌 Ⅱ”285万6600円210万円26.4%143万円48.9%
    HYBRID X300万3480円188万円37.4%158万円47.4%
    HYBRID V316万0080円217万円31.4%174万円45.0%
    HYBRID ZS328万6440円245万円25.4%195万円40.6%
    特別仕様車

    HYBRID ZS“煌 Ⅱ”

    338万0400円250万円26.1%210万円37.9%

    基本的なグレード展開は以上のとおりですが、ガソリン車のX・Z・ZSには2WDと4WD仕様があり、さらに各グレードには7人乗り仕様と8人乗り仕様が用意されています。

    中古車市場で人気が高いのは2WDよりも4WD。

    新車購入時は同グレードで少しでも安いほうを選びたいと考える方が多いので2WDが人気ですが、凍結路での走行性の良さや登坂時にパワーを発揮するため中古車市場では4WDのほうが好まれる傾向にあります。

    また、7人乗りと8人乗りでは、たくさん乗れる8人乗りよりも2列目がキャプテンシートになっているのでゆったりと座れる7人乗りのほうが好まれています。

    新車時の販売価格も7人乗りのほうが高く設定されており、値段相応の評価です。

    ZSのスポーツモデル『ZS”GR SPORT”』は2017年7月に販売が開始されたばかりで、2019年3月時点ではまだ十分なデータが得られていません。

    先代のG’sのグレードアップモデルと考えると、3年後・5年後の買取価格は非常に安定したものになるでしょう。

     

    注目は特別仕様車ZS“煌 Ⅱ”シリーズ

    ほかのグレードと比べると、3年後・5年後の買取相場の下落率が特に低い『特別仕様車ZS“煌 Ⅱ”』は注目です。

    3年後の下落率はガソリン車・ハイブリッド車ともに20%台という驚異的な再販価値を維持しています。

    非常に人気が高いうえに流通量が少ないため、市場でも高値で取り引きされているわけですね。

    5年後もガソリン車のZS“煌 Ⅱ”はハイブリッド車なみ、ハイブリッドZS“煌 Ⅱ”はハイブリッド車の中でも突出したバリューを維持しており、新旧を問わず中古車市場でも息が長い人気車であることがうかがえます。

     

    ハイブリッド車の下落率は全体的に低め

    ヴォクシーのハイブリッド車は、どのグレードも全体的に買取相場の下落率は低めです。

    HYBRID X・V・ZSの各グレードが3年後の下落率20~30%台を維持しており、5年後でも40%台という高いバリューを誇っています。

    先ほどの残クレシミュレーションを見ていただければわかるとおり、ハイブリッド車は非常に高いバリューを維持できます。

    3年後・5年後に買い換える可能性がある方は、支払いの負担額に大差はないので思い切ってハイブリッド車を選択すると良いでしょう。

     

    ヴォクシーの未使用車・中古車情報

    ヴォクシーはノアの対抗車種

    スポーティーなヴォクシーの外観

    トヨタの販売戦略もあり、残念ながらヴォクシーの未使用車はあまり市場に出ていません。

    ヴォクシーの場合は未使用車ではなく、高年式で低距離走行距離の車両を探してみるがよいでしょう。

    好みの色やグレードが見つかれば、新車のように納車まで数か月待つことなく、かつ安い値段で、高年式の1台に巡り合えるかもしれません。

    ⇒ ヴォクシーの未使用車・中古車を探す【無料】

    ※ズバット車販売 中古車無料お探しサービスは、プロが非公開車両を含む膨大な車両情報から、希望の中古車を探してくれるサービスです。

     

    【ライバル競合作戦】ヴォクシーのライバル車と競わせ値引きアップ

    商談では面倒くさがらずに、必ずライバル車を2、3車をぶつけて値引きを引き出すことは必須です。

     

    ライバル車①日産セレナ

    日産セレナはプロパイロットという強力な武器にe-POWERという話題性まで引っ提げてパワーアップし、王者のトヨタですら慌てているというのが現状です。

    ヴォクシーの商談には必ずセレナを競合させて値引き拡大をはかりしょう。

    ヴォクシーハイブリッドにはセレナe-POWERをぶつけます。

    ⇒ セレナの値引き情報

     

    ライバル車②ホンダステップワゴン

    新しいステップワゴン
    出典:ホンダ公式HP

    ライバル車に押され気味のステップワゴンですが、マイナーチェンジでスパーダが大変身!まるでトヨタノアのようなルックスに変わっています。

    ハイブリッドは走りによせているためかなり高性能で、基本的な車の性がは高いので、値段の安さは魅力的です。

    総支払額でヴォクシーよりもお得なことで、トヨタ営業マンをあおりましょう。

    ⇒ ステップワゴンの値引き情報

     

    ライバル車③エスクァイア、ノア

    トヨタの販売店4系統

    ヴォクシー、ノア、エスクァイアの3兄弟は、同じトヨタでもそれぞれ取り扱いディーラーが異なります。

    • トヨタ店   エスクァイア
    • トヨペット店 エスクァイア
    • カローラ店  ノア
    • ネッツ店   ヴォクシー

    この販売店の違いを逆手にとって、それぞれの店で見積もりを取ることも値引き拡大のための基本中の基本作戦となります。

     

    ⇒ エスクァイアの値引き情報

    ⇒ ステップワゴンの値引き情報

    トヨタモビリティ東京の動きに全国が注目!

    2019年の4月から、東京都ではトヨタ系の4販売会社が統合して「トヨタモビリティ東京」という1つの会社になりました。 これまでの4系列販売では販売車種が限られており、例えばカローラは「カローラ店」でしか買えませんでした。 これからは都内のトヨタモビリティ東京で、すべてのトヨタ車を買うことが可能です。

    トヨタモビリティ東京のメリット

    • いちいち離れたディーラーに行かないでもトヨタの車を1カ所で商談できる
    • ディーラーが増えるので、突然の車の故障などの時に便利
     

    トヨタモビリティ東京のデメリット

    • オンラインで商談情報が管理されるので、トヨタ車同士の値引き競合ができなくなる
    • 競合のためには遠い隣県(東京都の場合には神奈川、千葉、埼玉)まで行かなければらない
     
    新車値引きマスター
    トヨタモビリティ東京のような経営統合の動きは、今後全国のトヨタで広まりそうです。 今後はユーザーにとって特に「値引き」で若干不利になることが想定されるので、商談での交渉力アップを図りたいものです。

     

    軽自動車から外車までOK

    無料で今すぐ査定額をチェック

    ※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

     

    面倒でも商談前には車の査定額を出しておく

    新車値引きマスター
    下取り車の査定額がわかっていないと、新車の値引き交渉が失敗してしまいます! 面倒くさくても商談の前に、絶対にネットで下取り車の査定価格を調べておきましょう!

    商談での一コマ

    営業マン
    佐藤さん、お車の査定が完了しました
    営業マン
    佐藤さんの愛車の下取り査定額は54万円です 今キャンペーン中で通常よりも5万円査定アップで下取りますよ。
    佐藤さん夫
    54万円・・・。 なるほど・・・
    佐藤さん妻
    ちょとあんた、何をぼっとしてるの‼ 査定54万円って、高いの?安いの?どっちよ
    佐藤さん夫
    高いのか、安いのかよくわからんぞ! やっぱ、商談前に下取り車の査定はすべきだった・・・・
    新車値引きマスター
    かなり古い車でも必ず査定額は出ます。 「修理を何回もしているし」と自分で勝手にあきらめないで、 商談前に査定額をチェックし頭に入れておきましょう。

     

     

    ⇒【完全版】元ディーラー営業マンが教える新車値引きテクニック

     

    -ヴォクシー

    Copyright© くるま情報プレミアム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.